飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー BALDO

BALDO CORSA PERFORMANCEドライバー438・458(2021)の最新情報まとめ

投稿日:

BALDOの2021年モデル、CORSA PERFORMANCEドライバー 438・458について、最新情報を取り上げます。

2021年のCORSA PERFORMANCEドライバーは、438・458の2種類

BALDOの2021年のドライバーは、CORSA パフォーマンスドライバーのヘッドサイズが異なる2種類です。

“会心の一撃”というキャッチコピーが付けられ、新たなヘッド構造により、ボールスピードのアップと低スピンが実現されています。

  • CORSA PERFORMANCEドライバー 438
    ヘッドサイズ440cc + ディープフェースで、強弾道のドライバー。
  • CORSA PERFORMANCEドライバー 458
    ヘッドサイズ460cc + シャローフェースで、安心感のあるドライバー。

CORSA PERFORMANCE 438・458ドライバーの共通の特徴

ハニカム構造を採用

ヘッドの後方部には、これまでに見られない新たな構造として、「ハニカム構造」が採用されています。

ハニカム(honeycomb)は蜂の巣を意味していて、ハニカム構造は、蜂の巣に代表される六角形を組まれた構造です。

蜂の巣だけでなく、亀の甲羅、昆虫の目など、自然の中でも多く存在し、軽さ・強度・衝撃吸収性の面で優れています。

CORSA PERFORMANCEドライバーでも、高剛性と衝撃吸収性が効果的に働き、ボールの捉まりとボール初速のアップが実現されています。

セミカップフェース構造を拡大

フェースは、セミカップフェース構造が採用されています。

従来のモデルと比べると、セミカップフェース構造の面積は25%アップしていて、ボール初速のアップにつながっています。

低スピン性能

センターでボールを捉えた時のバックスピン量は、約500~700回転抑えられ、低スピンの強い弾道が出ます。

オフセンターヒットの時も極端なサイドスピンとバックスピンが抑えられ、ミスへの許容性が高くなっています。

バックウェイトはオプションで重量変更できる

ソールには、どちらのモデルも8gの標準ウェイトが搭載されています。ウェイトはオプションで別重量のものが2~14gまで2g刻みでありますので、重心調整を行うことが可能です。

今回の438、458ドライバーでは、ウェイトの挿す方向をバックフェース側にしたことで、より重心が深くなっています。メーカーの説明では、「やさしくボールを捉まえてくれる構造」となっていますので、重心が深いことで慣性モーメントに加えて重心角を大きくする効果を狙っていると思われます。

なお、この後でも触れますが、重心角は438ドライバーの方が25°、458ドライバーの方が26°です。最近の重心角の大きさを特徴としたドライバーは、30°以上が当たり前の世界になっていますので、一般的な大重心角モデルと比べると、かなり抑えられています。

ヘッドの重心角とドライバーショットとの関係

CORSA PERFORMANCE 438ドライバー

CORSA PERFORMANCE 438ドライバーの特徴

CORSA PERFORMANCE 438ドライバーは、ヘッドサイズが440ccでやや小ぶりとなっています。

ヘッド形状はBALDO史上で最もディープなフェース高で、ヘッドの厚みがしっかり取られています。

低スピン・強弾道で飛ばすことができ、小ぶりなヘッドで操作性の高さも感じられます。

弾道を操りたい方、ヘッドスピードが速く思い切り叩きたい方に好まれるヘッド形状です。

CORSA PERFORMANCE 438ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5〜11°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:440cc
  • ヘッド重量:198g
  • 重心距離:36.0mm
  • 重心深度:40.5mm
  • 重心高:34.0mm
  • 重心角:25°

CORSA PERFORMANCE 458ドライバー

CORSA PERFORMANCE 458ドライバーの特徴

CORSA PERFORMANCE 458ドライバーは、先程の438と比べるとフェース高が抑えられていて、シャローなヘッド形状となっています。

ヘッド体積もルール上限の460ccとなっていますので、アドレスした時に安心感があります。

操作性よりもミスへの許容性を重視したい方は、こちらのヘッドがおすすめです。

CORSA PERFORMANCE 458ドライバーのスペック

  • ロフト角:8.5〜11°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 重量:198g
  • 重心距離:39.5mm
  • 重心深度:41.0mm
  • 重心高:33.0mm
  • 重心角:26°

CORSA PERFORMANCEドライバー 438・458の発売日と価格

CORSA PERFORMANCEドライバー 438・458の発売日は、2021年2月11日です。

発売価格は、どちらもヘッド単体が70,000円+消費税、ヘッドカバーは3,800円+消費税です。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, BALDO
-, , ,

関連記事

TS2とTS3ドライバーを上級者がじっくり打ち比べたした結果!TS3の低弾道・低スピンが際立つ!

タイトリストの話題の新シリーズ、TSから発売のTS2、TS3ドライバーについて、上級者が打ち比べした結果を取り上げます。 TS2・TS3ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フ …

PRGR RSドライバー2020(RS5)の試打・評価・感想

PRGRから2020年モデルとして発売のRSドライバー(RS5)について、試打・評価・商品の特徴について取り上げます。 RSドライバー 2020(RS5) GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで …

TSi1ドライバーの試打・評価・感想

★2021-03-24追記:試打動画を1件追加しました。 タイトリストの2021年モデル、TSi1ドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TSi1ドライバー Amazon …

PING G410/G410 PLUS ドライバーの最新情報を集めました!

PINGの2019年モデルと噂される、G410ドライバー、G410 PLUSドラバーについて、確定的と思われる新情報が幾つか出てきましたので取り上げます。 G410 PLUS ドライバー/PING G …

ドライバーの飛距離アップのコツ、飛距離を決める3つの要素とは!?

ドライバーの飛距離アップはゴルファーにとって終わりのないテーマです。初心者、上級者、シニアなど、ゴルファーによって、克服すべき課題も変わってきますが、ドライバーショットの飛距離を決める要素は決まってい …