飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン ミズノ

MIZUNO JPX 923シリーズ アイアンの最新情報・違いをまとめ|HOT METAL・HOT METAL PRO・HOT METAL HL・FORGED・TOUR

投稿日:

ミズノのJPXシリーズの2023年のアイアンが発売となっています。発売開始時点で4機種のラインナップとなっています。

JPX 923シリーズアイアンの全機種について、モデルの種類、スペック、発売価格など、最新情報をまとめました。

JPX 923シリーズ アイアンは5機種

JPX 923シリーズのアイアンは、全部で5機種あります。これまではJPX 921が最新モデルとして発売されていましたので、2年振りのリニューアルということになります。

上の写真で、上段はHOT METALと呼ばれる鋳造製法のアイアンで、左からHOT METAL、HOTMETAL PRO、HOT METAL HLです。

下段は鍛造製法のアイアンで、左がFORGED、右がTOURです。

  • JPX 923 HOT METALアイアン
    鋳造アイアンのスタンダードモデル
  • JPX 923 HOT METAL PROアイアン
    鋳造アイアンに操作性を持たせたモデル
  • JPX 923 HOT METAL HLアイアン
    鋳造アイアンに高弾道性能を持たせたモデル
  • JPX 923 FORGEDアイアン
    JPXの鍛造アイアン史上で最高反発のモデル
  • JPX 923 TOURアイアン
    ツアープロのフィードバックをベースに設計されたモデル

JPX 923シリーズ アイアンの全機種の違いを比較

JPX 923シリーズのアイアン5機種について、形状やスペックの違いをまとめました。

番手・ロフト角の違い

モデル 鋳造 鍛造
HOT METAL HOT METAL
PRO
HOT METAL
HL
FORGED TOUR
4番 21 24
5番 22 22 25 24 27
6番 25 25 28 27 30
7番 28.5 28.5 31 30 34
8番 33 33 35 34 38
9番 37.5 37.5 40 39 42
PW 42.5 42.5 45 44 46
GW 48 50 49
SW 54 55

同じ鋳造のアイアンは、HOT METALで3機種あります。

その中で、HOT METALとHOT METAL PROは、ヘッドのサイズやFPに違いがありますが、ロフト角の設定は同じです。

残るHOT METAL HLは、High Launch(高弾道)モデルのため、2~3°寝ていて、球が上がりやすくなっています。

鍛造のFORGEDとTOURについては、7番で30°と34°です。FORGEDの方はアスリート向けとしてはロフトが立っていて、飛距離性能をかなり高めたスペックです。

7番アイアンのスペックを比較

モデル 鋳造 鍛造
HOT METAL HOT METAL
PRO
HOT METAL
HL
FORGED TOUR
ロフト角 28.5 28.5 31 30 34
ライ角 61.5 61.5 61.5 61.5 61.5
FP 1.8 3.4 0.9 3.4 3.7
長さ 36.75 36.75 36.75 36.75 36.75

HOT METALとHOT METAL PROは、7番で28.5°のため、かなり飛距離性能を持たせたロフト設定となっています。

HOT METAL HLとFORGEDは、7番で31°と30°で、飛距離性能と球の上がりやすさを両取りしたようなスペックで、中級者や飛距離が落ちてきた上級者に適しています。

ライ角と長さは、全機種で同じ値となっていますので、長尺で扱いにくい、アップライトで構え辛いといったことがありません。

そのため、純粋にヘッド形状やサイズ、ロフト設定からクラブを選びやすいアイアンです。

ネック形状の違い

左から、HOT METAL、HOT METAL PRO、HOT METAL HL、FORGED、TOURです。

左の3機種が鋳造製法、右の2機種が鍛造製法で、簡単に言えば、概ね左からやさしい順に並んでいます。

一番左のHOT METAL、真ん中のHOT METAL HLの2機種でFPが小さく、グースがはっきりとした形状になっていて、球をつかまえて強い弾道で飛ばしやすくなっています。

残りの3機種は操作性を重視したモデルのため、すっきりとしたネック形状になっています。

注目したいのは、左から2番目のHOT METAL PROです。

ロフト角が28.5°(7番)とかなり立っていますが、グースを抑えた操作性のあるモデルです。

上を目指すアベレージゴルファーや中級者など、アイアンで弾道の操作をしてみたい方にオススメのモデルです。

JPX 923シリーズ アイアンの試打・評価

ミズノによる商品解説の公式動画

  • 02:07頃 JPX 923 HOT METAL シリーズ
  • 07:26頃 JPX 923 FORGED
  • 10:39頃 JPX 923 TOUR

JPX 923シリーズアイアンの各モデルの特徴・スペック・シャフト

JPX 923 HOT METALアイアン

特徴

JPX 923シリーズの鋳造アイアンで、スタンダードな位置づけのモデルです。

7番のロフト角が28.5°で、シリーズ中、HOT METAL PROと並んで最もロフトが立っていて、飛距離を重視したいゴルファー向けのアイアンです。

グースも程よく入っていて、しっかり捉えて力強い弾道で飛ばせます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ
5 22 60.5 2 1.2 37.75
6 25 61 3 1.5 37.25
7 28.5 61.5 4 1.8 36.75
8 33 62 5 2.2 36.25
9 37.5 62.5 6 2.7 35.75
PW 42.5 63 7 3.3 35.25
GW 48 63 9 4.3 35
SW 54 63 13 4.7 35

