おすすめ投稿

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

飛距離が出るドライバー 2019年 おすすめランキング

2019年モデルのドライバーはテーラーメイドのM6、M5、キャロウェイのEPICFLASHを始め、注目のモデルが目白押しです。少し早いですが、年初のニューモデルの情報が出そろってきたところで、2019年モデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

第1位 テーラーメイド M6ドライバー

M6ドライバーは、スピードインジェクションという驚きの製造手法が採用されています。まずルール違反の高反発フェースを製造し、前方の穴よろジェルを注入して反発性能を下げてルール限界値の反発を持ったクラブに仕上げられています。

つまり、M6ドライバーは商品により当たり外れがなく、全てが最大反発に仕上げられているところが最大の魅力です。そして、M3、M4でも注目されたツイストフェースは引き続き搭載されていますので、打点がバラついても弾道をセンターに戻してくれます。

第2位 インプレス UD+2ドライバー

ヤマハから発売のインプレスUD+2ドライバーの2代目、2019年モデルです。前作に引き続き、最大の特徴は大きな重心角です。

一般的なドライバーで22度ぐらいですから、33度というのは極端に大きな重心角です。フェースの返りが抜群によく、しっかり捕まえることができます。飛距離アップの仕組みも搭載されていますが、スライサーの方は弾道が改善されることによる飛距離アップの効果が大きいと思います。

第3位 キャロウェイ エピックフラッシュ スタードライバー

発売前からAIデザイン、フラッシュフェースというキーワードが漏れ聞こえてきて、注目を浴びていたモデルです。AIとスーパーコンピューターを駆使して15000回のシミュレーションによりはじき出された答えが、左右非対称の波打ったフラッシュフェースです。

引き続き、ソール後方のウェイト調整機能、ペリメーターウェイティングは搭載されていますので、弾道にFADE・DRAWの調整を掛けたい方にはおすすめのモデルです。

第4位 PING G410 PLUSドライバー

PINGの人気モデル、G400シリーズのニューモデルがG410です。今回のG410ドライバーでは、ウェイト調整機能が搭載され、FADE、DRAW設定とて、ウェイトを移動することができます。

G400ではMAX、スタンダード、SFT、LSTと4つのモデルから選ぶ必要がありましたが、ある程度、クラブの側からも弾道調整が行えるようになりました。

第5位 PHYZドライバー

PHYZドライバーもインプレスUD+2と同じく大きな重心角を持っています。一度、及ばない32度ですが、この大きさを有していれば大きな違いはないでしょう。

もう一つの特徴がクラブの重量です。シャフトが重量の異なる2種類から選ぶことができ、軽量な方を選択すると、クラブ重量は266gという軽さになります。体力が落ちていて、ヘッドスピードに悩みがあるゴルファーにはおすすめのモデルです。

こちらもオススメ

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

M6ドライバーの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のM6ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

M6ドライバーの特徴

M6ドライバーについては、当サイトでも詳しく取り上げていますので、詳細は別記事をご覧頂くとして、注目すべき特徴を振り返ってみましょう。

  • 低重心・深重心
    ヘッドの軽量化が進み、ソール後方に46gの大きなウェイトを搭載。重心が深く・低く、食申請が高い。
  • 最大反発
    スピードインジェクションにより、ジェルを注入して最大反発に合わせているため、全ての商品が最大反発。
  • ツイストフェース
    前作で登場したツイストフェースは引き続き搭載。弾道をセンターに戻してくれる。

M6ドライバーに関する詳細記事

M6ドライバーについて、詳しい特徴は前作との比較は、別記事にまとめてあります。

M6ドライバーとM4ドライバーの違い

M6ドライバーの 試打・評価・感想

M6ドライバーの評価・感想・クチコミ

ノーマルポジションだと、フェースがやや右を向く。「M5」同様、「M6」もフッカー好みの顔つきである。

「M6」は「M5」よりもボールが上がりやすい特性がある。やや低めの弾道で打ちたい人や、スピンを減らして飛距離を稼ぎたい人、ヘッドスピードが速くて吹き上がる弾道になりやすい人は、ロフト角9度の方がイメージ通りの弾道が打ちやすいし、効率良く飛距離を稼げるだろう。
引用:https://lesson.golfdigest.co.jp/gear/special/impression/gt1000008884101.html

