飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ミズノ

ミズノ ST-X・ST-Zドライバーの最新情報まとめ

投稿日:2020年10月19日 更新日:

ミズノのST-XドライバーとST-Zドライバーについて、最新情報を取り上げます。

STシリーズに、ST-X・ST-Zドライバーが追加

ミズノのSTシリーズのドライバーは、2020年3月にST200、ST200Xの2機種が発売されています。

≫ ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ

このSTシリーズに新たに追加されるのは、ST-XドライバーとST-Zドライバーの2機種です。

STシリーズのドライバーは全部で4機種となり、ゴルファーとしては選択肢がより広がりました。

ST200、ST200X、ST-X、ST-Zの位置づけ

▼STシリーズドライバーの位置づけ

こちらの図は、STシリーズのドライバー4機種について、弾道高さ、ドロー・フェードの区分で分類したものとなります。

メーカーの説明としては、ST-Zが直進性、ST-Xがつかまりをアピールされています。

上図のマッピングから既存のST200・ST200Xも含めると、ST-Zドライバーは最も弾道がニュートラルで、打ち出しの高さは4機種の中で最も抑えられています。

一方、ST-Zドライバーの方は、つかまりと弾道の高さが適度にあります。つかまり度合としては、既に発売されているST200Xの方が強めです。

ST-X、ST-Zドライバーの試打・評価

メーカー公式動画

ST-X、ST-Zドライバーのメーカー公式動画です。3D映像を交えて、2つのドライバーの特徴が説明されています。

ST-Xドライバーをプロが試打・評価

  • (時松隆光)トンと(地面に)置いた時に直に収まってる。アドレスに入りやすい。
  • (西郷真央)打感が柔らかく、打ちやすい。
  • (手嶋多一)球持ちが長い。キャリーが出る。
  • (野澤真央)音が低くて、打感が良い。
  • (武藤俊憲)ダウンスイングに入った瞬間にスッと降りて来てくれる。コントロールしやすい。

ST-Zドライバーの特徴

ST-Zドライバーは、直進性を追求したドライバーです。

ソールのトゥ・ヒール側にカーボンパーツを採用

STーZドライバーは、カーボンコンポジット構造が採用されています。

ソールのトゥ・ヒールの両面にカーボンパーツが用いられ、ヘッドの軽量化がバランス良く図られています。

ウェイトはソール後方に配置

ヘッドの軽量化により生み出された余剰重量は、ソール後方の中央に配置されています。

深重心で慣性モーメントが大きく取られていますので、インパクト時にヘッドのブレが抑えられ、弾道の直進性・安定感が高められています。

WAVEテクノロジーソール

ミズノの撓みを生むテクノロジー、WAVEソールが搭載されています。

フェース周辺から撓ませることにより、フェースの撓み量がアップし、ボール初速のアップが図られます。

ST-Zドライバーのスペック

  • ロフト角:9.5°±2.0°
  • ライ角:56.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • 標準シャフト:TOUR AD GM-200 D(S)
  • クラブ重量:300g
  • シャフト重量:54g
  • バランス:D3
  • キックポイント:中

ST-X ドライバーの特徴

ST-Xドライバーは、球のつかまりの良さを追求したドライバーです。

ソールのトゥ側にカーボンパーツを採用

STーXドライバーは、ST-Zと同じくカーボンコンポジット構造が採用されています。

ST-Zではソールのトゥ側・ヒール側の両サイドにカーボンパーツが取り入れられていますが、ST-Xドライバーはトゥ側のみとなっています。

ウェイトはヒール寄りに配置

カーボンパーツを用いたことで、ヘッドが軽量化され、余剰重量が生み出されています。

再配分可能な重量はソール後方のヒール寄りに搭載され、深重心を維持しながら重心距離が短く設定されています。

これによりヘッドが返しやすくなりますので、よりフェースがスクエアな状態でインパクトを迎えることで、球のつかまりが良くなります。

WAVEテクノロジーソール

フェースの直ぐ後ろには、WAVEソールテクノロジーが搭載されています。

フェース周辺から撓ませることにより、フェースの撓み量がアップし、ボール初速のアップが図られます。

ST-Xドライバーのスペック

  • ロフト角:10.5°±2.0°
  • ライ角:59.0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:20 MFUSION D (S、SR、R)
  • クラブ重量:291、285、279g
  • シャフト重量:49、44、39g
  • バランス:D4、D4、D3
  • キックポイント:中

ST-X、ST-Zドライバーの発売日・発売価格

ST-X、ST-Zドライバーの発売日は、2021年3月12日です。

メーカー公式サイトにて掲載されている発売価格は、71,500円(税込み)です。

ミズノ ST200ドライバーの最新情報まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ミズノ
-, , ,

関連記事

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

PINGのG410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違いについて取り上げます。 G410 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 G410 L …

ステルスグローレドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドのステルスグローレドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 ステルスグローレドライバー テーラーメイド公式ストア 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー 目次 …

M5ツアードライバーの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のM5 ツアー ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。 テーラーメイド M5ツアー ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M5ツ …

【打音で選ぶ】いい音がするドライバー 2021・2020年おすすめランキング!

ドライバーを選ぶ基準の一つに、フィーリング面が入っている人も少なくないと思います。 フォルムやカラーリングの視覚的な要素以外にも、打感・打音が好みかどうかは、使い続ける上で大事なポイントです。 そこで …

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

ドライバーは様々なタイプのモデルが発売されています。どれもメーカー各社が研究を重ね、独自の特徴を持っています。ただし、殆ど全てのモデルで必ず取り上げられるキーワードが飛距離です。ドライバーはそもそも遠 …