飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 ドライバー 」 一覧

ドライバーの飛距離アップのコツ、飛距離を決める3つの要素とは!?

ドライバーの飛距離アップはゴルファーにとって終わりのないテーマです。初心者、上級者、シニアなど、ゴルファーによって、克服すべき課題も変わってきますが、ドライバーショットの飛距離を決める要素は決まっています。

ドライバーの飛距離を3つの要素で決まる!

ドライバーの飛距離を決める要素について取り上げていますが、フェアウェイウッドやユーティリティーなどにも当てはまる内容です。

<飛距離を決定する3要素>

・ボール初速

・打ち出し角

・スピン量

ボール初速について

一つ目の要素はボール初速です。初速が速ければ、遅いよりも遠くに飛ぶことは容易にイメージできると思います。では、ボール初速を速くするにはどうすれば良いでしょうか?

ボール初速は、ヘッドスピードとミート率で決まってきます。

ヘッドスピードがいくら速くても、スイートスポットを大きく外してしまえばエネルギーが直進方向に伝達されません。スライスやフックが生じる方向にエネルギーが使われたり、吹け上がりに使われたりしてしまいます。

ヘッドスピードを有して、ヘッドがボールにインパクトし、その後にボール初速が発生します。ヘッドスピードが速いことは重要ですが、インパクト時のエネルギー変換が効率的であるか、これがミート率となります。

いうなれば、ヘッドスピードとミート率は、速さと正確性とも言えます。これはトレードオフの関係になりがちです。これこそゴルフの持つ最も難しい事項の一つです。

ボール初速を上げるには

ボール初速の構成要素は、ヘッドスピードとミート率という話をしました。これら二つが向上すればボール初速はあがります。

ヘッドスピードについては、体力面の限界値というのがあるでしょう。加えて、無理をし過ぎると、ミート率が低下することは言うまでもありません。

スイングの基本的な改善をした上で、あとは、身体能力にあったスイングスピードで無理なく触れるゴルフクラブに出会うこと、そして、左右・上下の弾道のクセにあった(解決してくれる)クラブ設計のモデルを手にすることが重要です。

その他の2つの要素、打ち出し角、スピン量については、別の投稿にて取り上げます。







スリクソン Z585ドライバーの試打・評価・感想

アスリートゴルファー向けのブランド、スリクソンのZシリーズから発売されているドライバー、Z585ドライバーについて取り上げます。 Z585ドライバー/スリクソン GDOで探す 楽天市場で探す Amaz …

MグローレドライバーとM4ドライバーの違い

テーラーメイドから2018年後期に発売されているMグローレドライバー。Mシリーズとグローレの融合ということで、注目のモデルとなっています。2018年の前半はM4、後半はMグローレと、1年を通してドライ …

917 D2と917 D3ドライバーの違い

タイトリストといえばアスリート向けのクラブを提供するメーカーとして認識されているゴルファーが多いと思います。2018年にTSというモデルを発表し、これまでのツアープロから市場にフォーカスを移した印象か …

ヤマハ inpres UD+2 2019ドライバーの試打・評価・感想

inpres UD+2ドライバーの2021年モデルは下記記事をご覧ください。 ≫ inpres UD+2 2021ドライバー(3代目)の試打・評価・感想の最新情報まとめ ヤマハから2018年後期に発売 …