飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 ロイヤルコレクション 」 一覧

ロイヤルコレクション AM-Xドライバーの最新情報まとめ

ロイヤルコレクションのAM-Xドライバーがルール適合リストに掲載されました。

ニューモデルと思われるこのゴルフクラブについて、最新情報をまとめました。

AM-Xドライバー

出典:R&A

こちらがドライバーのルール適合リストに掲載されたニューモデルです。

「AM-Xドライバー」と言うモデル名で、これまでの「RCスター」「BBD」「SFD」とは異なるシリーズとなるようです。

ソール中央の左右にウェイトを搭載

ソール中央の左右には、ネジ式のウェイトが搭載されているように見えます。

ウェイトには、トゥ側が「2」、ヒール側が「6」と記されているように見えますので、恐らく重さ(g)を表していると思います。

デフォルトではヒール寄りにウェイトが寄せられていて、つかまりを持たせた重量配分ということになります。

ウェイトが二つ搭載されているクラブの利点としては、トルクレンチがあれば取り外して入れ替えることで、重心調整が行えることが挙げられます。

特に、左右にバラけている場合は、ドロー・フェードの調整が可能と言うことになります。

これは、メーカーに聞いてみるか、自己責任になりますが、最近流行っているウェイト外しという選択肢も含めると、7通りの調整が可能となります。

{左,右}={2,6}、{6,2}、{2, 0}、{0, 2}、{6, 0}、{0, 6}、{0, 0}

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

ソールのネック位置のところには、トルクレンチを挿し込む用と思われるポートが設けられています。

可変スリーブにより、シャフトの脱着と角度調整が行えるものと考えられます。

RCスタードライバーに搭載されている可変スリーブと同等のものが採用されるとすれば、ロフト角は-1~+1°、ライ角は2°までのアップライトが可能となります。

<RCスタードライバーの調整機能>

プレーヤーのニーズに合わせた8通りの調整を可能にする、アジャスタブル機能付き。
《ロフト角 -1°~+1° / ライ角 標準~2°アップライト》

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類

スペック面での特徴としては、ロフト角のみ適合リストに掲載されています。

  • 9.5°
  • 10.5°

SFD X7ドライバーでは、12.0°というスペックもありましたが、直近のモデルで見る限り、RCスター、SFD X8ドライバーと同じラインナップとなります。

まとめ

ロイヤルコレクションのAM-Xドライバーについて、ルール適合リストに掲載された件についてまとめました。

まだロイヤルコレクションから直接の発表はなく、搭載されているテクノロジーやスペックの詳細に関する情報は確認できていません。

新たな情報が確認されましたら、都度、取り上げていこうと思います。