飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー キャロウェイ

ROGUE ST ◆◆◆ XLSドライバーの最新情報まとめ

投稿日:

キャロウェイのROGUE ST ◆◆◆(トリプルダイアモンド) XLSドライバーについて、最新情報をまとめました。

ROGUE ST ◆◆◆(トリプルダイアモンド) XLSドライバーが適合リストに掲載

出典:R&A

キャロウェイの2022年モデルであるローグSTシリーズに、新たなモデルが確認されました。

とは言え、まだキャロウェイの公式サイトには掲載がありませんが、R&Aのドライバールール適合リストにて一早く掲載されています。

今回、確認されたモデルは、ローグST ◆◆◆ XLSドライバーです。

市販されるかは現時点では不明

先日、ローグST ◆◆◆Sドライバーが数量限定で発売になり、注文が殺到したのか、フェアウェイゴルフUSAでは即座に販売が中止となっています。

今回の新たなモデルは、同じトリプルダイアモンドとなりますので、市販される場合は、同様に数量限定となること、また、USモデルのみとなることが可能性として考えられます。

ROGUE ST ◆◆◆(トリプルダイアモンド) XLSドライバーの特徴

適合リストに掲載されている情報から確認可能な特徴を列挙します。

  • ロフト角:9、10.5°
  • ロフト角・ライ角調整機能を搭載
  • FLASH FACE SS22を搭載
  • JAILBREAK AI SPEED FRAMEを搭載

「XLS」という名称の意味について、恐らく、eXtra Low Spinではないかと思われます。

実際、ヘッド形状は、ROGUE STとは思えないぐらい、きれいな洋ナシ型ですし、映像の画角の成果もしれませんが、思い切り逃げ顔に見えますし、ヒール寄りはとてもすっきりしています。

つまり、ぶっ叩いてもつかまり過ぎない、超ハードヒッター向けのドライバーではないかと思います。

まとめ

キャロウェイのROGUE STシリーズに新たに加わると思われる◆◆◆ XLSドライバーについて取り上げました。

ルール適合リストに掲載され、◆◆◆の文字がついていますので、ツアープロ向けのモデルであるのは間違いないでしょう。

キャロウェイのツアープロ向けモデルは、何らかの形で市販されることも多いので、ローグST ◆◆◆ Sドライバーのように数量限定で提供される可能性は十分あると思います。

現時点では、キャロウェイや通販サイトなどで情報が確認されていませんが、何らか新たな情報が出て来ましたら取り上げたいと思います。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , ,

関連記事

ロフト角・ウェイト調整機能の有無、トルクレンチの付属状況を、主要メーカー別にまとめました

近年のウッド系のゴルフクラブには、ロフト角・ライ角、ウェイトの調整機能が搭載されているモデルが多数あります。 そして、調整機能を実際に使用するには、ネジを回すためのトルクレンチが必要になりますが、メー …

SIM MAXドライバーの評価・クチコミをまとめました

▼SIM MAXドライバーの試打は下記記事をご覧ください。 ≫ SIM MAXドライバーの試打・評価・感想 テーラーメイドの2020年モデル、SIM MAXドライバーについて、、評価やクチコミ・感想を …

スリクソンの歴代Z・ZXドライバーを一挙紹介!初代Z925は超小振りな380cc

スリクソンから発売のZシリーズ ドライバー。アスリート向けモデルとして、上級者のゴルファーを中心に支持されている国内ブランドの人気モデルです。これまで発売されているかZシリーズのドライバーについて、歴 …

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G410 LSTドライバーについてPINGの日本ページで公式掲載されましたので、発売日・スペック・価格など、速報で取り上げます。 G410 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市 …

【テーラーメイド】可変スリーブの互換性を徹底解説!SIM2・SIM・M・RBZなど

★2021-02-03追記:SIM2シリーズのスリーブの互換性の情報を反映しました。 テーラーメイドのドライバーは、多くのモデルで可変スリーブが搭載されていてます。 可変スリーブはモデル間で互換性があ …