飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るアイアン キャロウェイ

ローグSTシリーズのMAX FASTアイアンとMAX OS Liteアイアンの違いを徹底解説!

投稿日:2022年6月16日 更新日:

キャロウェイのローグSTシリーズのアイアンには、軽量モデルが2機種あります。

ローグST MAX FASTアイアンとローグST MAX OS Liteアイアンについて、違いを比較しながら解説します。

ローグST MAX FASTアイアンとローグST MAX OS Liteアイアンの位置づけ

ローグSTシリーズには2機種の軽量アイアンがあります。

とは言え、キャロウェイの公式サイトには、軽量モデルは1機種しか掲載がありません。

どう言うことかと言うと、ローグST MAX FASTアイアンは日本モデルの軽量版で、ローグST MAX OS LiteアイアンはUSモデルの軽量版です。つまり、どちらも軽量モデルと言う位置づけになります。

日本のローグST MAX FASTアイアンは、MAX OSと比べて25~30g軽量化されています。

一方、USのローグST MAX OS Liteアイアンの方は、重量が公表されていないため、軽量化の度合いは分かりません。

モデル 概要
日本 ローグST MAX FAST ストレートに振り抜く、
軽さで飛ばすMAX FAST。
US ローグST MAX OS Lite 高い打ち出し。
最も振りやすいアイアン。

ローグSTのMAX FAST(JP)とMAX OS Lite(US)の形状の違いを比較

バックフェースの違い

※左がMAX FAST(JP)、右がMAX OS LITE(US)

バックフェースは、ローグSTシリーズでデザインがほぼ統一されています。

どちらもフェース周辺が肉厚に縁取りされていて、寛容性を高めるキャビティー形状になっています。

構造としては、中空構造が採用されていますので、内部にはウレタン・マイクロスフィアが搭載され、飛距離性能だけでなく、打感の良さも備わっています。

ネック形状の違い

※左がMAX FAST(JP)、右がMAX OS LITE(US)

2機種のアイアンの違いが顕著に確認できるのが、上から見た時の映像です。

まず、ネック形状が大きくことなっています。

ローグST MAX FAST(JP)の方は、グースがありますが、ややすっきりした形状になっています。これは、前作のEPIC MAX FASTアイアンの時も同じで、MAX FASTタイプは、軽量・やさしいモデルでありながら、意外にもシャープな形状になっています。

一方、ローグST MAX OS Lite(US)の方は、キャロウェイのアイアンらしく、グースが非常にはっきりしています。

オフセットが極端に大きく、球がしっかりつかまる仕様になっています。

トップブレードについては、ローグST MAX FAST(JP)の方は、キャロウェイのアベレージゴルファー向けアイアンとしては薄めに仕上げられています。ネックも含めて、クセを抑えた軽やかなヘッド形状になっていますので、コントロールのしやすさもあります。

ローグSTのMAX FAST(JP)とMAX OS Lite(US)の特徴・スペックの違いを比較

テクノロジーの違い

モデル MAX FAST MAX OS Lite
形状 中空構造 中空構造
A.I. Design
FLASH FACE CUP
ウレタン・マイクロスフィア
タングステン・ウェイト

どちらのアイアンも、形状は同じ中空が採用されています。

そして、搭載されているテクノロジーも同じです。

スペックの違い

▼7番アイアンのスペック比較

モデル MAX FAST MAX OS Lite
ロフト角 27° 31.5°
ライ角 61.5° 62.5°
長さ 37″ 37″

7番アイアンのロフト角は、ローグST MAX FAST(JP)が27°、ローグST MAX OS Lite(US)が31.5°で、かなりの違いがあります。

特に、ローグST MAX OS Lite(US)アイアンは、MAX OSの28.5°と比べても、かなりフェースを寝かせてあります。

中級者向けぐらいのロフト角になっていますので、飛距離重視というよりも、高さがしっかり出せて、グリーンをしっかり狙いに行けるタイプのアイアンです。

ローグST MAX FAST(JP)は飛距離が出るタイプ、ローグST MAX OS Lite(US)は高さが出るタイプのアイアンとなります。

番手の違い

ローグST MAX FAST(JP)は、セットが6番~9番、PWで、単品で5番、AW、GW、SWがあります。つまり、5番~SWまで9種類の番手があります。

一方、ローグST MAX OS Lite(US)は、4番があり、1つだけ番手が多くなっています。

ただし、ローグST MAX OS Lite(US)の4番のロフト角は22°でして、ローグST MAX FAST(JP)の5番のロフト角と同じです。そして、一番下のSWは、共に56°です。

