飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 月別アーカイブ:2022年08月 」 一覧

【70代・80代のグランドシニア向け】飛ぶ・やさしいドライバーおすすめランキング2022年

70代・80代のグランドシニア向けで、やさしくて飛距離が出せるドライバーについて、2022年のおすすめモデルをランキング形式で紹介します。

対象となるドライバーは、現行モデルとしてメーカーのホームページ・カタログ等に掲載されているものとしました。そのため、発売が2022年より前のものも含まれることがあります。

第1位 ダンロップ ゼクシオプライムドライバー 2021

特徴

ゼクシオのレギュラーモデルとは別に、更に軽量で振りやすいプライムシリーズです。プライムシリーズの方も、レギュラーシリーズと同様に2年毎にリニューアルが行われ、現行の2021年モデルは11代目のモデルとなります。

シニア向けのモデルは、金ピカなものが多い印象がありますが、ゼクシオプライム2021ドライバーは、ブラックをベースカラーとして、ゴールドをアクセントカラーに用いていますので、精悍さの中にゴージャスさがあります。

クラブは、46.5インチとかなり長尺で、重量はRスペックで254gという驚異的な軽さです。

極限まで軽いクラブが良い、そして、長尺に自信があるという方にオススメです。

スペック

  • ロフト角:10.5、11.5°
  • ライ角:60°
  • ヘッド重量:184g
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:254g
  • バランス:D1
  • 長さ:46.5インチ

ここがポイント!

  • 軽さと長さが特徴!
  • 上品さとゴージャスさが共存したデザイン

XXIOプライムドライバー 2021の最新情報まとめ!試打・評価あり

第2位 マジェスティ ロイヤル ドライバー

特徴

マジェスティゴルフからは、超軽量のシニアが扱いやすいドライバーが何モデルか発売されています。

その中でオススメのモデルが、マジェスティ ロイヤル ドライバー 2021です。

「人生最高飛距離の興奮を、もう一度あなたに。」というコンセプトで、3Dウェイブフェイス、カーボンクラウンなど、シニア向けの中で飛距離を出すためのテクノロジーが詰め込まれています。

クラブスペックも45.5インチと46.5インチが用意されていますので、長さが選択できる点が他には無い大きな特徴です。

クラブ重量は46.5インチのR2スペックで262g、45.5インチのR2スペックで272gです。

スペック

ロフト角 9.5 10.5 11.5 9.5 10.5 11.5
ライ角 60
ヘッド体積 460
クラブ長さ 46.5 45.5
クラブ重量・バランス TS 294/D3 294/D3 300/D3
SR 268/D2 278/D1
R 265/D1 265/D1 275/D0 275/D0
R2 262/D0 272/C9

ここがポイント!

  • クラブ長さが45.5インチと46.5インチを選べる
  • デザインがアスリートライク

マジェスティ ロイヤル ドライバー(2021)の最新情報!試打・評価・感想

第3位 タイトリスト TSi1ドライバー

特徴

TSi1は、アスリート向けブランドとして知られているタイトリストから発売されている軽量クラブです。

シャフトをRスペックにすると、269gというタイトリストとは思えないような軽さが実現されています。

超軽量モデルとしては非常に珍しいのが、可変スリーブを搭載している点です。ロフト角・ライ角を調整することができますので、自分のスイングを変えずに、弾道を調整することができます。

デザイン的には、TSiシリーズの他のツアープロが使うモデルとデザインテイストが統一される点も魅力の一つです。

スペック

  • ロフト角:9、10、12°
  • ライ角:59°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:269g(R)
  • クラブ長さ:45.75インチ

ここがポイント!

  • アスリート向けのタイトリストの貴重な軽量クラブ
  • ロフト角・ライ角の調整機能を搭載していて、弾道を調整できる

TSi1ドライバーの試打・評価・感想

TSiドライバーのSURE FIT完全ガイド!ロフト・ライの調整機能、CGトラック、ウェイトを徹底解説!

