飛距離が出るドライバー ランキング

2020年 ドライバーで飛距離を伸ばしたいゴルファーにおすすめのぶっ飛び系ドライバーをランキング形式で紹介します。

飛距離が出るドライバー

軟鉄鍛造アイアンのS20C、S25Cについて、気になってたので調べてみた

投稿日:

ゴルフの素材で、S20C、S25Cという表記を見かけることがあります。S20CとS25Cにどんな違いがあるのか?そもそも軟鉄とはどんな鉄なのか?気になったついでに色々と調べてみました。

まず、100%の純鉄は存在しない!

鉄素材について調べてみると、100%の純鉄というのは使われていません。

鉄はとても硬いイメージがありますが、純度100%だと脆いからです。脆さだけでなく、技術的にも100%の純鉄は出来ないそうでうす。

我が国の様に優れた製鉄技術を持っている国でさえ、100%の純鉄は出来ない
引用:http://www.katsura-steel.co.jp/company/index.html

そこで、鉄を実用性のある素材とするために、鉄以外に5つの元素を混ぜています。これが鋼と呼ばれるものです。

鋼に含まれる5つの元素(鉄以外)

鋼には鉄以外に5つの元素が含まれています。

元素名 元素記号 性質
炭素 C 多いと固い鋼、少ないと柔らかい鋼になる。
ケイ素 Si 鋼のねばりが増す。
マンガン Mn 鋼のねばりが増す。
リン P 不純物(完全除去が困難)。
硫黄 S 不純物(完全除去が困難)。

(参考:http://www.katsura-steel.co.jp/creation/analysis01.html)

炭素は多く含ませると鉄が硬くなり、少ないと鉄が柔らかくなります。軟鉄鍛造アイアンは打感の柔らかさが好まれるポイントの一つですので、炭素の含有量はとても重要になってきます。

ちなみに、ゴルフクラブの商品説明の中でも、軟鉄という表記だけでなく炭素鋼という表記も見かけますので、炭素が入っているということはご存知の方もいたのではないかと思います。

S20C、S25Cとはどんな素材か?

さて、いよいよS20C、S25Cです。

「S20C」という表記は、「Steel 20 Carbon」を略したものです。

「炭素(Carbon)が20入った鋼(Steel)」という意味です。「20」は含有率を表していて、0.20%の炭素が含まれていることを表しています。

ちなみに、炭素量に応じてS10CからS58Cまで20種類あって、よく使われるのは、S20CからS55Cあたりだそうです。
(参考:http://www.metal-speed.com/processing/2101/)

炭素が多いと硬い鋼になりますので、S20CよりS25Cの方が硬い素材となります。この素材の違いは打感にも表れ、S20Cの方が柔らかくなります。

ちなみに、軟鉄鍛造アイアンのセールスポイントの一つが打感の柔らかさにありますので、もっと柔らかい素材を使えば良いのでは?ということにもなりそうです。なのですが、これ以上柔らかすぎると耐久性が低くなってしまうため、例えばS10CといったS20Cより柔らかいものは、軟鉄鍛造アイアンに使うことができません。

あわせて読みたい

当サイトの人気記事







-飛距離が出るドライバー
-,

関連記事

【2021年】スライサー向けドライバー おすすめランキング!つかまる・曲がらない!

スライサー向けのドライバーについて、2020・2021年のおすすめモデルをランキングで紹介します。 スライサー向けと一口に言っても、改善のメカニズムが違ったり、スライス改善以外の特徴に違いがありますの …

G410 MAXドライバーの最新情報まとめ

▼2020年08月24日追記 PINGのG425 MAXシリーズの存在が確認されました。詳しくはこちらをご覧ください。 PING G425ドライバー(MAX・LST・SFT)の最新情報まとめ &nbs …

VG3 ドライバー 2018の試打・評価・感想

タイトリストから発売されているVG3ドライバー。発売日は2017年12月22日ですが、この時期のものは2018年モデルと位置づけて良いでしょう。 VG3 ドライバー/タイトリスト GDOで探す 楽天市 …

松山英樹が遂にスリクソン ZX5ドライバーを使用!アイアンはZX7アイアンか?

松山英樹がBMW選手権の初日(2020年8月27日)にトップとなりました。 この試合で握っていたドライバーがスリクソンの新作、ZX5ドライバーだったことで、話題となっています。 目次1 松山英樹が遂に …

【打音で選ぶ】いい音がするドライバー 2020年おすすめランキング!

ドライバーを選ぶ基準は、ゴルファーにより様々です。構えた時の見え方、ボールのつかまり、球の上がりやすさなど、色々な要素があります。 本記事では打音にフォーカスして、「いい音がするドライバー」について、 …