飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 キムシウー 」 一覧

【キム・シウー】今度は10秒ルールで1打罰を受ける【カップの10秒ルール】

韓国のキム・シウーは、マスターズでのパター破損に続いて、翌週のRBCヘリテージの3日目に、またもグリーン上での珍事に見舞われました。

▼パター破損の件は、下記記事をご覧ください。
≫ キム・シウーが3番ウッドをパター代わりにした理由がコチラです

もうちょいでカップに入りそうなので、根気よく待った結果

グリーン上での珍事の一部始終が映像に収められています。

PAR4の3打目を、キム・シウーがグリーンの外からパターで攻めるところからことは始まります。

ボールは見事にラインに乗って、カップに吸い込まれるように進んでいきます。

カップの直前でホールのエッジで球がよれたのか、ボールは入りませんでした。

問題はここからです。

キム・シウーはゆっくりとホールに歩いて近づいていきます。そして、ホールの直ぐ近くに到着後、キャディーらと囲むように眺めますが、ボールは一向にカップに入ろうとしません。

それでも根気よく眺め続け、キム・シウーは異変を感じたのか、途中からしゃがみ込んで、よりボールの近くで眼力を送るかの如くボールに視線を注ぎます。

そして、ホールに近づいてから約55秒後、ボールはついにカップに吸い込まれて行きました。

3打目が入りましたので、見事にバーディーかと思いきや、ここからこの出来事の後半が始まります。

PAR4を3打で沈めたが、結果はパーセーブ

キム・シウーの3打目は、55秒待った末に、カップに入りました。

これで、PAR4を3打で沈めたことになります。

しかし、ゴルフにはこのようなケースに対してルールがあります。

ボールが止まっているのか、それともカップに入る過程にあるのか、見定めるための時間がルールで定められています。

まず、ゴルフには不当な遅延を禁止するルールがありますので、パッティングした後、ボールの状況を判断するために、遅滞なくホールに近づかなければなりません。

この行為が不当に遅い場合、遅延行為として2打罰を受けることとなります。

ホールに近づいた後、ボールの状況を見ることとなりますが、これに要することができる時間が10秒と定められています。

逆に言えば、ホールに遅滞なく近づいた後、10秒以内にボールが動き出せば問題ありません。

キム・シウーがホールに近づいてから約55秒経過してからカップインした

さて、ここでキム・シウーのケースをルールと照らし合わせながら振り返ってみましょう。

パットを行って、ボールが止まってしまうのが、上記動画で0:09です。

そこで困惑の表情を見せ、最初はホールに向かっていく気配が0:17には歩み寄っていく様子が確認できます。

ややキム・シウーの動き出しが遅い感がありますが、これぐらいは許容範囲でしょう。遅延行為とはみなされず、2打罰とはなりません。

そして、歩みを進めてボールが止まってしまった地点に辿り着いたのが0:26です。ここからキャディーらとボールの状況を眺め、様子を見守りに入ります。

状況が変わったのは52秒後です。1:18にキム・シウーが声を上げていますので、ボールが動いている様子が確認できたのかもしれません。映像でボールが動いてカップインを確認できたのが1:21です。

ホールに辿り着いてからボールが動くまで、ざっと52~55秒の時間を要しています。

これは、先程、説明した10秒ルールを大きく超えていますので、1打罰が加算されます。

記録上は、3打で入れたこととなりますが、1打罰の追加で4打となります。

思い出されるのは、タイガー・ウッズの2005年のマスターズ

ホールの淵に留まったボールというと、多くの人が思い出すのは、2005年のマスターズ、タイガー・ウッズのスーパーショットではないでしょうか?

グリーンエッジから、傾斜を完璧に読み切ったショット。

ボールは90°方向を変えてカップに吸い寄せられて行きます。

そして、淵で一度とまり、タイガー・ウッズも頭を抱えて倒れ込みそうになりますが、ボールは見事にカップイン。

会場も揺れんばかりの大歓声。この瞬間、地球上で最大の興奮の渦は、間違いなくマスターズの16番ホールにありました。

ちなみに、このタイガー・ウッズのスーパーショットは、ボールは止まって直ぐに動き出しますので、10秒ルールには全く該当しません。

キム・シウーが3番ウッドをパター代わりにした理由がコチラです

 







キム・シウーが3番ウッドをパター代わりにした理由がコチラです

松山英樹が日本人初・アジア人初のメジャー優勝。 この快挙を成し遂げたマスターズで、静かに珍事件が発生していました。 通常では有り得ないという理由以外にも、同組だったゴルファーへの同情の念、モラル面での …