飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 ローグST 」 一覧

ローグSTシリーズ ドライバー・フェアウェイウッドのウェイト調整機能を徹底解説!

キャロウェイのローグSTシリーズに採用されているウェイト調整機能について取り上げます。

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドは、交換可能なウェイトを搭載

ローグSTシリーズのウッドは、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティの全てで4モデルが発売されています。

その内、ソールにシルバーの丸型のウェイトが搭載されているのは、ドライバー2機種とフェアウェイウッド1機種です。

<スクリューウェイトが搭載されているモデル>

  • ローグST MAX Dドライバー
  • ローグST MAX FASTドライバー
  • ローグST MAX LSフェアウェイウッド

キャロウェイのこの丸型ウェイトは、スクリューウェイトと呼ばれていて、専用のトルクレンチを用いて取り外すことができます。

ウェイトは、オプション購入で様々な重量のものを入手することができ、モデルによっては1機種にウェイトが2つ搭載されているものもあります。

ウェイトの重量や場所を入れ替えることで、重心位置を変更することができます。

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドのスクリューウェイト搭載状況

モデル ウェイト個数 ウェイト重量
ローグST MAX Dドライバー 1ヶ ヒール2g
ローグST MAX FASTドライバー 1ヶ ヒール2g
ローグST LSフェアウェイウッド 1ヶ フロント5g

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドは、モデルによりウェイトの搭載有無が異なり、個数や位置も異なっています。

ドリアバーでは2機種、フェアウェイウッドでは1機種に搭載されています。ユーティリティには搭載がありません。

スクリューウェイトは、全部で7種類ある

スクリューウェイトはオプション購入で入手することができます。

ウェイトは2~14gまで2g刻みで用意されていまして、全部で7種類あります。

なお、ローグST LSフェアウェイウッドには、デフォルトで搭載されているものが5gですから、オプションには無い重量のウェイトということになります。

スクリューウェイトは互換性がありますので、MAVRIKやEPIC FLASHなど、過去のウッドをお持ちの方は、重量が異なっていれば再利用して重心を変えることができます。

スクリューウェイトは、大手ショッピングモールやゴルフ専門サイトでも出品がありますので、ネットで購入することも可能です。

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドのウェイト調整方法

ローグSTシリーズのウェイトの調整は、専用のトルクレンチを用いて、ご自分で行うことができます。

ウェイト重量を変えることで、重心位置が変わりますので、弾道や振りやすさを変えることができます。

なお、MAVRIK MAXドライバー、MAVRIK サブゼロドライバーなどでは、1つのモデルにウェイトが2つ搭載されていて、重量も異なっていましたので、ウェイトを入れ替えることで、重心を変更することができました。

ローグSTシリーズでは、2つ以上搭載されているモデルはありませんので、オプション購入するか、または、過去モデルのウェイトを持ってくる等、何らかの形で別重量のウェイトを入手する必要があります。

なお、ローグSTシリーズでは、専用トルクレンチが別売りとなっていますので、この点は留意ください。

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドのウェイト調整による弾道の変化

ローグSTシリーズのドライバー・フェアウェイウッドでは、モデルによりスクリューウェイトの搭載箇所が異なります。

ドライバーではヒール、フェアウェイウッドでは前方となっていますので、搭載箇所別に調整内容を解説します。

前方ウェイト

前方のウェイトを重くすると、重心を浅くすることができます。

浅重心になると、ボールとのインパクトに対してクラブの安定度が下がりますので、インパクトの微妙な違いによって、弾道に変化が生じやすくなります。

慣性モーメントが低くなりますので、ミスの許容度が低く、打点がバラつくと弾道も暴れやすくなります。

上級者目線で言えば、お助け要素が弱まる分、振ったなりの球が出やすく、弾道を操作しやすくなります。

スピン量については、バックスピンを相殺する働きが強まりますので、スピン量が減り、吹け上がらない強い弾道が出やすくなります。

ヒールウェイト

ヒール側のウェイトは、ドローバイアスモデルに多く搭載されていて、ボールのつかまりを良くする効果があります。

ヒール側が重くなることで重心がネック側により、重心距離が短くなります。ヘッドを返しやすくなりますので、スライスに悩むゴルファーにとっては、スライスが改善されやすくなります。

思い切り叩きたい方、もともとフェード系の球を打ちたい方にとっては、引っ掛けやすくなります。

▼ロフト角の調整方法については、下記記事をご覧ください。

キャロウェイのロフト角・ライ角の調整機能(アジャスタブル・ホーゼル)を徹底解説!ローグST・EPIC’21・MAVRIK・EPIC FLSH・ROGUE・GBBなど互換性は!?







【スライサー必見】ローグST MAX Dドライバーより、EPIC MAXドライバーがオススメな3つの理由

キャロウェイの2022年モデルからドロータイプのローグST MAXドライバーが発売となっています。 前年のEPIC ’21には、ドロータイプのモデルがありませんが、スライスを改善したいゴル …

ステルス vs ローグST、ゴルファータイプ別におすすめドライバーを解説!

テーラーメイドのステルスとキャロウェイのローグSTが、2022年の新作として発売となりました。 どちらのモデルが良いのか?悩まれる方も多いと思います。 そこで、本記事ではステルスとローグSTのどちらの …