弾道は、文句なしの高弾道です!もう、誰がなんと言おうと高弾道です!! クラブがガッツリ球を上げてくれます。その上で、「M5」とは変わらないロースピン弾道が味わえるのは、かなりの謎です!! ですが、間違いなく我々アマチュアにとっては、力強い味方になってくれそうな気配も・・・!

HS40~43m/sあたりにオススメです。かなり受け入れ間口が広い、どんなゴルファーでも使えそうな雰囲気をもった1本です。
引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2019/02/17420.html

芯付近で打つと高い初速で低スピンの球が高打ち出しで打て、芯を外すと、適度なスピンが付加されることでちゃんとキャリーが出る弾道になっていました。

ボールコントロールはそこそこというか、強いインテンショナルショットを狙っても思ったよりは曲がりませんでした。目標より右に出してドローとか、左から戻ってくるフェードを狙っても、飛び出した方向にそのまま飛んで行ってしまいます。

前作よりロフト多めのほうが高い打ち出し角、低スピンの“飛ぶ”弾道が打ちやすくなっています。ヘッドスピード40~42m/sぐらいのゴルファーが“進化”を体感しやすいのではないかなと思います。
引用:https://kakakumag.com/sports/?id=13314

M6ドライバーの評価・くちこみ まとめ

専門家や識者のコメントから、メーカーの商品説明だけでは見えないM6ドライバーの特徴が浮かび上がってきます。

  • ボールは上がりやすく、弾道は高弾道。
  • ヘッドスピード40~43m/sぐらいのゴルファーにおすすめ。
  • 操作性は高くなく、オートマチックに真っすぐ飛んでくれる。

 

Mグローレ ドライバーの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のMグローレ ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。

Mグローレドライバーは「Mシリーズ」のテクノロジーをグローレに搭載したモデル

シニアやヘッドスピードが遅めのゴルファーに人気のMグローレ ドライバー。テーラーメイドのMシリーズとグローレシリーズが融合したモデルで、グローレユーザーには何とも有難いサプライズモデルです。

モデル名からは「グローレ」が「M」に取り込まれたような印象を受けますが、テーラーメイド社のプレスリリースでは、『世界を席巻する「ツイストフェース」を「GLOIRE」に搭載!!』と言及されていますので、Mグローレはグローレシリーズの中のモデルということになります。

(プレスリリース引用https://www.taylormadegolf.jp/newsRelease_2018.html/newsRelease_2018.html)

Mグローレドライバーの特徴

Mグローレドライバーについては、当サイトでも詳しく取り上げていますので、詳細は別記事をご覧頂くとして、注目すべき特徴を振り返ってみましょう。

  • 軽量モデル
    クラブ重量はRスペックで273g。ゼクシオやPHYZと同じぐらいの軽さ。
  • スライサー向け
    ヒール寄りにウェイトが搭載されたドローバイアス設計。重心角が大きく、ヘッドが返りやすいためスライスしにくい。
  • Mシリーズの最新テクノロジーを搭載
    M3、M4に搭載されているツイストフェース、ハンマーヘッドを搭載。

<Mグローレに関する詳細解説>
⇒M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー
⇒M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

Mグローレドライバーの評価・感想・クチコミ

グローレF2よりもドローのつかまり具合が強いですね。右にすっぽ抜けても戻ってきそうです。つかまりが強いぶん、スライサーが打ってもあまりスライスしない感じになるんじゃないかなと。
引用:https://www.golfdigest-minna.jp/_ct/17237382

