飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン テーラーメイド

2023 P770・P7MC・P7MBアイアンの最新情報・違いをまとめ!評価・スペック・発売日・発売価格

投稿日:2022年11月30日 更新日:

テーラーメイドのP770、P7MC、P7MBアイアンの2023年モデルについて、最新情報を取り上げます。

P770、P7MC、P7MBアイアンの2023年モデル

テーラーメイドのアスリート向けアイアン、Pシリーズの2023年モデルとして、P770、P7MC、P7MBの3機種がリニューアルとなりました。

P770アイアンは、2017年、2020年に発売されていますので、今回が3代目となります。

P7MC、P7MBアイアンは、共に2020年に初代モデルが発売されていますので、今回が2代目となります。

ちなみに、3代目まで来たモデルは、今回のP770以前にP790アイアンがありまして、どちらも市場からのニーズの高さが伺えます。

▼2020年モデルのP770、P7MB、P7MCアイアン

こちらは2020年に発売の前作となるモデルです。

外観上はP770のみ違いが分かりやすいですが、P7MC、P7MBは非常によく似ています。

コリン・モリカワにバッグには、P7CMアイアン!

こちらは、テーラーメイドと契約しているコリン・モリカワのバッグを捉えた映像です。

P7MCではなく、P7CMと記されたアイアンが確認できます。

MC、CM、MBと、紛らわしいですが、映像のP7CMアイアンは、P7MBアイアンと非常に酷似して見えます。

恐らく、P7MBアイアンをベースとしたCollin Morikawaモデルということで、イニシャルのCMを付けたものと思います。

現時点では、タイガーウッズモデル(P7TW)のような発売の兆しはありません。

P770、P7MC、P7MB 2023アイアンの概要

モデル P770 P7MC P7MB
形状 中空構造 ツアーキャビティー マッスルバック
製法 鋳造
(フェースは鍛造)
鍛造 鍛造
素材 軟鉄8620
(フェースはクロモリ鋼)
軟鉄S25C 軟鉄S25C
特徴 飛距離寛容性打感、すべてを向上 精確な操作性寛容性を兼ね備えた 精確な操作性を追求

3機種のアイアンの素材・製法などをまとめました。

どのモデルも上級者向けのアイアンですが、形状の違いに表れている通り、P770 → P7MC → P7MBとなるにつれて、より上級者向けになっています。

素材・製法面では、P770アイアンのみフェースがクロモリで中空形状になっています。そして、中空内部にはスピードフォームAirが入っていてフィーリングを向上させています。

そのため、軟鉄のピュアで上質な打感を求められる方は、P7MCアイアンかP7MBアイアンという選択になります。

P770、P7MC、P7MB 2023アイアンの違いを比較

番手・ロフト角の違い

モデル P770 P7MC P7MB
#3 19.5 20 20
#4 22.5 23 23
#5 25.5 26 26
#6 29 30 30
#7 33 34 34
#8 37 38 38
#9 41 42.5 42.5
PW 46 47 47

3機種全てで、3~9番+PWというセッティングになっていまして、番手の種類に違いはありません。

ロフト角はP770アイアンのみ0.5~1.5°立っていますが、それでも7番で33°ですから、自分でしっかり飛距離が出せる方が扱う上級者向けのアイアンです。

P7MCアイアンとP7MBアイアンは、ロフト角の設定が全く同じとなっています。

なお、前作のP7MBアイアン(2020)はロフトが殆どの番手で1°立っていましたので、今回のリニューアルでは球の上がりやすさを持たせた形となっています。

弾道の違い

モデル P7TW P7MB P7MC P770 P790
鍛造
(中空)

(中空)
スピードフォーム
打ち出し 低~中 低~中 低~中
スピン量 低~中
飛距離性能 3.0 3.0 3.5 4.0 4.5
寛容性 1.5 1.5 2.0 3.0 4.0
操作性 5.0 5.0 5.0 4.0 3.5
*点数は5点満点評価

こちらは、現在のPシリーズアイアン全機種の特徴を、テーラーメイドのUSサイトで紹介されている内容を参考にしてまとめたものです。

軟鉄鍛造のP7TW、P7MB、P7MCは、操作性を重視したモデルで、寛容性が抑えられています。

中空構造のP770とP790は、飛距離性能と寛容性が備わっていますので、やさしさと飛びをどこまで取り入れるかで、自分に適したモデルが大凡定まります。

ネック形状の違い

※左からP770、P7MC、P7MB

こちらはネックの映像を並べたものです。右に行くにつれ、よりネックがストレートになっているのが良く分かります。

▼USテーラーメイドで公開されているオフセット値

モデル P770 P7MC P7MB
3番 3.3mm 2.9mm 1.9mm
7番 2.4mm 2.1mm 1.6mm
PW 1.6mm 1.5mm 1.4mm

なお、USのテーラーメイドではオフセットが公開されていまして、実際に数字でみても徐々にオフセットが抑えられています。

ソール形状の違い

※左からP770、P7MC、P7MB

こちらはソールを横から見た映像を並べたものです。中空、キャビティ、マッスルと形状の違いがある分、ソールとトップラインの厚さも違っています。

P770は、中空構造が採用されている分、細工のしやすさがあり、ソールにはスピードポケット、内部にはフィーリングを良くするスピードフォームAir、トゥ側にはビス状ウェイトが搭載されていて、寛容性・打感をプラスされています。

