注目

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバーにゴルファーが求めるもの、それは今も昔も飛距離です。最近のドライバーは、ヘッドの撓みに着目してモデルを各社次々と開発し、ゴルフクラブに対する期待が更に高まっています。

2018年に人気のモデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

1位 テーラーメイド M4ドライバー


2018年の最も斬新な技術・構造の一つは、テーラーメイドのツイストフェース。フェースをねじるという今までの思想ではあり得ない発想に「大丈夫なのか?」「明後日の方向に飛んでかないか?」と不安を抱くゴルファーもいたのではないでしょうか?

しかし、テーラーメイド社では人間の打球50万発のデータを解析し、打点がフェースのハイトゥ、ローヒールに集まるという傾向を洗い出し、この偏りに対応する答えとして導かれたのがツイストフェースです。

実際にフェースを目視で確認してみると、ツイスト具合は恐らくわかる人はいない、それぐらい細かな設計レベルでのツイスト。打点のブレに対処してくれるため、飛距離のロスが出にくくなっています。

詳細

2位 キャロウェイ ROGUE スタードライバー


2018年のドライバーで、テーラーメイドのMシリーズと人気の双璧をなすのがROGUEです。ROGUEのドライバーにはいくつかのモデルがありますが、日本国内でアベレージゴルファー向けのROGUE スタードライバーが人気のモデルとなっています。

飛距離アップのメカニズムはヘッドを縦に貫通した2本の柱、JAIL BREAKテクノロジーです。ボールの進行方向とは関係のない縦方向のたわみを抑えてくれるため、ボールを飛ばすためのエネルギーの損失を減らしてくれます。

詳細

3位 PING G400MAX ドライバー


PINGのG400シリーズは、先にスタンダード、SF TEC、LS TECの3タイプが登場しました。LS TECは低スピン・強弾道と設計思想が明瞭で支持されているモデルですが、その後に登場したG400MAXし、ヘッド体積460ccでブレずに飛ばせるぶっ飛び系ドライバーとして人気となっています。
ソールの後方に2倍のタングステンウェイトが装着され、PING史上、最も深重心・低重心が実現されている点が大きな特徴の一つです。重心が深いため、少々のミスでもブレずにガツンと飛ばせます。

詳細

4位 テーラーメイド M2ドライバー


テーラーメイドのM2ドライバーの2017年モデル。2016年モデルの後継として登場したドライバーで、いずれの年もM1と同時にリリースされています。M1がソールにウェイトスライダー機能が搭載され上級者向けですが、M2はアベレージゴルファー向けです。ちなみに、その後のM3、M4とのつながりとしては、M1の後継がM3、M2の後継がM4となっています。

M2の最大の特徴はソール全面にある大きな溝。そうです、テーラーメイドと言えば、スピードポケットです。そして、ソール後方にはウェイトが装着され、ミスを許容し大きな反発でパワフルに飛ばすことができます。

詳細

5位 タイトリスト VG3 ドライバー


タイトリストVG3ドライバー 2018年モデルは、重量配分にタイトリスト社独自の技術がこめられています。特に、クラウン部分はドット状に繰りぬかれ、軽量化が図られ、ヘッド全体で理想的な重量配分に成功しています。深重心・低重心で高い慣性モーメントを獲得しています。

標準シャフトのVG50は46インチと長めの設定となっていて、スピードアップを実現する一つの要素となっています。
詳細

6位 キャロウェイ ROGUE SUB ZERO ドライバー


キャロウェイのROGUEはスタードライバーが人気ですが、サブゼロも中・上級者に支持されています。どちらのモデルも2本の柱、JAIL BREAKが搭載されていて、ディープフェースで浅い重心となっていますので、スピンが抑えられ強い弾道で飛ばすことができます。

