おすすめ投稿

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

XXIOの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2000年に発売!

ゼクシオと言えば、ゴルフをしない方にも認知されている名実共に国内NO.1ブランドです。今回は10代目までモデルチェンジが続いているXXIOの歴代シリーズを一挙紹介します。

10代まで続いているモデルはゴルフ業界ではレア!

ゼクシオはダンロップが手掛けるゴルフブランドで、国産であり国内No.1のブランドです。人気っぷりはXXIOが2000年からずっとモデルチェンジを繰り返して発売され続けていることが何よりの証です。

筆者の知る限り、10代目まで継続されているモデルは、ダンロップのゼクシオ、マルマンのマジェスティプレステジオ、PINGのGシリーズの3つです。

ゼクシオ誕生の秘話にはキャロウェイが関係している!?意外と知られていないXXIOが生まれた背景とは!

そんな人気のゼクシオですが、ビジネス上のとある理由から誕生としたという意外な話しがあります。ダンロップを手掛ける住友ゴムは、もともとキャロウェイのゴルフクラブを販売していました。当初は苦戦していたものの、名器と言われる「ビッグバーサ」が大ヒットしました。提携関係は上手く行っているものと思われましたが、1999年に両者の関係は終わりを迎えました。

理由は、日本独特の流通の仕組みがキャロウェイに受け入れられなかったという話があります。流通の間に住友商事が挟まっていて、海外企業からは単なるコスト増に見え、思うような価格で販売できなかったことが原因とも言われています。

そして、キャロウェイのクラブを取り扱うことがなくなり窮地に追い込まれたダンロップが、2000年に誕生させたのがゼクシオです。当初はXXIOという表記を何と発音して良いか分からず、「ペケ・ペケ・ジュウ」と呼ばれることもあったとか。

兎にも角にも、ダンロップとキャロウェイとの出会いとすれ違いから生まれたとも言えるXXIO。キャロウェイはこのダンロップのブランドを、今尚、苦虫を噛む思いで見ているかもしれません。

ゼクシオドライバーのモデル年表

世代 発売年 モデル名
初代 2000年 ゼクシオ ツアースペシャル ドライバー
2代目 2002年 ゼクシオ ドライバー
3代目 2004年 ゼクシオ ドライバー
4代目 2006年 ALL NEW ゼクシオ ドライバー
5代目 2008年 The ゼクシオ ドライバー
6代目 2010年 新・ゼクシオ ドライバー
7代目 2012年 ゼクシオ セブン ドライバー
8代目 2014年 ゼクシオ エイト ドライバー
9代目 2016年 ゼクシオ ナイン ドライバー
10代目 2018年 ゼクシオ テン ドライバー

ゼクシオの各モデルの名称は、4~6代目については、ALL NEW XXIO、The XXIO、新・ゼクシオとネーミングに困っていた感がありますが、最近では世代番号をそのまま付与していて、これからも長く続いていくことを意識したように感じます。

実際、テーラーメイドのM5、M6は、PINGのG410などは、これからどうするのだろうと思ってしまいますので、ゼクシオは7代目から世代番号で呼ばれるようになりましたので、ユーザーからしてもとても分かりやすくなりました。

ゼクシオ ツアースペシャル ドライバー(初代)

2000年に発売されたゼクシオの記念すべき初代モデルです。最新のゼクシオに通ずるデザイン感があります。

ゼクシオ ドライバー(2代目)

こちらが2002年に発売された2代目モデルです。サウンドリブが採用されていて、ゼクシオ独特の打音でドライバーショットを気持よく振れます。

ゼクシオ ドライバー(3代目)

最近の主流であるヘッドの撓みを謳ったモデルです。スーパーコンピューターによるシミュレーションも行っていて、最近のキャロウェイのAIデザインによるフラッシュフェースに先んじていたかのようにも思えます。

ALL NEW ゼクシオ ドライバー(4代目)

2008年からのSLEルール変更に合わせて、ルール適合モデルとして発売された4代目ドライバーです。ヘッド体積は432ccで、4代目になって初めてソール後方にはっきりとしたネジ状のウェイトが搭載され、低重心・深重心の強い弾道で飛ばせるドライバーとなっています。

