飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

距離・弾道測定器

GOLFBUDDY ゴルフバディ aim L10を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

投稿日:2020年12月22日 更新日:

ゴルフ用のレーザー距離計で小型で注目の「GOLFBUDDY aim L10」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。

GOLFBUDDY aim L10の特徴

OLFBUDDY(ゴルフバディ)は、小型の音声ゴルフナビ、腕時計型のGPSゴルフナビなど、レーザー距離計以外にも幅広くゴルフ系の距離計測器があります。

GOLFBUDDY aim L10は、レーザー距離計の中ではコンパクトなサイズで、機能的にも充実していて価格が安く抑えられています。

≫ 【2020年】ゴルフ レーザー距離計 おすすめ7種をランキングで紹介!失敗しない選び方も徹底解説

それでは、GOLFBUDDY aim L10について、機能面・操作面の特徴を見ていきましょう。

特徴① 最大計測距離は880ヤード

レーザー距離計を選ぶ際に、まずしたいスペックが最大測定距離です。ゴルフはかなり遠くまでを測定しますので、一般的なレーザー距離計よりも遠くまで測定できるものが求められます。

GOLFBUDDY aim L10は、最大測定距離が880ヤード(800メートル)です。レーザー距離計の中には、500ヤードぐらいのものもありますので、880ヤードはかなりハイスペックな部類に入ります。

ちなみに、日本人選手で一番飛ぶと言われている松山英樹プロの場合、2020年のドライバー平均飛距離は297.3ヤードです。

尚、測定精度は±1ヤードですので、こちらも十分なスペックとなっています。

特徴② サイズが超コンパクトで日本人が使いやすい

▼クレジットカードとのサイズ比較です。

出典:amazon.co.jp

サイズは、縦・横・高さが93.3×72×36mmで超コンパクトサイズです。当サイトではレーザー距離計を数多く取り上げていますが、筆者が知る限りで3番目の小ささです(当記事執筆時点)。

≫ 小型・ミニサイズのゴルフ レーザー距離計!おすすめランキング!

海外メーカーのものは、日本人の手のサイズでは大き過ぎるものがありますが、GOLFBUDDY aim L10はとても小さくて軽量なので、ラウンド中でも扱いやすく、持ち運びも楽です。

出典:amazon.co.jp

収納ケースも付属していますが、スマホよりも小さいので、直にポケットに入れて使うのがおすすめです。

特徴③ ピンファインダーを含む3つの測定モードを搭載

出典:マニュアル

測定モードは、一般モード・スキャンモード・ピンモードの3種類あります。モードの切り替えも、黒いモードボタンを押すだけで切り替えられますので、使い分けも簡単です。

スキャンモードでは、連続10秒間、計測してくれます。手前のバンカー、奥の池など、ターゲット周辺の複数の箇所を把握したい場合に、とても役立ちます。

ピンモードでは、ピンフラッグを捉える時に役立ちます。フラッグの後ろに林などの背景があると、ピンを捉えるのが難しいことがありますが、ピンモードを使うと2つの事物の内、近い方の距離を測定してくれますので、ピンまでの測定がとても楽になります。

特徴④ 測定完了をバイブレーションで知らせてくれる

▼バイブレーションの様子(0:15頃から再生)を見ることができます。

測定が行われると、バイブレーションにより知らせてくれます。

ピンモードでは近い方の距離を測定しますので、バイブレーションにより知らせてくれることで、対象を捉えられたことが分かり、地味ですがとても使い勝ってを良くしてくれる機能です。

