月別アーカイブ: 2018年11月

917 D2と917 D3ドライバーの違い

タイトリストといえばアスリート向けのクラブを提供するメーカーとして認識されているゴルファーが多いと思います。2018年にTSというモデルを発表し、これまでのツアープロから市場にフォーカスを移した印象から、話題となったモデルでもあります。

ゴリゴリのアスリート向けモデルとしては、現時点では917が最新、もしかしたら最後かもしれません。今尚、ゴルファーからの支持が強い917モデルのドライバーについて、違いを取り上げます。

917D2ドライバーと917D3ドライバーの違い

917シリーズからは、917D2ドライバー、917D3ドライバーが発売されています。どちらのクラブを選べばよいかは、違いを知ることが重要です。両者の違いについてみていきましょう。

一番の違いはヘッドサイズ

917D2と917D3の違いを知る上で一番のポイントは、ヘッドサイズにあります。917D2がルール限界の460ccなのに対して、917D3は440ccとなっています。

917D3は操作性を求めるゴルファーに、つまり自分で球を操りたい方に向いているドライバーとなります。

ヘッド形状は917D2が丸型、917D3が洋ナシ型になります。これはタイトリストに詳しいゴルファーであればご存知の方もいると思いますが、2、3という数字でヘッドの形状が決まっています。

917D2、917D3ドライバーを今平周吾プロが解説

・917D2は打感が柔らかい。球が高く、低スピンで、キャリーが出てくれそう。
・917D3はヘッドの大きさが小さいので、しっかり振り切れる。少ないスピン量で飛距離が出る。

調整機能はどちらも同じ

機能面ではどちらも重心調整機能、ロフト・ライ調整機能が搭載されています。重心調整については、ソールの後方に貫通されているウェイトを入れ替えることで行えます。

ヘッドの軽量化を進める場合、ホーゼルの調整機能が省かれるケースがありますが、917モデルではD2、D3の両方に搭載されています。(D2の詳細ページ)

調整は16通り行うことができ、こちらのメーカーによる公式解説動画がとても参考になります。

タイトリスト 917モデルを3upCLUBが解説

・915は上がりづらかったが、917は上がる。
・色はグレーで、昔に戻った。黒いとティーグラウンドで構えた時に、周りのギャラリーが映り込んで気になるため、という理由があるらしい。
・ヘッドの見た目の形状通りの弾道が出る。
・プロ仕様モデルだけあって、それほどつかまらない。

 

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

ヤマハから2018年後期に発売されているinpres UD+2ドライバー。前作が発売されたのが2016年、”2番手上の飛び”というゴルファーには何とも魅力的なコンセプトのインプレスUD+2は、ドライバー、アイアン共に人気のモデルとなりました。

2年を経て発売されたニューモデルの特徴について、試打の感想などを織り交ぜながら紹介します。

前作のヤマハ inpres UD+2 ドライバー 2017の試打・評価・感想

最大の特徴は大きな重心角による、つかまりの良さ!

前作と同じく、inpresUD+2ドライバーの特徴として一番に取り上げたいのは重心角です。今回のニューモデルでも思い切った設計は踏襲されていて、重心角は33°となっています。

出典:http://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_driver.html

日本の殆どのゴルファーがスライサーだとも言われていますので、極端な設計でありながらも、かなりのゴルファーがターゲットとなります。

有村智恵プロによるinpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・アドレスした時に安心して使えそうな顔をしている。
・つかまる。右に曲がらず前に前に行く。
・フェースに乗ってる感じがする。
・つかまりながら、真っすぐ飛ぶ。

ソール一体型ウェイトは、ヘッド重量の20%を占める

今作もソール一体型ウェイトが採用されており、ウェイト重量がヘッド全体の20%を占めています。重さとしては37gになりますので、ねじ式のものと比べてもかなりのウェイト感があります。

前者の重心角と相まって、徹底的な低重心・深重心となっており、ボールのつかまりがよく、上がりやすくなっています。

全力試打!ギア王 inpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・丸顔で大きさを感じずに構えられる。
・弾道は初速が速く、直線的に飛んでいく。
・吹き上がることもなく、スライスが出ない。
・クラブ重量が軽いため、最後まで振り抜ける。

スイング回転半径を大きくする工夫が採用されている

ここまでは2017年モデルでも搭載されているテクノロジーですが、今回、新しい点として、グース気味な構造となっています。フェースの中心位置を外側(トゥ側)にずらすことで、スイング半径が大きくなり、スピードアップにつながるという仕組みです。

派手さはありませんが、着眼点が日本メーカーらしく、飛距離アップにとことん拘っている姿勢が感じられます。

ゴルフ5スタッフによるinpres UD+2ドライバー 2019の試打・評価・感想

・深重心でつかまりが良い。
・ストロングロフトになっているので、球が上がり過ぎずにスライスが抑えられる。
・球が前に前に飛ぶ。

inpres UD+2ドライバー 2019のスペック

ヘッド体積はルール限界の460cc、ロフトは9.5°と10.5°を選ぶことができます。ライ角も61°と大きめですので、この点もつかまりの良さに寄与してくれそうです。

クラブ重量はスペックによりますが280g前後と軽い部類に入りますので、スライサー、スイングスピードが速くない、飛距離が伸びない、というゴルファーには、是非、試打してみたいドライバーです。

前作のヤマハ inpres UD+2 ドライバー 2017の試打・評価・感想

タイトリスト 917 D3 ドライバー の試打・評価・感想

タイトリストから2017年モデルとして発売されている(発売日は2016年後期)、917D3ドライバー。2018年後期にはタイトリストから新モデルTSドライバーが発売されているため、9系の最後のモデルが917となります。本記事では今尚人気の917 D3ドライバーを取り上げます。

