低スピン」タグアーカイブ

G410 LST ドライバーの試打・評価・感想

★追記(2019/07/15):試打動画と解説を1本追加しました。

PINGから2019年モデルとして発売のG410 LSTドライバーについて、試打した感想と評価について商品の特徴を交えながら取り上げます。

G410ドライバーはLSTが加わり、全部で3種類ある!

出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

G410ドライバーは最初にG410 PLUSとG410 SFTの2種類が発売されました。その後、G410 LSTドライバーが加わり、当記事執筆時点で3種類となっています。

個人的な感想としては、年末か年明けぐらいに460ccのG410MAXドライバーがリリースされるのではないかと思います。実際、前作のG400シリーズでは最後にG400MAXドライバーが発売されています。

  • G410 PLUSドライバー
    ウェイト調整機能が初めて搭載されたモデル。前作のスタンダードの後継と言われている。
  • G410 SFTドライバー
    ドローバイアスでつかまりが良く、スライサー向けモデル。前作のG400 SFTの後継モデル。
  • G410 LSTドライバー
    低スピンモデルで、吹け上がらず強い弾道が特徴。前作のG400 LSTの後継モデル。

G410 LST ドライバー

こちらがG410 LSTドライバーです。前作のG400ではウェイトが見えましたので、浅めに重心設定されている様子が一目瞭然でしたが、今作ではソールに刺さったウェイトがありませんので、内部ウェイトで重心を浅く調整されているのではないかと考えられます。

ヘッド体積は450cc

G410のPLUSとSFTはヘッド体積が455ccと前作より10cc大きくなりましたが、G410LSTは、450ccとなっています。一般的にヘッドが小ぶりになると重心深度が浅くなり、低スピン効果が生み出されます。

なお、前作のG400LSTと比べると、ヘッド体積は5ccアップしていますので、前作よりも寛容性・直進性を増す方向で改善されているようです。メーカー公表では慣性モーメントが3%高くなっています。

G410LSTドライバーにはウェイト調整機能を搭載!

G410の目玉の一つである、ウェイト調整機能。G410PLUSには搭載され、G410SFTには搭載されていなかったため、文字通りPLUSにのみ追加という推測もありました。しかし、G410LSTドライバーにもウェイト調整機能は搭載されています。

SFTは左右方向のバイアスがかかったモデルのため、逆向きの調整が入ると存在意義が危ぶまれますので、SFTにウェイト調整機能が無いのは当然とも言えます。

重心調整は、ノーマル、フェード、ドローの3か所にウェイトを付け替えることで行えます。

ロフト角・ライ角の調整機能は搭載されている

出典:https://jp.ping.com/clubs/drivers/g410-lst

ホーゼル部にロフト角・ライ角の調整機能が搭載されていて、ロフトは±1度、 ± 1.5度、ライ角はスタンダード / フラットの調整が行えます。注意が必要な点としては、 G400のホーゼルスリーブとの互換性はありません。

G410LSTドライバーのスペック

  • ロフト角:9.0°/10.5°
  • ヘッド体積:450cc
  • ライ角:58°
  • クラブ重量:約305g
  • 標準シャフト:ALTA J CB RED(X/S/SR/R)
  • クラブ長さ:45.75インチ

G410LSTドライバーの試打と感想–試打ラボしだるTV

  • 弾道は、スピンが少なく弾丸ライナー。
  • 試打が要らないくらい良い。
  • G400が銘器と言われていて、それを超えられないからG410の発売が遅れていた。PINGは、前作を超えないと発売しないというメーカー。
  • ウェイトをフェードにすると、フェースが開くというより上を向く感じがする。
  • フラットでドローは、多くのツアープロが行っている設定。球が本当に曲がらない。
  • 空力は感じない。

G410LSTドライバーの10.5° Sを試打した動画

  • ロフト角10.5°、標準シャフトのALTA J CB REDのSで試打。
  • 強弾道で、低い球でも伸びる。
  • ヘッドが重く感じるので、思い切り叩いて行ける。
  • 前作よりもヘッドが大きくなって、安心感も安定感もアップしている。スイートスポットはかなり広い。