シャフト

<N.S.PRO 950GH neo>

フレックス シャフト重量 調子 クラブ重量(7i)
S 98g 約421g

JPX 923 HOT METAL PROアイアン

特徴

JPX 923 HOT METALアイアンに操作性を持たせたのがHOT METAL PROアイアンです。

7番のロフト角はHOT METALと同じ28.5°ですが、グースが抑えられ、ヘッドもやや小ぶりで、シャープに振り抜きやすいモデルです。

先程のHOT METALと大きく異なるのは、ネック形状です。

グースが抑えてあって、ストレートに近く、弾道を打ち分けやすい形状になっています。

ロフトが立っていて、それでいてストレートに近いネックのアイアンはあまりないため、とても希少なモデルです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ
5 22 60.5 2 3 37.75
6 25 61 3 3.2 37.25
7 28.5 61.5 4 3.4 36.75
8 33 62 5 3.6 36.25
9 37.5 62.5 6 3.8 35.75
PW 42.5 63 7 4 35.25

シャフト

<Dynamic Gold 105>

フレックス シャフト重量 調子 クラブ重量(7i)
S200 103g 手元 約422g

JPX 923 HOT METAL HLアイアン

特徴

HOT METALアイアンに高弾道性能を持たせたモデルです。

7番のロフト角が31°で、鋳造のFORGEDモデルよりも1°寝ていて、ヘッドスピードが速くなくても球を上げやすいのが特徴です。

シリーズ中でブレード長、FP、慣性モーメントがもっと大きく、高弾道に加えて、つかまりと直進性に優れています。

標準シャフトは唯一カーボンで、クラブ重量が7番で54gも軽いため、楽に振れてヘッドスピードも出やすく、飛距離・弾道高さのアップにも貢献してくれます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ
5 25 60.5 1 0.3 37.75
6 28 61 2 0.6 37.25
7 31 61.5 3 0.9 36.75
8 35 62 4 1.6 36.25
9 40 62.5 5 2.3 35.75
PW 45 63 6 3 35.25
GW 50 63 8 3.5 35
SW 55 63 12 4 35

シャフト

<22 MFUSION i>

フレックス シャフト重量 調子 クラブ重量(7i)
R 51g 約367g

JPX 923 FORGEDアイアン

特徴

JPX 923 FORGEDアイアンは、7番までが高強度のクロムモリブデンを用いた鍛造となっています。

7番のロフト角が30°で、前作に当たるJPX 921 FORGEDと比べて7番以降が1°ストロングになっていて、飛距離性能を高めた設計になっています。

ネックはすっきりとしたストレートで、操作性もありますので、打感・操作性がありつつつ、飛距離をクラブが助けてくれるため、スイングスピードが落ちてきた上級者、楽に振りたいシニアアスリートに好まれるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ
4 21 60 2 2.8 38.25
5 24 60.5 3 3 37.75
6 27 61 4 3.2 37.25
7 30 61.5 5 3.4 36.75
8 34 62 6 3.6 36.25
9 39 62.5 7 3.8 35.75
PW 44 63 8 4 35.25
GW 49 63 9 4.3 35

シャフト

<Dynamic Gold 105>

フレックス シャフト重量 調子 クラブ重量(7i)
S200 103g 手元 約420g

JPX 923 TOURアイアン

特徴

JPX 923 TOURアイアンは、シリーズ中、唯一、全番手が軟鉄鍛造となっています。

7番のロフト角が34°とかなり寝ていますので、自分でしっかり飛距離を出せる方が性能を活かせるアイアンです。

ネックはもっともきれいなストレートで、フェースを差し出したなりの弾道が繰り出せる形状をしています。

打感・操作性・球の上がりやすさが備わっていて、ピンをしっかり狙っていきたい上級者が、使い応えを感じられるアイアンです。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バウンス角 FP 長さ
4 24 60 3 3.4 38.25
5 27 60.5 3 3.5 37.75
6 30 61 4 3.6 37.25
7 34 61.5 5 3.7 36.75
8 38 62 6 3.8 36.25
9 42 62.5 7 3.9 35.75
PW 46 63 8 4 35.25

シャフト

<Dynamic Gold 120>

フレックス シャフト重量 調子 クラブ重量(7i)
S200 118g 手元 約432g

JPX 923シリーズ アイアンの発売日・発売価格

JPX 923シリーズ アイアンの発売日は、2022年9月16日です。

発売価格については、オープンプライスとなっています。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, ミズノ
-, ,

関連記事

PING G730アイアンの最新情報まとめ

PINGのG710アイアンの後継モデルについて、新たな情報が確認されましたので、取り上げます。 目次1 G7系アイアン2 G710アイアンの後継は、G730アイアンか!?3 G730アイアンの発売日 …

【何処よりも早い】i525アイアンの最新情報まとめ!i500との違い・試打・評価・スペック・シャフト・発売価格

★2022-02-26追記:i525アイアンの試打動画を追加しました。 PINGから発売のi525アイアンについて、最新情報をまとめました。 i525アイアン Amazon 楽天市場 フェアウェイゴル …

【初心者向け】球が上がりやすいアイアン おすすめランキング2022年

初心者向けのアイアンで、球が上がりやすい2022年モデルをランキング形式で紹介します。 対象となるアイアンは、各メーカーで現行モデルとしてホームページやカタログに掲載しているものとなります。そのため、 …

NEW ゼクシオ クロスアイアン 2021(2代目)の最新情報まとめ

ゼクシオ クロス アイアンの2代目がダンロップから発売となっています。スペックや特徴、発売日・発売価格など、最新情報を取り上げます。 ゼクシオ CROSSアイアン 2021 GDOで探す 楽天市場で探 …

TW757 P・Vx・Bアイアン(2022)の最新情報・違いをまとめ!試打・評価・感想

本間ゴルフから発売のTW757 P・Vx・Bアイアン(2022)について、最新情報を取り上げます。 TW757 Vxアイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 TW757シリーズのアイ …