飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 原英莉花 」 一覧

ドライバー飛距離ランキングでトップの原英莉花、ST-X 220ドライバーを使用か!

2020-2021年のドライビングディスタンスでトップの原英莉花。

これまでにない新しいドライバーを使用していることで、話題になっています。

ドライビングディスタンス 256.96ヤードで、原英莉花が現在トップ

国内女子のドライビングディスタンスの2020-2021年のランキングは、当記事執筆時点(2021年11月14日)で、原英莉花が256.96ヤードでトップに立っています。

年度 順位 平均飛距離 計測数
2020-2021* 1 256.96 80
2019 4 253.33 189
2018 5 251.9 122
*2020-2021は年度途中

173cmという恵まれた身長を活かしたダイナミックなスイングで、2018年のプロ転向からドライバー平均飛距離は250ヤードを超えていて、飛ばし屋の常連となっています。

今期はさらに平均飛距離が伸びていて、257ヤードに迫っています。

原英莉花がドライバーを変更

国内女子で最も飛ばすプロゴルファーが使用するドライバーということで、原英莉花のドライバーは注目度が高くなっています。

最近は、2021年3月に発売のST-Xドライバーを使っていましたが、未発表のドライバーを度々投入しています。

今季はここまでミズノ『ST-X』ドライバーを使用してきたが、「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」で謎ヘッドを投入。その後は一旦『ST-X』に戻したが、今大会で再投入となった。

*引用:ALBA

謎ヘッドと呼ばれているモデルは、発表前のニューモデルと言う可能性が非常に高く、実際、ルール適合リストに似ているモデルが掲載されています。

ST-X 220ドライバーを使用か?

ミズノの2022年のニュードライバーについては、先日、このサイトでも取り上げました。

ミズノ ST-X 220・ST-Z 220ドライバーの最新情報|評価・スペック・価格

ヘッド形状からすると、恐らくST-X 220ドライバーを使っているものと思われます。

同じXタイプ(ドロー仕様)ということで、系統も一致しますので、このモデルへの移行を試みているとみて間違いなさそうです。

なお、ミズノのXタイプのドライバーは、2020年に発売のST200Xドライバー、2021年に発売のST-Xドライバーがあり、ST-X 220ドライバーがどちらの後継に当たるのかは現時点では確認できません。

但し、ST-XドライバーとST200Xドライバーは、どちらも3月に発売されていますので、ST-X 220ドライバーも2022年3月に発売される可能性が推測されます。

ミズノ ST-X 220・ST-Z 220ドライバーの最新情報|評価・スペック・価格

 







原英莉花の最新クラブセッティングを徹底解説!ウェッジは師匠のジャンボモデル

原英莉花の最新クラブセッティングについて取り上げます。 原英莉花の用具契約 原英莉花は若手女子ゴルファーの中で、人気と実力の双方を兼ね備えた注目の選手です。生涯獲得賞金は早くも1億円を突破しています。 …