飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド

ステルス2 PLUSドライバー 2023の試打・評価・感想

投稿日:2023年1月11日 更新日:

テーラーメイドの2023年モデル、ステルス2 PLUSドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

ステルス2 PLUSドライバー

ステルス2シリーズのドライバーは、前作の初代ステルスと同様に3タイプに分かれています。

低スピンタイプでアスリート向けのPLUS、寛容性を持たせたスタンダード、ハイドロー仕様のHDです。

本記事で取り上げているのは最もハードなステルス2 PLUSドライバーです。

前作では、一発の飛びは凄いものの、操作性が高い反面、ヘッドが機敏過ぎて扱いが難しい、球が上がらないという方が少なくありませんでした。

今回のステルス2は、シリーズ全体で寛容性が高く、PLUSについても扱いやすくなっていますが、それでも操作性が高くツアープロが使用するモデルのため、基本は上級者向けのモデルとなります。

ステルス2 ドライバーの最新情報まとめ!ステルス2 PLUS・ステルス2・ステルス2 HD

ステルス2 PLUSドライバーの試打・評価

ステルス2 PLUSドライバーをプロがトラックマンで計測試打・評価

  • 前作の初代ステルスよりもステルス2の方がやさしくなっている。スイートエリアが広い。
  • 前作よりもヘッドが大きく見える。ライ角が54°でフラットになっているが、調整機能で58°にするのもあり。
  • つかまえようとしないと、つかまらない。つかまらないとスピンが増える。
  • 初代ステルスよりも3機種の違いがはっきりしているが、PLUSは荒々しさが消えていて、スピンが入る。
  • 球をつかまえられない人は、ステルス2、殆どの人はステルス2HDで良い。
  • ヘッドは自分で動かさないといけない。G430 SLT、ZX5 MK2LSはちょっと動かないヘッドだが、キュインキュイン動く。

関浩太郎プロがステルスとステルス2ドライバーを打ち比べ試打・評価

試打クラブは、ロフト角9.0°、SPEEDER NX GREEN 60 Sです。

  • ヘッドスピードは、43~44m/sぐらいが下限。これより上だと良いドライバーだと感じられる。
  • 前作と比べると、打ち出しが低くなっていて、コントロール性能が高い。
  • 球の弾きが強い。筋力があってヘッドスピードが速い人には面白いドライバー。
  • スイートエリアは前作よりも広がった感じがする。
  • 打音は、金属音とつぶれ音の中間ぐらい。心地良い音がする。
  • 打感は、球の持ち感も、弾き感もしっかりある。

GDO編集部の2人がステルス2 PLUSドライバーを試打・評価

▼ステルス2 PLUSの試打(9:40頃)から再生されます

ロフト10.5°、シャフトは純正のDiamana TMのSで、スリーブをLOWER(-2°)で試打されています。

  • クラウンが真っ黒で、すっきりしていて、構えやすい。洋ナシ型でアスリート感が漂っている。
  • つかまるクラブではない。左のミスを消してくれる。
  • 前作のPLUS、SIMの初代より、ヘッド挙動はマイルドで打ちやすくなっている。
  • 左右の打ち分けはしやすい。
  • スピン量が少ない。ヘッドスピードが43m/sぐらいでも全然打てる。

スポナビゴルフの3名がステルス2シリーズを独自解説

<ステルス2 PLUSドライバーの主な評価・感想>

  • 前作と比べて、一番やさしくなったのはPLUS。
  • ただ、誰でも打てるモデルではなく、重心が浅いため右に左にヘッドが動く。
  • スピンが少なく、強く前に飛んでくれる。
  • 3機種で一番飛んだのはステルス2 PLUS。
  • 打感・打音は、前作と大きな変化は感じないが、金属っぽい感じがする。カーボンであることを感じさせない。十分良い弾き感がある。
  • スタンダードとPLUSは、自分で球をつかまえられて、操りたい人向け。

ステルス2 PLUSドライバーのスペック

  • ロフト角:8/9/10.5°
  • ライ角:54°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:Diamana TM50 (’23)
  • フレックス:S/SR/R
  • クラブ重量:約312g(S)

ステルス2 PLUSドライバーのシャフト

ステルス2 PLUSドライバーのシャフトは、公式サイトに掲載されているものが4種類です。

シャフト 硬さ バランス クラブ重量 シャフト重量 トルク 調子
Diamana TM50 (’23) S D4 約312g 約59g 3.7 中元
SR D4 約310g 約57g 4.1 中元
R D3.5 約307g 約55g 4.4 中元
Tour AD CQ-6 S D3 約314g 約64g 3.4 先中
SPEEDER NX GREEN 60 S D3.5 約316g 約66.5g 3.8
Diamana GT 60 S D3.5 約314g 約62.5g 3.8 中元

ステルス2 PLUSドライバーの発売日・発売価格

ステルス2 PLUSドライバーの発売日は、2022年2月17日です。

発売価格は、シャフトにより以下の通りとなっています。

  • Diamana TM50 (’23):96,800円
  • Tour AD CQ-6:116,600円
  • SPEEDER NX GREEN 60:116,600円
  • Diamana GT:116,600円

ステルス2 ドライバーの最新情報まとめ!ステルス2 PLUS・ステルス2・ステルス2 HD

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , , ,

関連記事

スパイダーGT ブラック TM1・TM2の売れ行きが凄い件!

テーラーメイドから発売されているスパイダーGT ブラックTM1・TM2パターは、人気のスパイダーとトラスが融合したモデルということで、発売前から注目されています。 7月の発売開始から売れ行きも好調なよ …

egg Extremeドライバーの最新情報まとめ!思い切り叩ける

★2020-04-04 更新公式情報が発表されましたので、製品の特徴・スペック等の詳細を反映しました。 PRGRのegg Extreme ドライバーについて、最新情報をまとめます。 egg EXTRE …

ALL NEW ゼクシオ(XXIO 4) ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2006年モデルとして発売されているALL NEW ゼクシオ(XXIO 4)ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 ALL NEW XXIO ゼクシオ 4 ドライバー …

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

タイトリストから 2018年9月28日に発売のTS3ドライバー。タイトリスト社のクラブを研究開発するチームにより、ゴルファーがドライバーに求める最高の性能を具現化するため、プロジェクトを立ち上げ、スピ …

LB818 440・460ドライバーの最新情報まとめ

本間ゴルフのLB818ドライバー2種類がルール適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。 目次1 LB818ドライバーは、440・460の2種類1.1 LBシリーズは、ゼビオとのコラボ復 …