飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

「 EPIC 」 一覧

EPIC MAXドライバー 2021の最新情報まとめ!ジェイルブレイクが倍増・空力設計

キャロウェイの2021年のニュードライバーと思われる「EPIC MAXドライバー」の映像が確認されましたので、最新情報を取り上げます。

キャロウェイの2021年モデルは「EPIC MAXドライバー」か?

こちらがSNSに投稿されている映像です。ソールにはEPIC MAXと記載されていますので、キャロウェイの2021年モデルは「EPIC MAX」ではないかと言われ始めています。

PINGのG400 MAXが大当たりして以来、「MAX」をモデル名に含める傾向が出ていて、テーラーメイドはSIM MAX、キャロウェイはMAVRIK MAXがリリースされています。

今回、確認されたモデルも「MAX」が付いていまして、「EPIC MAX」はシリーズ名ではなく、アベレージゴルファー向けモデルとも考えられます。

その線でいくとシリーズ名が「EPIC」、アベレージゴルファー向けモデルが「EPIC MAX ドライバー」、アスリート向けモデルが「EPIC サブゼロ ドライバー」といった可能性もあります。

これまでの傾向からも、2021年はEPIC系の年

キャロウェイのドライバーは、毎年、ニューモデルが出るものの、二系統のモデルを交互にリリースしています。

EPIC系 ROGUE系
2017 GBB EPIC
2018 ROGUE
2019 EPIC FLASH
2020 MAVRIK
2021 EPIC MAX?

2017年のGBB EPIC、2019年のEPIC FLASHは、可動式ウェイトであるペリメーター・ウェイティングを搭載したモデルで、2018年のGORUEと2020年のMAVRIKは、シャローヘッドに固定式ウェイトを搭載したモデルです。

2021年は順番で言うとEPIC系が出ると考えられ、実際に、EPICの名が付いた「EPIC MAX」が確認されたという状況です。

EPIC MAXドライバーの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

どさんこ(@ifgolf)がシェアした投稿

改めて、EPIC MAXドライバーについて、詳しく見ていきましょう。現在までにSNSで多数の投稿がありますが、全て同じ映像です。

公式情報はまだ出されていませんので、これまでのモデルと照らし合わせつつ、推測も交えて解説します。

JAIL BREAK SPEED FRAME

最も注目したい点は、フェースの直ぐ後ろにあるJAIL BREAKです。キャロウェイの代名詞的なテクノロジーとも言えるもので、無駄な撓みを抑えてくれる働きがあります。

GBB EPICで初めて採用されていて、その後のROGUE、EPIC FLASH、MAVRIK、そして、スライサー向けのビッグバーサB21でも、もれなく搭載されています。

今回、確認されたEPIC MAXでは、柱が2本から4本に増えているようです。柱を増やすと重量面でネガティブ要素ではありますが、キャロウェイはAIによりヘッド全体の挙動をシミュレーションする技術を持っていますので、4本にした方がボールスピードが上がるという確証を得ていると思われます。

なお、テクノロジー名は「JAIL BREAK SPEED FRAME」となっていますので、4本の柱とクラウン・ソールを加えた構造で、ボールスピードをアップさせるようです。

ちなみに、テクノロジー名で調べてみると、「Jailbreak Speed Frame(ジェイルブレークスピードフレーム)」、「Jailbreak AI Velocity Blades(ジェイルブレークエイアイベロシティブレーズ)」の2つが2021年には使われるようです。

前者はEPIC MAXドライバーに記載されていますが、後者は記載されていません。ブレードというとアイアンをイメージさせますので、恐らく、アイアンにJAIL BREAKが搭載されるのではないかと思われます。

ソールの斜め突起は空力設計か?

ソール後方にはPINGのタービュレーターを思い出させる突起物が搭載されているように見えます。

搭載位置については、PINGはクラウンですが、EPIC MAXドライバーはソール後方ですので、この点はテーラーメイドのSIMシリーズを思い出させます。

突起構造のヒールからトゥに掛けて斜めになっていますので、やはりスイング後半の空力にフォーカスした構造ではないかと推測されます。

なお、突起構造は控えめ、傾きは大きめになっています。この形状にどのような意味があるのか、AIデザインによるエアロ設計ではないかと期待してしまいますが、公式情報が待たれるところです。

スライダー式のウェイト調整機能

ソール後方には、GBB EPIC、EPIC FLASHで見覚えのあるレールとウェイトが確認できます。

恐らく、ペリメーター・ウェイティングと呼ばれる無段階の移動式ウェイトの機構で、ドロー・フェードの弾道調整機能と考えられます。

この機構が搭載されているのも、ROGUE系ではなくEPIC系の特徴と言えます。

ロフト角・ライ角調整機能

ソールのヒール側には、シャフトを脱着する機構が確認できます。

これまでのモデルと同様に、トルクレンチを挿し込んで、シャフトを交換したり、ロフト角・ライ角の調整が行えると思われます。

まとめ

キャロウェイの2021年のニュードライバーと思われる「EPIC MAXドライバー」について、取り上げました。

まだ映像が1枚確認されただけの状況で、公式情報は出されていないため、存在するであろうサブゼロの情報、スペックのラインナップなど、より詳しい情報が待たれるところです。

新たな情報が出て来ましたら、こちらのサイトに反映していきたいと思います。







EPIC FLASH Sub Zero ドライバー ◆◆◆トリプルダイヤモンドの試打・評価・感想

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンとして限定発売されている2種類の内、トリプルダイヤモンドについて取り上げます。 EPIC FLASH サブゼロドライバー・ツアーバー …

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日

EPIC FLASH Sub Zero ドライバーのツアーバージョンが発売!ダブル・トリプルダイヤモンドの特徴と発売日 EPIC FLASH サブゼロドライバー・ツアーバージョン GDOで探す 楽天市 …

EPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバー USモデルを徹底解剖!

キャロウェイから発売のEPIC FLASH サブゼロ Sub Zero ドライバーのUSモデルについて取り上げます。購入についても、国内で簡単に行えますので、本投稿の中で詳しく紹介します。 EPIC …

EPIC FLASHの試打・打ち比べ動画まとめ!エピックフラッシュの全てが分かる!

キャロウェイの話題のクラブ、EPIC FLASHドライバーの試打・打ち比べ動画をまとめます。 キャロウェイ EPIC FLASH エピックフラッシュ ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す アマゾン …