つまり、上と下のロフト角は22~56°で同じため、番手の数が単純に多いか少ないかではなく、ロフトピッチが粗い(MAX FAST)か細かい(MAX OS Lite)かで捉えて、どちらが自分に合っているかを見極めることが重要です。

弾道の違い

モデル MAX FAST MAX OS Lite
ヘッドサイズ
弾道 極高
飛距離性能
寛容性
操作性

ローグSTのMAX FAST(JP)とMAX OS Lite(US)のスペック

ローグST MAX FASTアイアン(JP)のスペック

番手 ロフト角 ライ角 クラブ長さ
5番 22 60.5 38.25
6番 24 61 37.625
7番 27 61.5 37
8番 31 62 36.5
9番 36 62.5 36
PW 41 63 35.75
AW 46 63.5 35.5
GW 51 64 35.25
SW 56 64 35

ローグST MAX OS Liteアイアン(US)のスペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ オフセット
#4 22° 60.5° 38.875″ 7.6
#5 25° 61.25° 38.25″ 7.1
#6 28° 62.0° 37.625″ 6.7
#7 31.5° 62.5° 37.00″ 6.1
#8 35° 63.0° 36.50″ 5.6
#9 39° 63.5° 36.00 5
PW 43° 64.0° 35.75″ 4.4
AW 47° 64.0° 35.50″ 3.8
GW 51° 64.0° 35.25″ 3.1
SW 56° 64.0° 35.00″ 2.4

ローグSTのMAX FAST(JP)とMAX OS Lite(US)のスペックの発売価格

<ローグST MAX FASTアイアン(JP)>

  • 5本セット(6~9、PW):132,000円
    発売価格(5、AW、GW、SW):26,400円

<ローグST MAX OS Liteアイアン(US)>

  • 5本セット(6~9、PW):103,712円

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るアイアン, キャロウェイ
-,

関連記事

テーラーメイド SIM MAX・SIM MAX OSアイアンの試打・評価!2つのアイアンの違いも徹底解説

テーラーメイドから発売のSIM MAXアイアンとSIM MAX OSアイアンについて取り上げます。 SIM MAXアイアン GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す フェアウェイゴルフUSAで …

ヘッドをたわませて飛ばすオススメのドライバー3本!飛距離をアップ!

最近のドライバーのキャッチコピーや搭載機能を見てみると、少し前とメーカーが注力するポイントに変化が見られます。 目次1 少し前は、「スリット」や「ウェイト調整」が売りになっていたが・・・2 最近のドラ …

【何処よりも早い】SIM2 MAXアイアン・SIM2 MAX OSアイアンの最新情報・違いをまとめ

テーラーメイドの2021年のSIM2シリーズから、SIM2 MAXアイアン、SIM2 MAX OSアイアンの2機種が発売となっています。 新たなアイアンの特徴・スペック・発売日・発売価格などについて詳 …

2019年の注目ドライバーは、EPIC FLASH、M5、M6ドライバー、G410 PLUSドライバー!?

2019年のドライバーに関する情報が少しずつ出回ってきています。そこで、本投稿では現時点で注目の2019年のドライバーを取り上げます。 目次1 キャロウェイの2019年モデルはEPIC FLASHでほ …

EPIC FLASH エピックフラッシュ SUB ZERO サブゼロ ドライバーの試打・評価・感想

キャロウェイから発売のエピックフラッシュ サブゼロドライバーについて、商品の特徴、試打の評価・感想を取り上げます。 EPIC FLASH サブゼロドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …