注目

飛距離が出るドライバー 2018年 おすすめランキング

ドライバーにゴルファーが求めるもの、それは今も昔も飛距離です。最近のドライバーは、ヘッドの撓みに着目してモデルを各社次々と開発し、ゴルフクラブに対する期待が更に高まっています。

2018年に人気のモデルの中で、飛距離が出るドライバーをランキング形式でご紹介します。

1位 テーラーメイド M4ドライバー


2018年の最も斬新な技術・構造の一つは、テーラーメイドのツイストフェース。フェースをねじるという今までの思想ではあり得ない発想に「大丈夫なのか?」「明後日の方向に飛んでかないか?」と不安を抱くゴルファーもいたのではないでしょうか?

しかし、テーラーメイド社では人間の打球50万発のデータを解析し、打点がフェースのハイトゥ、ローヒールに集まるという傾向を洗い出し、この偏りに対応する答えとして導かれたのがツイストフェースです。

実際にフェースを目視で確認してみると、ツイスト具合は恐らくわかる人はいない、それぐらい細かな設計レベルでのツイスト。打点のブレに対処してくれるため、飛距離のロスが出にくくなっています。

詳細

2位 キャロウェイ ROGUE スタードライバー


2018年のドライバーで、テーラーメイドのMシリーズと人気の双璧をなすのがROGUEです。ROGUEのドライバーにはいくつかのモデルがありますが、日本国内でアベレージゴルファー向けのROGUE スタードライバーが人気のモデルとなっています。

飛距離アップのメカニズムはヘッドを縦に貫通した2本の柱、JAIL BREAKテクノロジーです。ボールの進行方向とは関係のない縦方向のたわみを抑えてくれるため、ボールを飛ばすためのエネルギーの損失を減らしてくれます。

詳細

3位 PING G400MAX ドライバー


PINGのG400シリーズは、先にスタンダード、SF TEC、LS TECの3タイプが登場しました。LS TECは低スピン・強弾道と設計思想が明瞭で支持されているモデルですが、その後に登場したG400MAXし、ヘッド体積460ccでブレずに飛ばせるぶっ飛び系ドライバーとして人気となっています。
ソールの後方に2倍のタングステンウェイトが装着され、PING史上、最も深重心・低重心が実現されている点が大きな特徴の一つです。重心が深いため、少々のミスでもブレずにガツンと飛ばせます。

詳細

4位 テーラーメイド M2ドライバー


テーラーメイドのM2ドライバーの2017年モデル。2016年モデルの後継として登場したドライバーで、いずれの年もM1と同時にリリースされています。M1がソールにウェイトスライダー機能が搭載され上級者向けですが、M2はアベレージゴルファー向けです。ちなみに、その後のM3、M4とのつながりとしては、M1の後継がM3、M2の後継がM4となっています。

M2の最大の特徴はソール全面にある大きな溝。そうです、テーラーメイドと言えば、スピードポケットです。そして、ソール後方にはウェイトが装着され、ミスを許容し大きな反発でパワフルに飛ばすことができます。

詳細

5位 タイトリスト VG3 ドライバー


タイトリストVG3ドライバー 2018年モデルは、重量配分にタイトリスト社独自の技術がこめられています。特に、クラウン部分はドット状に繰りぬかれ、軽量化が図られ、ヘッド全体で理想的な重量配分に成功しています。深重心・低重心で高い慣性モーメントを獲得しています。

標準シャフトのVG50は46インチと長めの設定となっていて、スピードアップを実現する一つの要素となっています。
詳細

6位 キャロウェイ ROGUE SUB ZERO ドライバー


キャロウェイのROGUEはスタードライバーが人気ですが、サブゼロも中・上級者に支持されています。どちらのモデルも2本の柱、JAIL BREAKが搭載されていて、ディープフェースで浅い重心となっていますので、スピンが抑えられ強い弾道で飛ばすことができます。

