飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 TR20 」 一覧

本間ゴルフ TR20ドライバー 2020年モデルか!?最新情報まとめ【USGA適合リストに2種類のヘッドが掲載されている】

TR20 440・460の公式情報が出ましたので、最新情報は下記リンクの記事をご覧ください。
≫ TR20 440ドライバーとTR20 460ドライバーの違い

本間ゴルフの2020年モデルと思われるTR20ドライバーがUSGAのドライバー適合リストに掲載されています。

このドライバーについて最新情報をまとめました。

TRドライバーは、ヘッドサイズが2種類か?

こちらが適合リストに掲載されている「TR20ドライバー」です。左のヘッドが「TR-20 460(Version 2)」、右のヘッドが「TR-20 440(Version 2)」という名称となっています。

ヘッド形状からしても、「TR-20 460ドライバー」は460ccモデル、「TR20 440ドライバー」は440ccモデルではないかと思われます。

TWからTRに?

本間ゴルフのドライバーは、近年、ツアーワールド(TW)、BERES、BE Zealの3種類のブランドで展開されています。

「TR20」というモデルは、全く新しいものと思われます。

適合リストに掲載されたヘッドサイズが2種類あるとすると、こういったバリエーションを持たせるのは、通常、アスリート向けモデルとなりますので、TRはTW(ツアーワールド)に代わるニューブランドの可能性が考えられます。

TR-20 460ドライバー

こちらがTR20 460ドライバーです。適合リストに掲載された内容、そして、画像から推測される内容をまとめます。

  • ヘッドサイズは恐らく460cc
  • ヘッド形状はTR440よりもシャロー
  • ウェイトは前・後・ヒール寄りの3ヶ所。後のウェイトのみ9(g?)の表記あり
  • ウェイトの形状は同一にも見え、トルクレンチが挿し込めるようになっているため、交換可能な可能性あり
  • シャフトを取り外しできるポートがあり、ロフト角・ライ角の角度調整が可能
  • ロフト角は8.5°のみ記載。まだプロトタイプの段階で、今後、ロフトランナップが増える可能性が考えられる

TR-20 440ドライバー

こちらがTR20 440ドライバーです。460と同様に適合リストに掲載された内容、そして、画像から推測される内容をまとめます。

  • ヘッドサイズは恐らく440cc
  • ヘッド形状はTR460よりもディープ
  • ウェイトは前・後・ヒール寄りの3ヶ所。後のウェイトのみ9(g?)の表記あり
  • ウェイトの形状は同一にも見え、トルクレンチが挿し込めるようになっているため、交換可能な可能性あり
  • シャフトを取り外しできるポートがあり、ロフト角・ライ角の角度調整が可能
  • ロフト角は8.5°のみ記載。まだプロトタイプの段階で、今後、ロフトランナップが増える可能性が考えられる

まとめ

本間ゴルフの2020年モデルと思われるTR20ドライバーについて、最新情報をまとめました。

まだ公式情報が確認されていませんので、詳細スペック等は分かりませんが、恐らく、TRはツアーワールドに置き換わるアスリート向けモデルではないかと筆者は推測しています。

最新情報がまた確認されましたら、こちらのページに反映していきます。