M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想


テーラーメイドから2018年10月に発売のM GLOIREドライバー。テーラーメイドユーザーの間では驚きと話題のモデルとなっています。その理由は・・・

MシリーズとGLOIREシリーズが融合!?

M GLOIREという名前を聞いて、「ん?誰向け?どっちなの?」と思ったかたと、純粋にワクワクされたかたがいると思います。名前から分かる通り、M1、M2、M3、M4などのMシリーズと、プレミアムのGLOIREシリーズの合体モデルということになります。

「楽しむ」「やさしさ」「美しさ」といった表現が使われていますので、バリバリのアスリートゴルファー向けではないのは伝わってきます。

クラブ重量が軽い

Mグローレドライバーの特徴を探る上で、一つ注目してもらいたい点がクラブ重量です。シャフトにもよりますが、M4が300g前後なのに対して、Mグローレドライバーは270~280gとかなり軽めに仕上げられています。

下の動画でも述べられているように、「日本のゴルファーのための・・・」ということで、体格面で欧米よりも劣るという点を意識したモデルと言えそうです。ゼクシオを意識したか?といった声も聞こえてきています。

そして、クラブの特徴として、重心角の大きさ、低重心、大きなMOIが謳われていますので、ヘッドスピードが遅く、球が上がりづらく、打点にブレがあるゴルファーが試してみたいモデルです。

ツイストフェースとハンマーヘッドは搭載されている!

Mシリーズと名がつくと、やはり気になるのはM3、M4から搭載された「ツイストフェース」と「ハンマーヘッド」です。M GLOIREドライバーでは、両者共に搭載されています。

M GLOIREドライバーを試打した評価と感想

(マーク金井)
重心アングルが大きく、打たなくてもつかまりの良さが分かる。フェースはFORGEDでお金が掛かっている。ヘッドが軽い。ヘッドスピードが速くない40m/s前後の日本のゴルファーに調度よい。スライスが出るゴルファー、ボールをしっかりつかまえたいゴルファー向け。

(みんなのゴルフダイジェスト)
球が非常に上がりやすい。打感は、しっかりつかまってくれる感が強い。ヘッドスピード42、43ぐらいまでのゴルファーが良い。前作よりつかまるようになってる。

(マイスター荒井)
打感がフォージドのフェースにボールが乗ってからの反発(がすごい)。

投稿者: ゴルフ

ゴルファーにとって飛距離は永遠のテーマ。ドライバーで飛距離アップを図りたいゴルファー向けに、おすすめのディスタンス系ドライバーを紹介します。