このM グローレは、アベレージ向けのクラブです。決してアスリートのためのクラブではありません。その証拠が、クラブスペック。クラブ長さは46インチと長めの設定になっており、クラブ重量は9.5度のSフレックスで約281gと、かなり軽量に仕上げられています。

輪郭は、ややヒール寄りにボリュームがある丸形でややフックフェース。黒いフェースと白いクラウン部分のコントラストによってフェースの向きがわかりやすく、安心して構えることができます。

直進性が非常に高いですね。どちらかといえば、曲がりはフックのほうが大きく、つかまりのよさがこのへんにも表れている感じです。スライスにお悩みのゴルファーは飛距離を伸ばしやすいクラブといえますね。
引用:https://kakakumag.com/sports/?id=12872

「R&Aから2度も差し戻しをくらったそうです、フェースの反発が高すぎて。だからコンフォーミングリストへの登録が遅れちゃったんですって。ギリギリといえば、元々プロギアが有名ですが、今回のタイトリスト『TS』シリーズもそんな感じで来ましたよね? ご多分に漏れず、天下のテーラーメイドもなにげにギリギリのギリを攻めている
引用:https://www.alba.co.jp/gear/column/article?title_id=32&id=9947&page=3

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Speeder VOLUTION TM」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59度、長さ46インチ、総重量281g、バランスD4。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク4.9、先中調子。

弾道的には、超高弾道。もう打ち出しからドーンと高く、そのまま前に行ってくれる弾道でした。スピン量も決して吹け上がりのイメージはなく、実際にスカイトラックでも3球平均で約3000rpmと、まあ許容範囲内でした。

このスペックでHS38~40m/sあたりがドンピシャかな。スイングタイプ的にはいわゆる払い打ち系で、持ち球はフェード系。ダウンスイングでタメがほどけてしまうアーリーリリースタイプの方に合いそうなドライバーだと思います。
引用:https://golftaiken.nikkansports.com/2018/10/16034.html

あなたにオススメ「Mグローレ」関連の記事

MグローレドライバーとM4ドライバーの違い

M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

 

TW747 460ドライバーとTW737 460ドライバーの違い

本間ゴルフのツアーワールドから発売されているTW747 460ドライバーとTW737 460ドライバーの違いについて取り上げます。

TW747 460ドライバーとTW737 460ドライバー

左がTW747 460ドライバーで、右が1世代前のモデルとなるTW737 460ドライバーです。TW747は2種類、TW737は4種類のドライバーが同時に発売されていますが、両者ともヘッド体積が460ccの最大モデルとなっています。

TW747 / TW737 460ドライバーの基本特性は同じ、高弾道・低スピンモデル

TW747 460とTW737 460は、高弾道・低スピンのモデルとして発売されていまして、本間ゴルフ特有の算式的な表現も、ほぼ同じになっています。

  • TW747 460ドライバーは、高初速 × 高弾道・低スピン=爆発的な飛距離
  • TW737 460ドライバーは、高弾道 × 低スピン × 飛距離優先のやさしさ

TW747 / TW737 460ドライバーのウェイト比較

こちらはTW747 460ドライバーです。ウェイトはソールの前方と後方に1つずつで、合計2つ搭載されています。前方の浅重心ウェイトは2.5g、後方の深重心ウェイトは9gで、交換することもできます。前側の重心は低スピン効果を生み出し、後ろ側の重心はやさしさと高弾道を生み出します。

一方、TW737 460の方は、視認できるウェイトはソール前方の1つのみですが、内部のヒール寄りにウェイトが搭載されています。

出典:https://honmagolf-ec.com/club/driver/ORDER-W-TW737-460-A

内部ウェイトの数値は公式ページに掲載がありませんが、前方のウェイトは8gありますので、重心を浅くしようという意図が見えます。

TW747 / TW737 460ドライバーのヘッド形状

左がTW747、右がTW737です。ヘッド形状はいずれもシャローで、ソールバックが下がっています。重心を低くして球があがりやすくなるように配慮されています。

一般的にはこの形状の場合、深重心でやさしさ重視のモデルであることが多いですが、ソールの前方にウェイトを搭載し、重心深度を浅くしているモデルのため、ツアーモデルであることを考えてもミスへの許容性はあまり高くないでしょう。