The ゼクシオ ドライバー(5代目)

5代目ゼクシオは、名前に「The」が付けられ、集大成的なものを感じさせるモデルでした。この頃からロフト角が少数になり、9.5°、10.5°といったスペックが登場します。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5
ライ角(°) 57.5
ヘッド体積(cm3) 460
クラブ長(インチ) 45.75

新・ゼクシオ ドライバー(6代目)

ALL NEW ゼクシオ、The ゼクシオときて、6代目は新・ゼクシオという名前になりました。ネーミングにやや苦慮している感があるのはこの6代目までです。ゼクシオ6代目は、ヘッドが深重心・シャフトが先端部分が柔らかくなっていて、ボールの打ち出しを高くすることを意識したモデルとなっています。クラブ重量は282gとなり、前作より約10g軽量化されています。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角 58°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 46インチ

ゼクシオ セブン ドライバー(7代目)

7代目はゼクシオ セブンドライバーという名称で、ここから世代数がシンプルにモデル名に付けられ、分かりやすいネーミングとなっています。そして、ヘッドには長らく「Impact Power Matching」と書かれていましたが、7代目は「NEXT FUTURE TECHNOLOGY」に変わっています。

ゼクシオ7では、「ヘッドスピードアップ テクノロジー」と「ボールスピードアップ テクノロジー」という最近のモデルでも使われていた表現が用いられ、スピードアップを意識したモデルになっています。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角(°) 58
ヘッド体積(cm3) 460
クラブ長(inch) 45.5
クラブ重さ(g) 282

ゼクシオ エイト ドライバー(8代目)

ゼクシオ8ドライバーでは、引き続き2つのスピードアップテクノロジー、Dual Speed Technologyが搭載され、新たにスイング慣性モーメントという概念が導入されました。

フィギュアスケートの選手の回転は体を小さくすることで速く回っており、ゼクシオ8ドライバーは、ヘッドが体の近くを通ることでスピードアップが図られています。クラブ重量が272gと軽量化が更に進んでいます。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角(°) 58
ヘッド体積(cm3) 460
クラブ長(inch) 45.5
クラブ重さ(g) 272

ゼクシオ ナイン ドライバー(9代目)

7代目で登場したスピードアップテクノロジ―ですが、DSTの文字が印字されているのはこの9代目までとなります。主な特徴はシャフトとヘッド重量で、シャフトはコックの開放を遅らせることで、ヘッドが体の近くを通り、腕を振るスピードがアップします。そして、ヘッドそのものはゼクシオ史上で最重量となっており、ヘッドの重みでスイング後半のスイングスピードがアップします。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角(°) 58
ヘッド体積(cm3) 460
クラブ長(inch) 45.5
クラブ重さ(g) 272

ゼクシオ テン ドライバー(10代目)

2018年に発売の記念すべきゼクシオ10代目モデル、ゼクシオ10ドライバーです。ヘッドにはこれまでの「DST」から「TRUE-FOCUS IMPACT」に代わり、コンセプトも「芯食い」となりました。

新シャフトにより打点のバラつきを抑え、フェースそのものも反発エリアが34%拡大し、芯で捉えて飛ばしやすいドライバーになっています。

また、スペックに若干の変更があり、ロフト角12.5°はなくなりました。そして、ライ角は1°アップし、0.25インチ長尺、クラブ重量は2g軽量化されています。

ロフト角(°) 8.5 9.5 10.5 11.5
ライ角(°) 59
ヘッド体積(cm3) 460
クラブ長(inch) 45.75
クラブ重さ(g) 270

あなたにオススメの「ゼクシオ」関連の記事

ゼクシオ10 ドライバーの試打・評価・感想

ゼクシオ9 ドライバーの試打・評価・感想

XXIOプライムドライバー 2019と2017の違いを徹底解剖!

