ROGUE」タグアーカイブ

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE サブゼロ ドライバー USモデルについて取り上げます。

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデル

ROGUE サブゼロドライバー USモデルは、ローグシリーズの中でも上級者向けのモデルです。公式サイトの説明によると、ツアーレベルのドライバーでありながら、慣性モーメントが大きく、スピン量を極めて少なく抑えたドライバー、ということになります。

Rogue Sub Zeroは並外れた成果です。強力な、非常に回転の少ない、ツアーレベルのドライバを高いMOI形状でパッケージ化したものです。

Rogue Sub Zero is an extraordinary achievement: a powerful, extremely low-spinning, Tour-level driver packaged in a high MOI shape.

引用:https://www.callawaygolf.com/more/clearance-clubs/clearance-drivers/drivers-2018-rogue-sz.html

シャローヘッドで慣性モーメントが大きくなっている

ヘッド形状はストレッチが長く、重心が深くなっています。この形状は慣性モーメントが大きくなりますので、所謂、やさしさをアップさせた形になります。キャロウェイのサブゼロは難しいという評価が多く聞こえるので、マジョリティーの意見が取り入れられたと思われます。

こちらは前年に発売されているGBB EPIC サブゼロドライバーと比較した画像です。GBB EPICの方がぷっくりしていて、ROGUEの方がシャローになっていることが分かります。

ウェイトが前後に2つ搭載されている

サブゼロドライバーの最大の特徴がウェイトの配置です。ソールの前と後ろに1つずつウェイトが搭載されています。スクリューウェイトと呼ばれるネジ状のもので、取り外して交換することができます。重量は2gと14gで重さが異なりますので、前後で入れ替えたり、オプションで別重量を購入する等で、重心を変えることができます。

前のウェイトを重くすれば、スピン量が減り、打ち出しが低くなり、操作性が高くなります。後ろのウェイトを重くすれば、スピン量が上がり、打ち出しが高くなり、直進性が増します。

JAILBREAK テクノロジー

キャロウェイのドライバーの代名詞にもなりつつあるJAIL BREAKテクノロジーは、ROGUEモデルにも搭載されています。ヘッド内部に設置された2本の柱により剛性が高められ、無駄なたわみを抑えられ、ボールスピードがアップします。

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ROGUEサブゼロのUSモデルと日本モデルでは、異なる点が2つあります。一つはウェイトです。標準装着されているウェイの重量が、USモデルでは14gと2gですが、日本モデルでは10gと2gとなっています。USモデルの方がヘッド総重量も重くなり、ウェイトの前後交換による重心の違いがより大きく表れます。

もう一つがシャフトです。ROGUEモデルに限ったことではなく、USモデルを検討する際に当てはまることですが、USのシャフトは日本のシャフトより同じフレックスでも硬いと言われています。選ぶ際は、1から1.5フレックス柔らかいものが調度よいという意見が多く聞かれます。

ROGUE サブゼロ ドライバーUSモデルのスペックデータ

  • 標準ロフト角:9°、10.5°
  • 調整ロフト角:8~11°、9.5~12.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:56°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D4

ROGUEサブゼロドライバーの試打

ROGUE サブゼロドライバーのUSモデルの試打動画は、日本語のものが見つかりませんでしたので、日本モデルの動画を紹介します。

  • ヘッドはソールした瞬間にフェースが開く。
  • ヘッドが返る感じはない、インサイドから入れても球がつかまり過ぎない。
  • GBB EPICよりもスイートエリアが広くなっている。叩いても左に行かない。フッカーでも左に行きすぎない。
  • スライサーが使うと、とんでもなく右に行く。

ROGUE サブゼロドライバーUSモデルのシャフト

US公式サイトでは、シャフトをカスタムで選択できます。公式サイトでは5種類のシャフトについて仕様が紹介されています。

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high
X-Stiff 70 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 69 low low

Project X EvenFlow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 78 low mid
X-Stiff 79 low mid

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE サブゼロ ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE サブゼロ ドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。

ROGUE ドロー ドライバーを徹底解剖!試打・スペックも掲載

キャロウェイから発売のROGUE DRAW ドライバーについて取り上げます。

ROGUE ドロー ドライバーはUSモデル

ROGUE ドロードライバーは日本で未発売のモデルです。そのたえ流通しているドロータイプはUSモデルとなります。

USモデルと言えど、日本でも簡単に購入できます。購入方法は本投稿の最後にまとめて紹介します。

ROGUE ドロー ドライバーのスペックデータ

  • ロフト角:9°、10.5°、13.5°(調整範囲±1°)
  • ライ角:59°
  • クラブ長さ:45.5インチ
  • ヘッド体積:460cc
  • バランス:D3

ヒール側にウェイトを搭載し、ドローバイアス設計になっている!