ひとつ前のEPICのSUB ZEROは難しいがROGUEのSUB ZEROは優しくなっていて扱えるといった感想が聞かれます。
詳細

7位 ダンロップ ゼクシオ10 ドライバー


2000年から発売されていて今回で10代目となるゼクシオ10。ここ最近のモデルはスイングにフォーカスした設計思想で、今回は「芯食い」という言葉が使われ、芯を捉えて飛ばそうという意図が込められたドライバーです。反発エリアは34%拡大していますので、よりやさしく飛ばすことができます。

シャフトも新開発の軽量のものが使われていますので、ヘッドスピードが速くないゴルファー、重たいクラブが苦手なゴルファーにはおすすめのドライバーです。

詳細

8位 タイトリスト 917D2ドライバー


タイトリストの917モデルは、917D2と917D3の2種類のドライバーが発売されています。ソールの前方にはテーラーメイドのM2ドライバーと同じように溝が設けられていて、打ち出しが安定するため、オフセンターの際にも飛距離のロスが抑えられます。そして、ソール後方にはウェイトを変更する機能が搭載されていますので、ドロー・フェードの弾道調整が行えます。ヘッド体積は917D3が440ccなのに対して、917D2が460ccと安心感あるヘッドとなっています。上級者で操作性も欲しいというゴルファーは、917D3を検討してみるのもおすすめです。

■917のウェイト変更の動画

詳細

9位 ヤマハ インプレス UD+2ドライバー


ドライバーの飛距離を伸ばす要素はいくつかあります。その中でもUD+2ドライバーは「曲がらない」ことを重視して、思い切った設計が施されています。重心角が34°と大きく、とにかくつかまるドライバーになっています。また、ソールに配されたウェイトはヘッド重量の約20%におよび、高い打ち出しが可能となっています。こちらは少し前のモデルになりますが、飛距離が出るドライバーとして今尚、ゴルファーから支持されていますので、取り上げました。

詳細

10位 キャロウェイ GBB EPIC スター ドライバー


ROGUEの一つ前のモデルとなるEPIC。ヘッド内に縦に設置された2本の柱、JAIL BREAKが初めて搭載されたモデルです。、アベレージゴルファー向けのGBB EPIC スタードライバーは、ソールにペリメーターウェイティングが搭載されていますので、ウェイトをヘッド後方で左右に移動することができ、慣性モーメントを保ちながら弾道を調節することができます。

詳細

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

プロギアから発売されているRSシリーズ。2018年モデルもRSドライバーとRS-Fドライバーの2タイプが用意されています。本記事ではこの2つのモデルについて、違いにフォーカスして取り上げます。

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

・RSドライバーとRS-Fドライバーは、ぎりぎりの反発性能という点では同じで、反発性能に差がある。
・RSドライバーは、やさしくつかまえたい、ドローで飛ばしたい、右のミスがイヤ、というゴルファー向け。
・新RS-Fドライバーは、つかまり過ぎを抑えたい、フェードで攻めたい、左に行くのがイヤ、というゴルファー向け。 

・RSドライバーは、前作よりも距離が伸びている。深い重心設計でドローが打ちやすい。
・RS-Fドライバーは、つかまりを抑える設計になっている。打感はやわらかい。

・RSドライバーの方は左右の慣性モーメントを高めて、RS-Fドライバーの方は上下の慣性モーメントを高めている。
・今回のモデルは、素材も含めてRSとRS-Fの違いがはっきり分かれた。RSがフルチタンで、RS-Fがカーボンクラウン。
・RSがとてもつかまるようになった。RS-Fはニュートラルな感覚。前作と比べるとRS-Fは意外と真っすぐ飛ぶ。
・前作と比べてミスに強くなっている。
・アスリートモデルとしては、もう少し難しい方が良い。

 

RSドライバー の試打・評価・感想

 

PRGRから発売されているRSドライバー。2つのWで強く広くなったプロギアの2018年の注目モデルについて、試打と評価、感想を紹介します。

1つ目のWは、Wクラウン設計

Wクラウン設計は新たにリブが搭載されることで、たわみが増長されます。これにより、高初速が実現され、飛距離アップにつながります。

2つめのWは、Wモーメント設計

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-f-driver.html

打点のバラツキはスキルレベルによって方向が異なり、アベレージゴルファーは左右に、スキルレベルが高いゴルファーは上下にズレる傾向にあります。RSでは左右方向のモーメントを大きくする設計となっており、左右のズレに対応してくれます。

160%拡大の高初速エリア

出典:https://www.prgr-golf.com/product/driver/18-rs-f-driver.html

高初速で飛ばせるフェース面のエリアが大幅に拡大しています。実際に数値で見てみると、一般のドライバーが約140m2のところ、230m2にまで格段に広がっています。

RSドライバーを試打した評価と感想

マーク金井
RSとRS-Fを比べると、RSドライバーの方が重心アングルが大きい。今年試打した中で、重心アングルが一番大きい。つかまりがよく、勝手にドローが出る。ドローで飛距離を出したい、スライスを軽減して飛距離を出したい人におすすめ。

メーカースタッフ
キーワードはギリギリ全開。高初速に拘ったシリーズ。実打点の反発性能を高めている。RSドライバーは、やさしくつかまえたい、ドローで飛ばしたい、右が嫌だ、というゴルファーに使ってもらいたい。
内藤雄士ツアープロコーチ
前作よりも打ち出しが高く、飛距離が出ている印象がある。勝手に上がってくれるし、つかまってくれるので、ドローを打つには良い。

TS2ドライバー、TS3ドライバーのTSに込められた意味

2018年後期に発売されているドライバーの中で、注目を浴びているモデルの一つがタイトリストのTS2ドライバー、TS3ドライバー。

何故注目を浴びているかと言うと、モデルの名前が一つの要因となっています。今回のモデル名の「TS」には意味が込められていますので、TSの意味とモデルについて取り上げます。

TSって何の略?

タイトリストのドライバーは、これまで917D2、D3といった9を冠した名称となっていました。今回もその流れで来ると思っていた矢先、がらりと変わって「TS」という名称になりました。

TSの意味は、「Titelist Speed」の略です。そして、今回、注目を浴びているのは、名前が変わったことではなく、変わった理由・背景にあります。

これまでの9系とこれからのTSの違い

タイトリストの917、915といったドライバーについて、みなさんはどのような印象を持たれていますか?恐らく、「難しい」「プロ・上級者向け」といった感想が多いと思います。

タイトリストの9系では、これまでツアープロの声に耳を傾けて、クラブを作り上げてきたと言われています。今回のTSは、社内にTitelist Speedというプロジェクトが立ち上げられ、スピードをテーマにしてクラブの開発が行われています。

別の言い方をすれば、ゴルファー全体に目を向けて、ドライバーに求められるものはスピードだという源流思想に軸足を置いたと考えられます。

実際にTS2ドライバー、TS3ドライバーは「やさしい」と評価されている

2018年9月に発売されているTS2ドライバー、TS3ドライバーですが、既に多くのプロ、ゴルフ関係者により試打が行われています。評価は総じて「やさしくなった」という意見が多いと感じられます。それぞれのクラブの試打・評価については、下記の別記事にまとめてありますのでご覧ください。

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

これまでタイトリストを遠慮・敬遠していた方も、今回のTSシリーズ、一度、試打会などで試してみてはいかがでしょうか?

M GLOIRE グローレ ドライバーの適合ゴルファー

テーラーメイドから2018年後期に発表されたM GLOIRE グローレ ドライバー。このモデル名に驚いたゴルファーは少なくないでしょう。本記事ではMグローレがどのようなゴルファーに適しているについて、モデルの特徴から迫っていきます。

Mグローレの位置づけ

テーラーメイドのモデルと言えば、これまで「Mシリーズ」と日本専用のシニア向け「グローレシリーズ」の2つのラインナップとなっていました。

今回のMグローレは、文字通りMとグローレの融合となっています。包括関係で言えば、テーラーメイド社の発表を聞く限り、Mの中にグローレが取り込まれた形になっているようです。