ひとつ前のEPICのSUB ZEROは難しいがROGUEのSUB ZEROは優しくなっていて扱えるといった感想が聞かれます。
詳細

7位 ダンロップ ゼクシオ10 ドライバー


2000年から発売されていて今回で10代目となるゼクシオ10。ここ最近のモデルはスイングにフォーカスした設計思想で、今回は「芯食い」という言葉が使われ、芯を捉えて飛ばそうという意図が込められたドライバーです。反発エリアは34%拡大していますので、よりやさしく飛ばすことができます。

シャフトも新開発の軽量のものが使われていますので、ヘッドスピードが速くないゴルファー、重たいクラブが苦手なゴルファーにはおすすめのドライバーです。

詳細

8位 タイトリスト 917D2ドライバー


タイトリストの917モデルは、917D2と917D3の2種類のドライバーが発売されています。ソールの前方にはテーラーメイドのM2ドライバーと同じように溝が設けられていて、打ち出しが安定するため、オフセンターの際にも飛距離のロスが抑えられます。そして、ソール後方にはウェイトを変更する機能が搭載されていますので、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。ヘッド体積は917D3が440ccなのに対して、917D2が460ccと安心感あるヘッドとなっています。上級者で操作性も欲しいというゴルファーは、917D3を検討してみるのもおすすめです。

■917のウェイト変更の動画

詳細

9位 ヤマハ インプレス UD+2ドライバー


ドライバーの飛距離を伸ばす要素はいくつかあります。その中でもUD+2ドライバーは「曲がらない」ことを重視して、思い切った設計が施されています。重心角が34°と大きく、とにかくつかまるドライバーになっています。また、ソールに配されたウェイトはヘッド重量の約20%におよび、高い打ち出しが可能となっています。こちらは少し前のモデルになりますが、飛距離が出るドライバーとして今尚、ゴルファーから支持されていますので、取り上げました。

詳細

10位 キャロウェイ GBB EPIC スター ドライバー


ROGUEの一つ前のモデルとなるEPIC。ヘッド内に縦に設置された2本の柱、JAIL BREAKが初めて搭載されたモデルです。、アベレージゴルファー向けのGBB EPIC スタードライバーは、ソールにペリメーターウェイティングが搭載されていますので、ウェイトをヘッド後方で左右に移動することができ、慣性モーメントを保ちながら弾道を調節することができます。

詳細

M6ドライバーの 試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のM6ドライバー。ティザー動画で明らかになったスクリューフェース、スピードインジェクションなど新たなテクノロジーが注目のドライバーです。

Mシリーズ2019年ドライバーは、M5、M5ツアー、M6の3種類!


出典:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

2019年版のMシリーズは、3種類のラインナップとなっています。

  • M5ドライバー(460cc)
  • M5ツアードライバー(435cc)
  • M6ドライバー(460cc)
M5ドライバー、M6ドライバーの販売サイト!
GDOで探す楽天市場で探す

上級者向けのM5ドライバーは、今回も2種類のヘッドサイズがある

前作のM3ドライバーでは、M3 440ドライバーとM3 460ドライバーの2種類があり、ヘッドサイズに20ccの違いがありました。今回も名称はツアーとなっていますが、ヘッドサイズが25cc小さい435ccのモデルが用意されています。

M6ドライバーの特徴1、スピードインジェクションにより限界反発を実現!

引用:https://www.taylormadegolf.jp/m5-m6-drivers-jp.html

M6ドライバーの最大の特徴はスピードインジェクションです。フェースに注射器が刺さっていて、インパクトで言うと昨年のツイストフェース以上です。M6のフェースは、ルール限界を超えて製造されます。そして、フェースの二つの穴からジェルを注入することで、ルール限界値まで反発を下げ、適合クラブに仕上げます。

通常はルール限界値を超えないように製造するため、限界値のクラブを製造することが困難でしたが、発想の転換で、超えてからピッタリ戻すことで、全てがルール限界値ということが可能となります。

M6ドライバーの試打と感想–マーク金井氏

・クラウンの前方のシルバーの面積がかなり薄くなっているため、カーボンが増え軽量化されていてフリーウェイトが増えている。
・フェースのポッチはジェルを注入している。ルール適合外の高反発ヘッドを作り、後からジェルを注入して反発を下げ、ルールギリギリにピチッと戻している。
・ウェイトがソールのモデル名部分にかなり入っている。
・FUBUKIのオリジナルシャフトは手元のしなりがM5と比べて大きい。
・M4は少しつかまり良くなかったが、M6はつかまりが良い。
・打音はジェルの関係で静か。M5よりは音が出る。
・重心アングルが大きいというほどではないが、少しついている。

M6ドライバーの特徴2、カーボンエリアを増やし、思い切った深重心・低重心化を実現!

