飛距離が出るドライバー ランキング

2021年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

距離・弾道測定器

FineCaddie ファインキャディ レーザー距離計の全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】

投稿日:2022年7月22日 更新日:

ゴルフ用のレーザー距離計ファインキャディは、Amazonや楽天でランキングの常連商品で、名前を見かけたことがある方も多いと思います。

GPSを手掛ける企業のため、ゴルフウォッチも手掛けていますが、人気があるのはレーザー距離計で、多数の機種を発売しています。

現在、公式サイトや公式ショップ(楽天・Amazon)に掲載されている全4機種について、機能を比較しながら、おすすめモデルを紹介します。

ファインキャディ 全4機種の機能・性能比較

ゴルフ用のレーザー距離計は、価格帯でみると大きく3つに分かれています。

高価格帯は、日本の大手老舗カメラメーカーであるニコンが手掛けるCOOLSHOT、そして、PGAツアー選手による使用率が高い世界的人気のブッシュネルです。

低価格帯は、ノーブランドで中国製の商品が中心で、価格は1万5千円前後です。

中価格帯は、商品数が豊富でブランド力と認知があるところが大半です。ブランドで言えば、本記事で取り上げているファインキャディ、ショットナビ、TecTecTecなどが挙げられます。

ファインキャディは、新商品を度々発売していて、レーザー距離計に力を入れています。そして、十分な機能・性能が備わっていますので、高額過ぎず、でも、しっかりとした品質を求める方にとてもオススメです。

本記事を執筆している時点で、ファインキャディの公式サイト・公式ショップ(楽天・Amazon)に掲載されているゴルフ用レーザー距離計は、J3、J1000、J300、J100の4機種となります。

▼ファインキャディ全機種の機能・性能の比較表です。

機種 J3 J1000 J300 J100
発売年 2022年
(7月)
2021年
(10月)
2020年
(10月)
2020年
(6月)
Amazon
最安値*
¥26,900 ¥29,900 ¥22,900 ¥19,900
楽天
最安値*
¥26,900 ¥29,900 ¥22,900 ¥19,900
測定距離 800m 1000m 1000m 1000m
手ブレ補正
スロープ
ノンスロープ
外部表示
ピンサーチ ◎*
振動通知
ディスプレイ モノクロ 2カラー モノクロ モノクロ
望遠倍率 6
測定速度
(通常)
0.2秒台 0.1秒台 0.16秒 0.25秒
測定速度
(ピンサーチ)
0.5秒台 0.3秒台 0.35秒 0.55秒
防水 生活防水
サイズ 92.7
×34.29
×62.2
108.8
×37.6
×67.8
106.8
×38.4
×66.4
106.8
×38.4
×66.4
重量 140g 171g 161g 161g
体積* 198cm3 277cm3 272cm3 272cm3
電源 充電(USB Type-C)
測定回数* 7,000回 8,000回 30,000回 30,000回
オートパワーオフ
*Amazon・楽天最安値:当記事執筆時点で調査した新品の最安値
*ピンサーチ:◎は、ピンサーチの成功・失敗を知らせてくれる機能
*体積:縦・横・奥行を乗じた算出値で、実際の製品体積とは異なる
*測定回数:満充電時の測定可能回数

ファンキャディの全モデルについて、機能・性能を一覧にまとめました。左から発売の新しい順になります。

次はこの表を元に、自分に合ったモデルを見い出すために、注目すべき点を解説していきます。

ファインキャディで注目したい特徴は3つ

ファインキャディの全機種について、上の表に機能・性能をまとめました。

外観は概ね全機種で似ていまして、デザイン的にはとてもシンプル設計です。機能・性能の順に並べると、最上位がJ1000、J3、J300、J100となります。

ファインキャディの購入を検討する際に、注目したい特徴は大きく3つあります。1つずつ解説していきますので、必要かどうかを判断していくと、自分に合ったモデルが見つかります。

