当サイトは広告が含まれています

PRGR LSドライバー 2023年モデルと2021年モデルの違いを徹底解説!

飛距離が出るドライバー プロギア 2023年5月10日

▼LSドライバー 2023年モデルの試打・評価は下記記事に詳しくまとめてあります。
≫ PRGR LSドライバー 2023の試打・評価・感想

PRGRのLSドライバーの2023年モデルと2021年モデル。

ヘッドスピード40m/s前後のゴルファー向けのドライバーとして注目の新・旧ドライバーについて、違いを詳しく解説します。

LSドライバー 2021年モデルと2023年モデル

PRGRにはアスリート向けの「RSシリーズ」、アベレージゴルファー向けの「eggシリーズ」がありますが、それとは別に「LSシリーズ」が発売されています。

「LS」は、「Launch & Spin」の略で、ドライバーは高弾道・低スピン、そして、軽量設計が特徴となっています。

ヘッドスピード40m/s前後のゴルファーが230ヤードを狙えるモデルとして開発されています。

2021年モデルは初代モデル、2023年モデルは2代目モデルとなります。

LSドライバー 2021年モデルと2023年モデルの違い

2023年モデルはPRGR史上で最強の深低重心

LSドライバーは、DBソールという構造が採用されていて、ソールの下に重量が配置されています。

2023年モデルでは内部構造に「地下室構造」と呼ばれる進化が加わり、深重心はそのままに、更なる低重心化が実現されています。

*出典:prgr-golf.com

重心が低くなると、インパクトの際にフェースが上を向く方向に動きやすく、ロフト角以上に球が上がりやすくなります。

2023年モデルは低重心化を強める構造が取り入れられていますので、高さを出したい方に適しています。

2023年モデルはボールをセンターにセットしやすい

※左が2021年モデル、右が2023年モデル

フェース面の独特な形状は似通っていますが、フェース面のラインのデザインに変更が加えられています。

2021年モデルでは横のラインだけですが、2023年モデルでは縦方向のラインが加えられています。

縦方向のラインが加えられたことで、構えた時にフェース面のセンターをより視認しやすくなっています。

2023年モデルは、柔らかめ・短尺スペックがある

ロフト角、ライ角、フェース角、ヘッド体積など、主要なスペックは2021年モデルと2023年モデルで同じ値になっています。

しかし、シャフトフレックスについては、2023年モデルの方でR2スペックが追加されています。

▼クラブ長さの違い

フレックス 2021年モデル 2023年モデル
S 45.75″ 45.75″
SR 45.75″ 45.75″
R 45.75″ 45.75″
R2 45.25″

2023年モデルのR2スぺックは、シャフトの硬さだけでなく、長さも異なっていて、0.5インチ短尺になっています。

通常、スペックがソフトな方向になると、クラブは長くなる傾向にありますが、R2という柔らかなシャフトに短尺は、とても珍しい組み合わせです。

シャフトはスピーダー EVOLUTIONからNXに

標準シャフトは、どちらもFujikuraのスピーダーですが、EVOLUTIONからNXに変わっています。

ただ、変わっていると言っても、2021年を境にEVOLUTIONがシリーズを終え、NXに変わっていますので、同系統のシャフトであることには違いがなく、実質的には後継シャフトと言って良いでしょう。

価格の違い

発売価格を比べると、2021年モデルは96,800円(税込み)でしたが、2023年モデルは99,000円(税込み)となっています。

若干の値上がりとなっていますが、2023年は世界的な物価高と円安に見舞われていることを考えると、他メーカーと比しても2,800円は僅かな値上がりと言って良いでしょう。

LSドライバー 2021年モデルと2023年モデルの試打・評価

LSドライバー 2021年モデル、2023年モデルの試打・評価については、それぞれ詳しくまとめてありますので、リンクを載せておきます。

▼2021年モデル

PRGR LSドライバー2021の試打・評価・感想

▼2023年モデル

PRGR LSドライバー 2023の試打・評価・感想

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー, プロギア
-, , ,

関連記事

高反発ドライバーで高反発ボールを打つとどうなるか?実際に試した結果が興味深い!

最近では大手メーカーも販売している高反発ドライバー。シニアを中心に、自由なクラブ選びにより楽しむゴルフを選択するゴルファーが増えています。 本記事では、高反発ドライバーで高反発ボールを打つとどうなるか …

タイトリスト 913 D2・D3ドライバーの違いを徹底解説!

タイトリストから2013年モデルとして発売されている913 D2ドライバーとD3ドライバーについて、違いを解説します。 913 D2ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市場で探す Amazon …

ドライバ―のグース・オフセットとは?弾道に与える影響を徹底解説!

ゴルフクラブのオフセット、グースというと、主にアイアンで使われるキーワードですが、最近では、「オフセットのドライバー」、「グースが効いたドライバー」というようにドライバーでも少しずつ使われています。 …

【70代・80代のグランドシニア向け】飛ぶ・やさしいドライバーおすすめランキング2022年

70代・80代のグランドシニア向けで、やさしくて飛距離が出せるドライバーについて、2022年のおすすめモデルをランキング形式で紹介します。 対象となるドライバーは、現行モデルとしてメーカーのホームペー …

マイナスロフトはOK?ヘッド2個付きはOK?超短尺はどこまで許される?–ゴルフクラブのルール vol.1

ゴルフクラブには、高反発、溝規制など、R&A、USGAの用具規則にて仕様上の様々な制限が設けられています。 例えば、ヘッド体積は460ccまでという上限値は、見聞きしたことがある人もいると思い …