G410 LSTドライバーの標準シャフト

メーカーの公式サイトに紹介されているシャフトは、以下の7種となります。ちなみに、PLUS、LST、SFTでシャフトラインナップは同じです。

  • ALTA J CB RED R/SR/S/X
  • PING TOUR 173-65 R/S/X
  • PING TOUR 173-75 R/S/X
  • ALTA DISTANZA -
  • The ATTAS 5S/6S
  • Speeder EVOLUTION V 569S/661S
  • TENSEI CK Pro Orange 60S/70S

G410に関連するおすすめ記事

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

 

G410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違い

PINGのG410LSTドライバーとG400LSTドライバーの違いについて取り上げます。

G410 LSTドライバーはG400LS TECドライバー

G410 LSTドライバーはG400LS TECドライバーの後継モデルにあたります。G410、G400共に3タイプのドライバーが発売されていて、低スピンタイプのドライバーとなります。

G410のLSTは、数か月遅れてリリースされるものの、注目を浴びているのには理由があります。まず、前作のG400LS TECモデルは未契約のツアープロが使用するほど性能評価が高く、2018年モデルながら早くも「銘器」とも呼ばれ出しています。そのニューモデルということで、否が応にも注目を浴びているわけです。

ここが重要!ポイント

  • LSTは、低スピンモデルのドライバー。
  • 前作のG400LS TECは銘器とも言われ、G410LSTも俄然注目されている。

G410LSTドライバーは、初めて可変ウェイトを搭載!

G410LSTドライバーでは、初めて可変ウェイトが搭載されています。上図でいうヘッド後方に脱着式のウェイト機構があり、ドロー、ニュートラル、フェードの位置に付け替えることができます。


出典:https://jp.ping.com/clubs/drivers/g410-lst

ここが重要!ポイント

  • 可変ウェイトによる重心調整機能はLST、PLUSモデルに搭載、SFTモデルには未搭載。

ロフト調整機能は新しくなっている


出典:https://jp.ping.com/clubs/drivers/g410-lst

ネックのロフト調整機能はG410、G400の双方に搭載されていますが、G410では新ホーゼル・スリーブとなっていまして、従来±1°だったものが±1.5°まで調整可能となっています。G410LSTの方は、ロフトが5ポジション、ロフト・ライ角が3ポジションに調整可能となっています。とうことで、残念なお知らせとしては、G400とG410でスリーブの互換性はありません。

ここが重要!ポイント

  • ロフト角調整機能は、調整幅が±1.0から±1.5に拡大している。
  • G410とG400でスリーブの互換性はない。

ヘッドサイズは、G410 LSTの方が大きい!

左がG410LSTで右がG400LS-Tです。ヘッド形状に大きな違いは感じられませんが、ヘッドサイズは異なっています。G400LS-Tは445ccですが、G410LSTは450ccと5cc大きくなっています。

慣性モーメントが3%大きくなっていますので、ヘッドサイズの大きさが関係しているのかもしれません。

ここが重要!ポイント

  • ヘッドサイズは、G410LSTの方が5cc小さい450cc。
  • 慣性モーメントは3%大きくなっている。

G410LSTとG400LS Tのフェース

形状に大きな違いは感じられませんが、フェース面のデザインが大きく変わっています。左のG410LSTの方が、ボールを捉えるべき位置が分かりやすくなっています。

また、クラウンにはタービュレーターが引き続き搭載されていますので、空気の流れをスムーズにし、ヘッドスピードのロスを抑えてくれます。ちなみにどの程度ヘッドスピードが変わるかは公式サイトに掲載はありませんが、コンマ幾つでは?という話を耳にしたことがあります。

G410LSTとG400LS-TECのスペックの比較

モデル G410LST G400LS-T
ロフト角 9.0/10.5° 8.5/10.0°
ロフト調整 ±1.5° ±1.0°
クラブ長さ 45.75 45.75
標準ライ角 58.00° 58.00°
ヘッドサイズ 450cc 445cc
スイングウェイト D3 D3

まず、G410LSTとG400LS-TECで、ロフト角の設定が異なっています。低スピンタイプのドライバーは、一般に重心が浅い分、低重心への寄与が下がっていて、球が上がり過ぎないように設計されています。G400では、ロフト角が8.5/10.0°とかなり立たせていますので、より弾道が低く抑えられていましたが。

