飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 月別アーカイブ:2020年05月 」 一覧

XR PRO 16ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイのXR PRO 16ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

XRドライバーの2代目モデルは2種類


XRドライバーは2015年に初代モデルが発売されています。2代目となる2016年モデルは、レギュラーモデルに加えてプロモデルが発売となっています。

本記事で取り上げるのは、写真右のXR PRO 16ドライバーです。

  • XR 16ドライバー
    ヘッド体積460ccのシャローヘッドで、低重心・深重心設計。ドローバイアスで球のつかまりもサポート。
  • XR PRO 16ドライバー
    ヘッド体積440ccのディープヘッド。つかまりを抑えた重心設計で、低スピンで強い弾道が出る。

XR PRO 16ドライバーの特徴

XR PRO 16ドライバーは、レギュラーモデルと比べて小ぶりで、ヘッドスピードが速いゴルファーに好まれるドライバーです。

440ccの小ぶりなヘッド

XR 16 PROドライバーはヘッドサイズが440ccで、レギュラーモデルよりも20cc小ぶりになっています。

ヘッド形状はディープな洋ナシ型で、操作性を求める方に好まれる形状です。

ヘッド性能としては、つかまりを抑えた重心位置と低スピン設計により、思い切り叩いても吹け上がらず、左へのミスも出にくくなっています。

19%薄肉化されたフェースは反発エリアが拡大

フェースの厚さは従来モデルよりも薄くなっていて、高初速エリアが拡大しています。

薄肉化による軽量化効果により、重量が重点配分され慣性モーメントがアップし、ヒール・トゥ側にブレてもボール初速を損なわれにくくなっています。

ロフト角・ライ角の調整機能を搭載

レギュラーモデルと同様、プロモデルにもアジャスタブル・ホーゼルが搭載されています。

ロフト角は-1°、スタンダード、+1°、+2°の4種類、ライ角はスタンダード、ドロー(アップライド)の2種類で、合計4×2=8種類のセッティングが可能となっています。

XRドライバー・XR PROドライバー 2016のロフト角・ライ角の調整機能を徹底解説!アジャスタブル・ホーゼル

XR PRO 16ドライバーの試打・評価

XR 16とXR PRO 16を試打比較

  • 打感も外観もシャープ。
  • 中弾道で球の強さが感じられる。
  • 風にも強い弾道で、ヘッドスピードが速い方に武器になる。
  • XRドライバーは、やさしく高弾道で飛ばしたい人、XR16プロは、ヘッドスピードが速い人におすすめ。

藤田光里プロがXR PRO 16を試打

  • XR 16よりはヘッドが小ぶりで、難しいクラブを求めたい人向け。
  • 自分で操作できるクラブ。
  • 左に引っ掛からず、真っすぐに近い球が打てる。
  • XR プロ 16ドライバーは、パワーヒッターに使ってもらいたい。

XR PRO 16ドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:440cc
  • クラブ長さ:45インチ
  • 標準シャフト:XR

XR PRO 16ドライバーのシャフトラインナップ

XR

バランス クラブ重量 シャフト重量 トルク キックポイント
D1 305g 53g 5.3 先中調子

Tour AD GP-6

バランス クラブ重量 シャフト重量 トルク キックポイント
D2 317g 66g 3.1 中調子

 







XR 16ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイのXR 16ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 XR 16ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す XRドライバーの2016年モデルは2 …

スリクソン ZX5・ZX7ドライバーの最新情報まとめ

スリクソンのZX5・ZX7・ZX7 T011ドライバーの3種類が適合リストに掲載されました。(その後、ZX5 T012、ZX7 TOURも掲載されています) 2020年のニューモデルと思われる新たなド …

原英莉花の最新クラブセッティングを徹底解説!ウェッジは師匠のジャンボモデル

原英莉花の最新クラブセッティングについて取り上げます。 原英莉花の用具契約 原英莉花は若手女子ゴルファーの中で、人気と実力の双方を兼ね備えた注目の選手です。生涯獲得賞金は早くも1億円を突破しています。 …

シニア向けドライバー 2020年 おすすめランキング

ゴルフクラブは、上級者向け、アベレージゴルファー向けなど、ある程度のメインユーザーを想定して開発されています。 ゴルフは幅広い年齢層でプレーされる数少ないスポーツのため、ゴルフクラブはシニアをターゲッ …