当サイトは広告が含まれています

G430 LSTフェアウェイウッドの試打・評価・感想【素材・構造がLSTだけ違う】

飛距離が出るフェアウェイウッド ピン 2023年3月11日

PINGのG430 LSTフェアウェイウッドについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。

G430 LSTフェアウェイウッド

G430シリーズのフェアウェイウッドは、発売開始時点では、MAX、SFTの2機種でしたが、その後、LSTが追加されました。

適合リストでは、一早くG430 LSTフェアウェイの存在が確認されていましたので、追加されたのは予想通りの展開です。

ただ、これまでのLSTフェアウェイとは異なっています。

G430 LSTフェアウェイがこれまでと違う4つのポイント

①素材の違い

モデル G430 MAX・SFT FW G430 LST FW G425 LST FW
ボディ 17-4ステンレス 811チタン 17-4ステンレス
クラウン カーボン カーボン 17-4ステンレス
フェース マレージング鋼C300 2041βチタン マレージング鋼C300

前作のG425フェアウェイウッドでは、構造・素材はMAX、LST、SFTで同じでした。

しかし、G430フェアウェイウッドでは、MAXとSFTでボディが17-4ステンレスとカーボン、フェースがマレージング鋼ですが、LSTだけボディが811チタン、フェースが2041βチタンとなっています。

  • ボディ:17-4ステンレス→811チタン
  • フェース:マレージング鋼→2041βチタン

要するにLSTでは、ステンレスとマレージング鋼から、軽量なチタンに変更されていて、余剰重量が生み出されています。

②構造の違い

*出典:clubping.jp

従来モデルでは、MAX・SFT・LSTで基本的なヘッド構造は同じでしたが、G430 LSTは、MAX・SFTと異なるパーツが採用されています。

ソールには約80gのタングステン素材のプレートが装着されていて、前述のボディの軽量素材との相乗効果で、前作比で約29%の低重心化が図られています。

③ロフト角の違い

モデル G430 LST FW G425 LST FW
ロフト角 15° 14.5°
ライ角 57.5° 57.5°
ヘッド体積 169cc 165cc
長さ 57.5″ 57.5″

スペックもロフト角のみ変更が入っています。

G410、G425では14.5°でしたが、G430では15°になっていますので、0.5°のハイロフトとなています。

軽量素材、ソールパーツ(80gウェイト)、そして、ハイロフトにより、球が上がりやすい変更が加えられています。

④価格の違い

従来までは、MAX・LST・SFTは同一価格でしたが、G430 LSTフェアウェイは、素材・構造が異なるためか、全く異なる価格となっています。

  • G430 MAX・SFT:60,500円
  • G430 LST:93,500円

MAX・SFTと比べると、LSTは33,000円高額で約1.5倍の価格です。

ちなみに、G425シリーズでは、フェアウェイウッドが47,300円でしたので、LSTはほぼ2倍の価格に跳ね上がっています。

値上げしてもバカ売れ状態が続いているPINGですから、この玄人向けのLSTも問題無く売れてしまうのかが気になるところです。

ちなみに、次の試打動画で紹介する試打ラボしだるTVの石井プロは、早速、注文を入れているとのことです。

G430 LSTフェアウェイウッドの試打・評価

G430 LSTフェアウェイウッドをトラックマンで計測試打・評価

試打クラブは、ヘッドが3番(15°)、シャフトはPING TOUR 2.0 CHROME 65 S、PING TOUR 2.0 BLACK 75 Sです。

<試打・評価のポイント抜粋!>

  • ヘッドはペタッとしている。上から見ても潰れて見える。球拾いそうで右に行きそうに見える。
  • 契約プロが打って、とても飛ぶと話題になっているモデル。
  • 従来のPINGのモデルと比べると、間違いなくスピンは少ない。
  • 打音は、爽快で弾き感がある。チタンの音。
  • ギュンギュンつかまるヘッドではないので、つかまえられる人が、左に行き過ぎない安心感がある。球は拾ってくれる。

試打者の石井プロは、5番がG430 MAXフェアウェイ(ロフト-1°)を使っていて、3番はG430 LSTフェアウェイを組み合わせる予定とのことです。

G430 LSTフェアウェイウッドのスペック

番手 3番
ロフト角 15°
ライ角 57.5°
ヘッド体積 169cc
長さ 43”

G430 LSTフェアウェイウッドのシャフト

G430シリーズのフェアウェイウッドのシャフトは、全機種で共通となっています。公式サイトでは5種類のシャフトが紹介されています。

シャフト 素材 フレックス 重量 トルク 調子
ALTA J CB BLACK カーボン R 46 4.1
SR 50 4 中先
S 54 3.9
PING TOUR 2.0
CHROME 65
カーボン R 51 4.4
S 56 4.2 中元
X 60 3.8 中元
PING TOUR 2.0
CHROME 75
カーボン R 62 3.6
S 64 3.3 中元
X 67 3.1 中元
PING TOUR 2.0
BLACK 65
カーボン S 54 3.8 中元
X 61 3.5 手元
PING TOUR 2.0
BLACK 75
カーボン S 67 3.2 中元
X 70 2.9 手元

G430 LSTフェアウェイウッドの発売日・発売価格

G430 LSTフェアウェイウッドの発売日は2023年4月20日です。発売価格は93,500円です。

G430フェアウェイウッドの最新情報まとめ!G430 MAX・G430 LST・G430 SFTフェアウェイ

G430 MAX・LST・SFT フェアウェイウッドのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

 

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るフェアウェイウッド, ピン
-, , ,

関連記事

G430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーの違い!5つのポイントを徹底解説

PINGから発売のG430 MAXドライバーとG425 MAXドライバーについて、違いを解説します。 G430 MAXドライバー 楽天市場 Amazon GDO 目次1 G430 MAXとG425 M …

G425 LSTドライバーの試打・評価・感想

PINGの2020年モデル、G425 LSTドライバーについて、製品の特徴、試打した感想・評価を取り上げます。 G425 LSTドライバー/PING GDOで探す 楽天市場で探す Amazonで探す …

i CROSSOVER クロスオーバーの試打・評価・感想

PINGから発売のi CROSSOVER クロスオーバーについて、試打・評価・スペックなどを詳しく取り上げます。 iクロスオーバー 楽天市場Amazon ゴルフパートナー 目次1 iクロスオーバーの特 …

G425 MAX・LST・SFT フェアウェイウッドのロフト角・ライ角調整機能を徹底解説!スリーブの互換性は?

PINGから2020年に発売のG425シリーズのフェアウェイウッドについて、ロフト角・ライ角の調整機能の仕組み・調整方法を詳しく取り上げます。 G425 MAXフェアウェイウッド GDOで探す 楽天市 …

APEX UW 2024の試打・評価・感想

キャロウェイから発売のAPEX UW 2024について、製品の特徴、試打した評価・感想を取り上げます。 APEX UW 2024 楽天市場 Amazon ゴルフパートナー キャロウェイ公式 目次1 A …