今回のG410LSTでは、9.0/10.5°となっていますので、球が上がりやすさをプラスしたロフトが設定になっています。とはいえ、ロフトの調整幅は±1.5°ありますので、打ち出し角度は自由に調整できそうです。

ここが重要!ポイント

  • ロフト角が8.5/10.0°から9.0/10.5°となり、球が上がりやすいロフト設計になっている。
  • クラブ長さ、ライ角などは同じ。

「G410LST、G400LS-TEC」関連のおすすめ投稿

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G410 LSTドライバーについてPINGの日本ページで公式掲載されましたので、発売日・スペック・価格など、速報で取り上げます。

PING G410 LSTドライバーの発売日

PING G410 LSTドライバーは、R&AやUSGAの適合リストの情報が主でしたが、公式サイトに掲載されました。

発売日は、2019年7月4日が予定されています。何故か木曜日と中途半端ですが、PLUS、SFTモデルも水曜日でしたので、PINGは週末に拘らないようです。

PING G410 LSTドライバーの特徴をまとめ


出典:https://clubping.jp/product/product2019_g410_d.html

G410 LSTドライバーは、低スピンタイプのドライバーです。G400でも一躍人気となったモデルです。

  • 可変式弾道調整ウェイトは搭載。
  • ヘッドサイズは450ccで、PLUS、SFTより5cc小ぶり。
  • ロフト角は9°、10.5°の2種類。
  • シャフトスペック、長さはLST、PLUS、SFTの3モデルで共通。
  • 重心深さはPLUSよりも約5%フェースよりの浅重心設計。

G410 LSTドライバー 公式動画・試打動画

製品紹介ムービーに加え、コースで試打しながらの解説もあります。PLUS、SFTモデルについても触れられているので、3つのモデルの違いについても理解が深まります。

G410 LSTドライバーのスペック

ロフト角(°) 9 10.5
ヘッド体積(cc) 450
ライ角(°) 58
総重量(g) 約305
バランス D3
長さインチ 45.75

ロフト角は9°と10.5°の2種類です。ヘッドサイズが450ccとやや小ぶりになっていて、低スピン効果を生み出すために浅重心設計にしているためと思われます。

なお、前作のG400 LS TECについての詳しい情報はこちらをご覧ください。

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G410 LSTドライバーの発売価格

G410 LSTドライバーの発売価格は、PLUS、SFTと同じでシャフトにより異なります。

  • 69,000円(税抜):ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75
  • 81,000円(税抜):The ATTAS、Speeder EVOLUTION V
  • 84,000円(税抜):TENSEI CK Pro Orange

「G410」関連のおすすめ投稿

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410 SFT ドライバーの試打・評価・感想

G410 LSTドライバーの最新情報まとめ

PINGの歴代Gシリーズを一挙紹介!Gドライバーは初代ではなかった!

 

ドライバーヘッドの形状とその特徴は!?洋ナシ、丸顔、ディープ、シャロー、ハイバック等を徹底解説!

ドライバーヘッドの形状と弾道の関係、適合ゴルファーについて詳しく解説します。

ドライバーヘッドの形状と弾道の関係

ドライバーヘッドは、同じシリーズの中でも形状が大きく異なっていることがあります。そして、その形状によってドライバーの弾道にも違いが出てきます。

以前は、ヘッドの形状により重量の偏りが決まったため、重心深度・重心高なども決まり、ヘッド形状からどのような弾道となるかが分かりました。

例えば、ヘッドの後方が長くなっているシャローヘッドは、重心距離が長く直進性が高い、洋ナシ型はヘッドが小ぶりでヒール寄りに重量感が無いため、重心角が小さく左のミスがでにくい、といった具合です。

最近はヘッド形状が与える弾道への影響は薄れているはずだが・・・

ヘッド内部の重量配分の自由度がアップ

最近は複合素材のヘッド、カーボンを主とした軽量素材の利用が進み、ヘッドそのものの軽量化が進んでいます。そして、生み出された余剰重量は、ヘッドの内部に高比重な金属ウェイトを用いて、好きな位置に重量配分することができるようになりました。

