飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

距離・弾道測定器

ガーミン Approach S62を徹底解説!発売日・価格・特徴・評価まとめ

投稿日:2020年4月9日 更新日:

ゴルフ用の距離測定器・GPSナビとして人気のあるガーミンの最新機種、 Approach S62について、使い方・評価について取り上げます。

ガーミン Approach S62

ガーミン Approach S62は腕時計型のGPSゴルフナビです。2017年に発売されたApproach S60の後継モデルとなります。

GPSゴルフナビは、形状がスマホ型と腕時計の2つに大別されまして、腕時計型の方は腕に装着したままプレーできるため、ラウンド中にポケットやバッグから出し入れする手間が省けますので、お手軽に使えるのが最大の利点です。

それでは、ガーミン Approach S62の特徴を見ていきましょう。

【2020年】GPSゴルフナビ おすすめ機種3モデルを徹底紹介【人気モデルの特徴が分かる】

特徴① 操作がお手軽なフルカラータッチパネルを搭載

腕時計型のGPSゴルフナビは、色々なメーカーが発売していますが、ガーミン Approach S62は、フルカラー、そして、タッチパネルになっている点が優れているところです。

他メーカーのタッチパネルでないタイプは、横のボタンをカチカチと押して操作することになりますが、Approach S62はディスプレーを指で触って操作できますので、使い方も直感的で分かりやすくなっています。

特徴②

特徴② GPS機能によりゴルフ場・コースを自動的に検知してくれる

GPS機能が搭載されていますので、ゴルフモードを起動すると、現在地からゴルフ場・コースを自動的に検知してくれます。

特徴③ ラウンド中のショットを自動検知して記録!

▼ショット記録の説明(0:44)から再生されます

ガーミンオートショットにより、ショットを自動的に検知してくれます。

自動的にスコアが記録されていきますので、ラウンドに集中することができます。

特徴④ 風向きと風速も分かる

▼風向き・風速の説明部分(2:00)から再生されます

前作から新たに追加された機能の一つとして、風に関する情報を表示することができます。

ゴルフアプリとペアリングすることで、コースでの風向きと風速がApproach S62に表示されます。

さらに、バーチャルキャディにより、ユーザーのプレー傾向から風向き・風速を考慮して、推奨クラブ・推奨距離も表示されます。自然現象を加味してコース戦略を立てやすくなります。

特徴⑤ 見えないハザードの場所・距離が分かる

 

コースにあるハザードは、レイアウトによっては確認しにくかったり気付きにくい場合もあると思いますが、Approach S62はマップ上にハザードが表示され、距離も分かります。

ハザードまでの距離を踏まえながら、攻略方法や最適クラブの選択がしやすくなります。

特徴⑥ スマホアプリと連携して、ラウンド結果を見れる

Garmin Golfという専用アプリがありますので、Approach S62とスマホをペアリングすることで、ショットマップやスコアカードを見ながらラウンドを振り返ることができます。

▼ゴルフアプリの使用方法です。

特徴⑥ ゴルフ場コースデータが豊富

ガーミンがカバーするゴルフ場のコースデータは、世界41,000コース以上に及びます。日本国内については、2,721(4,710コース)をカバーしています。

特徴⑦ バッテリー稼働時間が更に長くなった

他メーカーではウォッチモードでも1日しか持たないものがありますが、ガーミン アプローチ S62は、ウォッチモードでの稼働が最大で14日間となっています。

ゴルフナビモードも最大20時間の稼働となっていて、前作よりも伸びていますので、より安心して使うことができます。

特徴⑧ ゴルフ以外も充実

Approach S62は、ゴルフだけのIT機器ではなく、水泳、ランニング、サイクリングなどのアクティビティの計測も可能となっています。

光学式心拍計も内蔵していますので、ランニング時の心拍計測や消費カロリーの把握も可能です。

そして、睡眠の情報や365日の健康サポートが可能になっていますので、ゴルフの時だけでなく日常的に活用することができます。

ガーミン Approach S62のスペック

ディスプレイサイズ 直径1.3インチ(33.02 mm)
解像度 260 x 260 ピクセル
スクリーン タッチスクリーン
本体サイズ 47 x 47 x 14.8 mm
重量 61g
バッテリー稼働時間 ゴルフモード:最大20時間
スマートウォッチモード:最大14日間
防水等級 5ATM
通信仕様 Bluetooth SMART、ANT+
内蔵メモリ・履歴 1 GB
コースデータ 全世界41,000コース以上

前作のApproach S60よりも、最大バッテリー性能が上がっています。時計モードで10日間、GPSモードで10時間でしたが、S62ではスマートウォッチモードで14日間、ゴルフモードで最長20時間となっています。

ゴルフモードで20時間と大幅に伸びましたので、長いラウンドでも十分安心して使えそうです。

ガーミン Approach S62の発売日・発売価格

ガーミン Approach S62の発売日は、2020年4月16日です。発売価格は定価62,000円(税別)です。前作のApproach S60は50,741円(税抜)でしたので、進化している分、お値段も税込みで約13,400円高くなっています。

当記事を執筆した時点での小売価格は、楽天では定価で出品がありました。amazonではまだ出品がありませんでした。

おすすめの「GPSゴルフナビ」

【2020年】GPSゴルフナビ おすすめ機種3モデルを徹底紹介【人気モデルの特徴が分かる】

GGQ イーグルビジョン watch ACEを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ガーミン Approach S40を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ ノルム徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-距離・弾道測定器
-,

関連記事

ゴルフレーザー距離計と腕時計型GPSゴルフナビのメリット・デメリットを徹底比較【おすすめポイント・違いを解説】

ゴルフの距離測定器は、ゴルフレーザー距離計と腕時計型GPSゴルフナビの2種類が人気となっています。 この2種類について、どちらを選ぶべきか、それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説していきます。 目 …

G-LABO(ジーラボ)ゴルフレーザー距離計を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離計測器「G-LABO(ジーラボ)ゴルフレーザー距離計」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 G-LABO ジーラボ ゴルフレーザー距離計 GDOで探す 楽天市場で探す Amazo …

ガーミン Approach S40を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離測定器・GPSナビとして人気のあるガーミン Approach S40について、使い方・特徴・評価について取り上げます。 ガーミン Approach S40 GDOで探す 楽天市場で探す …

1万円台で買えるゴルフ レーザー距離計!おすすめランキング

ゴルフ用の距離測定器は、色々なタイプのものがあり、かなり普及が進んでいます。 GPSを利用したゴルフナビも、腕時計型やPDA型などがあり人気がありますが、その場で色々なものを実測できるレーザー距離計は …

FineCaddie ファインキャディ J100を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計でファインデジタルから発売のFineCaddie ファインキャディ J100について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 FineCaddie ファインキャディ J100 GD …