飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

「 イーゾン 」 一覧

ヨネックス EZONE GT ドライバー 2020の最新情報まとめ

ヨネックスから発売のEZONE GTドライバー435・455について、最新情報をまとめます。

EZONE GT ドライバーの2020年モデルは2種類ある

EZONE GTドライバーの2020年モデルは、ヘッドサイズが違う2種類のモデルがあります。左がEZONE GT 435ドライバー、右がEZONE GT 455ドライバーです。

▼EZONE GT435と455のヘッドの特徴を比較

モデル EZONE GT 435 EZONE GT 455
ロフト角 9、10° 9、10.5°
ヘッド体積 435cc 455cc
ヘッド形状 洋ナシ型 丸型
特徴 操作性の高いアスリート向け 安心感のある大型ヘッド

EZONE GT 435・455ドライバーの特徴

内部の溝が3か所に設置され、撓みを生み出す

出典:https://www.yonex.co.jp/golf/clubs/ezone-gt-455-driver-2020.html

EZONE GT435・455ドライバーには、クラウン、フェース、ソールの裏側に溝が施されています。それぞれが効果的に撓むことで、反発性能を高めています。

フェース裏の溝はオフセンターヒットに強い

出典:https://www.yonex.co.jp/golf/clubs/ezone-gt-455-driver-2020.html

特にフェース裏の溝構造は、中心線ではなく左右に2本施されています。これにより、センターを外した際に効果的にフェースが変形することで、反発エリアを広くする効果を発揮してくれます。

打点が左右にバラつきやすい方には、飛距離ロスが抑えられます。

縦研磨フェースで、横スピンが抑えられる

出典:https://www.yonex.co.jp/golf/clubs/ezone-gt-435-driver-2020.html

フェース面には縦方向の研磨が施されています。インパクトの際に左右方向にブレにくく、垂直方法に動きやすくなります。

スピン軸が傾きにくく、サイドスピンも抑えられますので、直進性の高い弾道が生み出されます。

EZONE GT 435・455ドライバーの試打・評価

EZONE GT 435・455ドライバーのスペック

EZONE GT 435ドライバー

  • ロフト角:9、10°
  • ヘッド体積:435cc
  • ライ角:56.5°
  • フェース角:1.5°オープン
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:291g(SR)
  • 標準シャフト:NST002(カーボン)

EZONE GT 455ドライバー

  • ロフト角:9、10.5°
  • ヘッド体積:455cc
  • ライ角:58.5°
  • フェース角:1.5°オープン
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • フレックス:S、SR、R
  • クラブ重量:290g(SR)
  • 標準シャフト:NST002(カーボン)

EZONE GT 435・455ドライバーの発売日・発売価格

EZONE GT 435・455ドライバーの発売日は、2020年3月中旬の予定です。発売価格は、70,000円です。







ヨネックス EZONE FS ドライバーの最新情報まとめ

ヨネックスから発売のEZONE FSドライバーについて、最新情報をまとめます。 EZONE FS ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す ゴルフパートナーで探す EZONE FS …