実際、グローレMではなく、Mグローレとなっていますので、M3、M4、Mグローレという区分けになっていると捉えると良いと思います。

MグローレとM3、M4との違い

既存のM3ドライバー、M4ドライバーと、Mグローレドライバーの違いを見ていくと、Mグローレドライバーが対象にしているゴルファー像が浮かび上がってきます。

クラブ重量が軽い

クラブ重量で見ていくと、M3ドライバーが307g、M4ドライバーが297g、そして、Mグローレドライバーが278gとなっています。(標準シャフト、SRでの重量)

Mグローレドライバーは、グローレのようにかなり軽めに重量設計されていますので、ヘッドスピードが遅めのゴルファーが扱いやすいクラブとなっています。

つかまりがよく、ドロー系の弾道

重量配分がしっかりしていて、低重心・深重心、ドロー・バイアス・ウェイトの搭載により、重心角が大きく、高弾道でつかまりが良くなっています。弾道から見ると、つかまりが欲しいスライサーのゴルファーに向いています。

フォージドのツイストフェース

Mシリーズということで、ツイストフェースがしっかり搭載されています。しかも、そこはグローレらしく「フォージドツイストフェース」となっていますので、高級感があり、打音にも拘りが見られます。

シニアや初級者に支持されているゼクシオは、打音が好まれていますので、Mグローレが商品説明の中で「打音」というキーワードを盛り込んできたあたり、シニア・初級者をターゲットに見据えている様子が伺えます。

Mグローレドライバーの推奨ゴルファーは!?

ここまでMグローレドライバーの特徴を見てきました。最後に整理しますと、Mグローレドライバーの適合ゴルファーとして、以下のようなタイプが推奨されると考えられます。

・つかまりが欲しい、スライサー
・ヘッドスピードが速くない(43m/s以下)
・軽めのクラブで心地良い打音で飛ばしたい
・弾道のブレが大きい

参考記事

M4ドライバーとM3ドライバーの違い

ツイストフェースの効果、M4ドライバーは何故、凄いか!?

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

M3ドライバーのYトラックは発明的かもしれない件

ソール面に搭載されているウェイト調整機能は、特段、新しいものでもなく、見慣れた感すらあります。ただ、調整のメカニズムはメーカー各社バラバラで、工夫しているというより、業界スタンダードが無く苦労しているようにも感じられます。

実際、ミズノのJPXやタイトリストの9シリーズ、TSシリーズの調整機能を見ていると、もう少しシンプルで使いやすい方が良いかもしれないと個人的に感じたりもします。

M3ドライバーのレールは2系統から1系統に統合されている!

さて、ここでM3ドライバーに話を戻しましょう。M3の前のモデルに位置づけられているM1ドライバーでは、ウェイトが稼働する部分が前方の横方向と、中央の縦方向で2系統に分かれていました。

これは2017年モデルだけでなく2016年モデルも同じ仕組みとなっています。一見、横・縦の調整で分かりやすさはありますが、レールが2箇所あること、一方の横スライドウェイトは、縦方向で見れば前方に固定であるといった気になる点もあります。

2018年モデルとして登場したM3ドライバーでは、上図の通り、縦横のレール部分が融合された構造になっています。そして、ウェイトが2つ組み込まれていて、自由に動かすことで、浅深度・深重心、左右に調整することができます。

M3ドライバーは自由自在にウェイト調整できる

従来の縦・横の独立した構造と比べると、弾道調整の仕方が直感的ではなくなる面もありますが、テーラーメイド社が公開している上図の設定例を見れば、しっくりときます。

低弾道は浅重心なのでわかりやすいですが、高弾道にする場合、レール後方がY字に分かれてしまっているので、どうするのかと一瞬考えてしまう方もいるかもしれませんが、左右に1つずつ分ける形になります。

M3ドライバーのYトラックがウェイト調整機能のスタンダードになっていくのか、それとも新たな構造が登場するのか、ウォッチしていきたいと思います。