飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 キャスコ 」 一覧

UFO by POWER TORNADO DDドライバーの試打・評価・感想

キャスコから発売のミニドライバー、UFO by パワートルネード DDドライバーについて、試打・評価・製品の特徴を取り上げます。

UFO by パワートルネード DDドライバー

キャスコのUFO by パワートルネード DDドライバーは、一般的なドライバーと多くの点で異なっています。

小ぶり・短尺・大重心角という、極端な特徴のドライバーについて、特徴を見ていきましょう。

330ccの小振りなヘッド

ヘッド体積は330ccで、一般的なドライバーの460ccよりも、かなり小さくなっています。

それでいながら、ヘッド後方にはユニバーサル・ウィングという薄い円盤形状のものが搭載されていて、投影は大きく見える造りになっています。

引用:kascogolf.com

投影面積は、一般的な460ccヘッドと比べても、遜色ない大きさとなっています。

43~43.5インチの短尺仕様

小ぶりなヘッドに加えて、クラブ長さも43~43.5インチで、一般的なドライバーよりも2~2.75インチの大幅は短尺仕様となっています。

3番ウッド相当の長さとなっていますので、楽に振れますので、スイングが乱れやすい、打点が安定しないという方は、正確性が向上しやすくなります。

重心角が41°で、つかまりが良い

小ぶりでありながら、重心角は41°あり、一般的なドライバーと比べると極端に大きく設定されています。

重心角が大きいことでヘッドが自然と返りやすくなり、右へのミスが抑えられます。

 

重心距離と重心角、スライス改善の効果の違いを解説!

UFO by パワートルネード DDドライバーの試打・評価

UFO by DDドライバーをトラックマンで計測・評価

  • 球はつかまる、当り負けしない、左には引っ掛からず、調度良い。
  • 重心深度があって、極端にヘッドは返らず、かといって、フェースが開く動きは全然ない。
  • 何発撃っても同じ球になる。
  • 対象ゴルファーは、ある程度触れる人が方向性を安定させるためのドライバーで、いわゆるミニドライバーか。
  • つかまりが良いので、こすっても真っ直ぐ飛ぶ。
  • 置きに行けるドライバー。2ndドライバーとしても良い。

UFO by POWER TORNADO DDドライバーと一般的なドライバーを比較試打して検証

  • UFOで打つと、つかまって右に行かない。クラブが短いので、ブレの幅が減る。
  • シャフトが短いため、ミートしやすくてミスが出なさそうで、安心感がある。
  • ヘッドは330ccで小さめだが、後ろの出っ張りがあって、構えた時に大きさが(一般的な460ccのドライバーと)変わらずに見える。
  • シャフトが短い分、ヘッドの威力を落とさぬよう、ヘッド重量がある。

UFO by パワートルネード DDドライバーのスペック

ヘッドスペック

  • ロフト角:10.5°
  • ライ角:58.0°
  • ヘッド体積:330cc
  • 長さ:43.5インチ*1、43.0インチ*2
  • クラブ重量:309g(S)/301g(R)*1、323g*2
*1はFalcon shaft、*2はATTAS EZ370

シャフトスペック

シャフト 硬さ 重量 トルク 調子
Falcon shaft S 56 4.3
R 48 4.9
ATTAS EZ370 65-S 67 3.2

UFO by パワートルネード DDドライバーの発売日・発売価格

UFO by パワートルネード DDドライバーの発売日は、2021年5月2日です。発売価格は、Falcon shaft for DD仕様が49,500円、ATTAS EZ370 仕様が55,000円です。