特徴① ファインダー内の見やすさ

ディスプレイの見やすさで優れているのは、J1000とJ3の2機種です。

▼2カラー表示のJ1000

出典:Amazon

まずJ1000は、他の3機種がモノクロなのに対して、2カラー(赤と緑)で表示されます。

そして、明るさ表示も4段階の調整が可能となっていて、昼・夜問わず見やすいのが特徴です。

▼透過率が2倍以上アップしたJ3

出典:finevu.com

次にJ3は、J300・J100と同様にモノクロですが、一般的なLCDと比べて透過率が2倍以上も向上しています。

レーザー距離計はスコープ内のビューが暗い印象がある方もいると思いますが、より鮮明で明るく、見やすさが各段に良くなっています。

レーザー距離計で、結果表示の見やすさを求める方は「J1000」、スコープ内でのビューの鮮明さ・明るさを求める方は「J3」がオススメです。

≫ FineCaddie ファインキャディ J1000を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

≫ FineCaddie ファインキャディ J3を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

特徴② コンパクト設計

機種 J3 J1000 J300 J100
サイズ 92.7
×34.29
×62.2
108.8
×37.6
×67.8
106.8
×38.4
×66.4
106.8
×38.4
×66.4
重量 140g 171g 161g 161g
体積* 198cm3 277cm3 272cm3 272cm3

ファインキャディは、他メーカーと比べて基本的に小型な設計となっています。

上表をご覧頂くと分かりますように、J3を除いた3機種は、ほぼ同じような大きさになっています。

J3は、ファインキャディで最小・最軽量が売りとなっていて、サイズも重さもぐっとコンパクトになっています。

ラウンドの際に、測定の都度々々、収納ケースに出し入れするのではなく、ポケットに入れたままプレーしたい方は、格段に小型になったJ3が断然オススメです。

≫ FineCaddie ファインキャディ J3を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

特徴③ コスパ重視

▼全機種の価格比較

機種 J3 J1000 J300 J100
発売年 2022年
(7月)
2021年
(10月)
2020年
(10月)
2020年
(6月)
Amazon
最安値*
¥26,900 ¥29,900 ¥22,900 ¥19,900
楽天
最安値*
¥26,900 ¥29,900 ¥22,900 ¥19,900
*Amazon・楽天最安値:当記事執筆時点で調査した新品の最安値

ファインキャディは、価格が安い順に並べると、

J100 < J300 < J3 < J1000

となります。

J100とJ300では、注目すべき違いは測定スピードとカラーぐらいで、その他は大きな違いがありません。

そのため、J300を検討するのであれば、3,000円安いJ100の方がオススメです。

その上のJ3となると、7,000円高額になります。大きな違いとしては、J3の方が小型・軽量、スコープ内が鮮明・明るいという2点が挙げられます。

この違いに7,000円の価値があると感じられるのであれば、より新しいJ3がオススメです。

≫ FineCaddie ファインキャディ J100を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

≫ FineCaddie ファインキャディ J3を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ファインキャディのモデル別おすすめゴルファータイプ

ファインキャディ J3が適している方

ファインキャディ J3は、J100やJ300よりも上位機種ですが、機能的に優れているものの、性能的には若干のデグレードがあります。

  • 大測定距離:1,000m→800m
  • 測定スピード(一般測定):一般測定0.16秒→0.2秒台
  • 測定スピード(ピンファインダー測定):0.35秒→0.5秒台
  • 100%充電時の測定可能回数:30,000回→7,000回

ただ、これらのデグレードは、実用面では十分に許容できる範囲ですので、筆者としては気にしなくて良いレベルと捉えています。

それよりも、最小・最軽量であること、スコープ内のビューが鮮明で明るいことは、J3を選ぶに値するストロングポイントと言えます。

ファインキャディ J3は、コンパクトでポケットに入れたままプレーしたい方、スコープ内の明るさ見やすを重視する方にオススメです。

FineCaddie ファインキャディ J3を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ファインキャディ J1000が適している方

ファインキャディ J1000は、価格面・性能面から最上位の機種となります。

大きな特徴は、他の3機種がモノクロ表示なのに対して、緑と赤の2カラーで表示される点です。明るさも4段階の切替が可能なため、天候に合わせて見やすく調整することができます。

