飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ヤマハ

ヤマハ RMX 120ドライバーの試打・評価・感想

投稿日:

ヤマハから2019年後期に発売のRMX 120ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

RMXの2020年ドライバーは120、220の2タイプ

RMXの2020年モデルのドライバーは、従来通り2種類のヘッドサイズとなっています。RMX120ドライバーはヘッド体積が455ccでやや小ぶりなディープヘッドで、アスリート向けのモデルです。

一方、RMX220ドライバーは、ヘッドサイズが460ccのシャローヘッドで、低重心・深重心のアベレージゴルファー向けモデルです。

RMX 120 ドライバーは、前作よりもシャローバック

RMX 120と220の違いとして、120はディープ、220はシャローと説明しました。しかし、120を前作の118と比べると、明らかなシャローになっています。

※左がRMX120、右がRMX118

前作の118では、ハイバック形状で思い切り叩きたいゴルファーに好まれる形状をしています。そして、今作の120では、ヘッド後方が尖っていて、シャローバックとなっています。

慣性モーメントの数値で比較すると、前作の118が4,300g・cm2、今作の120が5,180g・cm2と飛躍的に大きくなっていますので、オフセンターヒット時のヘッドのブレが抑えられます。

BOOSTRINGを搭載

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_120.html

RMX220と同様に、クラウンからソールに続くリブとホーゼルによりリング状に形成されるBOOSTRINGにより、フェースに近いところでヘッドが固定されます。

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

これにより、フェースに近いところでヘッドがたわむため、インパクトエネルギーがより効率的にボールに伝わり、初速アップにつながります。

深重心設計

前作よりもシャローとなることで、重心深度は3.5mm増しの43.5mmとなっています。前作の118よりも寛容さが欲しいと感じた方には、扱いやすくなっていると思いますが、前作と同じくらいの操作性と叩き具合を望まれる場合、物足りなさを感じるかもしれません。

RMXドライバーの公式動画

ヤマハゴルフにより公式動画です。イメージムービーに近いです。

リミックス・チューニング・システムにより、ロフト・ライの調整が可能

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_120.html

120では、220と同じくスリーブ付きシャフトにより、専用レンチでシャフトの向きを変えることで、ロフト・ライを変更することができます。

さらに、120ではヘッド後方に交換可能なウェイトが搭載されています。標準が6gとなっていて、オプション購入により、1.5g刻みの3、4.5、7.5、9gのウェイトに交換することができます。

※スリーブは90°ずつ回転して全4種類の設定に変更することができます。

調整項目 NORMAL HIGH UPRIGHT LOW
ロフト角(°) 0 1 0 -1
ライ角(°) 0 0.75 1.5 0.75

RMX 新旧モデルを打ち比べして評価

  • 今作の120と前作の118では、ヘッドの大きさが全く違う。二回りぐらい120の方が大きい。
  • 218と同じぐらいのヘッドの大きさ。120は118と218の足し合わせたモデルで、220が全く新らしいモデルのように感じる。
  • 実際に打った感じは、意外とスピン量が多く、118の後継というより、218の後継のように感じる。
  • 小さいヘッドが好きな人は、前作の118。スピン量も抑えられる。

RMX 120ドライバーをプロが試打

4種類の純正シャフトで試打している動画で、シャフトの違いによる弾道の変化を見ることができます。最も飛距離が出たのは、ツアーAD XC-5でした。

RMX 120ドライバーをゴルフ5のスタッフが試打・評価

  • 120は、つかまりすぎることなく、振り抜ける。
  • ヘッドが前作より大きく見えるため、安心感もあり、直進性がある。
  • 今作の120は上級者だけでなく、中級者も含めて、幅広いゴルファーが使える。

RMX 120ドライバーについてメーカー担当者が解説

  • センターを外しても、しっかり飛んでくれる。
  • ボディーの後ろ側は殆どたわまず、フェース周りだけが撓むため、ボール初速のアップにつながっている。
  • 今回のモデルは、飛距離と直進性を重視している。従来にないぐらい慣性モーメントが高い。

RMX 120ドライバーのスペック

ロフト角 9.5°(±1°) 10.5°(±1°)
ライ角 59° /(59.75°)/ 60.5°
フェース角
ヘッド体積 455cc
クラブ長さ 45.5インチ
慣性モーメント(g・cm2) 5,180
重心高 30.5mm
重心深度 43.5mm

RMX 120ドライバーのシャフトラインナップ

RMXシリーズはヘッド単体での発売となっていて、シャフトはスリーブ付きのものを購入して組み合わせて使用します。公式サイトで掲載されているシャフトは4種類あります。

  • TMX-420D(S/SR/R)
  • SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ(S)
  • TOUR AD XC-5(S)
  • Diamana ZF 50(S)

RMX 120ドライバーの発売日・発売価格

RMX120ドライバーは、2019年9月6日の発売、発売価格は、ヘッド単体で43,000円+税です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ヤマハ
-, , , ,

関連記事

スライスを改善したい人は必見、重心角が大きいドライバー選ぶべき理由!

目次1 初心者の80%がスライスに悩んでいる!?2 スライスを改善するには、クラブ選びも重要!3 テーラーメイドやキャロウェイの有名モデルでは、スライサー専用モデルがある!4 スライサー専用モデルは、 …

M6 D-TYPE ドライバーを徹底解剖!試打あり・スライサー必見

SIM MAX D-TYPEドライバーの試打・評価はコチラをご覧ください ≫ SIM MAX D-TYPEドライバーの試打・評価・感想 ※2019/02/23 試打と評価を追記 テーラーメイドのM6 …

新・ゼクシオ(XXIO 6) ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2010年モデルとして発売されている新・ゼクシオ(XXIO 6)ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXIO ゼクシオ6 ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す …

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

★追記2019/08/17 TOUR B JGR 2019の試打評価については、下記記事をご覧ください。 ⇒TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想 2019年モデルと201 …

XR PRO 16ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイのXR PRO 16ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 XR PRO 16ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 XRドライバ …