ヘッドを見るとカーボンエリアが増していることが分かります。これにより、ヘッドの軽量化が進み、実に46gのウェイトがソールのモデル名の部分にあてがわれています。

ヘッドがどっしりとして慣性モーメントが上がりますので、ミスヒットしてもより真っすぐ飛ばすことができます。

M6ドライバーの特徴3、前作の注目テクノロジーは引き続き採用されている!

前作のM3、M4ドライバーで注目点が二つありました。ツイストフェースとハンマーヘッドです。今回のM5、M6ドライバーでもこの二つはしっかり搭載されています。

革新的なテーラーメイドがモデル名を変えても継承しているテクノロジーですので、ツイストフェースとハンマーヘッドはメーカーとして自信があり、ユーザーからの支持も強いことを物語っています。

M6ドライバーの試打と評価–ゴルフ5スタッフ

・スピードインジェクションの効果か球が弾いている感じがある。
・M4よりつかまり、距離が出る。
・M4と比べて、座りが良い形になったので、フェースが開くこともなく、構えやすい。
・スライスが出て距離が落ちてた方は、楽に距離が出せる。

以上、M6ドライバーの特徴と試打の感想や評価について取り上げました。2019年のドライバー市場は、M5、M6ドライバーだけでなく、キャロウェイのEPIC FLASHが発売され、そして、PINGからG410ドライバーが出るという情報も飛び交っていて、ホットな市場となっています。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー!?

M6ドライバーの前のモデル

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

テーラーメイド M2 ドライバーの試打・感想・評価

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

 

PING G410ドライバーに調整機能モデルが追加!?

PINGの2019年ドライバーとして、G410ドライバーが発売されるという情報が出ています。画像もいくつか流出していますので、ニューモデルの情報について取り上げます。

PING G410ドライバーの外観が判明!

引用:https://www.instagram.com/explore/tags/g410/

昨年末からSNSで出始めたPING G410ドライバーの画像です。全て同一画像ですので、出どころは一緒です。G400は黒を基調にゴールドブラウンがアクセントになっていましたが、今回のモデルはベース色は同じですが、朱色がアセントカラーとなっていて、やや攻撃的な強いイメージが持てます。

クラウンにSFTの文字がプリントされている

 

View this post on Instagram

 

Braxtonさん(@golf_x_office)がシェアした投稿


画像をよく見るとソールのヒール側部分に「SFT」の文字がプリントされています。G400でもありましたので、これはつかまりの良いストレートフライトテクノロジーのSFTモデルでしょう。

ということは、ロースピンモデルのSFT、ノーマルなスタンダードモデルもラインナップされることが推測されます。

フェースはフォージド

ソールの前方部分にはFORGED FACEのプリントが見えます。前作のG400ドライバーでは、新反発素材FORGED T9S+が用いられ、強度が約4%高く、約6%薄く、約16%たわむ優れものでした。新作では敢えてプリントされ強調されていますので、フェースがさらに進化している可能性が考えられます。

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

調整機能付き、G410 PLUS ドライバーも発売される!?

 

View this post on Instagram

 

GolfTimesさん(@golftimes1)がシェアした投稿

最近、もう一つの画像がSNSで発見されました。先ほどのソールに印字された「SFT」の文字が「PLUS」になっています。

ソール後方を見ると、FADE、DRAWの文字が見えます。これはもう調整機能と考えるのが自然でしょう。調整機能の可動部分までは確認できませんでしたが、ウェイトを左右に移動させることで、ドロー・フェードの調整が行えるようです。

まだPINGからの公式情報は出ていませんので、SNSに流出している情報やゴルフ系メディアなどからの推測という状況です。R&Aの適合リストなどもチェックしながら、新たな情報が出次第、取り上げます。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー!?

