月別アーカイブ: 2018年10月

M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー

テーラーメイドから2018年後期に発表されたM GLOIRE グローレ ドライバー。このモデル名に驚いたゴルファーは少なくないでしょう。本記事ではMグローレがどのようなゴルファーに適しているについて、モデルの特徴から迫っていきます。

Mグローレの位置づけ

テーラーメイドのモデルと言えば、これまで「Mシリーズ」と日本専用のシニア向け「グローレシリーズ」の2つのラインナップとなっていました。

今回のMグローレは、文字通りMとグローレの融合となっています。包括関係で言えば、テーラーメイド社の発表を聞く限り、Mの中にグローレが取り込まれた形になっているようです。

実際、グローレMではなく、Mグローレとなっていますので、M3、M4、Mグローレという区分けになっていると捉えると良いと思います。

MグローレとM3、M4との違い

既存のM3ドライバー、M4ドライバーと、Mグローレドライバーの違いを見ていくと、Mグローレドライバーが対象にしているゴルファー像が浮かび上がってきます。

クラブ重量が軽い

クラブ重量で見ていくと、M3ドライバーが307g、M4ドライバーが297g、そして、Mグローレドライバーが278gとなっています。(標準シャフト、SRでの重量)

Mグローレドライバーは、グローレのようにかなり軽めに重量設計されていますので、ヘッドスピードが遅めのゴルファーが扱いやすいクラブとなっています。

つかまりがよく、ドロー系の弾道

重量配分がしっかりしていて、低重心・深重心、ドロー・バイアス・ウェイトの搭載により、重心角が大きく、高弾道でつかまりが良くなっています。弾道から見ると、つかまりが欲しいスライサーのゴルファーに向いています。

フォージドのツイストフェース

Mシリーズということで、ツイストフェースがしっかり搭載されています。しかも、そこはグローレらしく「フォージドツイストフェース」となっていますので、高級感があり、打音にも拘りが見られます。

シニアや初級者に支持されているゼクシオは、打音が好まれていますので、Mグローレが商品説明の中で「打音」というキーワードを盛り込んできたあたり、シニア・初級者をターゲットに見据えている様子が伺えます。

Mグローレドライバーの推奨ゴルファーは!?

ここまでMグローレドライバーの特徴を見てきました。最後に整理しますと、Mグローレドライバーの適合ゴルファーとして、以下のようなタイプが推奨されると考えられます。

・つかまりが欲しい、スライサー
・ヘッドスピードが速くない(43m/s以下)
・軽めのクラブで心地良い打音で飛ばしたい
・弾道のブレが大きい

参考記事

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

Mグローレ ドライバーの評価・くちこみをまとめました

 

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

※記事更新:M3ドライバーYトラックのウェイト調整動画を2本追加しました。

ソール面に搭載されているウェイト調整機能は、特段、新しいものでもなく、見慣れた感すらあります。ただ、調整のメカニズムはメーカー各社バラバラで、工夫しているというより、業界スタンダードが無く苦労しているようにも感じられます。

実際、ミズノのJPXやタイトリストの9シリーズ、TSシリーズの調整機能を見ていると、もう少しシンプルで使いやすい方が良いかもしれないと個人的に感じたりもします。

M3ドライバーのレールは2系統から1系統に統合されている!

さて、ここでM3ドライバーに話を戻しましょう。M3の前のモデルに位置づけられているM1ドライバーでは、ウェイトが稼働する部分が前方の横方向と、中央の縦方向で2系統に分かれていました。

これは2017年モデルだけでなく2016年モデルも同じ仕組みとなっています。一見、横・縦の調整で分かりやすさはありますが、レールが2箇所あること、一方の横スライドウェイトは、縦方向で見れば前方に固定であるといった気になる点もあります。

2018年モデルとして登場したM3ドライバーでは、上図の通り、縦横のレール部分が融合された構造になっています。そして、ウェイトが2つ組み込まれていて、自由に動かすことで、浅深度・深重心、左右に調整することができます。

