月別アーカイブ: 2019年1月

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

PINGから2019年モデルとして発売のG410ドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G410ドライバーは2種類ある!

G410ドライバーは調整機能が新たに搭載されたPLUSドライバーと、ドローバイアス仕様のSFTドライバーの2種類が発売されています。本記事では調整機能付きのPLUSドライバーを取り上げます。

G410ドライバーの試打と感想–みんなのゴルフダイジェスト

・一番のポイントは、可変式のウェイトが搭載されている。スライド式ではなく、3か所に変更できる

・ヘッドの大きさは455ccで、G400MAXとほぼ同じ大きさ。構えてみると、そんなに大きさは感じない。

・ネックにロフトとライの調整機能が搭載されていて、今作では1.5°まで変更できるようになった。(前作は1°)

・PINGの良さである直進性の良さ、ブレの幅が少ない点は、さらに進化している。

・ヘッドスピードが速くて左に巻き込んでしまう人はフェードポジション、右にすっぽ抜ける人はドローポジションにできるため、ヘッドスピードが速くても遅くても対応できるヘッドになっている。

G410 SFTドライバーの調整ウェイトは、3つのポジションに設置できる

今回、新たに搭載されたウェイト調整機能は、テーラーメイドのM5ドライバーやキャロウェイのEPICFLASHのようなレール式ではなく、レンチで完全に取り外して、予め用意されている3つのポジションに付け直す形での調整となります。

G410 PLUSドライバーの試打–GOLF DESIGN

・芯に当たった時は当然飛ぶし安定しているが、芯を外しても曲がらない点が進化している。

・打感はPINGユーザーGドライバーとG400ドライバーの間ぐらいで、G400MAXドライバーに似ている。カチンと初速速い感じもするし、喰い付く打感の柔らかい感じもある。

・ウェイトはレンチで完全に外せ、3か所のポジションに変えられる。スライドさせるわけではない。

・ネックの部分は、ロフトとライの調整が可能になっている。

・G400が良いドライバーだが、新たにウェイト、ライの調整機能が搭載され、最高のドライバーに仕上げられる。

G410 PLUSドライバーの標準シャフト

メーカーの公式サイトに紹介されている標準シャフトは、以下の7種となります。最も標準的というか、所謂オリジナルカーボンというのは、ALTA J CB REDがそれにあたるようです。

  • ALTA J CB RED R/SR/S/X
  • PING TOUR 173-65 R/S/X
  • PING TOUR 173-75 R/S/X
  • ALTA DISTANZA -
  • The ATTAS 5S/6S
  • Speeder EVOLUTION V 569S/661S
  • TENSEI CK Pro Orange 60S/70S

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 ヘッドカバー

G410 PLUSドライバーの付属品1、専用 レンチ

今回からロフトだけでなく、ライ角の調整機能も搭載されています。調整幅は、ロフトが±1度、 ± 1.5度、ライ角がスタンダード・フラットとなっています。なお、G400のホーゼルスリーブとの互換性はないとのことです。

G410に関連するおすすめ記事

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGから発売のG410ドライバーについて、前作のG400ドライバーとの違いを取り上げます。

G410ドライバーは2種類、G400ドライバーは4種類ある!

今作のニューモデルであるG410ドライバーは、ウェイト調整機能が付いたG410 PLUSドライバーとドローバイアス設計のG410 SFTドライバーの2種類となっています。

一方、前作のG400ドライバーは、G400ドライバーのスタンダードモデル、SFTモデル、LSTモデル、そして、G400MAXドライバーの4種類となっています。

当記事では、G410PLUSドライバーとG400MAXドライバーを取り上げます。

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410とG400ドライバーの違いその1、ウェイト調整機能

G410とG400の違いとして最も特徴的なのは、G410PLUSドライバーに、ウェイト調整機能が搭載された点です。

センター、ドロー、フェードと3か所にウェイトを移動できますので、自分のスイングを変えずに弾道を調整できることが、今作のG410PLUSのセールスポイントとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその2、ヘッドサイズがやや小ぶりになっている!

G400MAXドライバーのヘッド体積は最大サイズの460ccですが、今作のG410PLUSドライバーのヘッドは455ccとほんのわずかに小ぶりになっています。

ちなみに、G410 SFTドライバーも455cc、そして、G400のスタンダード、SFT、LSTは445ccと更に小ぶりのヘッドとなっています。MAX以外はやや小ぶりですので、操作性も求めるゴルファーに適したモデルとなっています。

G410とG400ドライバーの違いその3、ホーゼルの調整機能

両モデル共、ホーゼルに角度の調整機能が付いていますが、若干の違いがあります。G410PLUSドライバーは、ロフトが±1度・±1.5度、ライ角はスタンダード・フラットの調整が可能です。一方、G400MAXドライバーは、ロフト角のみロフトが±0.6度・±1度の調整が可能となっています。

G410とG400ドライバーの共通点

ここまで違いについて取り上げましたが、共通点についても取り上げます。

クラブ重量は、ほぼ同じ!

クラブ重量については、シャフトにより変わってきますので、ALTA J CB(R)を装着したもので比較します。G410PLUSドライバーは293g、G400MAXドライバーは295gと約2gの違いとなっていますので、大きな違いはないと言って良いでしょう。

ホーゼルに調整機能が付いている

ホーゼルの調整機能については、違いでも挙げている通り、G410PLUSはライ角の調整器も可能という点が異なっていますが、両モデル共、ロフト角の調整は行うことができますので、打ち出しの高高さは、調整の範囲で変更することができます。

G410ドライバーに関する記事

PING G410ドライバーの発売日が決定!

 

M6ドライバーとM5ドライバーの違い

テーラーメイドのMシリーズから発売されている注目のドライバー、M5ドライバー、M6ドライバー。どちらを選択するか悩むゴルファーも少なくない中、両モデルの違いについて取り上げます。

M5ドライバーとM6ドライバー

2019年のMシリーズの発売について、まずM5ドライバーはヘッドサイズが異なるM5ドライバーとM5ツアードライバーの2種類が発売されています。

M6ドライバーは、USモデルでM6 D-TYPEドライバーが発売されていますが、日本ではM6ドライバー1種類となっています。

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

M5とM6の違い1、調整機能の有無が違う!

前作のM3、M4の関係と同じく、アスリート向けと言われるM5ドライバーではソールにウェイトを移動できる「リバースTトラック・システム」と呼ばれる調整機能が搭載されています。ウェイトを移動させることで、ドロー・フェード、スピン量の調整が行えます。

対して、M6ドライバーは調整機能がありません。これは自由度が無いというより、オートマチック性が高い、つまり、クラブの方が仕事をしてくれるとも言えます。

浅重心・深重心とドライバーの飛距離との関係

弾道調整については、カチャカチャと動かしてフィットさせられる人もいれば、自分の弾道とスイングを見失ってしまうケースもあります。

M5とM6の違い2、M6ドライバーは超低重心・超深重心!

下の画像は前作のM4ドライバーとM6ドライバーを比べてみたもので、左がM4ドライバー、右がM6ドライバーです。M6ドライバーでは、クラウンのシルバーのエリアが狭くなり、ブラックのカーボンエリアが増えているのが確認できます。

今回のM6ドライバーの特徴として、カーボン素材によりヘッドの軽量化が進み、余剰重量の創出にかなり成功しています。

そして、余剰重量はソール後方のM6ロゴのバッジ部分に46g寄せられています。他メーカーのウェイト調整ネジと比べると数倍の重量比がありますので、かなり思い切って低重心化・深重心化していることがわかります。

M6ドライバーは、深重心によりミスの許容性が高まり、やさしいドライバーになっています。

M5とM6の違い3、クラブ重量が約10g違う!

クラブ重量については、シャフトで大きく変わりますので、ゴルファーの選択により重量差は開きがあります。両モデルで純正シャフトを装着したモデルで比較すると、同じSRで約9グラムの差があります。

<標準シャフト装着時のクラブ重量>

  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (S) 299g
  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (SR) 297g
  • M6ドライバー FUBUKI TM5 2019 (R) 295g
  • M5ドライバー KUROKAGE TM5 2019 (R) 308g
  • M5ドライバー KUROKAGE TM5 2019 (SR) 306g

M5とM6の違い4、M6ドライバーはつかまりが良い!

試打したゴルフ関係者の話を総合すると、M6ドライバーは前作のM4ドライバーと比べて、つかまりが良くなっていると感じる人が多いようです。

スライスに悩んでいる方、M5のウェイト調整機能に興味を抱くと思いますが、今回のM6ドライバーはつかまりがぐっと良くなっているとのことなので、試打してみて感じてみることをお勧めします。

M5とM6の共通点!基本的な搭載機能はほぼ同じ!

M5、M6の違いの一つとして、ウェイト調整機能の有無を上げましたが、それ以外のM5、M6に代表されるテクノロジーは両者にしっかり搭載されています。

  • スピードインジェクション
  • ツイストフェース
  • ハンマーヘッド
  • ロフト角調整機能

M5ドライバー、M6ドライバーに関する記事

M6ドライバーの 試打・評価・感想

M5ドライバーの試打・評価・感想

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

M6ドライバーの評価・くちこみをまとめました

 

M6 D-TYPEドライバーを詳細解説・ヘッド内部動画あり!

テーラーメイドの2019年のニューモデルの内、M6 D-TYPEドライバーについて取り上げます。

M6ドライバーは2種類ある!

テーラーメイドのM6ドライバーは、M6ドライバーとM6 D-TYPEドライバーの2種類あります。

ただし、日本発売モデルに関して言えば、M6は、M6ドライバーのみで、M6 D-TYPEドライバーは取り扱いがありません。何故、ドローモデルを発売しないのかは不明ですが、M4と同じく、D-TYPEの日本発売は見送られています。

M6 D-TYPEはドローバイアス仕様のドライバー

M4では外観からドローバイアス仕様であることが分かりました。

左がM4ドライバーで、右がM4 D-TYPEドライバーです。ドローモデルではソール後方のシルバーのネジがヒール寄りにあるのが分かります。

今回のM6 D-TYPEはソールのヒール寄りにD-TYPEと書かれているのみで、ぱっとみ違いが分かり難いですが、しっかりドロー設定になっています。

M6 D-TYPEのヘッド内部動画

こちらがM6 D-TYPEのヘッド内部の動画です。0:18ぐらいからD-TYPEと書かれた部分の説明が始まり、ドローバイアスデザインでヒール寄りに重心を寄せていることが分かります。

重心がヒール寄りに設定されていると、重心距離が短くなり、ボールのつかまりがよくなりスライスが出にくくなります。これが基本的なドローモデルと言われるクラブの設計で、詳しい説明は重心位置の話になりますので下記記事をご覧ください。

ヘッドの重心距離とドライバーの飛距離との関係

M6 D-TYPEはスライスに悩むゴルファーにおすすめ!

M6 D-TYPEドライバーは、つかまりが良くなるドローバイアス設計となっていますので、スライスに悩むゴルファーにおすすめです。ただし、M6 D-TYPEドライバーを手にする際には若干の留意点があります。

M6 D-TYPEドライバーのクラウン

前作と比べて前方のシルバーのエリアが薄く・狭くなっています。後ろの黒いカーボンエリアが増えていて、ヘッドの軽量化が進んでいることが分かります。

M6 D-TYPEドライバーのフェースには二つの赤い穴がある

こちらのフェースの2つの穴は、製造工程上の事情からあけられたもので、使用者が調整などで使うものではありません。こちらの動画を見ると分かりやすいのですが、2つの穴はレジンというジェルを注入ためのものです。

M5、M6のヘッドは、一度、ルール適用外の高反発で製造されます。その後、ジェルを注入することで、反発性能をルール限界点に合わせる作業が行われます。ルールギリギリではなく、ルール限界の反発性能を持つドライバーということになります。

ツイストフェース・ハンマーヘッドも搭載されている

前作のM3、M4で新たに搭載されたツイストフェースとハンマーヘッド。M6 D-TYPEドライバーでも搭載されていますので、自分のスイングではなく、クラブの方で弾道を真っすぐにして欲しいとうゴルファー、特にスライサーには、ツイストフェースで弾道の戻し、ハンマーヘッドでミスの許容性、D-TYPEで抜群のつかまりが発揮され、心強いクラブとなります。

M6 D-TYPEドライバーのスペック

ヘッドサイズはルール限界の460ccあり、スペック設定はノーマルのM6ドライバーと同じとなっています。ただし、下記項目に表れない重心設計については、ヒール寄りに設定されていますので、重心点はドロー仕様で異なります。