 

EPIC FLASH エピックフラッシュ スター ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイから発売のEPIC FLASH スタードライバー。AIデザイン、フラッシュフェースなど注目のドライバーです。

EPIC FLASHドライバーは3種類ある!

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/epic_flash/

エピックフラッシュの販売スタート!
GDOで探す楽天市場で探す

早速、2019年の年明けから話題となっているエピックフラッシュドライバーですが、日本での発売はROGUE、GBB EPICと同様にスターモデルが追加され、3種類の発売となっています。

  • EPIC FLASH スタードライバー
  • EPIC FLASH SUB ZERO サブゼロドライバー
  • EPIC FLASH ドライバー(数量限定)

EPIC FLASH スタードライバーはアジア向けに軽量化されたモデル!

R&Aに掲載されたモデルには、スターモデルがなかったため、アジア向けのスターモデルが販売されないのではないか?という噂がありました。しかし、蓋を開けて見れたROGUEやGBB EPICのように軽量版のスターモデルは中心モデルとしてラインナップされています。

EPIC FLASH スタードライバーはどのぐらい軽いか?

アジア向けの軽量版のスターモデル。当然ながら日本人にも適しているわけですが、どれぐらい軽いのか比較してみましょう。

EPIC FLASHスター:Speeder EVOLUTION for CW(S)で293g

EPIC FLASHサブゼロ:Speeder EVOLUTION V 661(S)で320g

クラブの差は27gあります。標準シャフトで同一のものがなかったため、シャフト重量の差が当然ありまして、上記ではサブゼロの方が14g重いシャフトとなっています。

特徴1、AIデザインによる左右非対称のフラッシュフェース

引用:http://epic-flash.blog.jp/archives/14645196.html

EPIC FLASHの最大の特徴がAIデザインによるフラッシュフェースです。偏厚設計はもはや一般的ではありますが、波形で左右非対称、お世辞にも美しいとは言えない形状は、人間では論理的にはじき出せない3D設計です。

フラッシュフェースは、AIによるシミュレーションを積み重ねて導き出された最適なフェースです。

AIが自己学習を積み重ねながら1万5千回にも及ぶシミュレーションにより設計・修正を繰り返し導き出されたフェースで、人間が行う場合、34年もの歳月がかかる処理

エピックフラッシュはこれを見れば分かる!3モデルの概要と発売日が明らかに!epic flash ドライバー

少し前はX型の肉厚設計でしたが、AIが算出すると、この形状がボールスピードを最大化してくれます。

特徴2、JAIL BREAK ジェイルブレイクは挽引き続き採用されている!

引用:http://epic-flash.blog.jp/archives/14645196.html

GBB EPICROGUEでも採用されているヘッドを縦に貫通する2本の柱は、今回のモデルでも採用されています。逆に言えば、3世代に渡って採用されているこのテクノロジーは、キャロウェイの自信の現れと言えます。

フラッシュフェースで弾き、ジェイルブレイクで効率的にたわませ、ボールスピードを最大化して飛ばしてくれます。

EPIC FLASH ドライバーの石川遼による試打と評価

・ボール初速が1~1.5m/s速くなっている。
・スピン量が減っている。
・打ち出しが高くなっている。
・音も良い。
・ボールが落ちるまで、飛距離が全然落ちない。

特徴3、ペリメーター・ウェイティング搭載で弾道調整できる!

こちらもGBB EPIC、ROGUEのスターモデルを踏襲して、ウェイト調整機能が搭載されています。

なお、ネックはご覧の通りすっきりしていまして、ロフト・ライ調整機能は搭載されていません。これは恐らくクラブを軽量化させるためです。

ロフト・ライの調整機能が必須だ!という方は、サブゼロと数量限定のノーマルを選択!