TW747 / TW737 460ドライバーのフェースの比較

こちらはフェースの画像を並べたもので、左がTW747 460ドライバー、右がTW747 455ドライバーです。シャローヘッドの割に面長で、特にTW737の方は前から見るとディープに見えます。このあたりはツアープロの要望が反映されているのかもしれません。

TW747 / TW737 460ドライバーのスペック比較

モデル TW747 460 TW737 460
ロフト角(°) 9.5 10.5 9.5 10.5
ライ角(°) 60 59
ヘッド体積(cc) 460 460
重心距離(mm) 39 41 41.5
重心深度(mm) 38 38.5 36 36.5
長さ(インチ) 45.25 45.5

TW747の方が重心距離は短く、重心深度が深くなっています。この値だけみれば、モデルチェンジにより寛容性を上げてきたように読み取れます。

TW747 / TW737 460ドライバー関連記事

本間ゴルフ TW747 460ドライバーの試打・評価・感想

TW737ドライバー 445、450、455、460の評価!徹底比較!

TW737ドライバー 445、450、455、460の評価!徹底比較!

本間ゴルフから発売されているツアーワールド TW737ドライバー。全モデル4種を取り上げて比較・評価します。

TW737ドライバーは全部で4種類!

ツアーワールドは本間ゴルフがアスリート向けに発売しているシリーズです。今回取り上げているTW737シリーズは3代目として2016年10月に発売されていて、ツアープロだけでなく、上級者・中級者ゴルファーからも支持されています。

TW737のドライバーは、445、450、455、460の4種類が発売されています。この4種類のモデルについて比較しながら違い・特徴について詳しく解説します。

TW737ドライバーのヘッド形状とヘッド体積の比較

左から445、450、455、460となります(以降、並び順は同じとします)。まず、ヘッド体積ですが、他年度に発売されているモデルではモデル名の数字がヘッド体積を表しているのですが、TW737シリーズのドライバーに限っては若干、事情が異なっています。

モデル TW737 445 TW737 450 TW737 455 TW737 460
ヘッド体積 457cc 450cc 456cc 460cc
形状 面長・洋ナシ オーソドックス 洋ナシ 大型

注意したい点はTW737 445ドライバーです。ヘッド体積は445ccではなく457ccですので、ほぼルール限界サイズの大型です。ただし、面長なため、投影面積はあまり大きさを感じさせません。

TW737ドライバーの横からのヘッド形状の比較

こちらはヘッドを横からみた画像です。一番左の445がハイバック形状で、450、455はややハイバック形状、一番右の460がシャローで、455もややシャロー気味です。左からハイバック・ディープがシャローになっていきますので、この4モデルはヘッド体積ではなく形状の違いで並んでいると考えられます。

一番左の445ははっきりとしたハイバック形状で重心が浅く設定されていますので、左を恐れずに思い切り叩けるモデルです。

TW737ドライバーのフェース比較

445と450がディープフェース、455と460がシャローフェースになっています。左の455、460はシャローで重心が低くなっていますので、高弾道で飛ばすことができます。

TW737ドライバーのウェイトの比較

出典:http://www.honmagolf.co.jp/jp/tourworld_vizard/tw737/tw737_driver.html

こちらは4モデルのウェイトの配置図です三角系のウェイトはソールに装着されているウェイトで、ヒール寄りに搭載されている大きなウェイトは内部に配置されているものです。

特徴的なのは右から2番目の455で、ソールウェイトが唯一後方に設定されています。深重心・低重心になっていますので、慣性モーメントが高く、直進性と打ち出しが高い弾道となります。

TW737 445ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 445ドライバーは457ccと大型でありながらハイバック形状のため、コンパクトなヘッドとなっています。重心が浅くなっているため、思い切り叩いても左にミスが出にくくなっています。