いわば、ヘッド形状に左右されずに重心設計をかなり操作できるようになったわけです。

基本的に形状と重心設計は合わせている

しかし現実はというと、思い切りシャローで深重心に見えるが内部ウェイトで思い切り浅重心にしているクラブ、つまり見た目と実際の重心設計が異なるものは見たことがありません。最近のモデルでもヘッド形状と弾道は一致しているのが大半です。

構えた時に形状からイメージされる弾道と実際の弾道を真逆にする必要がありませんし、クラブ紹介する側・選ぶ側としてもイメージと現実が一緒の方が、混乱がないからでしょう。

ヘッド形状と弾道の特徴

ヘッド形状には重複なく網羅的で全分類するキレイな区分けはありませんが、主に使われているヘッド形状の呼び方を取り上げて、弾道の一般的な特徴を解説します。

ディープヘッドとシャローヘッドの形状

ドライバーのヘッド形状を語る時に、ディープとかシャローという言葉が良く出てきます。左の奥行が長いのがシャローで右の奥行が短い小ぶりな方がディープです。

ディープとシャローは英語で、ディープが深い=奥行きがある、シャローが浅い=奥行きがない、を意味します。

「おやっ?」と思った方もいるのではないでしょうか?ディープは奥行きがあるという意味なのに、ヘッド形状は奥行きがありません。シャローの方も意味と実際の形状が異なっています。これは、ディープとシャローという言葉がフェースに用いられているからのようです。実際、ヘッドが「ディープ」「シャロー」という以外に、「ディープフェース」「シャローフェース」だったり、ディープヘッド」「シャローヘッド」という場合があります。

フェースがディープだと、フェースの縦幅が長くなります。ヘッド体積にはルール上限りがありますので、ヘッドの高さを出せば、ヘッド後方が短くなり、ディープフェースは奥行きが浅くなります。

反対に、シャローの場合はフェースの高さが低く縦幅が短いため、ヘッド後方は長くなります。

  • ディープヘッド:フェースの高さがあり、奥行きは浅い。
  • シャローヘッド:フェースの高さがなく、奥行きは深い。

ディープヘッドとシャローヘッドの弾道

ディープヘッドの方は、フェースの高さがあり重心位置が高くなっていますので、打ち出し角が抑えられます。そして、重心が浅いためバックスピン量が抑えられ、操作性も高くなっています。低・中弾道、低スピンの強い弾道、そして、意図した弾道を繰り出したい上級者に好まれる形状です。

シャローヘッドの方は、フェースの高さが低く、ヘッド後方に重量を持たせてありますので、打ち出しが高くなります。慣性モーメントが大きくなっていますので、直進性が高く、球のつかまり効果も生まれます。オフセンター時のミスを許容してくれて、高く真っすぐとばし、スライスを抑えたい初心者・シニアに好まれる形状です。

洋ナシ型・丸顔のヘッド形状

こちらの2種類のヘッドで言うと、左のタイプが洋ナシ型で、右が丸顔です。洋ナシ型は、ヒール寄りの後方がすっきりしていて、形状が洋ナシに似ています。反対に丸顔はヒール寄りにも重量感があります。必ずではありませんが、大型ヘッドであることが多いです。

洋ナシ型・丸顔の弾道

洋ナシ型は、ヒール寄りの重量感が少なくなっていますので、重心角が小さく、重心距離が長いという特徴があります。これらスライサーが好むヘッドと真逆の設計で、ヘッドが返りにくくなっています。ヘッドが勝手にくるっと向き直りにくくなっていますので、意図した弾道を打ち分けインテンショナルなショットを繰り出したい上級者に好まれます。また、思い切り叩いても左へのミスが出にくくなっていますので、ヘッドスピードの速いゴルファーにも好まれます。

丸顔の方は、ヒール寄りの重量感を多めにしてありますので、重心角が大きくなります。実際は、丸顔の場合、大型ヘッドでヘッド後方が低いモデルであることが多いようです。このようなドライバーは、重心角はさらに大きくなり、低重心・深重心となります。ボールのつかまりが良く、打ち出しが高く、直進性の高い、つまり曲がらない弾道となりますので、初心者やレディース、そして、スライサーに好まれます。

