飛距離が出るドライバー ランキング

ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介

飛距離が出るユーティリティ 歴代モデル スリクソン

スリクソンの歴代ハイブリッドを一挙紹介!

投稿日:2023年1月6日 更新日:

スリクソンの歴代ハイブリッドについて、スリクソンの位置づけ・歴史を振り返りつつ、これまでのモデルを時系列にまとめました。

スリクソンとゼクシオの関係

*参考:dunlop.co.jp

スリクソンとゼクシオは、どちらも住友ゴム工業のゴルフブランドです。

XXIOがシニア・アベレージゴルファー向けなのに対して、スリクソンはアスリート向けで、中・上級者から支持されています。

どちらのブランドも、サイト上にダンロップの名前が表示されています。これは、住友ゴム工業が商標権を所有しているためで、ゴルフだけでなく、テニス、アウトドア用品などでもこのブランド名が使われています。

そのため、ゴルフでの位置付けとしては、住友ゴム工業が持つダンロップの商標権の下に、スリクソン、ゼクシオがあります。

ちなみに、ダンロップゴルフのサイトには、スリクソン、ゼクシオの他に、クリーブランドゴルフとアシックスも掲載されています。

クリーブランドゴルフはウェッジなどで知られるアメリカのゴルフ用分メーカーで、2007年に当時のSRIスポーツが買収していますので、ダンロップゴルフ傘下です。一方、アシックスは資本関係はなく、ゴルフシューズの分野で業務提携を結んでいます。

スリクソン、Zシリーズ、ZXシリーズの名前には意味がある

「スリクソン」というブランド名、そして、「Z」、「ZX」というシリーズ名には、意味が込められています。

ブランド名の「スリクソン」の由来と意味

スリクソンは、英語表記にするとSRIXONでして、名前の由来には住友ゴム工業の社名も関係しています。

以下の3つを繋ぎ合わせて、「限りなく将来に向かうSRI」という意味が込められているそうです。

  • SRI:Sumitomo Rubber Indusutries
  • X:Unlimited
  • ON:Going onwards

シリーズ名の「Z」「ZX」の由来と意味

スリクソンの2020年より前のモデルは、Zシリーズと呼ばれていまして、2020年からはZXシリーズに改称しています。

Zシリーズの名前の由来は、アルフベットでZが最後の文字で、これを超えるものが無いことから、「究極」という意味で用いられています。

そのZシリーズは、2012年はZ25、2014年はZ45、2016年はZ65、2018年はZ85となっていて、この頃は発売年をモデル名に含めていました。

そうなると、2020年はZ05で良さそうですが、二桁で表しているため、10年で桁あふれを起こしてしまい、2022年は再びZ25となってしまいます。

恐らくその重複を避ける意図で、2020年はローマ数字で10の意味がある「X」を付した「ZX」に改称したのではないかと思われます。

なお、ZXシリーズの名前の意味については、当時のプレスリリースで、「Z(究極の) X(飛び) 」という説明がありました。

スリクソンの歴代ハイブリッドのモデル年表

シリーズ 発売年 モデル名
2007年 スリクソン AD Hybrid
2009年 スリクソン ハイブリッド
2011年 スリクソン ハイブリッド(2代目)
Z 2012年 Zハイブリッド ユーティリティ
Z 2014年 Z H45ハイブリッド
Z Z F45 ツアーハイブリッド
Z 2016年 Z F65ハイブリッド
Z 2018年 Z F85ハイブリッド
ZX 2020年 ZXハイブリッド
ZX 2022年 ZX MKⅡハイブリッド

