飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ゼクシオ

The ゼクシオ(XXIO 5) REVOドライバーの試打・評価・感想

投稿日:2021年9月11日 更新日:

ダンロップから2008年に発売されているThe ゼクシオ(XXIO 5) REVOドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。

The ゼクシオ REVOドライバーの特徴

ザ・ゼクシオ REVOドライバーは、2007年12月に発売されているザ・ゼクシオ(5代目)ドライバーの翌年に発売されたモデルです。

※左がザ・ゼクシオ、右がザ・ゼクシオ REVO

どちらも、ザ・ゼクシオという5代目レギュラーモデルの名を冠していて、特徴的なT字型のソールデザインは同じです。

REVOはシャローで深重心

ザ・ゼクシオドライバーは、ヒール寄りにウェイトが搭載され、つかまり性能を重視した設計になっています。

一方、REVOの方はヒール寄りウェイトがなく、代わりにヘッド形状が後方に長く伸びたシャローになっています。

これにより、重心が深い位置になりますので、ミスに強く、球が上りやすくなります。

ロフト角は9.5~11.5°の3種類

ザ・ゼクシオドライバーは、ロフト角が8.5~11.5°まで1°刻みで4種類ありますが、REVOの方は9.5~11.5°までの3種類です。

寛容性が高いモデルですので、やさしさを求めるゴルファー向けのモデルですから、自分のスイングスピードで球を上げきる方向けのロフトが立ったモデルは用意されなかったようです。

ライ角は1.5°アップライト

ライ角は、ザ・ゼクシオの57.5°から、REVOは59.0°となっています。

クラブ長さは同じ45.75インチとなっていますので、同じ構えかたをすると、REVOの方がアップライトになり、フェースがやや左を向く格好になります。

ヒールウェイトが無いため、アップライトによりつかまり性能を持たせているのかもしれません。

ダンロップ社が意図したかどうかは不明ですが、つかまりが良くなるライ角設定であることには違いありません。

The ゼクシオ REVOドライバーの試打・評価

  • まず目につくのが投影面積の巨大さ。ルール適合460CCだが、構えると500CCぐらいに感じる。
  • ヘッドはトウ&ヒール方向だけでなく、奥行き方向にもグッと広がり、見るからに「やさしさ」と「慣性モーメントの大きさ」を強くアピールしている。
  • 強めのフックフェース。左が怖いフッカーには構えづらく、左のミスが出やすいスライサーに好まれる顔つきだ。
  • 「カキーン」とゼクシオならではの爽快なインパクト音とともに1球目から3番ウッドで打ったみたいな高弾道。続けて打ってもボールがグングン上がる。そして印象に残ったのがヘッド挙動。多少打点がズレてもおかまい無しにボールが真っ直ぐ飛ぶ。
  • 見た目通り、ゼクシオよりも直進性を追求して作られていることがハッキリと体感できる。
引用:GDO

The ゼクシオ REVOドライバーの口コミ・評価

  • フックフェースがキツイせいか、よくチーピンします。 常に力まずかるーく振り続けられればFWキープ率はかなり上がると思われます。
  • T社r7からの買い替えです。方向性の評判と価格に魅せられての購入です。練習場で初打ちしましたが、安定感、振り抜け、打音とも予想以上でした。飛距離は、前の物より堕ちるかもしれませんが、何より救ってくれるのは方向性が抜群で、スライス系ボールが減り、なっても角度を狭くしてくれます。力が落ちてきているおじさんには、良い味方です。
引用:GDO

The ゼクシオ REVOドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:9.5/10.5/11.5°
  • ライ角:59.0°
  • ヘッド体積:460cm3
  • クラブ長:45.75インチ
  • クラブ重さ:285g(Rスペック)、292g(ミドルウェイトシャフトのRスペック)

シャフトスペック

シャフトは標準のMP-500に加え、ミドルウェイトのMP-500Mが追加されています。約10gの重量差がありますので、重みを感じてスイングしたい方は、ミドルウェイトシャフトを選択することができます。

The ゼクシオ MP500 カーボンシャフト

硬度 調子 重さ(g) トルク
S 51 4.7
SR 49 4.8
R 46 4.9
R2 45 5.0

The ゼクシオ MP500 M カーボンシャフト

硬度 調子 重さ(g) トルク
S 61 4.5
R 55 4.7

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ゼクシオ
-, , ,

関連記事

ゼクシオ9 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2016年モデルとして発売されているゼクシオ9ドライバー。2018年にゼクシオ10が発売された後も人気が衰えないゼクシオ9ドライバーについて、試打や感想を交えながら取り上げます。 XXI …

タイトリスト 910 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2010年後期に発売されている910 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 910 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

ヤマハ インプレス P231ドライバー(2023)がルール適合リストに掲載!

ヤマハのインプレス P231ドライバーがルール適合リストに掲載されましたので、最新情報をまとめました。 目次1 インプレス P231ドライバーが適合リストに掲載!2 UD+2は終了か?3 インプレス …

5代目となるPHYZ ファイズ ドライバー 2019についてメーカー担当者が解説

PHYZ ファイズドライバー(2019)について、メーカー担当者が商品コンセプトを語った動画が公開されています。 PHYZドライバー/ブリヂストン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目 …

EZONE GT 425ドライバーの試打・評価・感想

ヨネックスの2022年モデル、EZONE GT 425ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 EZONE GT 425ドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー …