飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 月別アーカイブ:2021年05月 」 一覧

フィル・ミケルソンの全米プロ優勝時のクラブセッティング

フィル・ミケルソンが2021年の全米プロで久しぶりのメジャー勝利を収めました。

50歳を超えてのメジャー制覇は史上初の快挙で、全米が沸きに沸いています。

本記事では、メジャー優勝を勝ち取ったフィル・ミケルソンの最新クラブセッティングについて取り上げます。

フィル・ミケルソンの全米プロ 2021の優勝は、史上初の50代でのメジャー制覇

アメリカではタイガー・ウッズと並ぶ人気を誇るフィル・ミケルソン。ゴルフ界では珍しいレフティーで、191cmの高身長から背中を丸めたスイングが印象的です。

フィル・ミケルソンは、2021年の全米プロの時点で51歳まであと1ヶ月僅か。これまでのメジャー優勝者の最高齢はジュリア・ボロスの48歳(1968年)でしたので、今回の優勝で最年長優勝記録を53年振りに塗り替えました。

50歳を過ぎても300ヤード以上飛ばし、同組のケプカを上回る飛距離を見せる場面もありました。

▼最終ホールでの観客の興奮が凄い

最終日最終ホール、第2打でグリーンを捉え、グリーンに向かって歩いて行く時は、まだホールアウトしてないにも関わらず観客に囲まれていて、フィル・ミケルソンのアメリカでの人気っぷりが分かります。

コロナ禍ということで、観客の興奮と喜びも一入だったのでしょう。

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝ドライバー

キャロウェイ EPIC SPEEDドライバー(5.25度)

EPIC SPEEDドライバーは市販されているモデルですが、フィル・ミケルソンのモデルは特別な使用です。ロフト角はほぼ絶壁の5.25°、長さは47.5インチから47.9インチに長尺化をさらに進めています。

飛距離を出すには「高弾道」・「低スピン」が主流ですが、絶壁ロフトで球の強さ、長尺でスイングスピードと打ち出し角を上げるというわが道を行くスタイルです。

スペック

  • ロフト角:5.25°
  • シャフト:VENTUS BK
  • 長さ:47.9インチ
  • フレックス:X

EPIC SPEEDドライバー 2021の試打・評価・感想

テーラーメイド Original Oneミニドライバー(11.5度)

通常、ドライバーは1本ですが、フィル・ミケルソンは違います。

過去にもドローで飛距離を出せるもの、短尺でフェードが打てるもので、ドライバーを2本入れることもあれば、逆にドライバー無しでフェアウェイウッド2本ということもありました。

50歳でのメジャー制覇では、2本目のドライバーとしてテーラーメイドのOriginal One ミニドライバーの11.5°を入れています。ゴルフ系メディアではフェアウェイウッドの2番(ブラッシー)と解釈されているところもあります。

いずれにしても、キャロウェイとの用具契約がありながら、ライバルのテーラーメイドのミニドライバーを使っていますので、相当に必要なクラブということでしょう。

スペック

  • ロフト角:11.5°
  • シャフト:VENTUS BK
  • フレックス:X

テーラーメイド オリジナル ワン ミニドライバー 275ccの試打・最新情報まとめ

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝フェアウェイウッド

キャロウェイ MAVRIKサブゼロフェアウェイウッド(14度)

フェアウェイウッドは、キャロウェイの2020年モデルであるMAVRIKシリーズのサブゼロです。

日本モデルは3+、3、5番の3種類ですが、USモデルでは4番の16.5°というスペックがあり、これを14°に調整して使っています。

スペック

  • 番手:4番
  • ロフト角:16.5°
  • シャフト:VENTUSブルー
  • フレックス:X

キャロウェイ MAVRIK・MAVRIKサブゼロ・MAVRIK MAX フェアウェイの試打・評価!マーベリック3種の違いも徹底解説

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝ユーティリティ

キャロウェイ X-FORGED UT(16度)

キャロウェイのX-FORGED ユーティリティの16°です。市販モデルは2番18°が最もロフトが立っていますので、感覚的には1番アイアンといったところかもしれません。このあたりも独自路線を貫くフィル・ミケルソンらしさが良く表れています。

スペック

  • ロフト角:16°
  • シャフト:三菱ケミカル MMT 105
  • フレックス:TX

キャロウェイ X21 UTプロトタイプ(20.5、25度)

スペック

  • ロフト角:19→20.5、25°
  • シャフト:KBS Tour V 125
  • フレックス:S+

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝アイアン

キャロウェイ APEX MBアイアン(6番~PW)

アイアンはAPEXシリーズのマッスルバックタイプ、APEX MBアイアンを使っています。番手は6番からPWまでです。

スペック

  • 番手:6~9番、PW
  • シャフト:KBSツアーV 125
  • フレックス:S+

APEX 21・APEX PRO 21・APEX DCB 21・APEX TCB 21アイアンの最新情報まとめ

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝ウェッジ

キャロウェイ PMグラインド19 ウェッジ(52→50°、55°、60°)

ウェッジはキャロウェイのPMグラインドです。52-10°を50°に調整したもの、55-12°、60-10°の3本です。

スペック

  • ロフト角:52、55、60°
  • シャフト:KBSツアーV 125
  • フレックス:S+

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝パター

オデッセイ ミルドブレード フィル・ミケルソン

パターはオデッセイのミルドブレードパターです。Phil Mickelsonの名を冠したものです。

フィル・ミケルソンの50歳メジャー優勝ボール

キャロウェイ クロムソフトX

ボールはキャロウェイのクロムソフトXで、レッドの主線とブルーの副線2本のアライメントのあるトリプルトラックのバージョンです。

まとめ

史上初の50歳代でメジャーを制したフィル・ミケルソンの最新クラブセッティングについてまとめました。

ドライバー2本を使うことで話題にもなっているゴルファーなだけに、クラブセッティングも調整を含めてみると、全体的に独特です。

50代になっても今尚300ヤードを超えるドライビングディスタンスを叩き出していて、プレーもクラブセッティングも魅力的です。







PRGR egg44ドライバーの最新情報まとめ!ルール適合リストに掲載

PRGRのegg44ドライバーが、ルール適合リストに掲載されましたので、最新情報をまとめました。 PRGR egg44ドライバーが適合リストに掲載 出典:The R&A PRGRの新たなモデル …

【2021年】球が上りやすいウッド型ユーティリティ おすすめランキング!高弾道で飛ばせる!

ウッド型ユーティリティで球が上りやすい2021年モデルをランキング形式で紹介します。 対象となるユーティリティは、各メーカーにて現行モデルとしてホームページやカタログに掲載しているものとしています。そ …

重心距離と重心角、スライス改善の効果の違いを解説!

ドライバーやフェアウェイウッドで、スライサー向け・スライス改善を謳ったものが発売されています。 そして、スライス改善のメカニズムは、「重心角を大きくするタイプ」と「重心距離を短くするタイプ」の2種類が …

世界のトッププロの飛ばし屋のドライバーを調査しました(2021年5月時点)

世界のトッププロゴルファーは、どんなドライバーを使っているのか? ドライバー平均飛距離のTOP10名の世界男子プロについて、使用しているドライバーを調べました。 ドライバー飛距離TOP10(2021年 …