飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 BALDO 」 一覧

BALDO SKY DRIVE ドライバーの最新情報まとめ!スペック・評価・試打【エイジシュートを狙うためのドライバー】

BALDOから発売のSKY DRIVE ドライバーについて、最新情報を取り上げます。

BALDO SKY DRIVEドライバーの特徴

エイジシュートを狙えるドライバー

BALDO SKY DRIVEドライバーは、「エイジシュートを狙え!」「エイジシュートへファイト」といったキャッチコピーで発売されています。

念のため、エイジシュートについて説明しておきますと、18ホール1ラウンドの合計スコアが、自分の年齢以下の場合をエイジシュートといいます。パー72のコースでしたら、全てバーディーで回るとトータルスコア54になりますので、54歳以上だとエイジシュートです。全部パーで回ると72ですから、72歳以上でしたらエイジシュートです。エイジシュートは如何に難しいかが、お分かりいただけると思います。

エイジシュートは6代後半でなければ難しいと言われていますが、その要因の一つがドライバー飛距離にあるとBALDOは説明しています。

SKY DRIVEドライバーは、何歳になってもエイジシュートを狙えるドライバーを目指して開発されています。

飛びの3要素をカバーする方策

ドライバー飛距離は、ボール初速、打ち出し角、スピン量の3つの要素で決まります。

▼飛びの3要素の詳しい説明は下記記事にまとめてあります。
≫ ドライバーの飛距離アップのコツ、飛距離を決める3つの要素とは!?

ボール初速については、ヘッドスピードが大きく関係しますが、年齢と共に落ちてくるヘッドスピードをカバーしてくれるのがミート率です。

打ち出し角とスピン量については、クラブの性能でカバーすることができます。

つまり、「飛距離はまだ伸ばすことができる。」というのがBALDOの結論です。

ロフト角調整機能を搭載

ネックには可変スリーブが搭載されています。可変スリーブは標準装備のTYPE1.2に加えて、調整角のピッチが大きいTYPE1.5も別売りのオプションとして用意されています。

どちらのタイプも8つのポジションを選択する形で、ロフト角・ライ角・フェース角を切り替えることができます。

BALDO SKY DRIVEドライバーのスペック

ヘッドスペック

ロフト角 9.5 10.5
ライ角 60.5 60.5
ヘッド体積 460 460
ヘッド重量 194 194

シャフト付き完成品スペック

ロフト角 9.5 10.5
ライ角 60.5 60.5
ヘッド体積 460 460
ヘッド重量 194 194
クラブ重量 46 46
長さ 290 290
バランス D1 D1

シャフトスペック

公式サイトに掲載されている標準シャフトは、SKY DRIVE 468MAX専用シャフトで、Rのみの1スペックです。

フレックス R
長さ 46
重量 42
トルク 3.8
調子

BALDO SKY DRIVEドライバーの発売日・発売価格

BALDO SKY DRIVEドライバーの発売日は、2021年9月5日です。発売価格はヘッド単品で82,500円、SKY DRIVE専用シャフト装着モデルで121,000円です。







BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー438・458(2021)の最新情報まとめ

BALDOの2021年モデル、CORSA PERFORMANCEドライバー 438・458について、最新情報を取り上げます。 CORSA PERFORMANCE 458ドライバー Amazon 楽天市 …

BALDO CORSA(コルサ)パフォーマンス ドライバーの最新情報まとめ

BALDOのドライバーヘッドが4種が適合リストに掲載されましたので、最新情報を取り上げます。 BALDO CORSA PERFORMANCE ドライバーは4種類のヘッド USGAの適合リストに掲載され …