第4位 キャロウェイ ローグST MAX FASTドライバー

特徴

キャロウェイのローグSTシリーズから発売されている軽量モデルです。

キャロウェイも2020年から軽量モデルに力を入れていて、アジア市場向けに「MAX FAST」シリーズを展開しています。

ローグST MAX FASTドライバーは、軽量ながらもソール後方とヒール寄りにウェイトが搭載されていて、ミスに対する強さ、球のつかまりの良さに優れています。

クラブ重量はRスペックで275gと、ここまでに紹介したモデルと比べてやや重みがありますが、長さは45.75インチと一般的です。

普通の長さで、グランドシニア向けとしては少し重めのクラブで、しっかり振り抜ける方にオススメのドライバーです。

スペック

  • ロフト角:9.5/10.5/12°
  • ライ角:59.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • 標準シャフト:SPEEDER NX 40 for Callaway
  • フレックス:S/SR/R
  • クラブ重量:約275g(R)
  • ウェイト:タングステン・スピード・カートリッジ約8g、ソールウェイト約2g

ここがポイント!

  • ミスに強いため、打点が左右にバラつき安い方にオススメ

ROGUE ST MAX FASTドライバー 2022の試打・評価・感想

第5位 テーラーメイド SIMグローレドライバー

特徴

テーラーメイドがアジア市場向けに展開しているグローレシリーズに、ワールドモデルのSIMのテクノロジーを融合させたモデルです。

同様のコンセプトで、Mシリーズの融合によるMグローレが発売されていまして、その後継モデルとなります。

クラブの特徴としては、スライスの出にくさに定評があり、長さは46インチとやや長尺で、重さはRスペックで272gとなっています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5、11.5°
  • ライ角:58°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:46インチ
  • 標準シャフト:Air Speeer TM
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:272g(R)
  • バランス:D3

ここがポイント!

  • つかまりが良く、スライスが出やすい方にオススメ
  • SIMの飛びのテクノロジーがフル装備されている

SIMグローレ ドライバーの最新情報まとめ【試打・評価・スペック・発売日】

まとめ

70代・80代前後のグランドシニア向けで、やさしくて飛距離が出せるドライバーについて、2022年モデルを対象におすすめをランキング形式で紹介しました。

年配の方向けのドライバーは、長尺で飛ばすタイプと軽さで飛ばすタイプの大きく2つの特徴があります。ゴルファーによっては、普通の長さで軽い物、その反対に、長尺でやや重たいものを好まれる方もおられると思います。

今回、厳選したモデルは、特徴が微妙に異なっていますので、扱いやすいゴルフクラブ、ニーズに合ったモデルを探してみてください。







inpres DRIVESTARドライバーの最新情報まとめ!試打・評価・感想

★2022-09-13更新:公式情報・試打動画を反映しました。 ヤマハから発売のinpres DRIVESTARドライバーについて、モデルの特徴・スペック・試打・評価についてまとめました。 購入を検討 …

ZX7 MKⅡ・ZX7 MKⅡ LSドライバーの最新情報まとめ|ケプカ用モデルか?2022年モデルか?

★更新:2022年9月2日 スリクソンのZX7 MKⅡ・ZX7 MKⅡ LSドライバーが、R&A・USGAのドライバールール適合リストに掲載されましたので、最新情報をまとめました。 ZX7ドラ …

ステルスグローレ・ステルスグローレ+ドライバーの最新情報まとめ【これぞカーボンウッド】ステルスよりも更にカーボン化!

★2022-09-07更新:テーラーメイドの公式情報を反映しました。 テーラーメイドのステルスグローレ、ステルスグローレ+の2機種のドライバーについて、モデルの種類、スペック、発売日・発売価格など、最 …

【2022年】飛距離が出るアイアン おすすめランキング|飛び系・飛ぶアイアン

飛距離が出る・飛び系アイアンの2022年版 ランキングです。 対象となるアイアンは、各メーカーで現行・最新版としてホームページやカタログに掲載されているモデルとなります。 そのため、商品サイクルが複数 …