ロフト・ライの調整機能はないと困るというゴルファーは、サブゼロモデルか数量限定のEPIC FLASHドライバーを検討してみましょう。

朗報としまして、今回のモデルでは、サブゼロにもペリメーターウェイティングが搭載されていますので、スターモデルを中心に検討していた方にとっては、選択肢が大きく広がります。

なお、ウェイトの重さは、数量限定モデルのEPIC FLASHドライバー(スターでもサブゼロでもない)のみ4g重くなっています。

EPIC FLASHスタードライバーのマーク金井氏による試打と評価

・スターの特徴はネックが固定式。
・スピンが入っていない音がする。
・普段ロフト9 or 9.5°だが、このモデルはスピンが少ないので、10.5°を買う。
・音が凄く良い。かつてのERCを彷彿とさせるようなインパクトの良い打音。

2019年のドライバー市場は、テーラーメイドのM5ドライバー、M6ドライバー、キャロウェイのEPIC FLASHと注目モデルが満載です。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー!?

EPIC FLASHの前のモデル

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

 

エピックフラッシュはこれを見れば分かる!3モデルの概要と発売日が明らかに!epic flash ドライバー

キャロウェイのEPIC FLASH エピックフラッシュ ドライバーについて日本での発売が公式発表されました。

EPIC FLASH 日本発売は3モデル!

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/epic_flash/

R&Aの適合リストには、スタンダードモデルとサブゼロが3バージョンの合計4モデルが掲載されていました。サブゼロの3モデルには違和感がありまして、やはり、1種類に絞られました。

日本モデルと言えば、ROGUEやGBB EPICでもアジア専用のスターモデルがありましたので、今回はどうなるかが日本のゴルファーとしては注目点でした。結論から言いますと、スターモデルは販売されます!

ということえ、EPIC FLASHエピックフラッシュドライバーの日本発売モデルは下記の3種類となります。

  • EPIC FLASH スタードライバー
  • EPIC FLASH Sub Zero サブゼロドライバー
  • EPIC FLASHドライバー(数量限定)

EPIC FLASHドライバーの発売日も決定!

さて、EPIC FLASHがいつから販売されるかですが、こちらの公式モデルページには試打に関する日付のみ掲載されていまして、2019年1月11日から可能になるとのことです。

で、肝心の発売日については、各モデルの詳細ページに記述がありました。EPIC FLASHドライバーの発売日は2019年2月1日です。

EPIC FLASHとはどのようなドライバーか?特徴を紹介!

各モデルについてみていきたいと思いますが、まずは、EPIC FLASHの概要についてみていきましょう。

FLASH FACEは34年後の未来フェース?

出典:https://news.callawaygolf.jp/special/epic_flash/

エピックフラッシュの最大の特徴はモデル名の由来と考えられるFLASH FACEフラッシュフェースです。AIが自己学習を積み重ねながら1万5千回にも及ぶシミュレーションにより設計・修正を繰り返し導き出されたフェースで、人間が行う場合、34年もの歳月がかかる処理だそうです。

この独特な形状は左右も非対称で、ボールスピードが最大化されます。

JAIL BREAKは引き続き搭載されている!

GBB EPIC、ROGUEの代名詞的なテクノロジー、JAIL BREAKは、EPIC FLASHでも引き続き搭載されています。ROGUEでは形状を部分的に細くする変更がありましたが、今回は特に変更に関する言及は確認できませんでした。

いずれにしても、ヘッドをたわませて飛ばすという最近のトレンドは、基本思想として変更がないと考えて良いでしょう。

サブゼロにもペリメーター・ウェイティング 弾道調整機能を搭載!

出典:https://www.callawaygolf.jp/

こちらは上級者向けの情報となりますが、サブゼロに初めてウェイト調整機能が搭載されました。ソール後方にウェイトがあると深重心となり操作性が低下するため、上級者向けモデルで後ろを重くするのは抵抗があったと思います。ただし、最近はプロでも簡単な方のモデルを選ぶケースが増えているので、キャロウェイとしても深重心よりもやさしさ・弾道調整の自由度を選択したのかもしれません。

EPIC FLASHスタードライバーは軽量化され日本人向けになっている!