M3ドライバーは自由自在にウェイト調整できる

従来の縦・横の独立した構造と比べると、弾道調整の仕方が直感的ではなくなる面もありますが、テーラーメイド社が公開している上図の設定例を見れば、しっくりときます。

低弾道は浅重心なのでわかりやすいですが、高弾道にする場合、レール後方がY字に分かれてしまっているので、どうするのかと一瞬考えてしまう方もいるかもしれませんが、左右に1つずつ分ける形になります。

M3のYトラックを調整して試打した結果

M3ドライバーのウェイトを最大ドロー、最大フェード、超浅重心など、様々な設定で実際に試打した動画です。打ち出し角やドロー・フェードの弾道の変化が確認できます。

Yトラックの調整を使えば、自分の癖玉がさほど大きくなければ、完璧に補正できてしまうように思えます。

M3のYトラックの重心調整による打音の違い

こちらはYトラックでウェイトを移動させた際の打音を撮って紹介しているマニアックで貴重な動画です。

あなたにオススメの「M3」関連記事

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

スリクソン Z585ドライバー、Z785ドライバーが、やさしくなっている!その根拠を徹底解説!

スリクソンから2018年9月22日に発売のZ585ドライバー。ダンロップのアスリート向けブランドとして人気のスリクソンからは、2018年モデルのドライバーとして、Z585 とZ785 の2種類が発売されています。

スリクソンがやさしくなってきている!?

スリクソンのZシリーズは、3桁目の数字が若いほどやさしいモデルとなっています。例えば2014年モデルの場合、Z545ドライバー、Z745ドライバー、Z945ドライバーと3種類のヘッドが用意されていまして、ヘッド体積は460cc、430cc、400ccとなっています。

(2014年モデル:出典 https://golf.dunlop.co.jp/magazine/matuo/83.html)

400ccという小ささは最近ではなかなかお目に掛かれないですね。そして、もう1世代前のZ925 ドライバーは380ccです。

Z9系の系譜を見ると、スリクソンの方向性が見えてくる

アスリート向けブランド、スリクソンのZシリーズの中で、先頭の3桁目が「9」のモデルは、最も難しいモデルとなります。この「9」のモデルがどのように変わってきたかを見てみましょう。

2012年:Z925ドライバー(ヘッド体積380cc)
2014年:Z945ドライバー(ヘッド体積400cc)
2016年:9のモデル(Z965ドライバー)はなし、Z745のリミテッドモデル(ヘッド体積440cc)
2018年:9のモデル(Z985ドライバー)はなし、リミテッドモデルも今のところない。

上にまとめた通り、「9モデル」は年々ヘッド体積が増し、2016年からは発売もされていません。Z765の通常モデルとは別に、リミテッドモデルが発売されましたが、こちらはヘッド体積がわずかに5cc少ないモデルで、これまでの7と9のような明確なヘッド体積の違いはありませんでした。

最近の傾向として、テーラーメイドのMシリーズ、キャロウェイのROGUEにしても、アスリート向けとアベレージ向けの2種類がありますが、簡単な方を使うプロが増えています。

ドライバー市場全体として、クラブの性能向上に伴って、プロ向け・一般向けの垣根がなくなってきていて、スリクソンのZドライバーも同じ方向を向いていると思われます。裏を返せば、Zシリーズがやさしくなっている証拠とも言えます。

クラウンのセンター位置にマークが出現している!