ゼクシオ10ドライバー クラフトモデルの評価・くちこみをまとめました

ゼウス インパクト Easy Spec ドライバー、注目の高反発ドライバーのスペックを徹底解剖

キャスコから発売のゼウス インパクト Easy Spec ドライバーについて取り上げます。

ゼウス インパクト Easy Spec ドライバー 2019


ゼウスインパクトはキャスコが展開する飛距離を追求したモデルです。いわゆる高反発と呼ばれるモデルで、ルールに定められたスペック要件を超えたモデルとなります。

ヘッドサイズはルール超えの480cc

最近の一般的なクラブは、だいたいヘッド体積が460ccとなっています。これはルールで定められた上限値が460ccであるためです。

公式試合に参加するわけではないのに、反発係数やらヘッド体積やらシャフトやら、プロに適用されているルールと同じなのは馬鹿馬鹿しい、という意見も当然あります。

そのため、主にシニアをターゲットとして、高反発モデルというものが存在します。

クラブ長さは2種類ある

シニア向け、高反発モデルというと、長尺モデルが多くなっています。これは、スイング半径が大きければ、その分、遠心力が大きくなり、飛距離アップにつながるためです。

一方、長ければ長い程、難易度があがりますので、長ければ飛距離が一概に伸びるというものでもなく、トレードオフの関係にもあります。

その点、ゼウス インパクト Easy Spec ドライバーは、45.5インチと46.25インチが用意されていますので、長尺に慣れた方、苦手な方の双方に対応しています。

ゼウス インパクト Easy Spec ドライバーの公式動画

フェースの高さが10%アップしていますので、ヒットしやすくなっています。

高反発と言っても、競技に参加しない人には関係ない!?

高反発モデルというと、「競技に参加できません」といった注意書きがあり、使ってはいけないクラブなのか?と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。競技会には参加できませんが、普段、楽しんでプレーしている限りでは普通に使えます。

注意が必要な点をあえて挙げるとすれば、マナー・気遣いといったあたりだと思います。例えば、友人とのラウンドの場合、相手がスコアを対戦成績を強く気にする方であれば、一言断っておくと良いかもしれません。

ゼウス インパクト Easy Spec ドライバーのスペック

ロフト角 10.5/11.5°
ライ角 60.5°
長さ 45.5/46.25インチ
ヘッド体積 480cc
フレックス SR/R/R2
バランス D1

ロフト角は10.5と11.5°が用意されていますので、ボールが上がり辛い方にも選びやすくなっています。

そして、フレックスはR2まで用意されていますので、ヘッドスピードが速くなく、シャフトのしなりをいかして飛ばしたい方にも適したスペックとなっています。

仕様に当たって留意する点について

規則については、前に述べましたが、公式ページには下記の表現がありますのでご紹介します。

R & Aの規則に則った競技では使用できません。 プライベートのゴルフプレーでのみご使用ください。

また、高反発モデルであるため、ヘッドスピードが速くない人をターゲットユーザーとしたモデルとなっています。そのため、ヘッドスピードについても下記の注意書きがあります。

 ヘッドスピード45m/s以上の方は使用しないでください。 ヘッドスピード45m/s以上の方が使用された場合は保証対象外となります。

M5ドライバーのウェイト調整機能、リバースTトラックについて徹底解説!

M5ドライバーのウェイト調整機能について取り上げます。

M5に搭載されているウェイト調整機能

2019年のテーラーメイドのMシリーズドライバーは、M5とM6がリリースされています。そしてリバースTと呼ばれるウェイト調整機能は、M6にはなくM5だけの機能となっています。

M3とM5のウェイト調整機能の比較

前作でもウェイト調整機能は上級者向けとされているM3に搭載されています。両者を比較してみると、レールに進化が見られることがわかります。

まず、M5の方はヘッド後方のウェイト稼働領域が、キャロウェイのエピックフラッシュのようになっています。ヘッドシェイプに沿った形状になったことで、M5の方が左右へのウェイト調整領域が広がり、設定の自由度が増しています。

なお、ウェイトの個数は同じですが、M3では1個11gなのに対して、M5では1個10gとなっています。

M5ドライバーの360度ビューで、稼働ウェイトを動画で紹介!

こちらの360度ビュー動画の中で、ウェイトがスライドする様子が紹介されています。ヘッドの内部構造、そして、最後にスリーブのロフト調整機能も紹介されていますので、参考になります。

M5ドライバーのウェイト調整例、基本5パターン!

