飛距離が出るドライバー ランキング

2018年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをおすすめランキングバー ランキング形式で紹介します。

「 TS4 」 一覧

TSドライバーのSURE FIT完全ガイド!ロフト・ライの調整機能、CGウェイトを徹底解説!

タイトリストのTSドライバーに搭載されている調整機能「SURE FIT」について、ロフト角・ライ角調整機能、CGウェイト、ウェイトオプション、スリーブ互換性について取り上げます。

SURE FIT ホーゼルとSURE FIT CGの違い?

SURE FITと名の付く調整機能は、SURE FIT ホーゼルだったり、SURE FIT CGだったり、幾つか種類があります。この他にもSURE FIT WEIGHTオプションがありまして、SURE FITは3種類の調整機能で構成されています。

  • SURE FIT ホーゼル
    ヘッドとシャフトの装着部にあるホーゼルとスリーブの組み合わせで、ロフト角・ライ角を調整し、弾道の高低・フェード/ドローを調整する機能。俗に言う「カチャカチャ」。
  • SURE FIT CG
    ヘッドを真横に貫通する棒状のウェイト。左右両端のウェイトを分散・片寄して、ドロー・フェードの調整が可能。
  • SURE FIT ウェイト
    上述のSURE FIT CGやソールに搭載されて固定ウェイトは、オプションで別重量が用意されていて、交換することで、重心深度・重心高低などの調整が可能。

SURE FITは、TSドライバーのモデルにより搭載されているものが異なる!

SURE FITを構成する3つの調整機能は、モデルにより搭載されているものが異なります。下記は分かりやすく表にまとめたものです。

モデル TS1 TS2 TS3 TS4
SURE FITホーゼル
SURE FITCG
SURE FIT WEIGHTオプション
丸形のソールウェイト 六角型のソールウェイト CGウェイト 六角型のソールウェイト

SURE FITホーゼルは全てのモデルに搭載されていますが、SURE FIT CGはTS3のみです。ソールウェイト・ヘッド貫通のウェイトは、全てのモデルでウェイトオプションが用意されています。

それでは、個々の調整機能について詳しく見ていきましょう。

SURE FIT ホーゼルの完全ガイド

SURE FIT ホーゼルとは?

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

SURE FITホーゼルは、ロフト角とライ角を調整できる機能です。専用レンチでヘッドとシャフトを取り外し、シャフトに装着されているスリーブ、そして、間に挟まったリングの組み合わせを変えることで、調整できます。

SURE FIT ホーゼルの調整内容

シャフト側のスリーブには1、2、3、4の刻印、間のリングにはA、B、C、Dの刻印があります。この数字とアルファベットの組み合わせにより、4×4=16通りのロフト角とライ角の組み合わせが可能となっています。

SURE FIT ホーゼルのセッティング表(右利き)

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

こちらがスリーブ(1~4)とリング(A~D)の組み合わせによる調整内容です。ロフト角は0.75°刻みで-0.75~+1.5°まで、ライ角も0.75°刻みで、-0.75~+1.5°まで調節可能です。

ロフト角は上げると高弾道、下げると低弾道になり、ライ角は上げるとドローに、下げればフェードになります。

SURE FIT ホーゼルのセッティング表(左利き)

左利きの方はスリーブとリングの組み合わせによる設定内容が異なりますので、ご注意ください。

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

SURE FIT ホーゼルの設定動画

タイトリストにより公式説明動画です。日本語字幕が添えられていますので、調整手順・注意点など確認することができます。

SURE FITホーゼルの互換性

公式ページの説明によると、「TSドライバーは917、915、913、910、VG3(2016/2014)ドライバー用SURE FIT ホーゼル付きシャフトと互換性がある」とされています。

SURE FIT CGの完全ガイド

SURE FIT CGとは?

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

SURE FIT CGは、917ドライバーで初めて搭載された重心調整機能です。917ではD2とD3に搭載されていましたが、TSドライバーではTS3のみとなっています。TS2ドライバーには搭載されていません。

ヘッドを横向きに貫通する棒状のウェイトにより、ドロー・ニュートラル・フェードの設定が可能となっています。

SURE FIT CGの調整内容

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

ウェイトの取り出しは、ドライバーはヒール側から、フェアウェイメタルはトゥ側から専用レンチを挿入して、エンドキャップを取り外します。この時、エンドキャップは中のウェイトに装着されていませんので、芝の上に落とさないように注意しましょう。

次にウェイトを取り出し、上図のように左右のウェイトを移動させることでニュートラル、フェード、ドローに設定します。ウェイトをヘッドに戻し入れたら、エンドキャップを取り付け、専用レンチで固定します。

SURE FIT CGの設定動画

前半がホーゼル、後半がCGを実際に調整する動画です。CGの調整の様子のみご覧になりたい方は24秒ぐらいからご覧ください。

SURE FIT CGの互換性

公式ページの説明によると、「TSドライバー、917ドライバー、TSフェアウェイメタル、917フェアウェイメタルの各SURE FIT CGウェイトとの互換性はない」とされています。

SURE FIT WEIGHT オプションの完全ガイド

SURE FIT WEIGHTオプションとは?

TSドライバーに搭載されているウェイトは、モデルにより異なりますが、それぞれ別重量がオプションとして用意されています。

TS1ドライバーではソール後方に丸形のウェイト、TS2ドライバーはソール後方に6角形のウェイト、TS3ドライバーはSURE FIT CGの棒状貫通型ウェイト、TS4ドライバーはソール前方にTS2と同じ6角形のウェイトです。

SURE FIT WEIGHTオプションの調整内容

出典:https://www.titleist.co.jp/surefit/

ウェイトの重量変更により、重心の深さ・高さが変わりますので、弾道の高低・スピン量・直進性を調節することができます。

「TS」関連のおすすめ記事

TSドライバーの全モデルを徹底比較!TS1、TS2、TS3、TS4

TS1ドライバーの試打・評価・感想

TS4ドライバーは小ぶりヘッドの低スピンモデル!

TS2ドライバーとTS3ドライバーの違い