個人的には密かに驚いているのがクラウンにあるマークです。アドレスの際、ボールとクラブのフェースセンターを視覚的に合わせやすくするためのデザインです。

2016年モデルのZ565、Z765までは存在せず、ただただ精悍なブラック一色でつるっとしていたクラウンに、2018年モデルでは白い矢印の先っぽのようなデザインがあしらわれています。

こんなちょっとしたところからも、プロ選手には不要であるものの、一般ゴルファーにより沿っていこうという開発者の心持ちが感じられる気がします。

開発コンセプトからも、やさしさを重視している様子が見えてくる

ダンロップ社の2018年Zシリーズのプレスリリースを見ますと、まず冒頭に下記の文章が掲載されています。

「ドライバーの設計をゼロから見直し、プロからアマチュアゴルファーまで大きな飛びと寛容性を得られるようになった」

出典 https://golf.dunlop.co.jp/newsrelease/2018/s88.html

このゼロからという表現は、同じく2018年モデルの他のメーカーでも使われています。タイトリストのTSシリーズでも同じようにゼロベースでの開発が行われ、これまでの9シリーズと異なるモデルが生み出されています。

2018年のZシリーズは、「設計をゼロから」「アマチュア」「寛容性」というキーワードが特徴的で、これまでの開発コンセプトを踏襲するのではなく、アマも使えるやさしさを意識しているようです。

Z585ドライバー、Z785ドライバーは打球音も重視

ダンロップというとゼクシオ、そしてゼクシオの特徴の一つに打球音があります。アマチュアゴルファーにとってはカキーンという爽快な打音は、「当たったぞ、次も当たるぞ、飛ばせるぞ」といったメンタル面でプラスに作用すると思われます。

そして、スリクソンのZシリーズでも、打球音を高く、耳でナイスショットが感じられるように工夫されています。この辺りへの心配りは、かなりアバレージゴルファーを意識していると思われます。

やさしくなったという声が聞こえてくる2018年スリクソンのZシリーズ、Z585ドライバー、Z785 ドライバー。これまでアスリート向けモデルを敬遠してきたゴルファーの方も、試してみてはいかがでしょうか。

ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?

最近のドライバー市場は、実に様々なテクノロジーが登場しています。これまではスイートスポットの拡大、スリット、フェースの偏肉など、反発性能とミス許容度の競争が多く、最近では、キャロウェイのJAIL BREAKテクノロジー、テーラーメイドのハンマーヘッドなど、ヘッドの撓みにフォーカスしたモデルが増えています。

そんな中、テーラーメイドが搭載した驚きのテクノロジーが「ツイストフェース」です。実はこのツイストフェース、筆者としては思っていたのと反対の仕様になっていましたので、ツイストフェースの仕様と効果について掘り下げてみました。

ツイストフェースの解説の前に、バルジとロールとは!?

まず、ツイストフェースにいくまえに、従来のフェースについておさえておきましょう。従来のフェースは、フェースセンターを頂点としてこんもりした形をしています。いわゆる、バルジとロールです。

出典:http://www.bs-sports.co.jp/callcenter/question/golf/club/basic_knowledge/head/head11.html

こちらのブリヂストンの画像を見て頂くとよりイメージできると思います。丸いものを丸いもので叩くという、より難しくしてるようにも思えます。しかし、ハンマーは打面が丸くなっていますし、バットも丸くなっています。

これは、打点が定まらないがために、それに対応すべく丸まっています。(実はこれが後述するツイストフェースの不思議を解き明かすポイントになってきます)

ツイストフェースの仕様

さて、ツイストフェースですが、フェースがねじれているのは名前からも明らかです。ポイントはどの方向にねじれているかです。

ハイトゥ、ローヒールが沈み込む方向にねじられています。バルジやロールのような丸みが、ハイトゥ、ローヒールで強調される形になっています。

では、フェースをツイストする理由は?

テーラーメイド社では、今回のM3ドライバー、M4ドライバーの開発にあたって、50万発にも及ぶ打球データを解析しました。その結果、90%のゴルファーの打点がハイトゥ、ローヒールによるということが分かりました。そして、この偏りに対応すべく、ツイストフェースという結論に至ったわけです。

ツイストは逆にすべきでは!?

では、ハイトゥやローヒールと呼ばれる、フェースを向かって前から見た時に左上と右下に打点がある場合、そこがより一層凹んでいる構造になっていたら、ボールの左右・上下への反れが強調されてしまいそうに思いませんか?