M5ドライバーのウェイトをネジで緩めレール上をスライドすることで、前後・左右に重心変更することができます。

出典:http://tmag8624.jp/tm_japan/doc/190111_M5M6.pdf

基本的な重心調整は、上図の真ん中の例がウェイトを前後に配置したスタンダードです。上図の左上から時計回りに、フェード、ドロー、深重心、浅重心となっています。

なお、重心の深さ、高さによるドライバーショットへの影響については、下記の特集記事をご覧ください。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

低重心・高重心とドライバーの飛距離との関係

あなたにオススメの「ウェイト調整」に関連する記事

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

M5ドライバーの試打・評価・感想

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

マジェスティ プレステジオ テン 10 ドライバーの試打・評価・感想

Majesty プレステジオ X ドライバーについて取り上げます。

マルマンの高級クラブ、マジェスティ プレステジオは10代目まできた人気モデル!


マルマンのMAJESTY PRESTIGIO Ⅹ ドライバーは、名前から分かるとおり、10代目のモデルとなります。先日、PINGのドライバーのネーミングの謎でも取り上げましたが、10代目まで到達したクラブは、筆者の知る限りでは、ダンロップのゼクシオ、PINGのGシリーズ、そして、マルマンのマジェスティプレステジオです。

10代目まで続くということは、ゴルファーから支持を受け続けているということですから、満足度の高い人気モデルと言えます。

お値段はなんと23万円!

一般的なドライバーの2~3倍ぐらいの価格のMAJESTY PRESTIGIO。高級クラブである理由は、素材の良さ、仕上の良さにあります。フェースのデザインも高級感が半端ないですね。

フェースの最薄部は1.5mm

出典:https://www.majesty-golf.com/

フェース裏面は「FINE SPIDER WEB」と呼ばれるクモの巣のような偏肉構造となっています。赤い色の最薄部は1.5mmの超極薄となっていますので、弾き感がありボールスピードのアップに貢献してくれます。

たわみのエリアも量もアップ

出典:https://www.majesty-golf.com/

そして、最近のドライバーの主流であるヘッドの撓み効果についても、撓みの量が5%アップし、たわみが生じる反発エリアも30%アップしています。

シャフトはカーボン含有量が高く軽い!

標準シャフトのMAJESTY LV730は、素材にカーボンが多く使われていて、調子は全体しなりとなっています。長さは47インチと長尺で、フレックスはR2から用意されています。

長尺でしなりを生かしてヘッドを走らせられるので、ヘッドスピードが出ない人に試してもらいたいクラブです。

マジェスティ プレステジオ テン ドライバーの試打と感想

  • 47インチで、総重量270g。とても軽い。
  • アドレスするとアップライトでつかまるイメージが持てる。
  • 弾くし、振り抜きが良い。シャフトは軽いわりにしっかりしている。
  • ロフトは9.5~12.5°まであり、フレックスはS~R2まである。
  • 女子プロでも使っている人がいる。
  • シャフトは47インチと長いので、長尺を触れるイメージで振る。
  • ヘッドスピードが楽にでる。
  • ウェイト調整とかロフト可変の機能はなく、シンプルに良い素材を使って仕上げられたドライバー。

マジェスティプレステジオ10ドライバーのスペック

スペックはロフトが9.5°から1°刻みで12.5°まで用意されており、フレックスも一般的なS、SR、Rに加え、さらに柔らかいR2も用意されています。

ロフト(°) 9.5 10.5 11.5 12.5
ライ角(°) 60 60 60 60
プログレッション(mm) 15.5 16.4 17.8 19
ヘッド体積(cm3) 460 460 460 460
長さ(インチ) 47
フレックス S/SR/R/R2

MAJESTY PRESTEGIO 10の発売日と価格

発売日は2018年10月12日で、価格は先に触れましたが、1本23万円です。

つまり、高級クラブです。車で言うと国産ブランドですしデザイン的に外車という感じもしませんので、LEXUSとかCROWNといったイメージがあります。

 

PRGR RS REDドライバーの試打・評価・感想

PRGRのRSシリーズから発売の RS REDドライバーについて試打の感想や評価を交えながら取り上げます。

PRGR RSシリーズは、REDとEが加わり4種類になった!

