飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るドライバー テーラーメイド

ステルスとSIM2の違いの話が興味深かった件

投稿日:

テーラーメイドの2022年モデルは、これまでのSIMシリーズが終了して、SIM2からステルスになりました。

カーボンフェースを搭載したステルスのドライバーは、SIM2と比べてどうなのか、ゴルフ識者が語り合った動画が興味深かったので、取り上げつつ深堀してみました。

これまでにないステルス、評価の高いSIM2、どちらか迷われている方は、とても参考になる内容です。

ステルスとSIM2の違いについて語られている動画

こちらがステルスとSIM2について、ゴルフ識者にて語られている動画です。

SIM2も人気モデルでしたが、ステルスも爆発的に売れていて、瞬く間に人気燃えるとなっています。

この2つのシリーズのドライバーの違いについて、動画の中で興味深い話が出ていまして、特に注目したいポイントを以下にまとめました。

ステルスの特徴・優れている点

スピンが少ない

2022年は、キャロウェイからローグST、コブラからLTDx、そして、テーラーメイドからステルスが発売されています。

この注目の3メーカーのドライバーの中で、低スピン性能が最も評価されているのがステルスです。

最もハードで小ぶりなステルスPLUSドライバーは勿論のこと、寛容性を持たせたステルスドライバーも低スピン性能が優れています。

スピンが多くて困っている方にはオススメのモデルです。

球が低く出やすい

ステルスのもう一つの特徴が、弾道の低さです。低く出やすいという言い方もありますが、球が上がらないと表現されている方の方が多いかもしれません。

特に、ステルスシリーズそのものがツアープロに寄せていて、難しいモデルと言われていますので、それなりのヘッドスピードが合って、球を挙げられる方でないと、扱いが難しいかもしれません。

ステルスの試打動画を見ると、上級者の方でも可変スリーブをハイヤーにした、ロフトを大きい方にしたという方が少なくありません。

ステルスPLUS・ステルス・ステルスHDドライバーのロフト角調整機能について

打点のブレによるボールスピードの落ちなさ

カーボンフェースを搭載したことで、ドライバーヘッドで最も重量が掛かっていたフェースが半分近くまで軽量化されました。

これにより重量配分の自由度が高まったことで、打点のブレによる飛距離ロスが抑えられているようです。

【何処よりも早い】STEALTH(ステルス)ドライバーの最新情報・違いをまとめ|ステルスPLUS・ステルス・ステルスHDドライバー|試打・評価・スペック・シャフト・発売価格

SIM2の特徴・優れている点

弾道の安定性が高い

ステルスとの比較でもそうですし、それ以前のSIMとの比較でも、SIM2はやさしいシリーズと言われています。

SIMがハード過ぎたために、その揺り戻しでやさしくなったとも言われています。

寛容性がそこそこ備わっていることから、中・上級者でエースドライバーとして使用している方が多く、アベレージゴルファーの方でも、ドロータイプのSIM2 MAX-Dドライバーを愛用されている方が少なくありません。

それだけアマチュアであっても扱いやすく、テーラーメイドのアスリート向けドライバーの中では、寛容性が備わっているシリーズです。

SIM2シリーズのドライバー3種でオススメはどれか?【ゴルフ識者6名が徹底解説】

球が上がりやすい

ステルスが球が上がりづらいため、比較するとSIM2の方が球は上がりやすく感じる方が殆どだと思います。

SIM2・SIM2 MAX・SIM2 MAX-Dドライバーの最新情報まとめ【2021年】

打感が柔らかい

打感については、ステルスの方が乾いた感じがあり、SIM2の方が柔らかさがあります。

ただ、打感は好みの問題となりますので、良し悪しについては、人それぞれで評価が分かれるところです。

ステルスシリーズのドライバーを使うに当たっての注意点

ステルスシリーズは、扱うにはじゃじゃ馬感がありますが、なかなかのハードな仕上がりっぷりは魅力の一つです。

使いこなすに当たって、幾つか注意点などが出ていました。

  • ステルスPLUSは、ヘッドスピードが45m/sは欲しい。それぐらいないと、ヘッドのパフォーマンスが出せない。
  • ステルスのドライバーは3モデルあるが、ツアープロ向けのモデルなので、ある程度の腕自慢のゴルファーでないと難しい。
  • テーラーメイドとしては、ステルスはツアープロに使ってもらいたいモデルなので、ツアープロ向けの尖ったモデルになっている。
  • 球が浮く人じゃないと使いきれない。

まとめ

ステルスとSIM2のドライバーの違いについて、ゴルフ識者にて議論されている動画を取り上げつつ、ポイントをまとめました。

動画の中でも述べられている通り、ステルスはなかなか手強いモデルのため、腕に自信がないかもと言う方は、SIM2から試される方が、マークダウンのメリットもありますので良いかもしれません。

危険を承知で刺激が欲しい方は、ステルスに挑戦してみるのも面白いでしょう。

ステルスPLUSドライバーとSIM2ドライバーの違いを徹底解説!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, テーラーメイド
-, , , , ,

関連記事

G400 MAXドライバー の試打・評価・感想

PING ピンゴルフ ジャパンから発売されているG400 MAXドライバー。G400シリーズから4番目に満を持して登場となったMAXヘッド。 G400 MAX ドライバー/PING GDOで探す 楽天 …

タイトリスト 909 D3 ドライバーの試打・評価・感想

タイトリストから2009年モデルとして発売されている909 D3ドライバーについて、試打・評価・製品の特徴について取り上げます。 909 D3ドライバー/タイトリスト Amazonで探す 楽天市場で探 …

SIM2フェアウェイウッドのロフト角調整機能について

SIM2フェアウェイウッドに搭載されているロフト角・ライ角の調整機能(可変スリーブ)について取り上げます。 SIM2フェアウェイウッド テーラーメイド公式ストア Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェ …

ゼクシオ8 ドライバーの試打・評価・感想

ダンロップから2014年モデルとして発売されているゼクシオ8ドライバーについて取り上げます。 目次1 ゼクシオ8ドライバー2 スイング慣性モーメントという考え方を採用3 ゼクシオ8ドライバーの解説動画 …

SIM2ドライバーの試打・評価・感想

▼SIM2シリーズドライバーの最新情報については、下記記事をご覧ください。 ≫ SIM2・SIM2 MAX・SIM2 MAX-Dドライバーの最新情報まとめ【2021年】 テーラーメイドの2021年モデ …