LYNX」カテゴリーアーカイブ

LYNX PROWLER VTドライバーはSWITCH FACEで本当の調整機能を実現!?

LYNXのPROWLER VTドライバーのSWITCH FACEが本国で話題となっていますので取り上げます。

LYNX PROWLER VTドライバー

出典:https://www.lynxgolf.co.uk/vt-driver/

LYNXの公式サイトに掲載されているPROWLER VT ドライバーです。こちらのドライバーが何故、話題になっているかというと、全く新しい調整の仕組みが採用されているからです。

SWITCH FACE TECHNOLOGY、フェースを丸ごと取り換える!

こちらの公式動画にて、スイッチフェーステクノロジーについて紹介されています。

動画の中で、「the face can swicth」と解説が流れ、フェースがヘッドから外され、別のフェースと取り換えられています。

フェース交換に至った理由としては、ホーゼルでのロフト・ライ・フェース角の調整にはデメリットがあるためと説明されています。それぞれ独立的に変えることができず、完全な自由調整とならないことは、ご存知の方も多いと思います。

ホーゼルでのロフト・ライ調整のデメリット

ホーゼルに調整機能を持たせることのデメリットは大きく2点あります。まず1っ点目が先に触れた調整の相関の問題で、ロフト・ライ・フェース角を完全独立的に調整できない点です。アナライズさんで分かりやすい説明がありましたので、引用してみます。

  • ロフトを減らす方向に調整するとオープンフェースになる分だけボールが右に飛び出しやすくなり(捕まりづらくなり)、ロフトを増やす方向に調整するとフックフェースになる分だけボールが左に飛び出しやすくなり(捕まりやすくなり)ます。
  • ロフトを減らしたいけど、捕まりが悪くなるのを避けたい人にとっては、ロフト減らすと途端に打ちづらくなる可能性があります。
  • ロフトを増やしたいけど、捕まり過ぎるは避けたい人にとっては、ロフトを増やすと途端に打ちづらくなる可能性があります。
  • 加えて、ロフトを調整するとシャフトを回転させることになりますが、これで振り心地も変わってくる可能性があります。

引用:http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=11836

ロフトを操作すると、フェース角が変わってくるため、左右方向成分への影響が出てしまいます。

もう一つのデメリットは、やはり重量面です。ホーゼルに装置的なものが装着されますので、無いものと比べて重量差がどうしても生じます。重心が高くなりますので、ヘッドスピードの速さも求められます。キャロウェイのEPIC FLASH スタードライバーにホーゼルが搭載されていないのは、重量面の懸念が影響していると思われます。

SWITCH FACE スイッチフェースについて

https://mygolfspy.com/wp-content/uploads/2019/01/Lynx-Prowler-VT-Driver-9.jpg

https://mygolfspy.com/wp-content/uploads/2019/01/Lynx-Prowler-VT-Driver-9.jpg

https://mygolfspy.com/wp-content/uploads/2019/01/Lynx-Prowler-VT-Driver-9.jpg

https://mygolfspy.com/wp-content/uploads/2019/01/Lynx-Prowler-VT-Driver-9.jpg

調整フェースは25種類!?

では、調整はどのくらいできるのかですが、ロフト角は8~12°までの5段階、フェース角は±2°まで1°刻みで5段階、合計で5×5=25通りとなります。

このフェースがオプションで購入するのか、最初に何枚か付いてくるのかについては、特定できませんでしたので、また情報が出ましたら取り上げます。