特徴⑤ スロープモード(高低差)を搭載

出典:golfbuddy.jp

GOLFBUDDY aim L10は、スロープモードも搭載しています。打ち上げ、打ち下ろしの時に、高低差を加味した狙うべき目安距離が案内されます。

日本のゴルフ場は海外と比べると特に高低差のあるコースが多いので、スロープ機能は是非使ってもらいたい機能です。

出典:golfbuddy.jp

なお、スロープ機能については、本体のスイッチによりON・OFFの切り替えが可能となっています。

公式競技に参加される方で、高低差機能があると使えないという場合、スイッチをOFFにすることで対応することができます。

※大会によって使用可・不可は異なりますので、確認してみて下さい。

特徴⑥ 電源は電池式

▼英語ですが電池の出し入れの動画です。

GOLFBUDDY aim L10の電源はCR2 リチウム電池です。レーザー距離計は充電式と電池式があり、好みが分かれます。

筆者の好みとしては、充電式は充電をし忘れる心配がありますが、電池式は予備電池を持っておけば対応できますので、電池式の方が気が楽です。

GOLFBUDDY aim L10の使用者による感想・評価

音声付バージョンのGOLFBUDDY aim L10Vの方の紹介動画ですが、その他の機能は参考になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

チャーリー(@charlie_kikuyama)がシェアした投稿

小さくて持ちやすく、なにより精度や早さなど、とても良いです。

引用:rakuten.co.jp
  • 友人がブッシュネルのZ6を購入したのでそれとの比較です。
    サイズ、重量ともにGOLFBUDDY aim L10の方が小型で優れています。特に重量は80gの差(1.5倍以上)があるので、持った感じは相当違います。
  • 3つの測定モードの中ではピンモードが使いやすいのでお勧めです。本体はポケットの中に入る大きさと軽さなので、ズボンの左ポケットに入れてラウンドしました。
  • 計測終了をバイブレーションで知らせますが、結構はっきり振動してくれるのでわかりやすい。
  • サイズが小さくて軽量!以前にブッシュネルV4を使用していたんですが、aimL10のほうがピンを捉えやすくヤード表示も大きくて見やすく、バイブレーションがはっきりしていてわかりやすいです。
引用:amazon.co.jp

GOLFBUDDY aim L10のスペック

計測範囲 約880ヤード
高低差計測 〇(直線距離、打つべき距離)
大きさ 93.3×72×36mm
重量 約147g
測定単位 メートル、ヤード
手ブレ制御
バイブレーション通知
電源 電池式
防水 耐水
保証期間 2年

GOLFBUDDY aim L10は、ピンファインダー、スロープ機能、バイブレーション通知など、一通りの機能が搭載されていますので、使用上、不足に感じる機能は特にないと思います。

何よりコンパクト設計な点は大きな魅力の一つです。ポケットに入れたままプレーできてしまう点、そして、日本人の手にも扱いやすい点は、大きなメリットです。

価格もamazonで2万円以下で購入できるようですので、コスパもとても優れています。

GOLFBUDDY aim L10の発売価格

GOLFBUDDY aim L10の当記事を執筆した時点での小売価格は、アマゾンでは17,900円、楽天では29,000円でしたので、アマゾンの方がかなりお得に購入できるようです。

【2021年】ゴルフ レーザー距離計 おすすめ11種をランキングで比較・紹介!失敗しない選び方も徹底解説

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-距離・弾道測定器
-

関連記事

GOLFBUDDY ゴルフバディ GB LASER liteを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計で小型で注目の「GOLFBUDDY GB LASER lite」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 GOLFBUDDY ゴルフバディ GB レーザー lite Ama …

ショットナビ W1 Evolveを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の腕時計型GPSゴルフナビで注目の「ショットナビ W1 Evolve」について、使い方・評価について取り上げます。 ShotNavi(ショットナビ) W1 Evolve Amazonで探す 楽 …

ショットナビ レーザー スナイパー X1 Fitを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

▼後継機種のレーザー スナイパー X1 Fit2 1000については、下記記事をご覧下さい。 ショットナビ レーザー スナイパー X1 Fit2 1000を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ ゴルフ用 …

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離測定器・GPSナビを取り扱うグリーンオンから、ザ・ゴルフウォッチ A1-Ⅱが発売となりました。従来のA1から新たに生まれ変わったA1-Ⅱについて、使い方・特徴・評価を取り上げます。 ザ・ …

1万円台で買えるゴルフ レーザー距離計!おすすめランキング

ゴルフ用の距離測定器は、色々なタイプのものがあり、かなり普及が進んでいます。 GPSを利用したゴルフナビも、腕時計型やPDA型などがあり人気がありますが、その場で色々なものを実測できるレーザー距離計は …