持ち球がドローで低スピンで飛ばしたいヘッドスピードの速いゴルファーにおすすめです。

TW737 450ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 450ドライバーは、バランスの良いモデルです。小ぶりで操作性がありながらも、ヒール側がやや膨らんでいますので、適度なつかまりもあります。

重心深度も深すぎず浅すぎずですので、持ち球に癖の少ない方、インテンショナルなショットを打ちたいゴルファーにおすすめです。

TW737 455ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 455ドライバーは、ソールのウェイトが後方に搭載されているのが特徴です。ヘッド形状はツアープロが好む洋ナシ型で、つかまり過ぎない形状となっています。

ややシャローで深重心・低重心となっていますので、弾道の高さがある程度欲しい、弾道のバラツキを抑えたいというゴルファーにおすすめです。

TW737 460ドライバーの特徴と適合ゴルファー

TW737 460ドライバーは、460ccの大型ヘッドでシャローヘッドとなっています。一般にこの形状のドライバーはアベレージゴルファー向けに深重心となっていることが多いのですが、TW737 460ドライバーは超浅重心となっています。

打ち出しはヘッド形状からイメージされる通り高弾道ですが、重心が浅いため低スピンの弾道となります。スピンを抑えて強弾道で飛ばしたいゴルファーにおすすめです。

ドライバーヘッドの形状とその特徴は!?洋ナシ、丸顔、ディープ、シャロー、ハイバック等を徹底解説!

ドライバーヘッドの形状と弾道の関係、適合ゴルファーについて詳しく解説します。

ドライバーヘッドの形状と弾道の関係

ドライバーヘッドは、同じシリーズの中でも形状が大きく異なっていることがあります。そして、その形状によってドライバーの弾道にも違いが出てきます。

以前は、ヘッドの形状により重量の偏りが決まったため、重心深度・重心高なども決まり、ヘッド形状からどのような弾道となるかが分かりました。

例えば、ヘッドの後方が長くなっているシャローヘッドは、重心距離が長く直進性が高い、洋ナシ型はヘッドが小ぶりでヒール寄りに重量感が無いため、重心角が小さく左のミスがでにくい、といった具合です。

最近はヘッド形状が与える弾道への影響は薄れているはずだが・・・

ヘッド内部の重量配分の自由度がアップ

最近は複合素材のヘッド、カーボンを主とした軽量素材の利用が進み、ヘッドそのものの軽量化が進んでいます。そして、生み出された余剰重量は、ヘッドの内部に高比重な金属ウェイトを用いて、好きな位置に重量配分することができるようになりました。

いわば、ヘッド形状に左右されずに重心設計をかなり操作できるようになったわけです。

基本的に形状と重心設計は合わせている

しかし現実はというと、思い切りシャローで深重心に見えるが内部ウェイトで思い切り浅重心にしているクラブ、つまり見た目と実際の重心設計が異なるものは見たことがありません。最近のモデルでもヘッド形状と弾道は一致しているのが大半です。

構えた時に形状からイメージされる弾道と実際の弾道を真逆にする必要がありませんし、クラブ紹介する側・選ぶ側としてもイメージと現実が一緒の方が、混乱がないからでしょう。

ヘッド形状と弾道の特徴

ヘッド形状には重複なく網羅的で全分類するキレイな区分けはありませんが、主に使われているヘッド形状の呼び方を取り上げて、弾道の一般的な特徴を解説します。

ディープヘッドとシャローヘッドの形状

ドライバーのヘッド形状を語る時に、ディープとかシャローという言葉が良く出てきます。左の奥行が長いのがシャローで右の奥行が短い小ぶりな方がディープです。

ディープとシャローは英語で、ディープが深い=奥行きがある、シャローが浅い=奥行きがない、を意味します。

「おやっ?」と思った方もいるのではないでしょうか?ディープは奥行きがあるという意味なのに、ヘッド形状は奥行きがありません。シャローの方も意味と実際の形状が異なっています。これは、ディープとシャローという言葉がフェースに用いられているからのようです。実際、ヘッドが「ディープ」「シャロー」という以外に、「ディープフェース」「シャローフェース」だったり、ディープヘッド」「シャローヘッド」という場合があります。

