当サイトは広告が含まれています

【購入前に要チェック】パラダイム◆◆◆ドライバーの試打・評価まとめ【特徴・適合ゴルファーが分かる】

飛距離が出るドライバー キャロウェイ 2023年2月14日

キャロウェイのパラダイムシリーズから、唯一、ツアー仕様のモデル、パラダイム◆◆◆ドライバーが発売されています。

スポナビゴルフのゴルフ識者3名が、実際に試打した感想をユーチューブで解説されています。

パラダイム◆◆◆ドライバーに興味がある方にとっては、とても参考になる内容でしたので、注目すべき点をまとめました。

パラダイム◆◆◆ドライバーを試打した感想を、スポナビゴルフで議論している動画

▼パラダイム◆◆◆ドライバーのところ(11:38頃)から再生されます

こちらの動画で、パラダイムシリーズのドライバーについて、ゴルフライターの鶴原氏、クラブフィッターの小倉氏、ティーチングプロの石井氏にて解説されています。

ドライバー4機種についての解説でしたが、パラダイム◆◆◆ドライバーの話になると、3名が俄然ヒートアップして談義に熱がこもっています。

トリプルダイアモンドに興味がある方にとっては、とても参考になる内容でしたので、動画の内容を踏まえつつ、注目したいポイントをまとめました。

パラダイム◆◆◆ ドライバーの試打・評価・感想

クラブフィッター小倉氏の評価

ローグST MAX LSとは別物

パラダイムシリーズの低スピンタイプは、パラダイム◆◆◆ドライバーです。

そして、前年のローグSTシリーズの低スピンタイプは、ローグST MAX LSドライバーです。

▼ローグST MAX LSとパラダイム◆◆◆のスペック比較

モデル ローグST MAX LS パラダイム◆◆◆
ロフト角 9/10.5° 8/9/10.5°
ライ角 57° 57°
ヘッド体積 455cc 450cc
長さ 45.5インチ 45.5インチ

必然的にこの2機種の比較の話になるわけですが、一方はトリプルダイアモンドで、もう一方はMAXのLSのため、いわゆる低スピンタイプとしての味付けには違いがあります。

ローグST MAX LSより操作できる

ローグST MAX LSの方は、直進性が高くて低スピンだった。(そのため、ヘッドの返しが間に合わず)全部、球が右に滑って行った。

パラダイム◆◆◆ドライバーは、きっちり間に合って、更に強い球になる。

小倉氏としては、ヘッド形状がキュッとしてシャープになっていて、ヘッドを操作(グリグリ)できる点を高評価されています。

ゴルフライター 鶴原氏の評価

最もヘッドスピードが出たのは◆◆◆

ジョンラーム、シャウエレが打ったところ、ヘッドスピードが4マイル上がった。メーターだと1.78。

それは「嘘だろう?」と思ったが、実際にヘッドスピードが出る。

一番出るのは◆◆◆だった。

パラダイムシリーズは、全般的にボール初速が出るという声が多く聞かれます。

鶴原氏も特に◆◆◆のスピード性能について、高評価されています。

強烈な飛びを欲する方にとって、◆◆◆は魅力的なモデルなのは間違いありません。

飛距離性能で言えば、ステルス2 PLUSドライバーも欠かせませんが、パラダイム◆◆◆ドライバーには、もう一段上に押し上げる裏技があります。

前後に搭載されているウェイトは入れ替えが可能で、しかも、デフォルトでは前方2g、後方14gで深重心ですが、これを入れ替えると超浅重心になります。

スピンを強烈に抑えて、ライナー性の強い球を欲する方にとっては、スペシャル・チューニングができる点は見逃せません。

でも使わない(使えない)

飛距離性能に優れてはいるものの、実際に使うかというと、鶴原氏の答えは「NO」です。

打ってみたら右にパーンと飛んで行って、次につかまえに行ったら左にパーンと飛んで行って1,500回転とかになった。

扱いきれれば良い球が出るが、450ccの小振りなヘッドは、よく言えば操作性が高いですが、ヘッドの機敏性が高いため、正確に操作するのが難しいとも言えます。

上手く打てたら一番ボールスピード出たけど、これは操作したい人向け。飛ぶポテンシャルはある。

真っ直ぐにしか行かない、つかまえた球しか出ないという、いわゆるオートマチックなものとは、真反対にいるモデルです。

対象ゴルファーとしては、ヘッドを出したなりの弾道を強く求める方、低スピンの強いライナー性の弾道を求める方、強烈に叩いても左に行かないタイプを求める方に適しています。

ティーチングプロ 石井氏の評価

形状がシャープになっている

EPICのトリプルダイアモンドが三角形(で似ている)。シュッとしたシャープな感じ。

ローグSTの◆◆◆より小さく見える。

ヘッドの大きさや形状は、ゴルファーそれぞれで好き好きがありますが、石井氏は、ローグSTのMAX LSや◆◆◆よりも引き締まったヘッドを評価されています。

※左がローグST MAX LS、右がパラダイム◆◆◆

実際にクラウンの映像を並べてみると、右のパラダイム◆◆◆の方がヒール寄りをが絞られていて三角形型に近い、まさに「シャープ」な形状になっています。

小ぶりなヘッドで振り抜きやすさを求める方、ヘッドの高MOIが生み出す余計な動きを求めない方にとっては、扱いやすい形状です。

球は上がらないため、ロフト選びが重要

9.0°は手強かった。球が上がらなかった。ローグSTよりもスピンが少なかった。

試すなら10.5°で行きたい。

今回、パラダイムの低スピンタイプとして、MAX LSではなく◆◆◆をプロパーモデルに持ってきています。

全体的にハードになっていることもあり、◆◆◆はより低スピン性能に優れて上級者向けになっています。

ローグST MAX LSの方は、高MOIによるお助け感がありますが、それが邪魔だったという方には、パラダイム◆◆◆ドライバーは歯応えがあるモデルだと思います。

反対に、低スピンは求めるが、引き続き助けて欲しいという方は、ノーマルのパラダイムドライバーがオススメです。

ロフト角は、ローグST MAX LSにはなかった8.0°もあり、3種類から選ぶことができます。

ウェイトの入れ替えにより、更なる浅重心設計も可能なため、弾道の高さに不安がある方は、無理せず10.5°も検討されることをオススメします。

結果を求めるならノーマルかX

コースでの平均点を考えたら、ノーマルかXが良い。

◆◆◆を評価しつつも、パラダイムシリーズのドライバー選びとしては、ノーマルとXをオススメされています。

繰り返しになりますが、パラダイムシリーズは全体的にローグSTシリーズよりも低スピン性能が高く、つかまりを抑えてあります。

名称的に同等モデルに移行すると、やや難しく感じられると思いますので、上級者の方でもパラダイムのノーマルタイプは十分フィットすると思いますし、標準的な方でもドロー仕様のXでこちらも十分フィットする方が多いと思います。

キャロウェイ PARADYM パラダイム ドライバーの最新情報・違いをまとめ!パラダイム・パラダイム X・パラダイムMAX FAST・パラダイム ◆◆◆

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, キャロウェイ
-, , ,

関連記事

【打音で選ぶ】いい音がするドライバー 2021・2020年おすすめランキング!

ドライバーを選ぶ基準の一つに、フィーリング面が入っている人も少なくないと思います。 フォルムやカラーリングの視覚的な要素以外にも、打感・打音が好みかどうかは、使い続ける上で大事なポイントです。 そこで …

【操作性を重視】小振りなヘッドのドライバー おすすめモデル5選

ドライバ―は長らく大型ヘッド主流の時代が続いています。 しかし、ここ数年、ミニヘッドを選択するツアープロが優勝し、改めて小振りなヘッドに注目する向きが出てきています。 本投稿では小振りなヘッドのドライ …

M5ドライバーの評価・くちこみをまとめました

テーラーメイドから発売のM5ドライバーについて、評価やクチコミ・感想をまとめました。 テーラーメイド M5 ドライバー GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す 目次1 M5ドライバーの特徴2 …

ROGUE SUB ZERO ドライバーの試打、感想

キャロウェイから発売されているROGUE SUB ZERO ドライバー。ROGUE スタードライバーも人気のモデルですが、ハードヒッターの方には数量限定のSUB ZEROがお勧めです。 ROGUE S …

最近のドライバーはソールの溝がなくなっている!?

テーラーメイドのスピードポケットに代表されるソールの溝について、最近のドライバーでは採用されないモデルが出てきました。溝の役割や、各社の採用状況について調査しました。 目次1 ヘッドの溝の役割は?2 …