RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

プロギアから発売されているRSシリーズ。2018年モデルもRSドライバーとRS-Fドライバーの2タイプが用意されています。本記事ではこの2つのモデルについて、違いにフォーカスして取り上げます。

RSドライバーとRS-Fドライバーの違い

・RSドライバーとRS-Fドライバーは、ぎりぎりの反発性能という点では同じで、反発性能に差がある。
・RSドライバーは、やさしくつかまえたい、ドローで飛ばしたい、右のミスがイヤ、というゴルファー向け。
・新RS-Fドライバーは、つかまり過ぎを抑えたい、フェードで攻めたい、左に行くのがイヤ、というゴルファー向け。 

・RSドライバーは、前作よりも距離が伸びている。深い重心設計でドローが打ちやすい。
・RS-Fドライバーは、つかまりを抑える設計になっている。打感はやわらかい。

・RSドライバーの方は左右の慣性モーメントを高めて、RS-Fドライバーの方は上下の慣性モーメントを高めている。
・今回のモデルは、素材も含めてRSとRS-Fの違いがはっきり分かれた。RSがフルチタンで、RS-Fがカーボンクラウン。
・RSがとてもつかまるようになった。RS-Fはニュートラルな感覚。前作と比べるとRS-Fは意外と真っすぐ飛ぶ。
・前作と比べてミスに強くなっている。
・アスリートモデルとしては、もう少し難しい方が良い。

 

投稿者: ゴルフ

ゴルファーにとって飛距離は永遠のテーマ。ドライバーで飛距離アップを図りたいゴルファー向けに、おすすめのディスタンス系ドライバーを紹介します。