飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー ランキング

軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

投稿日:2020年6月1日 更新日:

ドライバーを選ぶ際の重要なポイントの一つとして、クラブ重量が挙げられます。

ゴルファー個々人の身体能力により、適したクラブ重量がありますので、アベレージゴルファーだからと言って一般的なクラブを選んでいると、軽すぎたり重すぎたりということが往々にしてあります。

特に、クラブ重量が重すぎるとスイングが安定せず、ヘッドスピードが下がり、弾道の安定性や飛距離の大きなロスにつながります。

本記事では、軽いクラブに興味がある方向けに、軽量ドライバーでおすすめのモデルをランキング形式で紹介します。現在のドライバーが少し重くて扱いづらいという方は、参考にしてみてください。

なお、クラブの選び方としては、当記事執筆時点でメーカーの公式サイトに掲載されているモデルを対象としています。

第1位 ゼクシオプライムドライバー(クラブ重量:250g)

前作より2g軽量化され、10.5度のRでクラブ重量は250gです。ヘッド体積はしっかり最大サイズの460ccありますので、安心感もあります。
クラブの長さは46.5インチとやや長めになっていますので、飛距離アップにつながりますが、体格やスイングによっては長すぎると感じる方もいるかもしれません。

≫ XXIOプライムドライバー 2019と2017の違いを徹底解剖!

≫ XXIOプライムドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2001年に発売!

第2位 マジェスティ プレステジオ テン ドライバー(クラブ重量:255g)

マルマンのマジェスティ プレステジオ テン ドライバー。10.5度のRスペックでクラブ重量は255gです。
シャフトには航空宇宙分野で開発された素材が使われており、Rスペックで38gという軽さです。クラブ長さは47インチとなります。

≫ マジェスティ プレステジオ テン 10 ドライバーの試打・評価・感想

第3位 マジェスティ ロイヤルドライバー(クラブ重量:262g)

マルマンのマジェスティ ロイヤルドライバー。クラブ長さが45.5インチと46.5インチがありますので、ロイヤル系のモデルで長尺が苦手という方が扱いやすいスペックがあります。

第4位 タイトリスト TS1ドライバー(クラブ重量:266g)

タイトリストのTSシリーズから発売のTS1ドライバー。発売当初はTS2、TS3のみの2ラインでしたが、超軽量モデルのTS1ドライバーが後からラインナップに加わりました。

AiR Speederシャフトを装着したモデルでは、最軽量のR2スペックで266gというタイトリストのクラブとは思えないぐらいの軽さが実現されています。

≫ TS1ドライバーの試打・評価・感想

≫ TS1ドライバーのウェイト調整・シャフトについて【6種類のウェイトとシャフトデータ】

第5位 PHYZ ドライバー(クラブ重量:266g)

ブリヂストンから3年ぶりに発売されたPHYZの5代目ドライバー。10.5度のR-LIGHTで、クラブ重量は266gです。32度という大きな重心角も特徴の一つで、スライサーにはとても心強いドライバーです。

と、ここまでで本来は軽量クラブの紹介は終わるところですが、そこまで軽くなくても良いというゴルファーもいると思いますので、引き続いて人気モデルで270g台のドライバーを取り上げます。

第6位 ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン(クラブ重量:272g)

キャロウェイのMAVRIKシリーズに追加された超軽量モデルです。MAVRIK MAXドライバーというスタンダードモデルより9が軽いモデルがありますが、それよりも更に17g軽量化したモデルがMAVRIK MAX FASTドライバーです。

エアロシェイプも採用され、軽量化だけでなく空力面の効果からも「FAST」が実現されています。

≫ MAVRIK MAX FASTドライバーの最新情報【試打・評価・スペック・発売日・発売価格】

第7位 PRGR RS REDドライバー(クラブ重量:270g)

PRGRのRSシリーズの軽量モデルです。本来、RSシリーズはアスリー向けブランドですが、RS、RS Fのドロー・フェードモデルに加えて、やさしいRS E、軽量なRS REDがラインナップに加わっています。

RS REDドライバーは重心角も大きく確保されていて、軽さに加えて、つかまりの良さも優れています。

≫ PRGR RS REDドライバーの試打・評価・感想

≫ RS REDドライバーとRS Eドライバーの違い

第8位 ROGUE スタードライバー スピードスターバージョン(クラブ重量:272g)

キャロウェイのROGUEから発売されている軽量モデルです。ROGUEスターモデルよりもシャフトが2g、グリップが10g軽量化され、クラブ重量はRスペックで272gです。シャフトの調子も先中から元中になっていて、振り遅れに対応しています。

第9位 Mグローレドライバー(クラブ重量:273g)

テーラーメイドのグローレとMシリーズの融合により誕生したMグローレドライバーです。グローレにMシリーズの飛びのテクノロジーが搭載された真に良いとこ取りモデルです。クラブ重量はRスペックで273gです。

≫ M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

≫ Mグローレ ドライバーの評価・くちこみをまとめました

第10位 ヨネックス Royal EZONEドライバー(クラブ重量:276g)

ヨネックスから発売のRoyal EZONEドライバー。クラブ長さは46.25と長尺で、長さと軽さを活かして飛距離を伸ばすタイプのドライバーです。

長くても軽ければ振り切れるという方におすすめです。

≫ ヨネックス Royal EZONEドライバーの試打・評価・感想

第11位 インプレス UD+2ドライバー(クラブ重量:279g)

ヤマハから発売のinpres UD+2ドライバー。PHYZよりも1度大きい33度の重心角を持ったドライバーです。ライ角も61度ありますので、つかまりという点にとことん拘ったモデルです。クラブ重量は10.5度のRスペックで279gとなっています。クラブ長さは45.75インチです。

≫ ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

「おすすめドライバー」関連の記事

シニア向けドライバー 2020年 おすすめランキング

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

飛距離が出るドライバー 2020年 おすすめランキング

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ランキング
-, , , ,

関連記事

G400 STD・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGから発売 …

ロフト角調整機能がある軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

ドライバーの振りやすさを求めて、軽いドライバーが一定のゴルファーの間で人気となっています。 ゴルフクラブの製造開発面に目を向けても、技術と素材の進化が進み、一昔前では考えられなかったほどの軽量化が実現 …

飛距離が出るドライバー 2020年 おすすめランキング

▼SIMドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ テーラーメイド SIM ドライバーの最新情報をまとめました 2020年モデルのドライバーで飛距離が出るモデルをランキング形式で紹介 …

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

★追記2019/07/21:2つの記事(スライサー向けおすすめドライバー、ギア効果とスピン量の関係)のリンクを掲載しました。 メーカーのホームページやカタログなどでドライバーのスペックを見ると、実に様 …

本間ゴルフ TW747 455ドライバーの試打・評価・感想

本間ゴルフから発売されているTW747 455ドライバーについて取り上げます。 TW747 455ドライバー/ホンマ GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 TW747ドライバーは2 …