P770アイアンの特徴・スペック

特徴

前作と同様に軟鉄ボディにクロモリフェースを張り合わせた中空構造が採用されています。

主要なスペックにも大きな変更はなく、9番のロフト角のみ0.5°立たせてあるだけです。

スピードフォームAirが前作より3.5gの軽量化され、フェースも薄肉になっていて、正統進化しています。

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
#3 19.5 60.5 39
#4 22.5 61 38.5
#5 25.5 61.5 38
#6 29 62 37.5
#7 33 62.5 37
#8 37 63 36.5
#9 41 63.5 36
PW 46 64 35.75

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量 トルク 調子
Dynamic Gold EX Tour Issue S200 131g
New Diamana Thump 95 S 94g 1.9

P7MCアイアンの特徴・スペック

特徴

こちらも前作と同様の素材・形状で、軟鉄鍛造のツアーキャビティ形状が採用されています。

スペック面では、前作と同じロフト・ライ・長さのままで、変更は有りません。

球の上がりやすさを備えたとも言えますが、よりロフトピッチが自然になっていますので、番手間の飛距離が整ったと感じられる方が多いと思います。

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
#3 20 60.5 39
#4 23 61 38.5
#5 26 61.5 38
#6 30 62 37.5
#7 34 62.5 37
#8 38 63 36.5
#9 42.5 63.5 36
PW 47 64 35.75

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量 トルク 調子
Dynamic Gold EX Tour Issue S200 131g
New Diamana Thump 95 S 94g 1.9

P7MBアイアンの特徴・スペック

特徴

こちらも前作と同様の素材・形状で、軟鉄鍛造のマッスルバック形状が採用されています。

スペック面では、前作と比べてロフト角が概ね1°ストロングになっています。

これは飛距離性能を持たせたとも言えますが、ロフトピッチが上の番手に行くほど狭く、下の番手に行くほど広くなっていて、番手間の飛距離の違いが均等化されていると感じられる方が多いと思います。

なお、ロフト角・ライ角・長さの主要な3スペックは、P7MCとP7MBで同じ設定になっていますので、ほぼ寛容性の違いで選びやすくなっているのもポイントです。

クラブスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
#3 20 60.5 39
#4 23 61 38.5
#5 26 61.5 38
#6 30 62 37.5
#7 34 62.5 37
#8 38 63 36.5
#9 42.5 63.5 36
PW 47 64 35.75

シャフトスペック

シャフト フレックス 重量 トルク 調子
Dynamic Gold EX Tour Issue S200 131g

P770、P7MC、P7MB 2023アイアンの発売日・発売価格

P770、P7MC、P7MB 2023アイアンの発売日は、2023年1月20日です。発売価格は、モデル・シャフトにより以下の通りとなっています。

<P770アイアン 2023>

  • 6本セット (#5~PW)
    DG EX Tour Issue:¥184,800
    New Diamana Thump 95:¥191,400
  • 単品 (#3, #4)
    DG EX Tour Issue:¥30,800
    New Diamana Thump 95:¥31,900

<P7MCアイアン 2023>

  • 6本セット (#5~PW)
    DG EX Tour Issue:¥171,600
    New Diamana Thump 95:¥178,200
  • 単品 (#3, #4)
    DG EX Tour Issue:¥28,600
    New Diamana Thump 95:¥29,700

<P7MBアイアン 2023>

  • 6本セット (#5~PW)
    DG EX Tour Issue:¥171,600
  • 単品 (#3, #4)
    DG EX Tour Issue:¥28,600

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, テーラーメイド
-, ,

関連記事

M5ドライバーとM3ドライバーの違い

M5ドライバーとM3ドライバーの違いについて取り上げます。 テーラーメイド M5ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M5ドライバーはノーマルモデルとツアーモデル2 M …

ステルス2 HDドライバー 2023の試打・評価・感想

テーラーメイドの2023年モデル、ステルス2 HDドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 ステルス2 HDドライバー テーラーメイド公式ストア Amazon 楽天市場 フェ …

TW757 Vxアイアンの試打・評価・感想

ホンマの2022年モデル、TW757 Vxアイアンについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TW757 Vxアイアン Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次1 TW757 Vx …

ステルス2 フェアウェイウッドの最新情報・違いをまとめ!ステルス2 PLUS・ステルス2・ステルス2 HD

★2023-01-12更新:公式発表を受け記事の内容を全面更新しました。 テーラーメイドの2023年の新作「ステルス2」のフェアウェイウッドについて、最新情報をまとめます。 ステルス2 フェアウェイウ …

新・ゼクシオ アイアン(XXIO 6) 6代目の試打・評価・口コミ!スペック・シャフト

ダンロップのゼクシオから発売の新・ゼクシオ アイアン(XXIO 6)について、スペック・シャフト、そして、試打した評価・口コミを取り上げます。 XXIO 6(新・ゼクシオ)アイアン Amazon 楽天 …