飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー ランキング

ロフト角調整機能がある軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

投稿日:2020年6月4日 更新日:

ドライバーの振りやすさを求めて、軽いドライバーが一定のゴルファーの間で人気となっています。

ゴルフクラブの製造開発面に目を向けても、技術と素材の進化が進み、一昔前では考えられなかったほどの軽量化が実現されています。

本記事では、軽量ながらもロフト角の調整機能が付いたドライバーについて、おすすめモデルをランキング形式で紹介します。

なお、ランキングは2020年版としまして、当記事執筆時点でメーカーの公式サイトに掲載されているモデルを対象としています。そのため、数年前に発売のモデルもランキングに含まれています。

第1位 タイトリスト TS1ドライバー(クラブ重量:266g)

タイトリストのTSシリーズから発売のTS1ドライバーは、シャフトがDiamanaとAiRスピーダーの2種類から選ぶことができます。

AiRスピーダーを選択することで、最軽量のR2スペックではクラブ重量が266gという驚きの軽さです。

シニア向け並みの軽さになりますので、ヘッドスピードが遅めの方、体力が落ちてきた方で、「外観がこてこてのシニアモデルは避けたい」という方にもおすすめのモデルです。

TS1ドライバーの試打・評価・感想

第2位 PING G400MAXドライバー(クラブ重量:283g)

PINGのG400シリーズから発売の460ccヘッドのドライバーです。G400MAXドライバーのヒットがきっかけで、「MAX」という名称が他メーカーでも使われるようになったとも言われています。

クラブ重量は公式サイトでも紹介されているALTA DISTANZAを装着したモデルで283gです。

先程のTS1ドライバーと比べるとやや重量が増してしまいますが、調整機能が付いて280g前半ですので、貴重なモデルです。

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

第3位 テーラーメイド グローレF2ドライバー(クラブ重量:284g)

シニアアスリートやアクティブなレディースゴルファーに人気のグローレFシリーズのドライバーです。

標準シャフトのRスペックで284gの軽さです。男子シニアプロ・女子プロの使用率が高かったモデルのため、アクティブなゴルファーに使い応えもあるドライバーです。

まだまだ攻めのゴルフをしたいが、少し軽めで調整機能付きを使いたいという方におすすめのドライバーです。

グローレF2ドライバーの試打・評価・感想

第4位 本間ゴルフ ツアーワールド XP1ドライバー(クラブ重量:285g)

本間ゴルフのツアーワールドから発売のXP-1ドライバー。ツアーワールドはアスリート向けのラインですが、XP-1はヘッドスピード33~43m/sぐらいのゴルファーをターゲットとしたやさしいドライバーです。

本間ゴルフの特徴として、ノン・ローテーティング・システムというシャフトの脱着・回転が不要なロフト角の調整機能となっていますので、スパインやシャフトのデザイン、グリップの向きを変えることなく調整できるのが特徴です。

本間ゴルフ ツアーワールド XP-1 ドライバーの試打・評価・感想

第5位 キャロウェイ MAVRIK MAXドライバー(クラブ重量:287g)

キャロウェイのMAVRIKシリーズから発売のMAXモデルです。クラブ重量は287gです。

MAVRIKの実質上の前作と言われているROGUEでは、スターモデルにロフト角の調整機能が搭載されていませんでしたが、MAVRIK MAXドライバーにはしっかり搭載されています。

キャロウェイの調整機能は、可変スリーブではなく調整リングを使ったものとなりますので、シャフトの回転が伴わず、さらに、ロフト角とライ角を個別に調整できますので、調整の自由度が高い点が特徴です。

MAVRIK MAXドライバーの試打・評価・感想

まとめ

調整機能が付いたドライバーで軽量なモデルをテーマに、おすすめモデルをランキング形式で紹介しました。

調整機能そのものが重量増の要因となってしまうため、軽量化を狙ったドライバーでは調整機能が未搭載となることが多いという事情があります。

その中で、タイトリストのTS1ドライバーはかなりの軽量化がなされていますので、貴重なモデルです。

軽いドライバーの弊害は?メリットとデメリットを徹底解説!

「おすすめドライバー」関連の記事

軽いドライバー おすすめランキング2020!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

シニア向けドライバー 2020年 おすすめランキング

軽いドライバー おすすめランキング2019!ヘッドスピードが遅いゴルファー必見

飛距離が出るドライバー 2020年 おすすめランキング

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, ランキング
-, , , , ,

関連記事

G425 MAX・LST・SFTドライバーの最新情報まとめ

★2020/09/01追記:PINGの公式動画を追加しました。 ★2020/08/20追記:鈴木愛、比嘉真美子の移行情報を追記しました。 PINGの2020年のG425ドライバーについて、最新情報をま …

M5ドライバーの試打・評価・感想

テーラーメイドから発売のM5ドライバー。スピードインジェクションにより最大反発を持った注目のドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 テーラーメイド M5 ドライバー GDO …

外ブラの軽いドライバー 2020年 おすすめランキング【軽くてカッコいい海外メーカー】

★2020・07・23追記 MAVRIK MAX FASTドライバーを追加掲載しました。 ドライバーの大型化が進むと同時に、素材の研究開発も進み、軽量化のテクノロジーも進化しています。 そして、ゴルフ …

G425 MAX・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角、ウェイト調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

PINGから2020年モデルとして発売のG425シリーズのドライバーについて、ロフト角・ライ角、ウェイトの2種類の調整機能について解説します。 MAX・LST・SFTのモデルにより、調整機能の搭載状況 …

ヤマハ 歴代RMXドライバーを一挙紹介!初代は2012年のインプレスX RMX

ヤマハから発売の「RMXシリーズ」は、ヤマハの契約プロによりツアーで使用されていて、ヘッドとシャフトが別々に購入できることでも人気のモデルです。 これまで発売されているRMXシリーズのドライバーについ …