さて、日本人のアベレージゴルファーにとって最も気になるEPIC FLASHスタードライバーについて、注目点を見ていきましょう。

ホーゼル部分をみると、すっきりしているのが分かります。ここにサブゼロ、スタンダードモデルはロフト・ライの調整機能が付いていますが、スターモデルでは付いていません。

これはテーラーメイドのMグローレと同じで、クラブ重量を軽くするために、ホーゼルをすっきりしたものとしています。EPIC FLASHの数量限定で発売のノーマルモデルと比べると、標準シャフトのRでスターが290g、ノーマルモデルが300gと10gの差異があります。

M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー

ここまで長くなりましたので、各モデルの違いについては、別記事で取り上げます。

M5ドライバー、M6ドライバー、3種類がR&A適合リストに掲載された!

M5、M6ドライバーがR&A適合リストに掲載!

テーラーメイドの2019年モデル、M5ドライバー、M6ドライバーが、ついにR&A適合リストに掲載されました。

これでもう2019年モデルはM5、M6で確定と言って良いと思います。事前に聞こえてきていた情報と同じ部分と異なる部分がありますので、この点などをモデル一つずつ見ていきます。

M5、M6ドライバーのR&Aへの掲載は3種類

R&Aの適合リストに掲載されたのは、M5 460、M5 Tour、M6の3種類となっています。

事前情報では、M6 Type-Dドライバーの画像も出回っていましたが、現在のところは3種類です。

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー!?

M5 460ドライバー

こちらはM5 460ドライバーです。ウェイト調整機能が搭載されていて、ホーゼル部分にも恐らくロフト・ライの調整機能と思しきものも確認できます。

名前からしてヘッド体積は460cc、ロフト角は9°、10.5°となっています。

M5 Tour ドライバー

こちらがM5 Tourドライバーです。ヘッド体積は435ccという情報がアメリカの情報サイトで言及がありました。こちらのロフト角もM5 460と同じく9°、10.5°となっています。

M6ドライバー

こちらがM6ドライバーです。前作でいうところのM4ドライバーと同じ位置づけで、ウェイト調整機能はありません。ホーゼルにロフト・ライの調整機能は搭載されているようです。

ロフト角は8°、9°、10.5°、12°の4種類となっています。

M5ドライバー、M6ドライバー(テーラーメイド)の動画が出ている!

M5、M6ドライバーにあるもの・ないもの

R&Aのコンフォーミングリストに掲載されている内容を確認しますと、M3、M4から引き継がれたもの、新たに搭載されたもの、削られものを探ることができます。

M5、M6で新たに搭載されたものは、何と言ってもSpeed Injectedです。これはまた別の投稿で詳しく触れますが、今出ている情報としては、通常、反発係数を超えないよう開発されますが、M5、M6ドライバーは敢えて超えたものをまず製造します。そして、ルール内に収まるようにスクリューフェースと呼ばれるフェースのネジ状の部分からレジン?を注入し、反発係数をルール限界値まで下げています。

余談ですが、最初にスクリューフェースが示唆される動画が出た時、これは概念的なもので実装はされないだろうという予想を下記の記事で述べましたが、見事に外れました。

テーラーメイドのM5ドライバー、M6ドライバーは、フェースにネジがある!?

これは画期的なことでして、反発係数は製造してみないと分からないので、通常、製品により差があるのですが、後から調整して下げることで、全てのドライバーでルール限界のMAX値となります。合理的でアメリカらしい発想です。

引き継がれたものちしては、ツイストフェースです。こちらはM3、M4の最大のセールスポイントでもありましたので、順当であり使う側にとってもありがたいです。

削られたものとして、ハンマーヘッド、ジオコースティック(音響)の文字が見当たりませんので、M5、M6からは外された可能性があります。