ローグドライバー、ローグサブゼロドライバーとの違いとして、ヒール寄りにウェイトが搭載されています。重心がヒール寄りになりますので、重心距離が短く、として、重心角が大きくなり、ボールのつかまりが良くなっています。

JAILBREAK テクノロジー

EPICで初めて搭載されたヘッドを縦に貫通する2本の柱、JAILBREAK テクノロジーは、ROGUE ドローモデルでも搭載されています。

クラウンとソールをがっちり固定することで、無駄なたわみを抑えボールスピードをアップしてくれます。

日本のローグスタードライバーと同じ?違う?

ウェイトの位置をみると、あれ?と思った方もいると思います。ヒール寄りにウェイトがあるソール設計は、日本のROGUEスタードライバーと同じです。では日本モデルと同じなのかというと、異なる点があります。

まず、USのROGUEドロードライバーにはホーゼル部分にロフト角の調整機能が付いています。日本のROGUEスラードライバーには付いていません。おそらく、クラブを軽量化するために外させていると思われます。もう1点はシャフトです。シャフトラインナップが異なっています。

ROGUEを試打した感想–マーク金井氏

ROGUE ドロードライバーの日本での試打動画は見つかりませんでした。シャフトの違い等ありますが、ウェイト位置は日本のGORUEスタードライバーと同じですので、スターの試打動画を見てみましょう。

  • ROGUEはEPICのモデルチェンジではなく、全く新しいモデル。
  • ヘッド形状はシャローフェースで、奥行がある。慣性モーメントは大きい。
  • シャローなため重心距離が長く、操作性は低い。
  • 飛距離性能が高そうで、EPICより安心感が強くなった。

ROGUE ドロードライバーのシャフト

日本のスタードライバーでは、Speeder EVOLUTION for CW 50が標準シャフトですが、USモデルではシャフトはカスタムで選択でき、公式サイトでは6種類のシャフトについて仕様と共に紹介されています。

なお、USのシャフトは日本のシャフトと比べて硬いと言われています。日本でSを使っている場合、USのRが調度良いという方が多いようです。

Aldila Quaranta 40 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 44 high mid
Regular 45 high mid

Aldila Synergy 50 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Light 56 mid mid
Regular 58 mid mid
Stiff 60 mid mid

Aldila Synergy 60 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 66 low-mid mid-high
Stiff 68 low-mid mid-high

Project X EvenFlow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Regular 65 mid mid
Stiff 67 low-mid mid
X-Stiff 65 low low

Project X HZRDUS Yellow 65 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 62 low low
X-Stiff 63 low low

Project X HZRDUS Yellow 75 Graphite

硬さ シャフト重量 トルク キックポイント
Stiff 76 low high
X-Stiff 76 low high

ROGUE ドロー ドライバー USモデルの購入方法について

ROGUE DRAWドライバーはUSモデルになりますので、基本的にネットショップで購入することとなります。

楽天でも取り扱いがありますが、US専門のフェアウィゴルフさんはスペック選択もでき、運営実績も長いので、安心して購入できます。

ヘッドをたわませて飛ばすオススメのドライバー3本!飛距離をアップ!

最近のドライバーのキャッチコピーや搭載機能を見てみると、少し前とメーカーが注力するポイントに変化が見られます。

少し前は、「スリット」や「ウェイト調整」が売りになっていたが・・・

数年前のドライバーでは、ソールやフェース裏面などにスリットを入れ、反発力や許容性を上げるモデルが多くみられました。もう一つはウェイト調整機能。ソール側にスライダーが付いていて、ドロー・フェード、スピン量調整が行えるモデルがぐっと増えました。

これらはとても素晴らしい機能のため、一過性のものではなく、最近のドライバーにも搭載され続けているものが多いです。

しかし、最近のドライバーではメーカー各社のPR文言を見ていると、力を入れる点が変わってきたことが分かります。

最近のドライバーは「たわみ」が主流!