出典:https://www.prgr-golf.com/

PRGRのRSシリーズは、2018年にスタンダードのRSドライバー、フェードモデルのRS Fドライバーが発売されています。そして、2019年に追加されたのが、RS Eドライバー、RS REDドライバーです。RSシリーズは4種類となり、選択肢がかなり広がりました。

RSシリーズ4タイプの特徴をおさらい

4種類となったところで、各モデルの特徴を表にして整理してみましょう。なお本投稿ではRS REDを取り上げます。

RS 重心角が30°と大きく、ドローで飛ばすタイプのドライバー。クラブ重量は298~308g。
RS F フェードで飛ばすモデルで、重心角はRSより5.5°小さい24.5°。フェース角が-3.5とオープンでフェードが打ちやすい。クラブ重量は299~308g。
RS E RSよりもスライサーを意識したモデル。楽につかまえることができる。フェース角は0°で、重心角はシリーズ最大の34°。クラブ重量は298~308g。
RS RED クラブ重量が約30g軽い軽量モデルで、楽に振れてヘッドが走る。クラブ重量は270~278g。

その他のモデルについては個別に取り上げた記事をご覧ください。

RS REDドライバー

RS REDは、「ヘッドが走る、加速する。振り切って、スピードで飛ばそう。」と公式サイトで紹介されています。最大の特徴はクラブが軽いことで、他の3モデルと比べて約30g軽量化されています。

RS REDのクラブ重量はゼクシオやMグローレ並みに軽い!

RS REDのクラブ重量は、シャフトの硬さにより若干の差異がありますが、Rスペックで271gとなっています。同時発売のRS EドライバーのRスペックが298gですので、重量差は歴然としています。

シャフト S (M43) SR (M40) R (M37) R2 (M35)
総重量(g) 278 273 271 270

軽いクラブと言えばゼクシオを思い浮かべる方も多いと思いますので、このあたりと比較してみましょう。

モデル クラブ重量(Rスペック)
ゼクシオ10ドライバー 270g
RS REDドライバー 271g
Mグローレドライバー 273g
EPIC FLASHスタードライバー 290g
M6ドライバー 295g

軽いドライバーで人気のゼクシオ10Mグローレとほぼ同じ重量感になっています。そして、大きな重心角が設定され、スライス防止も強い意識されたモデルとなっていますので、軽いクラブで思い切りつかまえて飛ばしたいゴルファーにオススメのドライバーです。

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

RS RED/RS Eドライバーの公式紹介動画

メーカーの公式ムービーはイメージ型のものが多いのですが、こちらの公式動画は詳しく解説されていますので、紹介します。従来モデルとRED、REDとEの違いも見えてきます。

重心角は30°超え!つかまりを意識したドライバー!

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/19-rs-red-driver.html

同時発売のRS Eドライバーは、重心角34°で完全なドローバイアスモデルです。そして、RS REDの方はEより小さくなっているものの、それでも31.5°ありますので、一般的な重心角(22~23°)と比べても、かなりつかまりの良いモデルとなっています。

上下・左右の慣性モーメントもアップ

RSドライバーと比べて、上下・左右方向の慣性モーメントがアップしていますので、打点のブレには強さを発揮してくれます。

RS REDドライバーの試打と感想、その1

  • RS REDはスピードを上げていこうというモデルで、軽いモデルがRSの中にラインナップされた。
  • 軽く振るだけでヘッドが走ってくれる。
  • 非常に直進性が高い。

RS REDドライバーの公式動画

RS REDドライバーのスペック

シャフトスペック S (M43) SR (M40) R (M37) R2 (M35)
ロフト角(°) 9.5/10.5 9.5/10.5/11.5 9.5/10.5/11.5 10.5/11.5
体積(㎝3) 460
フェースアングル(°) -1
ライ角(°) 59.5
長さ(インチ) 46 45.5
総重量(g) 278 273 271 270
バランス D-1.0 D-0 D-0 C-7.5
シャフト重量(g) 46 42 41 39
シャフトトルク(°) 6.9 8.1 8.1 8.5

RS REDドライバーの発売日と価格

RS REDドライバーの発売日は2019年4月12日、RS Eドライバーの発売日は2019年4月19日が予定されています。

販売価格はRS REDドライバーが88000円、RS Eドライバーが68000円となっています。