ハイバック形状

こちらは本間ゴルフから発売されているTW737ドライバーの中の2種類のモデル、TWT737 455とTW737 460です。TW737  445ドライバーがハイバック形状となります。

ハイバック形状はその名が示す通り、バックがハイ、つまりヘッド後方が高くなっています。ちょっと紛らわしくなりますが、ディープバックとも言います。ディープバックはヘッド体積のルール制限上、奥行きが浅く小振りでディープヘッドであることが多いです。

ハイバック形状の弾道

ハイバック形状のドライバーの特徴は、重心が浅くなりスピン量が少なくなります。小ぶりな場合が多いので、操作性も高く、ヘッドの返り過ぎも抑えられ、左を恐れずに思い切り叩けますので、ヘッドスピードが速く、ドローヒッターの上級者に好まれます。

 

以上、ヘッド形状と弾道の特徴、適合ゴルファーについて取り上げました。

弾道に影響を与える重心設計については、こちらの特集記事をご覧ください。

重心設計とドライバーの飛距離の関係

 

G410 LSTドライバーの最新情報まとめ

※追記:G410 LSTドライバーの公式情報が出ましたので、最新情報は下記投稿をご覧ください。

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

 

PINGのG410 LSTドライバーが適合リストに掲載され、情報が出てきましたので取り上げます。

G410 LSTドライバーがやっぱり発売される!?

PINGのGシリーズドライバーの中で人気のタイプの一つがLSTです。反発係数に制限がある中、ドライバーの飛距離を伸ばそうとすれば、低スピンにして無駄な吹け上がりを抑えることが重要となります。

前作のG400ではG400LSTドライバーが人気モデルだったので、「G410でLSTが出ないはずがない!」と多くのゴルファーが思っていたと思います。そして、粗方の予想通り、R&A、USGAのドライバー適合リストにG410LSTが掲載されました。

G410シリーズのドライバーは3種類に!

今回、適合リストにLSTが追加されたことで、発売されるのはほぼ間違いないと思われます。これでG410ドライバーは、3タイプとなります。

  • G410 PLUSドライバー:ドローフェードの弾道調整機能付き
  • G410 SFTドライバー:スライサー向けドローバイアス設計
  • G410 LSTドライバー:低スピン

重心深度はヘッド内部で調整されている!?

G410のLSTモデルとPLUSモデルの画像を並べてみました。縮尺は元々が一致されてないので、大きさ比較はできませんが、幾つか特徴が見て取れます。

ヘッド形状は明らかにLSTモデルのストレッチが短く、重心深度が浅くなっていると思われます。前作と違ってG410ではソールにウェイトがありませんので、外見からは重心調整されている様子が分かりません。ヘッド形状または内部で重心調整されていると考えられます。

出典:https://clubping.jp/product/product2017_g400_d.html#lstec

ちなみに、前作のG400ドライバーでは、ブラウンのソールウェイトの位置が3タイプで異なっていますので、一目でスタンダード、SFT、LSTを見分けられます。

G410 LSTドライバーウェイト調整機能が搭載される模様

ソールには、FADE、DRAWの文字が見えますので、G410で新たに追加されたヘッド後方のウェイト調整機能はLSTモデルにも搭載されているようです。

実際、この後に紹介するSNSに出ている実物と思われる画像では、可変ウェイトが搭載されていることが確認できます。

G410 LSTドライバーの実物画像・動画

G410 LSTドライバーの実物画像が、既にSNSで流れています。全体フォルムも見ることができます。

INSTAGRAMに投稿されている映像

 

View this post on Instagram

 

킹라바 파워골프 비거리 장타 KING La(r)vaさん(@king_larva)がシェアした投稿

Twitterに投稿されている映像

G410MAXドライバーは発売されるか?

こうなると気になるのは、MAXが発売されるかです。現時点でまだ460ccサイズのヘッドがありませんので、前作の例にならえば460ccサイズのG410MAXドライバーが発売される可能性はかなり高いと思います。実際、前作のG400MAXドライバーは、かなり遅れてリリースされました。

あなたにオススメの「G410ドライバー」関連記事

G410 PLUS ドライバーの試打・評価・感想

G410 SFT ドライバーの試打・評価・感想

G410ドライバーとG400ドライバーの違い