飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

「 gbb 」 一覧

グレートビッグバーサ ドライバー 23の最新情報まとめ

キャロウェイのグレートビッグバーサシリーズ 2023について、最新情報をまとめました。

グレートビッグバーサ シリーズはドライバーからアイアンまで発売

キャロウェイのグレートビッグバーサ シリーズが、USの公式サイトに掲載されました。

適合リストでも確認できていないモデルの為、事前情報が全くありませんが、ドライバーからアイアンに至るまで、フルラインナップでの提供となっています。

ちなみに、2年前の2020年の同じような時期に、ビッグバーサ21 シリーズが発売されていますので、EPICもROGUEもBIG BERTHAも、全て2年サイクルで発売というサイクルがきっちり動いているのかもしれません。

ビッグバーサ B21ドライバーの最新情報まとめ【スライサーにオススメです】

グレートビッグバーサ23 ドライバー

超軽量設計

カーボンクラウン、フォージドカーボンソールが採用されていて、超軽量設計になっています。

これにより、典型的なツアー向けのドライバーと比べると、約30gもの軽量化が実現されています。

ドローが打てる

軽量化により余剰重量が生み出されていて、ソールにはスチール製のプレートが搭載されています。

これにより、ドローの弾道が打ちやすくなっています。

JAILBREAK、フラッシュフェースも搭載

基本構造として、JAILBREAK、AI設計によるフラッシュフェースも搭載されていますので、キャロウェイを代表する最新テクノロジーがしっかりと搭載されています。

0811 XT GEN4、0811 X PROTOTYPE、0811 X+ PROTOTYPE、0211の6機種となります。

「PXG TD」という名称のドライバーはありませんので、2022年のニューモデルということになると思います。

グレートビッグバーサ23 ドライバーのスペック(US)

クラブスペック

  • ロフト角:9、10.5、12.5°
  • ライ角:60°
  • ヘッド体積:460cc
  • 長さ:45.75”

超軽量設計と謳っていますが、可変スリーブも搭載されていますので、ロフト角・ライ角を調整することもできます。

シャフトスペック

<UST MAMIYA HELIUM NANOCORE IP 50 GRAPHITE>

フレックス 重量帯 トルク 調子
LIGHT 50
REGULAR 50
STIFF 50

グレートビッグバーサ23 ドライバーのスペック(US)の発売日・発売価格

グレートビッグバーサ23 ドライバーの発売日は、USにて2022年11月4日です。発売価格は、$699.99(¥102,199)からとなっています。

※価格はフェアウェイゴルフUSAに記載のものです。

ビッグバーサ B21ドライバーの最新情報まとめ【スライサーにオススメです】