飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

スピンがかかるウェッジ ピン

GLIDE 4.0ウェッジの最新情報まとめ!スペック・評価・発売日

投稿日:2022年3月19日 更新日:

★2022-06-06追記:試打動画を追加しました。

PINGから発売のGLIDE 4.0ウェッジについて、最新情報を取り上げます。

GLIDE 4.0ウェッジの特徴

GLIDE 4.0ウェッジは、GLIDEシリーズの第4世代のウェッジとなります。

前作に当たるGLIDE 3.0ウェッジは2019年に発売されていますので、3年振りのニューモデルとなります。

グラインドの種類は、前作と同じ4種類

ウェッジを特徴付けるソール形状は、前作のGLIDE3.0と同じ4種類です。

呼び方が、ソールからグラインドに変わりましたが、S、EYE2、W、Tで中身は同じです。

グラインド 特徴
S(スタンダード) ロフトバリエーションが豊富
様々なライからでも対応可能
EYE 2 名器PING EYE 2の形状を再現
バンカーから楽に脱出可能
W(ワイド) トゥ側とソール中央部が広い設計
寛容性に優れ、ダフリ防止に効果的な形状
T(シン) 最もソール幅が狭い
フェースを開いたロブショットに最適
グリーン周りからの多彩なショットが可能

PING契約プロも、早速、移行

PGAツアーの選手たちも、早速、GLIDE 4.0ウェッジを取り入れています。PINGのUS公式サイトの情報によると、キャメロン、チャンプ、コーリー・コナーズ、トニー・フィナウ、バッバ・ワトソンといった選手が挙げられます。

ツアープロが乗り換えるかどうかは、そのモデルの良さを表す大きな指標とも言えますので、評価は上々のようです。

エラストマーCTPが拡大

出典:clubping.jp

フェースの裏側には、エラストマーCTPが約36%拡大して搭載されています。

この素材はウェッジ以外にもi210アイアンなどにも採用されていて、心地良い打感と打音を実現してくれます。

エメリーブラスト仕上げ

出典:clubping.jp

溝の表面は、エメリーブラスト仕上げが採用されていて、敢えて粗く仕上げられています。

これにより、摩擦力がアップすることで、様々な状況でスピンの再現性が高まっていて、ショットの正確性・安定性の向上につながります。

GLIDE 4.0ウェッジの公式動画

GLIDE 4.0ウェッジの試打・評価

  • Sグラインド(58°/10°)
    スタンダードソールは、面が入って気持ち良い。
  • Wグラインド(58°/14°)
    明らかにソールが滑る感じがする。ざっくりが怖くない。Sと比べると、ソールが地面にいっぱいついてる感じがする。開いて打つと、ワイドソールが邪魔な感じがする。
  • Tグラインド(58°/6°)
    プロはThinソール選ぶ人が多い。抑えたつもりでもボールが浮く。フェースが潜る感じがある。振っても飛ばないウェッジ。出玉が高く出やすい。
  • EYE2グラインド(58°/8°)
    打ちやすい。Wよりやさしい。サンドだけEYE2を入れる人が結構いる。

GLIDE 4.0ウェッジのスペック

Sグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
46 64 12 35.5
50 64 12 35.5
52 64 12 35.5
54 64.3 12 35.25
56 64.3 12 35.25
58 64.5 10 35
60 64.5 10 35

EYE 2グラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
54 64.3 10 35.25
56 64.3 10 35.25
58 64.5 8 35
60 64.5 8 35

Wグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
54 64.3 14 35.25
56 64.3 14 35.25
58 64.5 14 35
60 64.5 14 35

Tグラインド

ロフト角 ライ角 バウンス角 長さ
58 64.5 6 35
60 64.5 6 35

シャフト

公式サイトで紹介されているシャフトは6種類です。

シャフト名 硬さ 重量 トルク 調子
NSプロ MODUS3 TOUR 115 S 118.5 1.6
NSプロ MODUS3 TOUR 105 S 106.5 1.7
NSプロ 950GH neo S 98 1.7
NSプロ 850GH neo S 88 2
Z-Z115 111 1.2 中元
DG EX TOUR ISSUE S200 131

GLIDE 4.0ウェッジの発売日・発売価格

GLIDE 4.0ウェッジの発売日は、2022年5月13日です。発売価格はシャフトにより異なります。

  • スチール:27,500円(DG EX TOUR ISSUE以外)
  • DG EX TOUR ISSUE:29,700円
  • カーボン:30,800円

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-スピンがかかるウェッジ, ピン
-, ,

関連記事

G30ドライバーのロフト角調整機能を徹底解説!

▼G410シリーズのロフト角・ウェイト調整機能については、下記記事をご覧ください。 ≫ G410 PLUS・LST・SFT ドライバーのロフト角・ライ角・ウェイト調整機能を徹底解説! PINGのGシリ …

PING GLIDEフォージドウェッジPROの最新情報まとめ!発売日・発売価格・スペック

PINGから発売のGLIDEフォージドウェッジPROについて、特徴・スペック・発売日・発売価格など、最新情報を取り上げます。 GLIDEフォージドウェッジPRO Amazon 楽天市場 フェアウェイゴ …

PING G410 PLUSドライバーの公式情報が出た!

PINGの2019年モデルとして囁かれていたG410ドライバーについて、ついにPINGから公式に発表されました。G410について、現在、確認されている公式の最新内容をまとめます。 G410 PLUS …

PING G400 LS TECドライバーの試打・評価・感想

G400 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUSAで探す PINGから2017年後期に発売されているG400 LS TECドライバー。ロ …

<速報>PING G410LSTドライバーの発売日とスペック

PING G410 LSTドライバーについてPINGの日本ページで公式掲載されましたので、発売日・スペック・価格など、速報で取り上げます。 G410 LST ドライバー/PING GDOで探す 楽天市 …