飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 高弾道 」 一覧

【2023年】球が上がりやすいドライバー おすすめランキング!高打ち出し・高弾道

球が上がりやすいドライバーについて、2023年のおすすめモデルをランキングで紹介します。

ドライバーで球が上がりやすいと一口に言っても、実現するための要素は、打ち打し角やスピン量など、一つではありません。

ランキングで厳選した各ドライバーについて、おすすめのポイントをまとめてありますので、自分にあったドライバーを選ぶ際の参考にしてみてください。

第1位 PING G430 HL MAXドライバー

ここがポイント

  • 移動式ウェイトと可変スリーブを搭載していて、弾道調整が超充実している
  • G430の通常モデルと同じデザインでかっこいい
  • ロフト角12°もあるので、打ち出しから高くしたい人におすすめ
  • クラブ重量は270g前後でかなり軽い

G430 HL MAXドライバーは、2022年に発売のG430シリーズに後から追加された、高弾道・軽量バージョンです。

ヘッドは既存のG430とほぼ同じと言われていますので、基本性能はそのままに、ウェイト・シャフト・グリップの軽量化が図られています。

Gシリーズ特有のミスに対する強さを残しつつ、高弾道で飛ばせます。

なお、クラブ重量は266g(35シャフト)、274g(45シャフト)とかなり軽めのため、この軽さがプラスに働く方が対象となります。

PING G430 HLドライバーの特徴・違いをまとめ!G430 HL MAX・G430 HL SFT|スペック・評価

第2位 テーラーメイド ステルスグローレ+ドライバー

ここがポイント

  • 話題のカーボンフェースが搭載されている
  • ドローバイアスでスライス抑制効果もある
  • グローレの要素が入っていて、日本人が使いやすい設計になっている

「グローレ」は、テーラーメイドが日本市場向けに展開しているシリーズで、つかまりが良い、グリップが細いなど、日本人に合わせた要素が盛り込まれています。

その「グローレ」と「ステルス」が融合したのが「ステルスグローレ」シリーズで、最新テクノロジーを搭載しつつ、日本人に合うように設計されているので、日本人にとっては良いとこ取りです。

更にポイントなのは、これまでグローレ融合モデルは軽量モデルのみでしたが、「ステルスグローレ」では一般的な重量のモデルが「ステルスグローレ+」発売されています。

高弾道モデルは軽量なものが多い傾向がありましたが、普通の重量で使いたい方には、待ってました!のドライバーです。

勿論、シャフト選択により軽いクラブにすることもできますので、ヘッドスピードが遅めの方にも対応しています。

ステルスグローレ+ドライバーの試打・評価・感想

第3位 ダンロップ ゼクシオ12 ドライバー

ここがポイント

  • スライス抑制、高弾道、ミスへの許容性など、やさしい要素が全て備わっている
  • グリップ側に重量があるため、楽に振れてスイングが安定しやすい
  • クラブ重量は280g前後でかなり軽い
  • 澄み切った金属音が好みの方におすすめ

ゼクシオ12ドライバーは、国内で圧倒的な人気を誇るゼクシオの12代目モデルです。

シリーズは2000年から途絶えず続いているのは、ゴルファーから長く支持されていることの現れです。

ゼクシオ12 ドライバーの特徴としては、軽量・高弾道・つかまりの良さ・ミスへの強さがあり、簡単に言えば、やさしい要素が全て詰め込まれています。

何を使って良いか分からない方は、ゼクシオを選べば先ず間違いないでしょう。

なお、クラブ重量は20gほど軽めのため、一般的な重さの物が良い方は、同時発売されているゼクシオX ドライバー2022から検討されると良いでしょう。

【何処よりも早い】ゼクシオ12 ドライバーの最新情報【試打動画あり】評価・スペック・価格

第4位 テーラーメイド ステルス2 HDドライバー

ここがポイント

  • ハイドロー仕様で、高弾道が出やすい
  • ドローのバイアス度合いは、ほんのりつかまるぐらい
  • カーボンフェースは、前作の物より打音・打感が向上
  • ロフト角12°もあるので、打ち出しから高くしたい人におすすめ
  • アスリート向けモデルと同じデザインでかっこいい

ステルス2 HDドライバーは、ステルス2シリーズの全3機種のドライバーの中で「High Draw」仕様の最もやさしいモデルです。

他の2機種はアスリート向けでツアープロに使われるモデルですが、ステルス2 HDは性能はガラッと変わってやさしいモデルとなっています。

3機種全てでデザインテイストが同じため、ツアープロが使用するモデルと同様のデザインになっていて、カッコ良さ・所有感が得られるのもポイントです。

なお、名前からはハイドローが打てるモデルと読み取れますが、テーラーメイドは基本的にフェードバイアスのため、ドローといってもややつかまる程度です。

スライサーでスライス改善を期待する場合は、第2位で取り上げたステルスグローレ+ドライバーの方がオススメです。

ステルス2 HDドライバー 2023の試打・評価・感想

第5位 ブリヂストン B3 SDドライバー

ここがポイント

  • フェースの上方が大きく撓んでくれるので、打ち出しが高くなりやすい
  • スイートエリアが広く、特に左右の打点ブレに強い
  • クラブ重量は280g前後でかなり軽い
  • DDの方を選ぶと、スライス抑制効果がとても大きく、スライサーにはかなりおすすめ

ブリヂストンのB3シリーズは、SDとDDの2タイプのドライバーがあります。

SD(Straight Drive)は真っすぐ飛ばしたい方に適していて、DD(Draw Drive)はスライスが出やすい方に適しています。

スライサーでなければSD、スライスが決まって出てしまう方はDDを選ぶと良いでしょう。

B3ドライバーは、SP-CORと呼ばれるフェース面を裏側から支える構造により、反発エリアが広いのが特徴です。

加えて、フェース面の両端のミーリングを粗くすることで、左右の打点ブレに強さを発揮して、直進性に優れています。

B3 SDドライバーの評価・口コミをまとめました

 







【2023年】初心者向けドライバー おすすめランキング!簡単・球が上がる・スライスしにくい

初心者向けのドライバーについて、2023年のおすすめモデルをランキングで紹介します。 初心者向けと言っても、スライスが出にくい、飛距離が出やすい、球が上がりやすいなど、モデルにより秀でた特徴に違いがあ …

【2020年】球が上がりやすい!高弾道フェアウェイウッド おすすめランキング【ハイロフトの人気モデルを厳選しました】

フェアウェイウッドで高弾道で飛ばせるモデルが増えています。 特に顕著なのは海外メーカー勢で、スタンダードモデルの他に、ハイロフトのモデルを相次いでリリースしています。 背景としては、フェアウェイウッド …

【2021年】球が上がりやすい!高弾道フェアウェイウッド おすすめ人気ランキング

最近のフェアウェイウッドは、ロフト設定・重心設定により、球が上りやすく、高弾道で飛ばせるモデルが増えています。 本記事では、球が上がりやすい高弾道フェアウェイウッドについて、おすすめ人気モデルをランキ …