飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー スリクソン

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

投稿日:2019年4月23日 更新日:

スリクソン Z585ドライバーとZ785ドライバーの違いについて解説します。

スリクソンの2018年 Zドライバーは2種類!

スリクソンのZシリーズドライバーの2018年モデルは、2種類発売されています。左がZ585ドライバーで、右がZ785ドライバーです。

2016年のZ65系、2014年のZ45系では、3種類発売されていましたが、2018年モデルは2種類です。

2018年モデルはヘッドサイズが460cc

従来のZドライバーは、ヘッドサイズが複数発売されていました。例えば、2014年モデルでは、Z545、Z745、Z945とあり、数字が上がるにつれ、より上級者モデルとなり、ヘッドサイズが小さくなっています。

2016年モデルでは、Z9のシリーズが発売されず、Z565 、Z765に加え、Z765のLimitedが発売され、ヘッドサイズは3種類となっていました。

しかし、今回はZ585とZ765の二種類に留まっただけでなく、ヘッドサイズに違いが無く、ともに最大サイズの460ccとなっています。

2018年モデルのZドライバーは、ゼロから作り上げている!

ヘッドラインナップが従来と変わっていることで、違和感を感じた方もいると思います。それもそのはず、今回の製品勝はゼロスリクソンと銘打って、ゼロベースで開発が行われています。

そして、他のメーカーが上級者向けとアベレージ向けの差を縮めてきているのと呼応するように、Z9**が2016年から廃止され、Z5**とZ7**のヘッドサイズが同じになるというところまで来ました。

アスリートだけでなく、ゴルフを楽しむ層もターゲットになっている!

今回のZシリーズは、ターゲットゴルファーが広くなってきているのが最大の特徴の一つです。実際、メーカーにて下記の説明がなされています。

従来のメインターゲットであったシリアスにゴルフに取り組むコアユーザーから、やさしく飛ばせるクラブでゴルフを楽しみたいというライトユーザーまで、幅広いゴルファーに適したドライバーとなりました。
引用:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

簡単な方にシフトしているのは他メーカーも同じ

タイトリストもTSプロジェクトが立ち上げられ、これまでの915、913といったモデルと異なる新たなブランド、TSがゼロから開発され、ヘッドサイズも460で統一されています。

また、国産メーカーのブリヂストンでも、2016年モデルはTOUR B XD-3、5、7とヘッドサイズ違いが3種類発売されていましたが、2018年モデルはTOUR B XD-3の1種類のみで、ヘッドサイズも460ccとなっています。

ツアープロも簡単な方をチョイスするケースが増えていますので、ヘッドサイズが小さいモデルは、市場向けのリリースが減ってくる方向が、より一層進んでくるものと思われます。スリクソンの2016年からの流れは、全体に沿っています。

Z585ドライバーとZ785ドライバーの違い

ここまで2018年モデルのZシリーズに関する前置きを説明しました。そろそろ本題にZ585ドライバーとZ785ドライバーについて見ていきましょう。

Z585の方が慣性モーメントが大きい!

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

Z585ドライバーとZ785ドライバーでは、上下・左右の慣性モーメントがZ585ドライバーの方が大きくなっています。やさしさと直進性はZ585ドライバーの方が高く、操作性・反応性の良さはZ785ドライバーとなります。

Z585ドライバーはアップライト・低重心で、つかまりの良さをイメージできる

出典:https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

こちらはZ585ドライバーとZ785ドライバーのフォルムの違いです。Z585ドライバーはアップライトで、つかまりの良さをイメージしながらアドレスに入ることができます。

Z785ドライバーは重心がやや高く、強い弾道で飛ばせる

サイドからのフォルムでは、Z785の方がお尻が持ち上がっていて、Z585よりも重心が高い形状となっています。重心が低い方が球があがりやすくなりますので、Z785の方は逆に弾道が抑えられます。

Z585ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 ドラスティックに進化した スリクソン Z585 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5/10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2

Z785ドライバー

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。 クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。

  • ロフト角(°):9.5 10.5
  • ライ角(°):58
  • ヘッド体積(cm3):460
  • クラブ長さ(インチ):45.25
  • バランス:D2

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, スリクソン
-, , ,

関連記事

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

2018年の飛距離が出るドライバーとして、海外メーカーのモデルでCALLAWAYのROGUEと双璧をなすのが、テーラーメイドから発売されているM4ドライバー。 テーラーメイド M4ドライバー GDOで …

TSi1・TSi4ドライバーの最新情報まとめ!TSi1は超軽量・TSi4は浅重心

★2021-03-02更新:日本タイトリストの公式情報を反映しました。 タイトリストのTSiシリーズに、新たにTSi1ドライバーとTSi4ドライバーが追加となりました。 新たに追加された2種類のドライ …

飛距離が出るドライバー2019年版、アベレージゴルファー編!

飛距離が出るドライバーの2019年版、アベレージゴルファー向けのおすすめランキングです。アベレージゴルファー向けということで、程よくつかまり、重すぎず軽すぎないヘッド重量のドライバーを中心に紹介します …

MAVRIKドライバー(マーベリック)は2020年1月15日に情報解禁!

▼MAVRIK マーベリックドライバーの最新情報はコチラをご覧ください。 ≫ キャロウェイのMAVRIK(マーベリック)・MAVRIKサブゼロの最新情報まとめ キャロウェイの2020年の新作、MAVR …

XRドライバー・XR PROドライバー 2016のロフト角・ライ角の調整機能を徹底解説!アジャスタブル・ホーゼル

キャロウェイから2016年に発売のXR 16ドライバー・XR PRO 16ドライバーには、アジャスタブル・ホーゼルというロフト角・ライ角の調整機能が搭載されています。 本記事ではアジャスタブル・ホーゼ …