スリクソンのウッドは2002年にW-201というモデルが発売されています。

ハイブリッドはその3年後の2005年には、AD HybridがUSモデルで確認されていますが、このモデルは日本の公式サイトでは掲載がありません。

日本の公式サイトで確認可能な最も古いハイブリッド(ウッド型ユーティリティ)は、2007年のスリクソン AD Hybridです。

その次は、スリクソン ハイブリッドが同名で2代目まで発売され、その後、Zシリーズ、ZXシリーズと続いています。

2007年 スリクソン ADハイブリッド

特徴

  • トゥ・ヒールにタングステンニッケルの「ハイパワーウエイト」を配置。
  • 慣性モーメントが大きく、アイアン並の正確性でグリーンを狙える。

スペック

番手 U2 U3 U4 U5
ロフト角 16 19 22 25
ライ角 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積 112 114 116 118
長さ(カーボン) 40.75 40.25 39.75 39.25
長さ(スチール) 40.25 39.75 39.25 38.75

2009年 スリクソン ハイブリッド(初代)

特徴

  • 中央部分を薄肉化した「新肉厚構造フェース」により、反発性能がアップし反発エリアも拡大。
  • ヘッドはシャローで、トウ・ヒールにはタングステンウエイトを装着し、ボールが上がりやすく高弾道でグリーンを狙える。
  • トウ側の丸みを落とした形状により、引っかかるイメージが抑えられアベレージゴルファーから上級者まで使える。

スペック

番手 U2 U3 U4 U5
ロフト角 16 19 22 25
ライ角 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積 104 104 104 104
クラブ長さ 40.75 40.25 39.75 39.25

2011年 スリクソン ハイブリッド(2代目)

特徴

  • ソールのセンター側からバック側にかけて施された凹み構造により、接地部の摩擦を軽減。
  • ソールに装着されたタングステンニッケルウエイトにより低重心化。
  • 「新肉厚構造フェース」によりターゲットゴルファーの打点方向にスイートエリアを拡大。

スペック

番手 U2 U3 U4 U5
ロフト角 16 19 22 25
ライ角 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積 110 112 114 116
長さ(カーボン) 40.75 40.25 39.75 39.25
長さ(スチール) 40.25 39.75 39.25 39.75

2012年 Zハイブリッド ユーティリティ

特徴

  • 新肉厚構造フェースによる反発性能を向上
  • 「デュアル スピード テクノロジー」を進化
  • プロ・上級者の求める操作性の良さを発揮

スペック

番手 U2 U3 U4 U5
ロフト角 16 19 22 25
ライ角 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積 106 108 111 113
長さ(カーボン) 40.75 40.25 39.75 39.25
長さ(スチール) 40.25 39.75 39.25 38.75

2014年 Z H45ハイブリッド

特徴

  • ソールのラウンドを番手ごとに設計した「ラウンドフロー設計」を採用。
  • 低番手は後方を下げたフラットソールを採用し、低重心化により上げやすさを重視。
  • 高番手は後方を上げたラウンドソールを採用し、抜けのよさ・ターゲットの狙いやすさを重視。

スペック

番手 U2 U3 U4 U5
ロフト角 16 19 22 25
ライ角 59 59.5 60 60.5
ヘッド体積 111 108 103 99
長さ(カーボン) 40.75 40.25 39.75 39.25
長さ(スチール) 40.25 39.75 39.25 38.75

2014年 Z H45ツアーハイブリッド

特徴

  • 「ブースターカップフェース」を搭載し、スイートエリアが拡大。
  • アイアンと同様のフラットなフェース面を採用し、フェース下部のトウ・ソール側を拡げ、アイアンに近い感覚でアドレスできる。

スペック

番手 2番 3番
ロフト角 16 19
ライ角 58 58.5
ヘッド体積 105 108
長さ(Miyazaki) 40.75 40.25
長さ(NS) 40.25 39.75
長さ(DG) 40 39.5

2016年 Z H65ハイブリッド

特徴

  • フェアウェイウッドの5・7番と同様に「アークサポートチャネル(溝構造)」を採用。
  • センター打点と上打点での飛距離のバラつきが抑えられ、安定した飛距離を実現。
  • 溝の深さは高番手ほど深く設計され、スピン量が安定化。

スペック

番手 2番 3番 4番 5番 6番
ロフト角 16 19 22 25 28
ライ角 59 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 110 108 105 102 100
長さ(カーボン) 40.75 40.25 39.75 39.25 38.75
長さ(スチール) 40.25 39.75 39.25 38.75 38.25

2018年 Z H85ハイブリッド

特徴

  • ヘッドの大型化と更なるフェースの薄肉化により、反発エリアを拡大し、安定した方向性を実現。
  • 5番ウッド・7番ウッドと同様にクラウン部分に段差をつけたステップクラウンを採用。
  • 高い打ち出しと安定したスピンを実現。

スペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 59.5 60 60.5 61
ヘッド体積 112 109 110 110
長さ(カーボン) 40.25 39.75 39.25 38.75
長さ(スチール) 39.75 39.25 38.75 38.25

2020年 ZXハイブリッド

特徴

  • ドライバー・フェアウェイウッドと同様に、4層構造の「REBOUND FRAME」を採用し、反発性能を向上。
  • クラウンにはステップ形状を採用し、重量の最適化による高打ち出しとスピンの安定性を実現。
  • FPを小さくし、アイアン感覚でアドレスができることで、方向性が出しやすい。

スペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 57.5 58 58.5 59
ヘッド体積 110 108 103 101
長さ(カーボン) 40.25 39.75 39.25 38.75
長さ(スチール) 39.75 39.25 38.75 38.25

スリクソン ZXハイブリッドの試打・評価・感想

2022年 ZX MKⅡハイブリッド

特徴

  • 剛性の低いエリア・高いエリア」を交互にした4層構造の「REBOUND FRAME Mk II」により、大きな撓みを実現。
  • 余剰重量をソール後方に配置し、深低重心設計により、高慣性モーメント・高打ち出し・スピンの安定性を実現。

スペック

番手 3番 4番 5番 6番
ロフト角 19 22 25 28
ライ角 57.5 58 58.5 59
ヘッド体積 107 105 105 105
長さ(カーボン) 40.25 39.75 39.25 38.75
長さ(スチール) 39.75 39.25 38.75 38.25

スリクソン歴代モデル

スリクソンの歴代Z・ZXドライバーを一挙紹介!初代Z925は超小振りな380cc

スリクソンの歴代Z・ZXアイアンを一挙紹介!初代はZ525・Z725・Z925の3タイプ

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るユーティリティ, 歴代モデル, スリクソン
-, ,

関連記事

ヤマハ 歴代RMXドライバーを一挙紹介!初代は2012年のインプレスX RMX

ヤマハから発売の「RMXシリーズ」は、ヤマハの契約プロによりツアーで使用されていて、ヘッドとシャフトが別々に購入できることでも人気のモデルです。 これまで発売されているRMXシリーズのドライバーについ …

スリクソン ZXシリーズのツアープロの使用・移行状況まとめ

スリクソンの2020年モデルとして、ZXシリーズがが発売となっています。 ツアープロも使うシリーズのため、前作となるZ585・Z785ドライバーから、ZXのどのモデルに移行されているか、ダンロップ契約 …

G410ハイブリッドの試打・評価・感想

PINGのG410シリーズから発売のG410ハイブリッドについて、試打・評価・スペックなどを詳しく取り上げます。 G410ハイブリッド Amazon 楽天市場 ゴルフダイジェスト ゴルフパートナー 目 …

XXIOプライムドライバーの歴代シリーズを一挙紹介!初代は2001年に発売!

XXIOプライムの最近のモデルについてはコチラをご覧ください ≫ XXIOプライムドライバー 2021の最新情報まとめ ゼクシオのゴルフクラブと言えば、シニアを中心としたヘッドスピードが遅めの方向けで …

スリクソンの歴代Z・ZXドライバーを一挙紹介!初代Z925は超小振りな380cc

スリクソンから発売のZシリーズ ドライバー。アスリート向けモデルとして、上級者のゴルファーを中心に支持されている国内ブランドの人気モデルです。これまで発売されているかZシリーズのドライバーについて、歴 …