かなり多くのモデルで「たわみ」というキーワードを強調しています。インパクトの際にヘッドがボワンとたわみ、それが復元することでボールスピードが上がる、というメカニズムです。

ここまで少々長くなりましたが、最近の主流である「たわみ」を活かしたドライバーについて、おすすめのモデル3本を紹介します。

キャロウェイ ROGUE スタードライバー

撓んで飛ばすと言えば、まず思い浮かべるのがキャロウェイのEPICで初めて搭載されたJAIL BREAKテクノロジーです。

低重心・深重心に苦心するモデルが多い中、重量感ありそうな2本の柱をヘッド前方に据えた画はインパクト充分。上下方向の無駄な撓みを抑えて、効率的に撓みをボールに伝えてくれます。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

最初に触れた通り、このテクノロジーはEPICにも搭載されていますので、GBB EPICスターを好んで選ばれるゴルファーも少なくありません。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

ちなみに、最近話題となっているEPIC FLASHにもJAIL BREAKは搭載と言われていますので、引き続き注目したいモデルです。

ブリヂストン TOUR-B XD-3 ドライバー

ブリヂストンと言えばゴルフともう一つ、タイヤです。PRGRも横浜ゴムですから、ゴルフとタイヤは研究開発からみて親和性が高いのでしょうかね。それはさておき、ブリヂストンのTOUR B XD-3ドライバーは、タイヤの技術が取り入れられています。

クラウンに金属弦が張られていて、たわんだ時の復元のスピードを速めてくれます。キャロウェイがたわみの生じさせ方にフォーカスしているのに対して、ブリヂストンは復元の仕方にフォーカスしているのが興味深いです。

ブリヂストン TOUR B JGR ドライバーの試打・評価、感想

ミズノ GX ドライバー

ミズノから発売されているGXドライバーは、ソールに溝が施されていて、たわんで飛ばすことができます。実際、平らなソールよりもたわみ量が多いそうです。

さらに、フェースも周辺部が薄くなっていて、フェース自身もたわみます。

出典:GXドライバー ミズノ公式ページ

ミズノ GXドライバーの試打・評価・感想

以上、たわんで飛ばすドライバー3本を取り上げました。たわみ以外にも弾道をセンターに戻してくれるモデルや、低スピンの強弾道で飛ばすモデルなど、飛距離アップの実現方法は様々です。

ご自身の課題と照らし合わせて、最適なドライバーを選ぶことで、飛距離アップを図りましょう。

ROGUEドライバーとEPICドライバーの違い

キャロウェイから2017年、2018年モデルとして発売されている人気のドライバーがあります。EPICとROGUEです。EPICの方が前のモデルになり、ROGUEは後継モデルになり、継承関係、いわば親子・兄弟モデルといった位置づけになります。

EPICとROGUEは大きく違うのか?

EPIC発売から翌年、「EPICを超えなければ、出す意味なんてない」と言い切って発売されたのがROGUEです。

この言葉だけ見て取れば、EPICではなくROGUEを選択すれば良いということになりますが、機能面・性能面での違い、価格の差がありますので、ゴルファーの選択は分かれています。実際、1世代古いEPICの方は、まだ売れ筋ランキングに顔を出しています。では、双方にあるものないものを見て行きましょう。

EPICとROGUEの両方にあるもの

EPICとROGUE、どちらにも共通するものはJAIL BREAKです。ヘッドを縦に貫通した牢獄のような2本の柱。

ROGUEの方が形状が砂時計型になっていて軽量化されているため、重量配分が工夫されていますので、若干の違いはあります。

ただ、無駄なたわみを抑えるという同じ機能を有していますので、どちらのモデルもボール初速のアップに2本の柱が貢献してくれます。

代名詞のようなテクノロジーですので、これがなければ、EPICでもないし、ROGUEでもないですね。

EPICにあって、ROGUEにないもの

EPICにはソールにペリメーター・ウェイティングが搭載されています。11gのウェイトを左右に動かすことができますので、弾道調整を行うことができます。

対して、ROGUEの方はソールにトラック的なものがなく、重心調整を行うことができません。なお、サブゼロモデルについては、ホーゼル部分でロフト・ライの調整を行うことができます。