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56~60°
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

M6 D-TYPEドライバーのオリジナルシャフト、PROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45

オリジナルシャフトはPROJECT X EVENFLOW MAX CARRY 45となります。なお、これはM6 D-TYPEやテーラーメイドだけではないのですが、USモデルのシャフトは日本シャフトより硬いと言われています。日本でSを使っているゴルファーがUSモデルでRを選んでも、それでも若干硬いと感じるとう声も良く聞かれますので、シャフトのフレックスは日本と同じものを選択しないように注意しましょう。

M6 D-TYPEドライバーを入手するさいにの留意点、気を付けたい点!

冒頭で触れました通り、M6 D-TYPEドライバーは日本モデルとしての用意がありません。そのため、USモデルを取り扱いしているショップから入手する形になります。とはいってもそれほど難しいわけではなく、ご自分でUSサイトから購入するといったことも不要です。

USモデルを専用に取り扱っているゴルフショップもありますし、中古ゴルフショップでも取り扱われます。中古ゴルフショップというと、「私は新品しか買わない」と敬遠される方もいるかと思いますが、新品も普通に取り扱っていますし、保証書もあります。また、USモデルといったややレア扱いのものも積極的に取り扱うお店も多くあります。

〇M6 D-TYPEドライバーの付属品

M6ドライバーに関する記事

M6ドライバーの 試打・評価・感想

PING G410ドライバーの発売日が決定!

PINGの日本サイトでも遂にG410ドライバーの掲載が始まりました。動画もアップされ、発売日についても発表されています。

日本でもG410ドライバーの発売は2種類

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

米国での発売については、前の記事で全容を紹介しました。日本のPINGでのG410の発表はタイムラグがありましたので、あくまで米国情報として紹介しました。

現在は、日本サイトでもG410が掲載されています。そして、日本発売モデルは、米国と同じく、G410PLUSドライバーとG410SFTドライバーの2種類となります。

G410PLUSドライバーとG410SFTドライバーの違い

両モデルについて、PING日本サイトでの説明を見てみましょう。

  • G410 PLUSドライバー
    「弾道調整機能搭載で、さらにブレないPLUS」
  • G410 SFTドライバー
    「さらにヒール寄りの重心設計で、最もつかまるSFT」

両モデルの住み分けとしては、弾道を調整したいゴルファーはPLUSスライスに悩むゴルファー、右へのミスを減らしたいゴルファーはSFTということになります。

G410ドライバー/PLUSドライバーの発売日が決定

G410の発売日ですが、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンまでの全てのモデルが同日発売で、2019年3月21日(木)となります。

G410ドライバーの公式PR動画

こちらがG410ドライバーのプロモーション動画です。G410 PLUSドライバーに搭載されているウェイト調整機能について詳しく説明されています。

また、G410SFTモデルについても、ドロー設計タイプとしての紹介がなされています。

G410 PLUSドライバーのプロによる試打の評価と感想まとめ

鈴木愛プロ
・キャリーがものすごい出ている。
・球も楽に上がるし、安心して振れる。
・シャフトは硬すぎず柔らかすぎず、このままでよい。かなりつかまりも良い。
・(前作のG400と打ち比べて)方向性も抑えられるので、ミスする方にもおすすめ。
・弾道調整機能は、調整したままの球が出て、機能性が高い。
・スイングをいじりたくないので、クラブで調整できるのはありがたい。
・
比嘉真美子プロ
・力強い球筋が出る。
・打った時の音のイメージは「バシューーーン」。
・初速も速くて、良いドライバーに仕上がっている。
・ミスショットに強く、操作性も良い。

G410 SFTドライバーのプロによる試打の評価と感想まとめ

鈴木愛プロ
・このヘッドを使うとつかまりが良いので、スライサーの方におすすめ。
・構えた感じ、つかまりそう。
・方向性も良いし、飛距離も出ている。
比嘉真美子プロ
・ちゃんと左につかまってくれる。
・飛距離を出したい方に良いクラブだと思う。

G410ドライバーに関する記事

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

PING G410/G410 PLUS ドライバーの最新情報を集めました!