実際、マシンによるテストでは、そのようになってしまいます。ですが、ヒューマン、つまり人間の場合は、打点がずれている=スイングも乱れているという傾向があり、マシンによる弾道とは異なってきます。

ハイトゥ、ローヒールはスイングに違いある

人間がスイングする場合、スイング軌道はマシンのようにはなりません。実際は、ハイトゥの場合、フェースが閉じた状態でヒットし、ローヒールの場合、フェースが開いた状態でヒットする、このようなスイングの場合に、ツイストフェースが効果を発揮してくれます。

例えば、ハイトゥでフェースが閉じてヒットした場合、フック気味になってしまいますが、ツイストフェースによりバルジ・ロールが強調されていれば、つかまりが抑えられた弾道を飛ばすことができます。ローヒールではこれが逆に作用しますので、どちらの場合でも弾道がセンターに集まります。

ツイストフェースの効果について

テーラーメイド社による調査では50万発の内、90%が該当する傾向を対象としていますので、極々簡単に考えると、10人に1人はこれに当てはまらないと言えます。

それは、先に述べた打点のバラツキ(ハイトゥ・ローヒール)・スイング(フェースの閉じる・開く)の傾向によりますので、試打の機会を利用して、自分にあっているかを試してみることをおすすめします。

テーラーメイドM4ドライバーの試打

テーラーメイドM3ドライバーの試打

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

テーラーメイドから2018年モデルとして発売のM4ドライバーとM3ドライバー。人気となっている両モデルの違いについて、解説していきます。

ドライバーのモデル選びでスキルの区分けがなくなってきた!?

メーカーからクラブが発売される際に、ゴルファーのスキルレベルに合わせて複数のモデルが同時リリースされるケースを良く目にします。例えば、スリクソンのZ585、Z785であったり、ROGUEのsub zero、STARなどです。少し前までは、プロ・上級者とアベレージゴルファーという区分けがなされてきましたが、昨今ではこの事情も変わってきています。

最近はやさしいモデルを選択するプロが増えている

スキルレベルで分かれていたモデルですが、最近ではROGUEでもMシリーズでも、プロがやさしい方のモデルを選択するケースが目立つようになってきました。

例えば、2018年モデルのMシリーズでは、M3が上級者、M4がアベレージゴルファーと言われていますが、400ヤード越えであわやホールインワンで話題となったジャスティン・ジョンソンは、M4ドライバーでこのショットを放ちました。

M3ドライバーとM4ドライバーの違い

ここまで話しが長くなりましたが、これまではM3がアスリート向け、M4がアベレージゴルファー向けとうい説明で、クラブの大きな区分けができましたが、プロがM4を使っていますので、そのような説明だけでは足りなくなってきているのが実情です。

M3のヘッドサイズは2種類

まず、M3ドライバーはどんなクラブでしょうか?上級者向けということで、ヘッドが小さいということが想像されます。実際、M3は440というモデルがありますが、もう一つ460というモデルもあります。

最大の違いはウェイト可変の有無

M3ドライバーとM4ドライバーの大きな違いは、ソール面にウェイト可変機能が搭載されているかどうかです。M4にはウェイト可変機能がありませんが、M3はYトラックというウェイト可変機能が搭載されています。

これまでは縦・横の独立した2レールのウェイト可変でしたが、M3では、Yトラックという分岐を持つレールが設置されています。この上で2つのウェイトを自由自在に配置することで、幅広い重心設定が可能となっています。

操作性・ウェイトの思い切った調整が必要なゴルファーはM3 440ドライバー、ウェイト調整機能は欲しいが440ccの小ぶりなヘッドでは不安だという方はM3 460ドライバー、オートマチックにルール限界のヘッドで飛ばしたいという方やアベレージゴルファーはM4ドライバーをまず試してみるのがおすすめです。

⇒M3ドライバーについて

⇒M4ドライバーについて