GBB EPIC STAR ドライバーの試打・評価・感想

他メーカーの話になってしまいますが、テーラーメイドM3ドライバーのYトラックは左右前後に調節できますので、改めて優れものだなと感じます。

テーラーメイド M3 ドライバーの試打・感想・評価

もう一つ、EPICにあってROGUEにないものは、コストパフォーマンスです。さすがに1年の違いということで、モデルの性能の差は大きくはないと考えれば、1世代前のモデルは世代交代により市場価格が大きく下がります。

費用対効果という点で言えば、EPICは非常にお買い得と言えます。

ROGUEにあって、EPICにないもの

では次は反対に、ROGUEにあって、EPICにないものです。ROGUE(ここではスターモデル)は明確な重心設計です。

まず、ヒールの外側に2gのスクリューが搭載され、更にヒールの内側にウェイト設計されていて、ドローバイアス設計となっています。

その他、クラウン、JAIL BREAKの軽量化が図られ、余剰重量がヘッド周辺部に配置されているため、慣性モーメントが大きくなっています。

ROGUEは、つかまりやすい、右へのミスが出にくい、打点のブレに強いといった特徴があります。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

ドライバー 2018年モデルの売れ筋ランキング

ドライバーの2018年モデルは10月に入って一通り後期モデルもリリースされてきました。2018年前期のゼクシオ10ドライバーやM3、M4ドライバー、ROGUEスタードライバーなどに始まり、様々な特徴を持ったドライバーがゴルフメーカー各社から続々と発売されています。

2018年モデルの中でどのドライバーが一番売れているのか、大手ショッピングサイトのランキングをもとに、集計してみました。

第1位 テーラーメイド M4ドライバー

テーラーメイドのMシリーズから発売のM4ドライバー。M3とM4がありますが、アベレージゴルファー向けのM4が一番人気のドライバーです。

テーラーメイド M4 ドライバーの試打・感想・評価

第2位 タイトリスト TS2ドライバー

タイトリストから2018年後期モデルとして発売のTSモデル。TS2ドライバーは、これまでの9シリーズに代表されるタイトリストのアスリート向けモデルからガラッと変わり、スピードに拘りやさしさも兼ね備えた注目のドライバー。発売から間もないながらもM4に次ぐ人気は、予約注文が多いという表れでしょう。

タイトリスト TS2ドライバーの試打・評価、感想

第3位 テーラーメイド M グローレドライバー

1位のM4ドライバーに加えて、2018年後期モデルのM グローレドライバーが第3位です。Mシリーズがグローレと融合ということで、国内のゼクシオ人気に変革を起こすかもしれないドライバー。ヘッドスピードが速くないゴルファーやシニアゴルファーなど、ゼクシオあたりを使っていたゴルファーにとって興味をそそられるモデルであることは間違いありません。

M GLOIRE ドライバーの試打・評価、感想

第4位 タイトリスト TS3ドライバー

TS2ドライバーが第2位で、TS3ドライバーは第4位に入りました。ここまでテーラーメイドとタイトリストだけでランキングを独占しています。タイトリストを使ってみたいけど、プロツアーや上級者向けで手が出せないというゴルファーにとって、今回のTSモデルは驚きと喜びを持ってゴルファーに迎えられているようです。

タイトリスト TS3ドライバーの試打・評価、感想

第5位 キャロウェイ ROGUE STAR ドライバー

キャロウェイの2018年の新たなモデル、ROGUE。日本向けのROGUEスタードライバーが人気となっています。EPICで初めて搭載された2本の柱、JAIL BREAKがROGUEにも進化して搭載されています。たわみを最大限に生かしてボワンとぶっ飛ばしてくれる注目のドライバーです。

ROGUE STAR ドライバーの試打、感想

以上、2018年モデルで実際に売れているドライバーを1位から5位まで取り上げました。Mシリーズ、ROGUEが入っているあたりは順当ですが、ゼクシオ10やインプレスUD+2が入ってこないのは意外な結果でした。

その他にもブリヂストン、PRGR、ミズノなど、国内の実力派ゴルフメーカーはたくさんありますので、海外モデルに負けない人気モデルを作り上げて欲しいですね。