当サイトは広告が含まれています

コブラのロフト角・ライ角の調整機能を徹底解説!エアロジェット・LTDx・RADSPEED・SPEEDZONEなど互換性は!?

飛距離が出るドライバー 調整機能 コブラ 2023年2月12日

コブラのエアロジェット・LTDx・RADSPEEDなどのドライバーに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能(可変スリーブ)について取り上げます。

なお、コブラの可変スリーブは、モデルによって互換が可能なため、互換性についても調査した内容を最後にまとめてあります。

コブラのロフト角・ライ角の調整機能とは?

コブラのロフト角・ライ角の調整機能は、筆者の記憶の限りでは、2014年のBiO CELLドライバーから8ポジションのものが採用されています。

それ以前は、2009年のZLドライバーに「アジャスタブル・フライト・テクノロジー」と呼ばれるフェース角を3段階に調整できるもの、2013年のAMP CELLドライバーに「マイフライ・テクノロジ」と呼ばれるロフト角・フェース角を6段階に調整できるものがありました。

なお、名称については、8ポジションのものは「マイフライ アジャスタブル ロフト」、「マイフライ 8アジャスタビリティ」など、搭載モデルにより異なるようです。

調整機能は、殆どのドライバーに搭載されていますが、有無を確認したい場合はネックかソールを見れば簡単に分かります。

ソール側にシャフトを締め付けているネジポートがあるか、ネック部分に現在の調整内容を示す文字表示があれば、調整機能が搭載されています。

コブラのロフト角・ライ角の調整内容(セッティング・パターン)を解説

コブラのロフト角・ライ角調整機能は、テーラーメイドやPINGなどと似たタイプで、可変スリーブと呼ばれるもので実現されています。

シャフトの先端に装着されている可変スリーブには、8つのポジションが用意されています。

シャフトを回転させて可変スリーブをヘッドに挿し込む向きを変えることで、ロフト角・ライ角の切替が可能となっています。

ロフト角・ライ角の調整内容(セッティング)

セッティング ロフト角 ライ角 ドロー設定
-1.5° -1.5° +1.3°
-1.0° -1.0° +0.6°
-1.0°D -1.0° +1.9° ドロー
STD ±0° ±0°
STD D ±0° +1.6° ドロー
+1.0° +1.0° +0.6°
+1.0°D +1.0° +1.9° ドロー
+1.5° +1.5° +1.3°

設定内容からは、少し分かり辛いところがあるかもしれませんが、基本的には求める弾道のニーズから考えると、チョイスするセッティングは決まってきます。

弾道を高くしたい場合はロフト角を上げます。打ち出しが高くなり、スピンが増え、キャリーが伸びやすくなります。反対に、弾道を低くしたい場合はロフト角を下げます。

球のつかまりを求める場合は、3つのDポジションがありますので、その中から選択します。

弾道の高さはそのままでドローにしたい場合は「STD D」、ハイドローにしたい場合は「+1.0D」、反対に低いドローにしたい場合は「-1.0D」です。

なお、基本的にSTD意外にするとライ角は増しますので、ヘッドのトゥが持ち上がる分、フェースが左を向き、つかまりが良くなります。

コブラのロフト角・ライ角の調整方法

調整は専用レンチを用いて行う

ロフト角・ライ角の調整の際は、専用レンチを用いて行います。

基本的にはドライバーを購入すればレンチが付属していますが、中古品や譲受け品などでお手元にない方は、楽天・Amazonなどで購入する等で入手してください。

なお、当記事執筆時点では、Amazonにて1,176円で出品されていました。

調整手順

  • 専用レンチをソール側から挿し込み、レンチを反時計回りに回して、ヘッドからシャフトを緩めます。
  • シャフトをヘッドから十分に引き離してから、シャフトを回転させ、ホーゼルウィンドウに希望のセッティングポジションを表示させます。
  • シャフトをヘッドに差し戻し、レンチを時計回りに回して、カチッと音がするまでネジを締めます。

コブラのロフト角・ライ角調整機能(8ポジション)の互換性について

コブラの可変スリーブは、モデルによって互換性があります。

公式サイトには互換に関する情報は見当たりませんでしたので、筆者の独自調査で互換性について以下にまとめました。

より正確な情報については、購入されるお店にて確認してみてください。

<8ポジションスリーブの互換性>

  • エアロジェット
  • LTDx
  • RADSPEED
  • SPEEDZONE
  • F9 SPEEDBACK
  • F8
  • F6
  • KING LTD
  • FLY-Z*
  • BIO CELL*
*FLY-Z、BIO CELLは、それ以降のシリーズとネジ穴の規格が異なる。

参考にした情報

コブラのスリーブの互換性について

現在F6純正シャフトを使っておりますが、スピードゾーンのヘッドとの互換性(スリーブ)はございますか?
どなたかお教えください。

当方ラッドスピードを使ってますが、スピードゾーンのスリーブは問題なく使用出来ます。ジーパーズのサイト見ても、F6以降のスリーブは全て互換あるような表示してあるので大丈夫だと思いますよ。

*引用:mycaddie.jp

[FLY-Z][BIO CELL]各ドライバーは、それ以降のモデル(KINGシリーズ)とネジ穴の規格が異なります。

→着脱には専用トルクレンチが必要になります。(ネジ穴が小さいため現行規格だと入りません。)

*引用:jypers

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, 調整機能, コブラ
-, , , ,

関連記事

TW757 Type-Dドライバーの試打・評価・感想

ホンマの2022年モデル、TW757 Type-Dドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 TW757 D-typeドライバー Amazon 楽天市場 ゴルフパートナー 目次 …

【最新版】軽いドライバー おすすめランキング2023!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

★更新:2023-01-28:2023年モデルを反映しました。 ドライバーを選ぶ際の重要なポイントの一つとして、クラブ重量が挙げられます。 ゴルフクラブは、ゴルファー個々人の身体能力に合ったクラブ重量 …

ガチで一押しのドライバー 2021【ゴルフ識者が厳選】タイプが異なる4機種を詳しく解説

ゴルフ識者が2021年いちおしドライバーを語り尽くす企画が、スポナビゴルフさんのyoutubeチャンネルにて行われました。 ゴルフライター、クラブフィッター、ティーチングプロの総勢5名が集まって、一押 …

初代ゼクシオドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2000年に発売されている初代ゼクシオドライバーについて取り上げます。 XXIO (ゼクシオ初代)ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 XXIO 初代 ド …

最近のドライバーはソールの溝がなくなっている!?

テーラーメイドのスピードポケットに代表されるソールの溝について、最近のドライバーでは採用されないモデルが出てきました。溝の役割や、各社の採用状況について調査しました。 目次1 ヘッドの溝の役割は?2 …