飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 月別アーカイブ:2019年08月 」 一覧

TOUR B JGR 2019年モデル(3代目)の試打・評価・感想

★追記2019/08/19
新旧モデルの打ち比べ動画を追加しました。
★追記2019/08/17
コースでの試打動画を追加しました。
★追記2019/08/13
2019年モデルと2017年モデルの違いについては、下記記事をご覧ください。
⇒TOUR B JGR 2019年モデルと2017年モデルの違い

ブリヂストンのTOUR B JGRの2019年モデルについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

JGRの名では3代目だが、ツアーB JGRでは2代目

JGRは2015年に初代ドライバーが発売されています。その後、2017年にはTOUR B JGRとして発売されていまして、TOUR Bが新たに付されました。そして、2019年モデルもTOUR B JGRという名称で発売されています。

TOUR B JGR ドライバー 2019(3代目)

TOUR B JGRのニューモデルは、5月ぐらいからプロトタイプが確認されていまして、粗方の予想通り、2019年モデルの発売が発表されました。

早速、2017年モデルから乗り換えるツアープロも出て来ています。

黄色いネジの正体は、高反発エリアを広げてくれる新構造だった

試打会情報でも話題になっていてフェースの直ぐ裏にある黄色いネジ状のもの。これは、SP-COR(サスペンションコア)と呼ばれるもので、フェース面の反発をコントロールするテクノロジーです。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

一点を効果的に抑えることでルールオーバーを防ぎ、オフセンターの高初速エリアの拡大が可能に
引用:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

オフセンターエリアの反発をあげようとすると、中心の反発を高める必要がありますが、ルール限界値という壁があります。そこで、ネジで1点を抑えることで、反発性能がルールを超えるのを防ぎつつ、周辺部の反発性能は高くなっていいます。

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/tourb/jgr/technology/

テーラーメイドのスピードインジェクションに共通する点も感じられますが、センターを抑え、周りを高めることで、フェース全体として反発性能を広げるという点は、M5、M6と異なります。

ここが重要!ポイント

  • SP-CORにより高反発エリアが拡大している
  • 打点がブレても飛距離のロスが抑えられる

クラウンが効果的に撓んで、高初速・高弾道になる

出典:https://www.bs-golf.com/bs-products/club/driver/jgr.html

ソール側の剛性がアップし、クラウンにはたわみを促進するスリットが施されていて、クラウンが効果的に撓んでくれます。これにより、弾道は高く、初速は速くなります。

TOUR B JGR ドライバーを3upCLUBが徹底的に試打して解説

  • ヘッドスピード40m/s前後で、持ち球は悪いとスライスが出て、ドライバーが苦手な人、そういったゴルファーがど真ん中のターゲットのクラブ。
    40~43m/sぐらいの人は、純正のTOUR AD XC-5(S)で良さそう。
  • 前作はアップライトなのが気になっていたが、今作は構えやすい。あからさまにつかまるわけではなく、右に逃げない。
  • 打感は弾き感がある。弾道は高い。前作よりスピンが少ない。
  • 打点が左右にずれても、弾道が変わらず、曲がらない。
  • 色々なヘッドスピードでも、打ち出し、スピン量が程よくなるので、幅広いゴルファーが使える。

TOUR B JGRの新・旧モデルを打ち比べして評価

  • 前作はフェースの横幅が長く、左右の慣性モーメントが多きかったが、新作はフェースが小顔でシャフト寄りになっている。ボールのつかまりが良いクラブになっている。
  • 前作はつかまりがニュートラル、新作の方は明らかにつかまる。
  • スピン量も良く、飛距離がでる。

TOUR B JGR ドライバーを試打して解説

  • JGRはつかまる先入観があったが、そこまでつかまらない。
  • 思っていたより弾道が高い。
  • ミート率が高い。打感は硬い。

TOUR B JGR ドライバーの公式PV、プロの試打コメント有り

  • 松田鈴英プロ
    つかまって真っすぐ行く感じがする。
  • 片岡体育プロ
    初速が速い感じがする。
  • 大里桃子プロ
    スイートスポットが広くて、少し芯から外れても真っすぐ行く感じがする。
  • 三ヶ島カナプロ
    前のドライバーより飛んでる。
  • 渡邉彩香プロ
    球が上がりやすい。

TOUR B JGR ドライバー 2019のスペック

ロフト角 9.5/10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
長さ 45.5インチ
標準シャフト TOUR AD for JGR TG2-5
クラブ重さ 294g(S)
フレックス S/SR/R

TOUR B JGR ドライバー 2019の発売日・発売価格

ツアーB JGRドライバ― 2019の発売日は、2019年9月13日が予定されています。発売価格はシャフトにより異なり、以下の通りになっています。

  • TOUR AD for JGR TG2-5:¥68,000+税
  • AiR Speeder JGR:¥68,000+税
  • TOUR AD XC-5:¥83,000+税
  • Speeder 569 EVOLUTION VI:¥83,000+税
  • Diamana ZF50:¥83,000+税
  • ATTAS 11 5:¥83,000+税







PRGR egg 5500 ゴーゴードライバー ノーマル・IMPACT 2019の試打・評価・感想

PRGRのeggシリーズから発売の NEW egg 5500 ゴーゴー ドライバーについて、ノーマルモデルと短尺のIMPACTについて、試打の感想や評価を交えながら取り上げます。 egg 5500 ゴ …

短尺ドライバーのメリット・デメリットを解説!お勧めの短尺ドライバー3本!

★追記:2019/08/03 eggドライバ―の後継モデルのリンクを掲載しました 短尺のドライバーについて、そのメリットとデメリットについて解説します。また、お勧めの短尺ドライバー、そして、簡単に用意 …