フェースがディープだと、フェースの縦幅が長くなります。ヘッド体積にはルール上限りがありますので、ヘッドの高さを出せば、ヘッド後方が短くなり、ディープフェースは奥行きが浅くなります。

反対に、シャローの場合はフェースの高さが低く縦幅が短いため、ヘッド後方は長くなります。

  • ディープヘッド:フェースの高さがあり、奥行きは浅い。
  • シャローヘッド:フェースの高さがなく、奥行きは深い。

ディープヘッドとシャローヘッドの弾道

ディープヘッドの方は、フェースの高さがあり重心位置が高くなっていますので、打ち出し角が抑えられます。そして、重心が浅いためバックスピン量が抑えられ、操作性も高くなっています。低・中弾道、低スピンの強い弾道、そして、意図した弾道を繰り出したい上級者に好まれる形状です。

シャローヘッドの方は、フェースの高さが低く、ヘッド後方に重量を持たせてありますので、打ち出しが高くなります。慣性モーメントが大きくなっていますので、直進性が高く、球のつかまり効果も生まれます。オフセンター時のミスを許容してくれて、高く真っすぐとばし、スライスを抑えたい初心者・シニアに好まれる形状です。

洋ナシ型・丸顔のヘッド形状

こちらの2種類のヘッドで言うと、左のタイプが洋ナシ型で、右が丸顔です。洋ナシ型は、ヒール寄りの後方がすっきりしていて、形状が洋ナシに似ています。反対に丸顔はヒール寄りにも重量感があります。必ずではありませんが、大型ヘッドであることが多いです。

洋ナシ型・丸顔の弾道

洋ナシ型は、ヒール寄りの重量感が少なくなっていますので、重心角が小さく、重心距離が長いという特徴があります。これらスライサーが好むヘッドと真逆の設計で、ヘッドが返りにくくなっています。ヘッドが勝手にくるっと向き直りにくくなっていますので、意図した弾道を打ち分けインテンショナルなショットを繰り出したい上級者に好まれます。また、思い切り叩いても左へのミスが出にくくなっていますので、ヘッドスピードの速いゴルファーにも好まれます。

丸顔の方は、ヒール寄りの重量感を多めにしてありますので、重心角が大きくなります。実際は、丸顔の場合、大型ヘッドでヘッド後方が低いモデルであることが多いようです。このようなドライバーは、重心角はさらに大きくなり、低重心・深重心となります。ボールのつかまりが良く、打ち出しが高く、直進性の高い、つまり曲がらない弾道となりますので、初心者やレディース、そして、スライサーに好まれます。

ハイバック形状

こちらは本間ゴルフから発売されているTW737ドライバーの中の2種類のモデル、TWT737 455とTW737 460です。TW737  445ドライバーがハイバック形状となります。

ハイバック形状はその名が示す通り、バックがハイ、つまりヘッド後方が高くなっています。ちょっと紛らわしくなりますが、ディープバックとも言います。ディープバックはヘッド体積のルール制限上、奥行きが浅く小振りでディープヘッドであることが多いです。

ハイバック形状の弾道

ハイバック形状のドライバーの特徴は、重心が浅くなりスピン量が少なくなります。小ぶりな場合が多いので、操作性も高く、ヘッドの返り過ぎも抑えられ、左を恐れずに思い切り叩けますので、ヘッドスピードが速く、ドローヒッターの上級者に好まれます。

 

以上、ヘッド形状と弾道の特徴、適合ゴルファーについて取り上げました。

弾道に影響を与える重心設計については、こちらの特集記事をご覧ください。

重心設計とドライバーの飛距離の関係