測定スピードも、一般測定が0.1秒台、ピンサーチ測定が0.3秒台と極めて速く、最大特定距離も1,000mと長く、性能面でも優れています。

ファインキャディ J1000は、測定結果の表示に見やすさを求める方、最上位の機種で所有感を重視する方にオススメです。

FineCaddie ファインキャディ J1000を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ファインキャディ J300が適している方

ファインキャディ J300は、既にご説明の通り、J100との差が殆ど無いモデルです。

主な違いは、繰り返しの説明になりますが、測定スピードとカラーぐらいです。

そのため、J300を検討されるのであれば、3,000円安いJ100の方からご検討されることをオススメします。

それでも敢えてJ300を選ぶ理由があるとすれば、カラーバリエーションが、J300に限ってブラウンがある点です。

ファインキャディ J300は、ブラウンのカラーバリエーションがどうしても良いという方に限ってオススメですが、それ以外の場合、機能的に上位で4,000円高いJ3、ほぼ同じ性能で3,000円安いJ100をオススメします。

FineCaddie ファインキャディ J300を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ファインキャディ J100が適している方

ファインキャディ J100は、全機種の中で最も古く、下位機種となりますが、筆者としては、最もオススメの機種です。

その理由としては、唯一、2万円を切る低価格、一つ上位のJ300と殆ど違いが無い、十分な機能・性能を備えている、J3ほどではないものの軽量・小型の部類に入ることが挙げられます。

ただ、スコープ内の見やすさは、J1000、J3の方が優れていますので、そちらを重視するか否かによります。

その他の機能・性能面では大きな差はありませんので、ファインキャディ J100は、価格を重視される方にオススメです。

FineCaddie ファインキャディ J100を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

まとめ

ファインキャディは、品数が多く、楽天やAmazonのランキングでも常連で、認知度・ブランド力があります。

1万円台のノンブランドの低価格商品ではなく、機能・性能面での充実と、メーカー・ブランドとしての認知度・安心感を求める方に適しています。

筆者としては、2万円を切るJ100、スコープ内が明るく鮮明なJ3の3機種がオススメです。

【2022年】ゴルフ レーザー距離計 おすすめ13種をランキングで比較・紹介!失敗しない選び方も徹底解説

ゴルフレーザー距離計と腕時計型GPSゴルフナビのメリット・デメリットを徹底比較【おすすめポイント・違いを解説】

1万円台で買えるゴルフ レーザー距離計!おすすめランキング

【2022年】小型・ミニサイズのゴルフ レーザー距離計!おすすめランキング!

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-距離・弾道測定器
-,

関連記事

ボイスキャディ 音声タイプの全モデルを徹底比較【選び方・おすすめモデルが分かる完全ガイド】 VC4 Aiming・VC300A・VC170

ゴルフ用のGPS距離計測器は、腕時計型、PDA型など色々なタイプのものが発売されています。 その中で、VCジャパンが販売するVOICE CADDIEの音声タイプのものが、キャップに取り付けられ、操作も …

グリーンオン ザ・ゴルフウォッチ ノルム2を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用の距離測定器・GPSナビとして人気のあるグリーンオン ザ・ゴルフウォッチ ノルム2について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 ▼前作のザ・ゴルフウォッチ ノルムは、コチラの記事をご覧ください …

GOLFBUDDY ゴルフバディ GB LASER liteを徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計で小型で注目の「GOLFBUDDY GB LASER lite」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 GOLFBUDDY ゴルフバディ GB レーザー lite Ama …

Pin-Eagle ピンイーグル レーザー距離計を徹底解説!使い方・特徴・評価まとめ

ゴルフ用のレーザー距離計で「Pin-Eagle ピンイーグル」について、使い方・特徴・評価を取り上げます。 Pin-Eagle ピンイーグル レーザー距離計 GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …

GOLFBUDDY ゴルフバディ aim W11とW10の違いを徹底解説!

ゴルフ用の腕時計型GPSゴルフナビでゴルフバディから発売のGOLFBUDDY aim W11とW10について、違いを解説します。 GOLFBUDDY ゴルフバディ aim W11 Amazon 楽天市 …