飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ピン

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

投稿日:2019年5月29日 更新日:

PINGのG410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違いについて取り上げます。

G410 LSTドライバーとG400LS TECドライバー

G410 LSTドライバーはG400LS TECドライバーの後継モデルにあたります。G410、G400共に3タイプのドライバーが発売されていて、低スピンタイプのドライバーとなります。

G410のLSTは、数か月遅れてリリースされるものの、注目を浴びているのには理由があります。まず、前作のG400LS TECモデルは未契約のツアープロが使用するほど性能評価が高く、2018年モデルながら早くも「銘器」とも呼ばれ出しています。そのニューモデルということで、否が応にも注目を浴びているわけです。

ここが重要!ポイント

  • LSTは、低スピンモデルのドライバー。
  • 前作のG400LS TECは銘器とも言われ、G410LSTも俄然注目されている。

G410LSTドライバーは、初めて可変ウェイトを搭載!

G410LSTドライバーでは、初めて可変ウェイトが搭載されています。上図でいうヘッド後方に脱着式のウェイト機構があり、ドロー、ニュートラル、フェードの位置に付け替えることができます。


出典:https://jp.ping.com/clubs/drivers/g410-lst

ここが重要!ポイント

  • 可変ウェイトによる重心調整機能はLST、PLUSモデルに搭載、SFTモデルには未搭載。

ロフト調整機能は新しくなっている


出典:https://jp.ping.com/clubs/drivers/g410-lst

ネックのロフト調整機能はG410、G400の双方に搭載されていますが、G410では新ホーゼル・スリーブとなっていまして、従来±1°だったものが±1.5°まで調整可能となっています。G410LSTの方は、ロフトが5ポジション、ロフト・ライ角が3ポジションに調整可能となっています。とうことで、残念なお知らせとしては、G400とG410でスリーブの互換性はありません。

ここが重要!ポイント

  • ロフト角調整機能は、調整幅が±1.0から±1.5に拡大している。
  • G410とG400でスリーブの互換性はない。

ヘッドサイズは、G410 LSTの方が大きい!

左がG410LSTで右がG400LS-Tです。ヘッド形状に大きな違いは感じられませんが、ヘッドサイズは異なっています。G400LS-Tは445ccですが、G410LSTは450ccと5cc大きくなっています。

慣性モーメントが3%大きくなっていますので、ヘッドサイズの大きさが関係しているのかもしれません。

ここが重要!ポイント

  • ヘッドサイズは、G410LSTの方が5cc小さい450cc。
  • 慣性モーメントは3%大きくなっている。

G410LSTとG400LS Tのフェース

形状に大きな違いは感じられませんが、フェース面のデザインが大きく変わっています。左のG410LSTの方が、ボールを捉えるべき位置が分かりやすくなっています。

また、クラウンにはタービュレーターが引き続き搭載されていますので、空気の流れをスムーズにし、ヘッドスピードのロスを抑えてくれます。ちなみにどの程度ヘッドスピードが変わるかは公式サイトに掲載はありませんが、コンマ幾つでは?という話を耳にしたことがあります。

G410LSTとG400LS-TECのスペックの比較

モデル G410LST G400LS-T
ロフト角 9.0/10.5° 8.5/10.0°
ロフト調整 ±1.5° ±1.0°
クラブ長さ 45.75 45.75
標準ライ角 58.00° 58.00°
ヘッドサイズ 450cc 445cc
スイングウェイト D3 D3

まず、G410LSTとG400LS-TECで、ロフト角の設定が異なっています。低スピンタイプのドライバーは、一般に重心が浅い分、低重心への寄与が下がっていて、球が上がり過ぎないように設計されています。G400では、ロフト角が8.5/10.0°とかなり立たせていますので、より弾道が低く抑えられていましたが。

今回のG410LSTでは、9.0/10.5°となっていますので、球が上がりやすさをプラスしたロフトが設定になっています。とはいえ、ロフトの調整幅は±1.5°ありますので、打ち出し角度は自由に調整できそうです。

ここが重要!ポイント

  • ロフト角が8.5/10.0°から9.0/10.5°となり、球が上がりやすいロフト設計になっている。
  • クラブ長さ、ライ角などは同じ。

「G410LST、G400LS-TEC」関連のおすすめ投稿

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ピン
-, , , , ,

関連記事

コブラ F-MAX エアスピード ドライバーの最新情報まとめ

コブラから発売となるF-MAX エアスピード ドライバーについて、最新情報を取り上げます。 目次1 F-MAX エアスピード ドライバー2 F-MAX スピード ドライバーは、徹底的に軽量化されている …

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ヘッドスピードがあまり速くない方、ヘッドスピードが下がってきた方は、クラブ重量が軽めのドライバーに変えることで、スイングしやすく結果的に飛距離が上がるというケースが多々あります。 当記事では軽量ドライ …

高反発!ルール適合外のドライバー特集!おすすめランキング

高反発のルール適合外のドライバーについて、おすすめモデルを特集しました。クラブ重量が軽い順ランキングで紹介します。 目次1 ドライバ―のルール適合・不適合とは?1.1 ヘッド体積に関するルール1.2 …

ROGUEドライバーとEPICドライバーの違い

キャロウェイから2017年、2018年モデルとして発売されている人気のドライバーがあります。EPICとROGUEです。EPICの方が前のモデルになり、ROGUEは後継モデルになり、継承関係、いわば親子 …

飛距離が出るドライバー 2020年 おすすめランキング

▼SIMドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ テーラーメイド SIM ドライバーの最新情報をまとめました 2020年モデルのドライバーで飛距離が出るモデルをランキング形式で紹介 …