モデル名に付された3桁の数字は、下2桁がモデルの年数を表していますので、モデルを遡っていくと、915D2(2015年)、913D2(2013年)となります。

917D3ドライバーと917D2ドライバーの違い

これは917D2ドライバーの投稿でも触れましたが、同時発売されている917D2ドライバーと917D3ドライバーの違いを確認しましょう。

ドライバーの特徴として、もっとも違いが出るのがヘッドサイズで、917D2、917D3もその例に漏れません。917D2が460ccとルール限界なのに対して、917D3は440ccとこぶりになっています。一般にヘッドが小さい方がコントロールしやすく、上級者向けと言われています。

タイトリストの917Dシリーズについても、D3がプロ・アスリートゴルファー向け、D2がアベレージゴルファー向けという解釈が一般的です。

SURE FIT CG 、SURE FIT Hosel を搭載

重心(ウェイト)を調整できるSURE FIT CG、ロフト角、ライ角の2次元独立調整システムであるSURE FIT Hoselが搭載されていますので、弾道調整を自由度高く行うことができます。

タイトリストの独特なウェイト調整機能は、トゥ・ヒールの重心移動が可能となっています。

ソールの溝が安定性を生み出してくれる

タイトリストのウッドと言えば、アクティブ リコイル チャンネルです。2015年モデルから搭載されているソール全面に横に入れられた溝。これにより、打出しの安定性が高まるだけでなく、オフセンターヒット時のインパクト効率も高めてくれるため、よりやさしく、より大きく飛ばせます。

917 D3 ドライバーを試打した評価と感想

今平周吾プロ
917D2と比べて、ヘッドが小さい分、振り切ることができる。叩いていくには917D3がおすすめ。
ゴルフ体験主義 KAZ氏
・ボディはそれほどディープには感じませんでしたが、「917D2」に比較するとややコンパクトで、その分重心深度も浅めな印象を受ける。
・操作性が高いので、これはヒッタータイプが左を気にせず叩ける。
・弾道的には高めの中弾道。917D2同様、球を上げ切るにはある程度パワーが必要かと思う。
引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2017/01/7688.html

917D3はタイトリストで更に上級者向けということで、試打や感想の情報が917D2より少なかったのが印象的でした。

※917D2ドライバーの試打・評価・感想はコチラ

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

プロギアから発売されているRSシリーズ。2018年モデルもRSドライバーとRS-Fドライバーの2タイプが用意されています。本記事ではこの2つのモデルについて、違いにフォーカスして取り上げます。

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

・RSドライバーとRS-Fドライバーは、ぎりぎりの反発性能という点では同じで、反発性能に差がある。
・RSドライバーは、やさしくつかまえたい、ドローで飛ばしたい、右のミスがイヤ、というゴルファー向け。
・新RS-Fドライバーは、つかまり過ぎを抑えたい、フェードで攻めたい、左に行くのがイヤ、というゴルファー向け。 

・RSドライバーは、前作よりも距離が伸びている。深い重心設計でドローが打ちやすい。
・RS-Fドライバーは、つかまりを抑える設計になっている。打感はやわらかい。

・RSドライバーの方は左右の慣性モーメントを高めて、RS-Fドライバーの方は上下の慣性モーメントを高めている。
・今回のモデルは、素材も含めてRSとRS-Fの違いがはっきり分かれた。RSがフルチタンで、RS-Fがカーボンクラウン。
・RSがとてもつかまるようになった。RS-Fはニュートラルな感覚。前作と比べるとRS-Fは意外と真っすぐ飛ぶ。
・前作と比べてミスに強くなっている。
・アスリートモデルとしては、もう少し難しい方が良い。

 

RSドライバー の試打・評価・感想

PRGRから発売されているRSドライバー。2つのWで強く広くなったプロギアの2018年の注目モデルについて、試打と評価、感想を紹介します。

1つ目のWは、Wクラウン設計

Wクラウン設計は新たにリブが搭載されることで、たわみが増長されます。これにより、高初速が実現され、飛距離アップにつながります。

2つめのWは、Wモーメント設計

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-f-driver.html

打点のバラツキはスキルレベルによって方向が異なり、アベレージゴルファーは左右に、スキルレベルが高いゴルファーは上下にズレる傾向にあります。RSでは左右方向のモーメントを大きくする設計となっており、左右のズレに対応してくれます。

160%拡大の高初速エリア

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-f-driver.html

高初速で飛ばせるフェース面のエリアが大幅に拡大しています。実際に数値で見てみると、一般のドライバーが約140m2のところ、230m2にまで格段に広がっています。

RSドライバーを試打した評価と感想

マーク金井
RSとRS-Fを比べると、RSドライバーの方が重心アングルが大きい。今年試打した中で、重心アングルが一番大きい。つかまりがよく、勝手にドローが出る。ドローで飛距離を出したい、スライスを軽減して飛距離を出したい人におすすめ。

メーカースタッフ
キーワードはギリギリ全開。高初速に拘ったシリーズ。実打点の反発性能を高めている。RSドライバーは、やさしくつかまえたい、ドローで飛ばしたい、右が嫌だ、というゴルファーに使ってもらいたい。
内藤雄士ツアープロコーチ
前作よりも打ち出しが高く、飛距離が出ている印象がある。勝手に上がってくれるし、つかまってくれるので、ドローを打つには良い。